風水に適した観葉植物の種類って

風水的な観葉植物の考え方

風水には「植木は難を防ぎ、花は難を隠す」といわれています。
風水の発祥地である中国で観葉植物は、気を察知する力を持つといわれています。

観葉植物の育ち具合を見て、気が栄ているか衰えているかという見方をします。

元気によく茂った観葉植物が、栄えているということです。このように栄えている観葉植物は、とても良い活発な気を発生させます。
風水では、木や花の植物などは陰の気を吸収してくれる、強すぎる陽の気を中和してバランスを整えてくれるといわれています。観葉植物は、気の流れをスムーズに良くし、良い陽の気を出すといわれています。
観葉植物を置くことで、陽の気や陰の気のバランスが整えられますので、部屋の環境づくりには欠かせないアイテムになります。
観葉植物は、お部屋の角部分などの気の流れが滞る場所や、陰の気が多い場所、陽の気が強すぎる場所に置くのが良いでしょう。
プラスチックの鉢のままではなく籐製の鉢カバーをするなどしましょう。
できれば陶器の鉢の観葉植物を選んでください。

観葉植物の陽と陰とは

丸い葉先の観葉植物、上へと成長していく観葉植物は陽にあたります。
丸い葉は、穏やかで気持ちを落ち着かせる気を発生させます。

寝室、リビングなどに置くとリラックス効果を高めてくれます。

また、調和や協調といったエネルギーも発しますので、家族や友人などの人間関係の絆を深める効果を期待できます。
上に向かって葉が伸びていく観葉植物は、活発な陽の気を発生させます。

今より更にパワーアップしたい時に置くと良いです。

一年を通じて「緑の葉」をつける常緑種の植物は、気をパワーアップさせる効果があります。
葉先が尖った観葉植物、棘をもつ観葉植物、下へと向かって成長する観葉植物は、陰にあたります。
葉先が尖った観葉植物は、鋭い気を発生させます。

鋭敏さを与えてくれますので、仕事や勉強の効率を上げたいなど、仕事運向上に役立ちます。
しかし、調和や協調といったエネルギーはありませんので、人が集まる場所には置かないほうがよいです。家族が集まるリビングや寝室などに置くと、気が刺激されすぎますのでイライラして落ち着かなくなります。
基本的には、鋭利な気を発するアイテムは、人がよく居る場所の近くに置くことはやめましょう。人が集う場所には、丸い葉先の陽にあたる観葉植物を置くのが無難です。

観葉植物の種類

●モンステラ
モダンインテリアとしても人気がある、ハート型の丸い葉が特徴的なモンステラは、成長すると葉に深い切れ込みが入ります。空気浄化も効果的です。置き場所としては、リビングなどの人の集う部屋の角などが良いでしょう。半日陰を好みますので、レースカーテン越しに置くと良いでしょう。また、半日ほどは日差しが入る玄関でしたら、玄関に置いても良いでしょう。
●青年の木(ユッカ)
青年の木ユッカは、成長や発展のシンボルとされています。
気の入り口である玄関、人が集うリビングなどに置くと良いです。書斎や仕事場、勉強部屋にも向いてます。寒さにも強く育てやすいので北側のお部屋でも置くことができます。
●パキラ(発財樹)
別名、発財樹と呼ばれています。
お金を生み出す樹「商売繁盛」の樹として、大変縁起のよい観葉植物です。置き場所は、玄関やリビングが良いです。
●アイビー(ヘデラ)
アイビーはつる性の植物で、上から吊り下げて飾ることができます。アイビーは生命力がありますし、耐寒性にも強いので半日陰の浴室にも置くことができます。丈夫で育てやすく、見た目も可愛らしいです。生命力が強く、どんな場所でも丈夫に育ちます。暑さ寒さや乾燥に強く、日陰でもよく育ち、種類も色々あります。
●ドラセナ(幸福の木)
幸福の木と呼ばれている、幸せの葉っぱのドラセナは、インテリアとしてもよく馴染みます。寒さに弱いので、冬場は暖かい場所へ移動してあげましょう。置き場所としては、玄関、リビングが良いです。
●ミリオンバンブー(開運竹)
ドラセナの中の一種で、バンブー型の観葉植物です。台湾では富貴竹や開運竹と呼ばれています。一時期、日本でも一代ブームとなりました。幹の部分を編みこんであるバンブーは、アートインテイア性も高いので、人気があります。置き場所は玄関、リビングが良いです。
●サンスベリア(虎の尾)
別名、虎の尾と呼ばれるサンスベリアです。
葉の形が「虎の尾」のようになっていることから魔除けや厄除け効果があるといわれています。。
空気の浄化作用が高く、マイナスイオンがよく出る観葉植物として人気があります。自律神経を安定させ、気持ちを穏やかにする効果があるといわれています。置き場所は、玄関、リビングが良いです。

棘をもつ観葉植物の注意点

棘をもつ観葉植物は、陰の性質が強力な観葉植物になります。
棘をもつサボテンやアロエなどは、邪気を吸収し和らげる効果があります。

凶にあたる場所に置くと、邪気を吸収し和らげてくれます。強い陰の気がありますので、よい陽の気までも吸収してしまうので置く場所に気をつけてください。

また、数をたくさん置くことはやめましょう。棘のある観葉植物は、窓辺などに置くと防犯効果があるとされています。

ライターの最新記事

    • 風水
    • 2017/1/13

    風水の八掛鏡とは

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する