【イタコ】当たる占い師は誰?【電話占い】

近年、「イタコ」という言葉はあまり耳にしなくなってきたかもしれません。
ですが、霊能力の高い占い師の中には、「イタコ」的役割を果たしている方もいらっしゃいます。
生まれながらの才能、または厳しい修行の積み重ねで、「イタコ」の能力は開花していきます。
そんな霊媒的巫女のような力を持った【占い師ランキング】で紹介します。
神秘的な「イタコ」の能力を駆使して、悩みを解決してくれる、頼りになる先生方です。

1位

ユア先生-電話占いウィル所属

ウィル鑑定師のユアと申します。私は持って生まれた霊感と霊力で、幼少時代から数々の不思議な体験をしてまいりました。「人には見えないものが視える」という事が子どもの頃はコンプレックスになっていましたが、大人になるにつれ、目に見えないものの大切さを真摯に受け止め、長く厳しい修行の末現在に至ります。
電話占いウィルの口コミ情報
ユア先生の口コミ情報

2位

葛の葉(くずのは)先生-電話占いピュアリ所属

初めまして。鑑定師の《 葛の葉(くずのは)》と申します。私は数秘術・ルーンマジック・精霊魔法・霊感・霊視・霊言を得意としています。私が使役している精霊たちも皆様のお役に立てる事と思います。私は小さい頃から霊感が強く、霊体や精霊を見てはいたのですが、周りの人たちに視えないこれらの存在を、始めは信じる事が出来ずにいました。
電話占いピュアリの口コミ情報
葛の葉先生の口コミ情報

3位

神女(かみんちゅ)先生-電話占いピュアリ所属

鑑定師の神女(カミンチュ)と申します。祖母、母、叔母など、みなユタとして色々な方々を救って参りました。幼少の頃から「予知能力のある子」として身近な人たちを占い当たるという評判から、本格的にユタとして精進する日々を送って以来、25000人以上の鑑定をしてきました。
電話占いピュアリの口コミ情報
神女先生の口コミ情報

4位

希林(きりん)先生-電話占いピュアリ所属

初めまして、私はピュアリ専属鑑定師の《希林(きりん)》と申します。私の家系には特別な能力を持った先祖が非常に多く、私も幼い頃より他の人とは違う宿命的な能力が備わっておりました。この力を少しでも皆様のお役に立てる様にと、後に様々な占術や統計学も学んで参りました。
電話占いピュアリの口コミ情報
希林先生の口コミ情報

5位

あい先生-電話占いカミール所属

皆様にお初にお目にかかれましてとても光栄に思っております。電話占いピュアリ専属鑑定師の《彩花(さやか)》と申します。私は、物心ついた頃から、分かるはずのない未来を予知するような直感性が身に付いておりました。成長するにつれてその感覚は日に日に増大し、家族や友人など周囲を驚かせるようになっていきました。
電話占いカミールの口コミ情報
あい花先生の口コミ情報

イタコとは

日本の東北地方における、シャーマン的役割の巫女。
古くから伝わる話では、主に盲目や反盲目になってしまった少女が、イタコの師匠の元に弟子入りし、厳しい修行を積んで一人前の霊媒的巫女になります。
生まれながらに能力がある能力者、というのとは少しニュアンスが違い、後天的に能力を開発していくのが特徴です。
イタコの世界では、盲目であることが、心眼を鍛える要素としてカウントされます。
もちろん、厳しい修行を積んでいく過程において、とても強い能力を発揮する人もいます。

恐山の口寄せ

特に有名なのは、青森県下北半島にある霊場・恐山でのイタコの口寄せです。
口寄せとは、この世を去って亡くなった家族や恋人、友人などの死者の霊魂を呼び出して憑依させ、イタコの口から言葉をいただいたり会話をするという降霊技術のことをさします。
口寄せが体験できるのは、現在では夏の大祭と、秋の秋詣りの期間中となっています。この大祭の時期になるとイタコは恐山に集結します。そして全国から訪れてきた人々のリクエストに応え、霊界と現世の仲介役として活躍します。恐山という場所自体、実は水子供養がメインの霊場となっています。
イタコの口寄せに訪れる人の多くが、事情があって若くして亡くしたお子さんの霊魂と一言でも話をしたい、多くの待ち人が行列を作り、自分の順番を待ちます。

イタコという職業

この世を去った魂と別の次元でつながり、その心霊の世界からのメッセージを生きている人間に伝えるという行為は、古代より世界各地においてシャーマニズムとして継承されてきた文化でもあります。
普段、イタコは自分の住んでいる地域にて人の相談に乗ったり、口寄せの他、呪術師としての側面も持ち合わせているので祈祷や供養なども行って生活をしています。その生き様は、同じコミュニティに住む人々を癒すシャーマンそのものです。
そして、霊能者としての能力云々ということも勿論ですが、イタコという存在は、親しい大事な人の霊を亡くした遺族の気持ちを鎮めるためのものという解釈もあります。
それはまるで人々の心に心理カウンセリング的余波や、ヒーリングのような癒しをもたらす作業でもあるからです。
しかし残念なことに現在では全盛期に比べるとイタコの高齢化が進み、伝統を受け継ぐ人も減ってきているそうです。
日本の土地で生まれたシャーマン、イタコの文化を途絶えさせることのないように見守っていきたいところです。


ページ上部移動する