牛久市

牛久市

牛久市の概要

牛久市は茨城県南部に位置し、東京都市から約50kmの距離にある市です。
人口は約8万人を有し、東京のベットタウンとして近年人口が増加しています。

市内には、小野川、乙戸川、桂川が流れ、牛久沼があります。
東部にある「牛久大仏」は市の象徴的なスポットで、度々メディアにも取り上げられています。

「牛久」の市名には伝説があり、その昔怠け者の牛が身を投げた沼を「牛を食った沼」と呼ぶようになり、「牛が食う」「牛久」になったという話です。
本当かどうかは定かではありませんが、地元では代々伝わっている伝説です。
ただ、牛が身を投げた牛久沼の面積は、牛久市より竜ヶ崎市の方が広域です。
明治時代から牛久の名は使われ、当時は牛久藩でした。

牛久はバスケットボールの街としても知られ、NPO法人 茨城ロングホーン BASKETBALL CLUB、茨城ロングホーンの本拠地です。

ベットタウンとしての側面が際立つ近年の牛久市ですが、観光スポットも多くあります。
市内には数々の遺跡があり、184ヶ所の遺跡(埋蔵文化財包蔵地)が確認された歴史ある街です。
中でも、戦国時代の城跡の「小坂城跡」は、市の史跡に指定されています。
また、シンボル的な存在の牛久大仏の大きさは、世界最大とされ、ギネスブックにも公認されています。

更に、牛久市は「ワインの街」でもあるのです。
関東でワインと言えば、山梨をイメージされる方が多いですが、牛久市では明治から続く「シャトーカミヤ」醸造場があり、ワインだけでなく、地ビールの生産も行っています。
シャトーカミヤの醸造場建築は、赤レンガ造りの明治西洋建築で、国の重要文化財に指定されています。

他にも、全国で10箇所しかい「自然観察の森」があり、広大な整備された森の中で、自然を感じることが出来ます。
自然観察の森は、「茨城森林浴の道百選」に選ばれています。

牛久市の特産品には、みそ、ラッカセイ、豆菓子、納豆、りんご、水戸の梅などがあります。

牛久市の人気パワースポット

牛久大仏

URL:http://daibutu.net/
茨城県牛久市久野町1923

 

牛久大仏は、正式名「牛久阿弥陀大佛」といい、全高120mのブロンズ立像とです。
ブロンズ立像としての高さは世界最大を誇り、ギネスブックに登録されています。
体内(大仏の内側)には煩悩を露わす「光の世界」、写経体験が出来る「念仏の間」「知恩報徳の世界」、約3,400体の胎内仏がある「蓮華蔵世界」などがあります。
また、エレベーターで展望台に上がると、牛久の街を見渡すことも出来ます。
牛久神社の体外(大仏の外側)には浄土を表す「本願荘厳の庭」「正覚の滝」、釈迦三尊像などがあり、「浄土庭園」として整備されています。
大仏を含めた庭園全体が己を見つめ直し、神様を身近に感じられるパワースポットです。
庭園に一歩足を踏み入れると、そこは別世界です。
県内だけでなく、県外から多くの方が訪れています。

また、園内には食事処やお土産やさん、動物触れ合いコーナーもあるので、子供から大人まで楽しめます。
園内で購入出来る牛久大仏ストラップやキーホルダーは、持っていると運気がアップすると言われ、人気です。

観音寺

URL:http://www.ushikukankou.com/kannonji.htm

茨城県牛久市久野町2976

 

茨城県牛久市久野町2976

観音寺は、天台宗の古寺です。
本堂は鎌倉時代に創建されたと言われていて、県の指定有形文化差剤に指定されています。
ご本尊は十一面観音を祀っています。
境内には、十人の王の像もあります。

願名寺

URL:http://www.ushikukankou.com/ganmyouji.htm

茨城県牛久市奥原町2412

 

茨城県牛久市久野町2976

願名寺は鎌倉時代開山したと伝えられている小寺です。
ご本尊は阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)であり、県の指定文化財に指定されています。
小さなお寺ですが、古くから願い事が叶うお寺として、地元の人に親しまれています。

牛久市のおすすめ占いスポット・有名占い師

眼龍子事務所

〒300-1206 茨城県牛久市ひたち野西4-18-10
電話番号:029-871-3751

 

占いを行い、経営コンサルタントとしても活動しているようです。

玉直子

〒300-1204 茨城県牛久市岡見町939-47
電話番号:029-872-0269

 

占いを行っているようです。

開運の館

〒300-1234 茨城県牛久市中央5-4-3
電話番号:029-871-3305

 

占いを行っているようです。

牛久市に関するクチコミ

  1. みなさまのクチコミをお待ちしております


ページ上部移動する