タロット占い-仕事辞めたいのはなぜ?原因を徹底診断

仕事辞めたい!仕事に行きたくない!と毎日考えて気苦労していませんか?
仕事辞めたいときは思い切って転職するのもありかも?
その前に一度仕事占いで、今の仕事を続けていった先や、あなたを評価してくれる人の存在、味方、敵になる存在を占ってみましょう。
思わぬ発見があるかもしれませんよ♪

仕事占いメニュー

今のうちに克服可能!仕事をする上でのあなたの「弱み」
上司、同僚、、、職場の人のあなたに対する「評価」
仕事をする上での「味方」あなたを成長させてくれる人物とは?
気をつけて下さい。あなたにとっての「要注意人物」

タッチでシャッフル開始!

スポンサーリンク

 

お役立ちコラムコーナー

 

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法4つ

仕事を始めた頃はヤル気満々だったのに、実際に仕事を始めてみると自分の思ったとおりに仕事ができなかったり、失敗してくよくよしたりと皆が経験していることとはいえ、転職すれば現状よりも上手くいくようになるのでは?と考えることがありますが、その予想は本当に正しいのでしょうか?
転職はするまでは夢一杯ですが、実際に転職してみるまでその転職が成功なのか、失敗なのかの判断することはできませんが、失敗をできるだけ回避することは可能です。
そこで、実際に転職をする前に後悔しない方法を紹介していきますので、転職を考えている方は参考にして下さい。

転職にはリスクがあることを十分に承知しておく

今現在の仕事があまりにも辛かったり、人間関係が上手くいっていなかった場合、転職をすれば全部リセットされ、今よりももっと仕事がしやすくなったり、人間関係も潤滑になりラクになれると信じてしまいたくなりますが、確かに転職で上手くいけば、現状よりも良い環境で仕事ができるかもしれませんが、逆に今以上に悪くなることだってあり得るのです。
仕事が嫌になった、人間関係に疲れたからといったネガティブな理由での転職は、失敗の大きな原因になることがあります。
逃げ出し型の転職ではなく、スキルUPなどのしっかりとした目標のある転職や、仕事や人間関係に向き合い改善の努力もした結果の転職なら、次の職場では上手くいく確率もUPします。

転職先の実働をしっかりと調べておこう

転職をして「こんなはずじゃなかった」となる事が多いのは、自分が何となく予測していた内容と違っていたり、会社のHPや面接の中で面接官に聞いたよりも残業が多いなど、完全なる予測外になることがあります。
同業種だから何となく同じだろうと転職したのに、予想以上に忙しく給料は変わらないなど、かえって転職で足を引っ張られることがありますので、転職する前に面接で約1ヶ月の仕事の流れを確認しておき、残業や仕事の忙しさも考慮しつつ、採用された場合のシュミレーションを頭の中で組み立てておき、自分が勤められるかどうかを考えてみましょう。

面接での話を鵜呑みにしない

転職するなら必ず面接を受けることになりますが、面接官の言う事ばかりを鵜呑みにしてしまうのは危険です。
面接で告げられた給与と違ったり、希望していた部署に配属されないなど、聞いていた話と違うと勤務してから気づくことがあります。
こういうありがちな失敗をしないためには、内定をもらった後、内定先から労働条件通知書を郵送してもらい、職場や賃金・雇用条件など、自分の希望しているものなのかどうかを確認しておきます。
特にチェックしておきたいのは、求人票にある最低保障金額と、通知書に書かれている賃金が合っているか確認しておきます。
もし違う場合には、職場に問い合わせをしてどちらが正しいかを確認しておけば、もし希望と違っていた場合には入社を取りやめることができます。

最低3年間はその職場で働けるかを自問自答する

会社の人事は最低3年間は勤務していないと、キャリアが形成できないと考えていますので、半年や1~2年で勤務先を変えてしまうようでは、大したキャリア形成ができていないと思われてしまいます。
もし転職をしたとして、次の職場を1年で辞めてしまうと、もし次に転職をしようとしても困難になる可能性が高くなってしまいます。
もし失敗したかな?と思っても、多少ガマンしたとしても3年は勤務するように心がけましょう。

おわりに

今現在、転職経験の無い人の方が少ないくらいですが、もうこんな仕事はイヤ!転職してしまいたい!と、思うことがあるかもしれません。
ですが、突発的な転職は落とし穴にハマる可能性も高くなりますので、しっかりと考えた上で納得のいく職場へ転職できるよう、しっかりとリサーチして転職先を決めていきましょう!

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い




ページ上部移動する