姓名判断-未婚35歳以上限定!あなたが結婚できない理由と幸せな未来を占います

Happy couple or friends flirting talking and drinking in a restaurant terrace

女性が社会的地位を得るようになり、晩婚化が珍しい事ではなくなった時代になりました。
40歳まで独身でいる女性も多いですが、それでも35歳を過ぎても独身でいると
何か結婚できない問題があるのでは?と思われがち…
自分の何がいけないの?と悩んでいる方へ結婚へのアドバイスを行います

結婚占いメニュー

あなたの恋愛傾向と過去の失敗をチェック!
男性の目にあなたの行動はどう映っている?
あなたは結婚できる?できない?
幸せを掴むにはどうすればいい?幸せになる方法は?

あなたのお名前
あなたの性別
お相手のお名前
お相手の性別

スポンサーリンク

結婚したい!あなたが結婚できない理由とは

友達や同僚は次々と結婚していくのに、何で彼氏は私にプロポーズしてくれないの?そんな焦りを感じている女性は多いかと思います。

何でも一生懸命やれば叶う!そう信じたいところですが、一生懸命彼氏に尽くしたり婚活にはげんでいても、男性に選ばれるとは限りません。

そこで、結婚したのになぜか結婚できない女性の大きな特徴をご紹介しますので、自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

結婚したい男と付き合っていない

一般的に女性は25~28歳ころが結婚適齢期と言われていますが、晩婚化している昨今年齢にはあまりとらわれない人が増えてきえいます。

とは言うものの、親や親戚から「まだ結婚しないの?」顔を合わせる度に聞かれるのは精神的にも苦痛に感じるでしょう。

彼氏はいるもののいつもプロポーズされない、恋愛が上手くいかず結婚に結び付けられないのなら、最初から彼氏の方に結婚する意志がなかったのかもしれません。

男性の場合、結婚適齢期は31歳頃とされていますし、この先どうなるかわからない世の中です。給料もそう上がらない中結婚を考えられない男性も多いものです。

付き合い始めの方から彼女は結婚を意識しているのに、彼氏の方はただ恋愛を楽しみたいだけだったら、明らかにニーズが違うため付き合い続けても結婚できない可能性の方が高くなるのも当然です。

結婚相手に求める条件が多すぎる

恋愛とは違い結婚は一生の問題なので、当然のことながらあれこれと条件を付けてしまうのも仕方のないことだと思います。

ところがこの「結婚相手に求める条件」が多すぎることで、逆に結婚から遠ざかる原因になっている人がよく見受けられます。

イケメンで優しくて背が高く、収入もいい人!確かにそんな人ならプロポーズされればハッピーでしょうが、現実では自分の理想をすべて兼ね備えた男性はそう簡単に現れません。

結婚を目指している人ならこれだけは譲れない条件があるかと思いますが、なかにはあまり必要ない条件を上位に挙げている女性もよくいます。

自分が結婚相手に求めている条件は本当に適切なのか?冷静な目で考えてみる必要があります。

男性の方が声をかけてくれると思い込んでいる

合コンや婚活パーティに出かけてみても、自分の方からは何も話を振らず、話しかけてもらえた時だけ応じるような、積極性のない態度を取られると「オレに興味ないのかな?」と男性に思われてしまいます。

いつも受け身で他人に合わせてばかりで、自己主張しない人はいつも他人から声をかけてくれるものと思い込んでいますが、好意を持っている男性がいたとしても、結婚後も全部彼氏がお膳立てしなきゃいけないような相手では、生涯のパートナーとして選ばれることもありません。

最初は何でも言う通りにしてくれる彼女に心地よさを感じていても、すべて他人任せで何もできないようでは結婚相手としては不適格とみなされるので、好意がある相手には自分の方から積極性を見せないと、結婚はますます難しくなります。

男はいなくてもやっていけると思われている

自分は結婚したいものの「あの人は男無しでも大丈夫そう」そんな風に見られていては、結婚相手として選ばれようがありません。

仕事もバリバリできて、何でもてきぱきとこなせるキャリア志向だったりと、何でもひとりで楽々こなせる女性は、周囲から一目置かれるものの「女としてかわいくない」などの陰口を叩かれてしまうものです。

仕事も人生も充実させたいと感じていても、完璧すぎる人には人間的な魅力を感じさせない欠点があるので、かんばるほど損するタイプです。

何でもひとりでこなそうとするのではなく、苦手なことは周囲の男性や彼氏に頼ったり、ちょっと抜けたところを見せたりと、女としての弱さを垣間見せていかないと「守りたい女性」として見てもらえなくなります。

自分が選ぶ方だという思い込みがある

婚活イベントに出かけるとよく分かりますが、初対面の相手と出会いにこやかに挨拶をしていても内心「この人声はいいけど服装がダサイ」など、出会う男性をついつい採点方式で見てしまいます。

ところが相手も自分を採点している事に気付いていない女性も多く、自分は選ぶ側なんだと上から目線で思い込んでいると、いつまでも相手すら見つかりません。

今までそこそこモテていた経験がある場合、いつも自分が選んでいた側だったこともあり、結婚では相手から選ばれる側になる事を案外気付けない人も多いので、注意が必要です。

おわりに

結婚したいと口では言いながらも、自らは行動せずにいたり理想のみが異様に高かったりと、結婚に対して向き合えないでいると、いつまでたっても婚約者すらできません。

理想を高く持つことも決して悪いことではありませんが、それに似合うだけの努力を重ねていないなら、男性の方が振り向いてくれるとは思えません。

結婚しさえすれば幸せになれる!そう結婚することだけを目標にするのではなく、自分の身の丈に合った相手を選んだり、少しでも見た目を変えてみたりと小さな努力を積み重ねてくださいね。

ライターの最新記事

  1. Fotolia_66326963_Subscription_Monthly_M
  2. Wedding couple in love siting on bench at street of city
  3. 368341
  4. Jealous boyfriend watching his girlfriend texting on the phone on the beach

あなたにおすすめの無料占い

  1. lgf01a201405262100
  2. Two young office workers working together at the desk
  3. happy couple on sofa

あなたにおすすめのコラム

  1. Fotolia_86241107_Subscription_Monthly_M
  2. .
  3. eating in restaurant, happy smiling couple having lunch in cafe, dating

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する