風水と色の関係~グリーン

風水と色彩心理学の関係

風水は、色風水とも呼ばれ色を大切に考えています。

色が人に与える影響を問う色彩心理学とも関連性があります。
風水での色が人に与える影響やイメージは、色彩心理学と非常に良く似ています。

色彩心理学からみたグリーン

●バランスと安らぎの色
緑は暖色でも寒色でもない「中間色」でもっとも刺激の少ない色です。

物理的にも人が見える色(可視光)の真ん中あたりに位置し、心身のバランスを整えリラックスさせる効果があります。
また刺激の少ない緑は、見る人に安心感を与え、落着きと安らぎをもたらす効果があります。

●癒しと成長のイメージ
緑は自然や平和をイメージさせ、自然がもつ癒しの効果をもたらします。またスクスク伸びる草木のように、健康と成長をイメージさせる色です。

緑のネガティブな側面

緑は刺激の少ない色で、積極的で活発な人には好まれない傾向があります。

「保守的・受動的・マイペース」といった補色の赤とは正反対のイメージももつ色です。 

出典:カラーセラピーランド風水からみたグリーン

風水からみたグリーンは、木の気をもつ色です。

自然の木々の色、植物の色です。安らぎや健康、安全、信頼や親しみといったイメージが風水でもあります。
健康運や家庭運に作用する色です。

「木」の気において、水を吸い取るパワーがあると考えられており、体内にたまった毒を解毒してくれるといわれています。ですので、緑色が健康へと導いてくれる色と考えられています。
緑は、樹木の枝が天にむかって成長するように、成長や発展をあらわす色でもあります。

発展運や仕事運があり、また才能運を引き出してくれる色でもあります。

その人が潜在的に持っている力を伸ばしてくれる色といわれています。
風水から観ると、木の気と相性の良い水の気にあたる青系との組み合わせが、もっとも良い組み合わせとなります。

水がなくては、木は育ちません。ですから、緑に青を合わせることで、仕事運や発展運をアップさせることができるのです。
また、緑は水が持つ陰の気の要素を吸収してくれる色でもあります。

水の気を強くもつ青の陰の気の部分は、冷たいとか冷える(ひえる)といったことです。

この陰の気の部分を、緑と合わせることでカバーしてくれるのです。

これと同じく水の気を強くもつ黒と、緑を合わせても同じ効果アップにつながります。
注意したいのは、緑に赤を合わせることです。クリスマス・カラーで良いイメージを持ちますが、風水から観ると、木の気にあたる緑に火の気にあたる赤を合わせるのは、良い組み合わせとはいえません。
火は木を燃やしてしまいますので、緑に赤を合わせる時には、赤の割合を少なめにします。

風水からみたグリーンの方角は

木の気をもつグリーンと相性の良い方角は、東です。

東は太陽が昇る、発展運が元々ある方角です。東は明るい緑になります。

健康運や成長運に良い色ですので、子供と相性の良い色です。子供部屋に最適な方角の東に、明るいグリーン系でコーディネートするとベストな組み合わせになります。

木にあたる緑を育てるために、水にあたる青系も合わせると良いです。

女の子でしたら、パステルグリーンなどと合わせると良いです。

健康運や成長運また勉強運をアップしますが、使い過ぎには注意してください。

あまり使い過ぎると、逆に落ち着きすぎてしまいます。全体を緑一色だけでコーディネートするとか、壁の色も緑にするとかいう使い方は、良くありません。
また、木を育てるためには風が必要となります。

日中には、窓を開け風通しをよくし換気をすると良いです。
東南も緑と相性の良い方角です。東南は、濃い深い緑が良いです。

また、ライトグリーンのようなパステル調のグリーンと濃い深いグリーンを合わせて使うことで、恋愛運アップにつながります。

グリーンの代表格の観葉植物を利用しよう

風水のラッキーアイテムである観葉植物は、グリーンの代表格でもあります。

観葉植物には、強すぎる気を緩和してくれたり、良い気をパワーアップしてくれたりと、風水には無くてはならないアイテムです。
また、上へと伸びる丸い葉は、成長や発展を促してくれます。
観葉植物を、気の滞りやすい部屋の角や気が鋭くなる部屋の張りに置くことで、バランスを保ってくれます。
お部屋のカラーコーディネートで、色を使い過ぎないようにといわれても客観的にみないとわからない部分もあるでしょう。そんな時には、観葉植物を置くことで強い気と弱い気や陽の気と陰の気のバランスをとってくれます。

観葉植物を、上手に利用しましょう。

ライターの最新記事

    • 風水
    • 2017/1/13

    風水の八掛鏡とは

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い




ページ上部移動する