風水と観葉植物の関係

観葉植物の生命力に注目

植物の生命力には、陽の気を高めたり、強すぎる気を鎮める効果があります。
風水では、木や花の植物などは陰の気を吸収してくれる、強すぎる陽の気を中和してバランスを整えてくれるといわれてます。観葉植物は、気の流れをスムーズに良くし、良い陽の気を出すといわれています。
観葉植物を置くことで、陽の気や陰の気のバランスが整えられますので、部屋の環境づくりには欠かせないアイテムになります。
風水の発祥地である中国で観葉植物は、気を察知する力を持つといわれています。

観葉植物の育ち具合を見て、気が栄ているか衰えているかという見方をします。

元気によく茂った観葉植物が、栄えているということです。このように栄えている観葉植物は、とても良い活発な気を発生させます。
逆に衰えてしまった観葉植物は、よくない気を吸収して衰え枯れているといわれています。

衰えて枯れた観葉植物は、早めに処分したほうがよいでしょう。
きれいにお掃除してある場所に飾り、水やりなど手入れを怠ったわけでもないのに、衰えて枯れてきてしまったという場合には、その場所は気がよどんでおり、よくない気を観葉植物が吸収してくれたために衰え枯れてしまったと風水的には考えます。そのような場合には、新しい元気の良い、葉の茂った観葉植物に交換すると良いでしょう。
観葉植物は、お部屋の角部分などの気の流れが滞る場所や、陰の気が多い場所、陽の気が強すぎる場所に置くのが良いでしょう。

目的によって使い分ける

観葉植物の葉の形や伸びていく方向で、目的によって使い分けます。
基本的には、丸い葉で上へと伸びていく性質の観葉植物は陽の気を持ちます。
葉が尖っていて鋭利な形の観葉植物や、葉先が下を向いて伸びていくものは陰の気を持ちます。

陽の気をもつ観葉植物の使いかた

丸い葉は、穏やかで気持ちを落ち着かせる気を発生させます。

寝室、リビングなどに置くとリラックス効果を高めてくれます。

また、調和や協調といったエネルギーも発しますので、家族や友人などの人間関係の絆を深める効果を期待できます。
上に向かって葉が伸びていく観葉植物は、活発な陽の気を発生させます。

今より更にパワーアップしたい時に置くと良いです。
一年を通じて「緑の葉」をつける常緑種の植物は、気をパワーアップさせる効果があります。

陰の気をもつ観葉植物の使いかた

葉先が尖った観葉植物は、鋭い気を発生させます。

鋭敏さを与えてくれますので、仕事や勉強の効率を上げたいなど、仕事運向上に役立ちます。

しかし、調和や協調といったエネルギーはありませんので、人が集まる場所には置かないほうがよいです。

家族が集まるリビングや寝室などに置くと、気が刺激されすぎますのでイライラして落ち着かなくなります。
基本的には、鋭利な気を発するアイテムは、人がよく居る場所の近くに置くことはやめましょう。

観葉植物のなかでも、棘をもつサボテンやアロエなどは、邪気を吸収し和らげる効果があります。

凶にあたる場所に置くと、邪気を吸収し和らげてくれます。

棘をもつ観葉植物は、陰の性質が強力な観葉植物になります。

強い陰の気がありますので、よい陽の気までも吸収してしまうので置く場所に気をつけてください。

また、数をたくさん置くことはやめましょう。棘のある観葉植物は、窓辺などに置くと防犯効果があるとされています。

 

逆に陽の気が強すぎるために、イライラして気持ちが落ち着かないという場合には、下に垂れ下がって成長する陰の性質をもつ観葉植物を置きます。

強すぎる気を鎮める効果があります。葉先は丸くても、下へと成長する観葉植物を選びます。

鉢に気をつけよう

ホームセンターなどで売っている観葉植物は、ほとんどがプラスチック製の鉢が多いと思います。

プラスチック製品は、火にあたるアイテムです。

観葉植物は、木にあたるアイテムですので、風水的には火が木を燃やすという相性の良くない関係になります。
プラスチックの鉢のままではなく籐製の鉢カバーをするなどしましょう。
できれば陶器の鉢の観葉植物を選んでください。

効果的な置き場所は

置く場所の方角などは、基本的には気にしなくても良いでしょう。

方角と相性の良い観葉植物という諸説もありますが、観葉植物の場合はどの方角でもマッチします。
植物ですので、その観葉植物に合った日光の差し具合は考えます。

日光を好むか、半日陰を好むのか、日陰でも丈夫に育つのか、それによって置く場所を決めてください。
風水的には、部屋の隅に置くというのが定番になります。

部屋の隅というのは気が滞る場所になります。観葉植物を置くと気の滞りを防ぐことができます。

観葉植物から、気が発せられますので循環するようになります。
特に気が滞る場所には、葉が細く尖っているものを置くと効果が高くなります。鋭利な気が、刺激を与えます。
また、家具などの角からは鋭い気が発せられていますので、角が人の方を指していると、その人の気が減少します。

陽の気にあたる、丸い葉を持つ観葉植物を角の前に置くことでバランスをとり和らげることができます。
部屋の隅や角に置くのが効果的です。

ライターの最新記事

    • 風水
    • 2017/1/13

    風水の八掛鏡とは

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 風水
    • 2017/1/13

    風水の八掛鏡とは

    • 風水
    • 2017/1/1

    風水で厄除けしよう

    • 風水
    • 2017/1/10

    風水と水晶の関係

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する