風水からみる良い間取りとは

Key and floor plans

風水と日本の家相学

風水は、森羅万象の教えに基いて陰陽五行である陰の気と陽の気のバランスを考えます。陽の気の吉方位の方角に、相性の良い色や相性の良いアイテムを使うことです。。
日本古来の家相学は、先人の教えから導かれたものであり、日本の風土から理にかなっているものです。風水は、日本古来の家相学と相通じる考えもあれば、相反する考えもあります。
現在、風水は陰陽五行の元に、環境学や家相学や統計学と融合された考え方になっています。インテリア風水である色風水やガーデニング風水と、様々なジャンルがありますが基本は陰陽五行にあります。
全ての部屋の間取りが、風水に基づいた良い間取りにするというのは昨今の住宅事情からみると難しいように思います。ポイントごとに風水を取り入れるという臨機応変な対応が必要と思います。
風水と日本古来の家相学と、どちらを重要視するかは各個人の考え方です。
ただ、どちらもご自分やご家族が居心地良く生活しやすいという事が一番に重要なことと思います。風水や家相学にこだわるあまりに、人の動線に反するような間取りは生活しづらい家になってしまいます。

家の中心の割り出し方

風水で方角をみるときは、家の中心を割り出しその中心から方角をみます。
家の中心を割り出すには、図面があれば図面を用いると簡単に割り出せます。家の四つ角を対角線で結びます。真四角や欠けや張りのない家でしたら、この対角線で結んだ中心が家の中心となります。
欠けがある場合には、欠けの部分のお互いの壁ぞいを延長戦上で交わった所が、角になります。その角から対角線を結び交わった所を中心とします。
欠けや張りとは、大きく欠けている大きく張り出している場合をいいます。大きな欠けや張りというのは、面積が3分の1以上欠けている張り出している場合を指します。小さな欠けや張りは、ないものとし四つ角を結びます。風水では、大きな欠け張りがないのが良いとされています。
各部屋ごとの方角をみる場合も、同じ割り出し方をします。部屋の四つ角を対角線で結びます。欠けがあれば延長線で角を出してください。対角線が交わった所が中心になります。ワンルームの部屋も割り出し方は、同じです。

風水の鬼門と裏鬼門とは

家の中心からみて、鬼門は北東になります。裏鬼門は、南西になります。
鬼門にあたる北東は、風水の陰陽から鬼が出入りする方角とされています。北東からみて真正面にあたる南西が裏鬼門になります。
鬼門と裏鬼門には、玄関はないほうが良いです。玄関は気の入り口になりますから注意してください。お引っ越しの時には、玄関の方角をチェックします。
水回りのキッチンやトイレもないほうが良いという諸説もありますが、これは日本古来の家相学と相まってできた考え方のようです。風水の歴史は古いものです。色々な諸説があり流派の違いがあります。また、日本に風水が根付いてから日本の風土と相まって出てきた諸説があります。ですから、どのように風水を日常生活に取り入れるかは、各個人の判断で出来るところから取り入れると良いです。

気の入り口の玄関に重点をおく

風水で、全ての部屋の間取りを良くしようと考えると無理が出てしまいます。風水で気をつける場所は、まずは気の入り口である玄関です。
玄関の方角は、東もしくは東南がベストです。次に北西がベターな方角になります。
現在、住んでいる家の玄関がその方角でなくても心配することはありません。風水では、他のアイテムで補うことができます。
これが風水の良いところです。相性の良い方角に向いていない場合でも、何らかの相性の良い色を使ったり、相性の良いアイテムで補えるからです。

居心地の良いくつろげるリビング

リビングは、明るく日当たりの良い南や東南が良いです。風水は自然光を大切に考えますので、自然光の入る方角にご家族が集まるリビングは最適です。

キッチンは西をさけよう

キッチンは、東や東南や北西が良いです。
キッチンは、火と水という相反するもの両方を使う場所になります。風水では、キッチンの火と水のバランスをとることを重要とします。
西というのは、風水では金運を司っています。西のキッチンは、金運を火が燃やし水で流してしまうことになります。
また、西日があたり食べ物が傷みやすくなります。

水回りはどこになるの

厳密に、風水で良い間取りを決めていく場合そこに住むご本人の本命掛の吉方位を割り出し、重ねあわせた方角に間取りを作っていきます。
ここでは、現在に住んでいる家に気軽に風水を取り入れることができるように、お話を進めています。
こうして間取りをみていくと、風水では東や東南が良いというのが多いことに気がつきます。風水は、自然の光である太陽の光を大切と考えるので、どうしてもそのような方角となります。
水回りというのは、陰の気になる場所です。家相学でも不浄の場所とされています。
玄関やリビングなど重要な場所から吉方位で決めていくと、水回りは北や北東や南西といった方角になってしまいます。これは、仕方のないことです。
水回りが、相性の良くない鬼門や裏鬼門であっても、陰の気を溜めないようにすればよいのです。きれいにお掃除をし換気をよくし、陰の気を溜めないようにします。

ライターの最新記事

  1. Fotolia_109747653_Subscription_Monthly_M
  2. Fotolia_72701414_Subscription_Monthly_M
  3. Fotolia_19540831_Subscription_Monthly_M
    • 風水
    • 2017/1/13

    風水の八掛鏡とは

  4. -shared-img-thumb-20140721-P7210083de_TP_V
    • 風水
    • 2017/1/12

    風水の陰陽五行とは

あなたにおすすめの無料占い

  1. Silhouette of romantic couple at sunset beach, marriage proposal
  2. Portrait of happy family having dinner at home
  3. gf01a201502211100
  4. lgf01a201410291700

あなたにおすすめのコラム

  1. Fotolia_96811448_Subscription_Monthly_M
  2. Luxury classic bedroom interior
  3. Fotolia_86356144_Subscription_Monthly_M
    • 風水
    • 2017/1/1

    風水で厄除けしよう

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する