生年月日占い-別居中だけど復縁したい。私どうしたら?

7072411257_9e9d7d2aca_b

別居している夫と復縁したいとき、まずは別居した理由を考えて見ましょう。 復縁できる可能性も、別居の原因が直っているかで、変わってきます。 別居中の夫婦が復縁できる方法と確率を生年月日占いします! 一度は愛し合った二人なので、別居しても復縁のきっかけさえ見つければ、再び愛し合える可能性も高いのですよ。

復縁占いメニュー

別居に至った本当の原因 今、夫は私のことをどう思っている? 復縁する為にあなたが取るべき行動とは あなたが復縁できる確率は〇%

あなたの生年月日
あなたの性別
お相手の生年月日
お相手の性別

スポンサーリンク

夫婦が別居する事になるキッカケ5つ

最初は幸せ一杯で、いつまでも一緒にいようと約束したはずの夫婦でも、少しづつ不安や不満が溜まっていき、別居してしまうこともあります。 しかし、別居することになりやすい原因を知っておくことで、幸せな家庭を壊すことなく、夫婦の別居を防ぐことができます! ここでは、結婚後に夫婦が別居するきっかけを上げていくので、これを参考に、愛し合った夫婦が離れ離れにならないようにして、幸せな生活を続けていきましょう♪

夫(妻)の浮気

夫婦で愛し合っていると信じていたのに、相手が浮気をしていたら、裏切られた気持ちになりますね。 何かのきっかけで夫(妻)の浮気が発覚した場合、相手が許してくれる場合もありますが、基本的にどんなに謝罪されたとしても「顔をみるのも嫌!」という状態になってしまいます。 そうなると、どちらかが自宅を出て実家に帰るなり、他に住居を借りるなりして別居をすることになり、後は話す機会もなく、離婚まで一直線ということも。 別居後に、離婚するか・しないかの話し合いができる場合もありますが、過去に何度も浮気を繰り返していたり、たとえ1度の浮気でも別居や離婚のきっかけとなりますので、浮気はしないようにしましょう。

家族間の確執

近年では核家族(夫婦・子供のみの世帯)が多くなっていますので、同居はあまりないかもしれませんが、両親が高齢になることで同居し生活することになると、どうしても起こってくるのが嫁&姑(舅・小姑)との確執です。 夫側の両親と同居する場合、夫は元々家族ですので気をつかわないかもしれませんが、嫁いできた側としては結婚したとはいえ、義父義母(舅・姑)に気を使いますし、日々の暮らしの中で確執が生まれ、苦労をすることもあります。 そんな妻の姿を見ながらも「母さんがそんな事するはずない」「親の言う通りにしておけばいい」など、妻をかばうことなく妻に一方的に我慢を強いるその姿勢に絶望し、自分の実家へ帰るという強制的な別居生活に突入していきます。 嫁・姑問題はいつの世も悩ましい問題ですが、いざという時に守ってくれる配偶者かどうか見極める目も、結婚には大切になってきます。

夫の単身赴任

夫、もしくは妻の仕事の都合で一緒に転勤することになったとしても、すでに住宅(マンション)を購入済みな場合、両親の介護などで夫のみが単身赴任することになったり、子供の学校や進学が目前な場合転校するより別居の方が好ましいという判断で、別居になることがあります。 この場合、別居を回避することは難しいですが、いつまで別居して、何年後には一緒に住むことを話し合っておくことが大切です。 また、休みの日などには会えるように工夫した生活を送り、相手の浮気を防ぎつつ、別居していても気持ちが冷めないようにしましょう。

性格の不一致

結婚した当初は相手の事を好きな気持ちのみで我慢することができても、結婚して数年も経てば、それだけでは一緒に暮らしていくことができなくなります。 妻はキレイ好きなのに、夫は言われなければ同じパジャマを着続けるようなズボラな性格だったり、夫は無駄なお金は使いたがらないのに、妻は買い物が大好きなタイプなど、結婚する前には大した事とは思わなかった部分に我慢できなくなると、どうしてもケンカする回数が増えていき、お互い冷静に冷静になるために別居という話になります。 結婚する前に相手の好みや生活の様子をきちんと把握しておくようにして、自分と相手の相性を考えてから結婚をしましょう。

夫(妻)からのDV

結婚する前になかなか見抜けないことのひとつに「DV」があります。 付き合っている時は、彼女(彼)に対してはとっても優しかったのに、結婚してしばらくしたら、夫が自分の給与も妻のパート代も全部管理し、必要最低限の生活費しか渡さない「経済的DV」や、「お前は本当にバカだな」「何もできない女だから仕方なく結婚してやった」などの暴言で傷つける「精神的DV」、妻の行動・言動が気に入らないとすぐに暴力を振るったり、妻に性行為を強制する「肉体的DV」などDVには複数の種類がありますが、DVを受けている側、与えている側もDVという認識がない事も多いようです。 最近では妻が夫にDVをする事が知られるようになってきましたが、恋人には親切で優しくてもコンビニやファミレスなどの従業員に怒ったり、理不尽な文句をつけるような場合、DVを振るう人は結婚した途端怒りの矛先が配偶者に向けられることがよくありますので、結婚前にじっくりと人となりをチェックしておくことも大切です。

おわりに

結婚は男女ともに人生の分かれ道と言っても過言ではありませんが、相手(もしくは自分)の不手際や不倫などで別居になった場合、一旦離れてみることでお互いの大切さがようやく理解できることもあります。 別居を防ぎつつ、もし別居することになってしまった場合でも、別居=離婚とネガティブなイメージを持たず、別居することでお互いの関係性をじっくりと見つめ直すきっかけになったと、前向きな気持ちでこれからの生活に影響を与えていきましょう。

ライターの最新記事

  1. young Couple sitting back to back  during  conflict
  2. Smiling couple with a suitcase at the train
  3. fashion portrait of beautiful couple together. Hipster boy and girl.
  4. Happy young couple as tourists with a camera

あなたにおすすめの無料占い

  1. happy young couple at home, focus on the hands
  2. Two young office workers working together at the desk
  3. The portrait of the attractive young loving pair.
  4. la201303021200

あなたにおすすめのコラム

  1. Lightning storm over city in purple light
  2. young happy couple jumping on beach
  3. people, leisure, friendship and communication concept - group of happy smiling friends drinking beer and cocktails at bar or pub

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する