四柱推命-自分の夫に手を出した女性が許せない!効果的な復讐方法は?

自分の夫を誘惑し、不倫関係になった女性に復讐したいあなた。
二度と夫と不倫関係にならないような効果的な復讐方法をお教えします。
あなたの鬱憤や不安を無くし、夫と安心した生活が過ごせるよう、占います!

四柱推命メニュー

夫の不倫相手はどんな人?
どうして夫とその女性は不倫関係になったの?
夫に二度と手を出させない復讐方法は?
あなたと夫の未来は?

あなたの生年月日
あなたの性別

スポンサーリンク

夫に手を出した相手に復讐する方法

不倫した夫にも腹が立つでしょうが、夫との関係に大きな溝を作った原因の不倫相手に対し、腹立たしい恨みの気持ちから、何とかして復讐したいと感じるかと思います。

いざ復讐したいと思っても、どんな風に復讐していいのか、良い案が浮かばないままでは時間が経つにつれ復讐するきっかけを失い、のちのち後悔しかねません。

復讐するなら、合法的かつ相手に大きなダメージを与えるような方法が一番!どんな方法なら不倫相手に痛手を与えつつ、心からスッキリできるのでしょうか。

浮気相手に連絡を取る

もし浮気発覚後、相手の女性と面と向かって会った事がないようなら、相手の女性に連絡を取り、直接話をしてみましょう。

不倫している側としては、彼の奥さんが連絡してくる事態はかなり衝撃的な状態ですし、淡々と浮気の事実を問いただされれば、自分のしでかした事態の大きさに気付きます。

自分の犯した罪い気付き、ここで謝罪の言葉が聞ければ多少気持ちは落ち着きますが、なかには図太い相手もいて、何度言っても不倫の事実を認めようとしない場合も考えられます。

夫から「好きなのは君だけ。妻と別れて結婚したい」「家庭内別居状態だから」など、不倫相手の気を引きたいが為にウソをついていたとしても、相手が夫のウソを信じていれば、しらばっくれたり私の方がふさわしいと言い出したりと、宣言されてしまう可能性もあります。

夫に妻と別れる意志がない場合、ダマされている相手も少々可哀想にはなってきますが、少なくともメールや写真・動画などの証拠を押さえてから、電話するようにしましょう。

不倫現場に突入しふたりを問い詰める

夫の不倫に気付いた後、コツコツと証拠や相手の情報を集めた上で、決定的な証拠を押さえる為に探偵を雇い、尾行してもらった上でホテルから出てきた決定的な証拠を押さえれば、もう言い逃れはできません。

ただし探偵を雇うにも数十万の資金が必要なので、そんな資金がない方は夫の車や持ち物に「GPSロガー」と呼ばれる磁石で着脱できるデータ記録式GPSを取り付け、夫の行動をチェックすれば簡単に不倫現場を知る事はできます。

ただし自分で行う不倫調査は残念ながら夫にバレやすく、一度バレれば再び追跡するのは難しくなるので、実家へ帰る等のウソの予定を夫に告げておき、その日だけ探偵を雇うなど、最小限の費用で済むように調整すれば、絶好のタイミングで夫と不倫相手に復讐できます。

不倫相手に離婚しないと宣言する

不倫相手が本気で夫の事を好きなら、夫と離婚しない!と宣言するのが一番の復讐になります。

多くの夫は性欲を満たし寂しさを埋める為に不倫していますが、女側としては最初は単なる遊びのつもりでも、体の関係になった後「妻と違って素敵だ」「早く結婚したいね」と言われ、ちやほやされればついふたりの将来を夢見てしまいます。

不倫は相手と一緒にいる時間が短いので、自分の良い面しか見せなくていいからこそ、家ではだらしない夫でも不倫相手からは素敵な男に見えるのでしょうが、結局の所夫のすべてを知らないからこそ「理想の王子様」を手放すまいと、より不倫にハマリ熱を上げていきます。

ところが多くの男性は不倫相手に本気で接していませんし、妻と不倫相手のいいとこ取りをしたいだけで、離婚しようとまでは思っていません。

不倫相手だけが夫との結婚を望んでいるようなら、絶対に離婚しないと言うだけでも不倫相手に強いショックを与えられます。

内容証明&慰謝料請求の通知書を送り付ける

慰謝料請求などの重要な書類を送付する場合「内容証明郵便」が使われますが、通知した内容を公的に残したい、自分の覚悟を相手に伝え心理的なプレッシャーを与える為には、かなり有効な方法です。

内容証明は裁判所からの召喚状送付にも利用される方法で、受け取った瞬間から内容を承諾したとみなされますし、郵便局が受け取り証明を発行してくれる為、確実に相手が受け取った証明を残すことができます。

内容証明の中身はこの場合当然「慰謝料請求の通知書」ですが、自分たちの不倫は間違ったもので、公的にも制裁されるべきものだと認識するようになれば、ますます精神的なダメージを与えられます。

不倫がバレても無視したり逃げ回っていれば何とかなると思い込んでいる相手でも、法的な手段を用いた制裁を加えておけば、その後慰謝料についての話し合いもスムーズに進むパターンが多いようです。

慰謝料の平均的な金額として50~300万とされていますが、実は明確な基準はなく過去の判例や状況によって金額は異なってきます。

もし今現在離婚せず夫婦関係が続いているようなら、平均50~100万程度、浮気が原因で別居したなら平均100~200万、浮気が原因で離婚したら平均200~300万ほどです。

細かい金額の決定は、どちら主導で不倫関係になったのか、不倫のせいでうつ病になった等の精神的苦痛、浮気の頻度や期間によって慰謝料の金額も変わってくるので、必ず弁護士に相談するようにしてくださいね。

おわりに

不倫相手へ復讐したいと思いつめてしまうと、相手の実家に内容証明を送りつけたり会社に怒鳴り込んでしまう事態に発展します。

確かにスカッとするかもしれませんが、相手の親や勤務先に知らせればプライバシーの侵害で逆のい訴えられてしまう可能性もあるので要注意!

合法的な方法で相手にダメージを与える手段として一番有効なのが、内容証明郵便での慰謝料請求ですが、確実な浮気の証拠が手元にないと状況的に厳しいので、必ず確実な証拠をつかんでから実行していきましょう。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. 蠍座(さそり座)O型女性

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する