風水の陰陽五行とは

陰陽五行とは

風水では、森羅万象の自然界に存在する、あらゆるもの全てが本来もっている気を5つに分けて考えます。

「木」の行に属する気「火」の行に属する気「土」の行に属する気「金」の行に属する気「水」の行に属する気の5つです。これを「五行」と呼びます。または「五行の気」という言い方をします。

それぞれの五行の気が、お互いに補う関係になる場合や相反する関係になり反発したりすると考えられています。
木が燃えると火となり、燃えて失くなると土に還り、土から金がうまれ、金が大気とふれあい冷えた水となり、水は木を潤すという流れです。全ての気の流れは、循環していると考えられています。

これは、森羅万象にある自然の摂理の考えからきています。

そして、全てのものには、明るい面と暗い面をもっているといわれています。

これが、陰の気と呼ばれる暗い面です。明るい面は、陽の気と呼ばれています。
陰の気をいうと、あまり良くないイメージに取られがちですが、陰陽五行説ではお互いが支え合う関係として捉えます。

陽の気が陰を支え、陰の気が陽を支えているということです。
天(陽)⇔地(陰)、明るい(陽)⇔暗い(陰)、昼(陽)⇔夜(陰)、男性(陽)⇔女性(陰)といったように、どちらかが欠けてはいけない存在なのです。

陽は能動的なもの、陰は受動的なものです。

陽が強過ぎたら陰で鎮める、陰が強過ぎたら陽で鎮めるといった考え方をします。
五行の気のバランスをとる、陰と陽のバランスをとる、これが大切といわれています。
これが、風水の陰陽五行説という考え方です。

木の行とは

字そのものです。木や植物は木に属します。
木から作られているもの、木材の机や家具や鉛筆などは木に属することになります。植物全般も木に属します。
風水ではドライフラワーはタブーとされています。

それは、生きづくものを陽と考えるからです。

ドライフラワーは、枯れてしまったものですから陰になります。陰の気をもつのでタブーといわれるのです。
陰陽五行説で、木にあたるの季節は「春」です。植物が生き生きを芽吹き成長していくということです。

方角は、太陽が昇る「東」と「東南」されています。色は、青や緑が木にあたります。

火の行とは

火そのものです。

プラスチック製品は、火の行に属します。
火にあたるの季節は「夏」です。火は熱いというイメージから「暑い」と覚えておくと良いです。

方角は、太陽が昇り光さす「南」になります。色は、赤になります。

土の行とは

土から作られるもの、陶器などです。
土の方角は、北東と南西になります。

ブラウンやベージュは、土に属する色です。

金の行とは

金属や鉱物系は金に属します。

金からできる製品なども金に属します。
実りの「秋」は、金に属します。

方角は、「西」と「北西」になります。黄色や白は、金の色になります。

水の行とは

清らなきれいな水は陽の気になります。

濁った汚れた水は、陰の気になります。
水に属する季節は「冬」です。水のイメージ、冷たいから覚えておくと良いです。

方角は「北」です。水に属する色は「黒」や「紫」になります。

相性の良い五行とは

ともに共生し合い、お互いの効果を高め合える五行の関係を「相生」(そうしょう)といいます。
(そうじょう)ともいわれています。
上記で述べました、木が燃えると火となり、燃えて失くなると土に還り、土から金がうまれ、金が大気とふれあい冷えた水となり、水は木を潤すという流れです。
木から火、火から土、土から金、金から水、水から木へと、この自然の流れが相生です。

相性の良くない五行とは

お互いが、力を弱めあい効果を発揮できない関係になります。「相克」(そうこく)といわれています。
風水では、この相克の関係のアイテムの組み合わせは極力避けるようにします。
火⇔水 水は火を消します。火⇔金 火は金を溶かします。
金⇔木 金は木を切ります。
土⇔水 土は水を濁します。
木⇔土 木は土の養分を吸収します。
この相克にあたるアイテムを使う場合には、他の相生にあたるアイテムを一緒に使うなどをして
バランスをとるようにします。

風水を施した日常生活について

日常生活の中で、風水を施す場合には五行陰陽説を意識することは大切です。

相生と相克の組み合わせのアイテムなどは、意識し用いるようにします。
ただし、意識しすぎるあまりに日常生活が不便になってはいけません。

ご自分が、気持よく楽しく生活することが一番大切なことです。
どうしても風水を施せない場所には、無理に取り入れる必要はないでしょう。

家の全体のバランスをとれば良いのですから、こだわりすぎには注意してください。
風水は、陰と陽また相生と相克のバランスをとることです。

陰の気が強すぎる場所には、陽の気を取り入れます。陽の気が強すぎると感じたら、陰の気をもつアイテムなどで陽の気を鎮めます。

バランスをとるということに意識をして施すと良いです。

ライターの最新記事

    • 風水
    • 2017/1/13

    風水の八掛鏡とは

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 風水
    • 2017/1/1

    風水で厄除けしよう

あなたにおすすめの公開占い


ページ上部移動する