夢占い-布団の夢の意味は?

布団の夢について

 

日本の寝具といえば、やはり布団です。近年はベッドを使う人の数が多くなっていますが、それでもなお、布団には布団の良さがありますよね。実際に使用している布団が夢に出る場合がほとんどですが、時には架空の布団が夢に出てくることもあります。

また、布団というと大きく分けて二つの種類があります。身体の上にかける「掛け布団」と体の下に敷く「敷き布団」です。どちらも同じ「布団の夢」としてまとめて考えてください。

布団の夢は夢占いにおいて、「あなたの身体の疲れ具合」を示しています。休息と睡眠をとるための布団だからこそ、そこであなたが身体の疲れを癒したいかどうかが分かります。

夢の中で布団が置かれている状況が良ければ、あなたの体はあまり疲れておらず、休息に飢えているわけではありません。ですが、布団が悪い状況に置かれていればいるほど、あなたの体は疲れています。休息を取り、疲れを取り去る必要があります

夢を思い出し、布団がどのような状態になっているかを細かく照らし合わせることで、体調管理やスケジュール調整に役立ててください。

 

好きな人・恋人と布団で寝る夢

 

恋愛感情を持つ相手といっしょに布団で寝るとなると、例え夢でもドキドキしてしまうものです。まさか夢だとは思わないほど、相手の体温や気配をリアルに感じてしまうため、起きたあと「夢だったのか・・・」とがっかりしてしまうことさえあります。

好きな人が相手の場合は「恋人になったらこうやって一緒に眠れるのかな?」と未来に希望を持つこともできます。ただ、恋人が相手の場合は「夢じゃなくて現実で一緒に寝たいなあ」と寂しくなるきっかけになってしまうのは、少し切ないですよね。

 

好きな人・恋人と布団で寝る夢は夢占いにおいて、「身体の疲れを取りたいときは、恋愛で胸をときめかせると良い」ということを示しています。いくら寝ても、栄養豊富なものを食べても、なかなか身体の疲れが取れないときというのはあります。

 

こういうときは、身体のリフレッシュだけでなく心のリフレッシュに目を向けると良いのです。その中でも今のあなたに特に強い効果があるのは、「恋愛」です。好きな人と話すことや恋人とデートをすることで、心をどきどきさせてください。心がリフレッシュされ、その影響は身体にも現れます。

 

布団をたたむ夢

 

布団をたたむということは、しばらくの間そこで睡眠をとらないということでもあります。ですので、これから活動を開始するサインの夢でもあるわけです。それを寝ながらにして見ているわけですから、少し変な気分になるかもしれませんが、これにももちろん意味はあります。

また、布団のたたみ方も注目すべきポイントです。几帳面にきっちりとたたんだか、雑に四隅も合わせずにたたんだか・・・など人によって個性が出やすいポイントでもありますので、よく思い出してみてください。

 

布団をたたむ夢は夢占いにおいて、「身体の疲れが取れている」ということを示しています。しばらくの間あなたには必要ではないからこそ布団をたたむということは、今のあなたには休息が必要ではないということです。つまり、身体は疲れておらず、今のあなたは元気いっぱいでもあるのです。

「几帳面にきっちりと布団をたたんでいた」という場合は、体力もフルチャージされており、精神的にも余裕があるため物事を丁寧に行うことができます。仕事の効率も上がり、周囲からの評価も上がります。

 

ただ、布団のたたみ方が「雑に四隅も合わせずたたんでいた」という場合は、要注意です。この場合は、休息に対して未練があることと注意力が散漫になっていることが表れています。身体は疲れていないものの、「まだ休みたい」という気持ちがあるということなので、心のリフレッシュはまだできていません。精神的な余裕がないため、ケアレスミスも多発してしまいます。十分に回復した身体だけに満足せず、今度は心も労わってあげてください

 

布団を買う夢

 

布団を新しく買うと、気分転換になります。今までの布団とは違う寝心地に感動したり、自分は良い買い物をしたと満足感を得ることができます。これは夢の中でも同じことがいえるので、実際に物を買ったような満足感を、起きたあとも感じることができるのです。

また、夢の中で布団を買うことによって、「現実でも布団を新しくしたい!」という気持ちが芽生えることがあります。このときは、今使っている布団が新品ではない限りは、この欲求に従ってみてください。

 

布団を買う夢は夢占いにおいて、あなたが「身の回りの物を新しくすることで、疲れを取ることができる」ということを示しています。この夢を見たときは、身の回りの物をどれか一つ新しく買い替えてみてください。その買い物があなたにとって非常にプラスなものとなり、生活の質が向上します。

 

夢の中と同じように寝具を新しくしてもよいですし、生活が便利になるような家電製品や普段使うソファなどのインテリアでもよいです。生活に根差しているものをグレードアップすることで、心身の疲れを取ることが重要です。

 

布団を干していたら雨で濡れる夢

 

湿気や汚れをとり、太陽光で乾燥させるために布団を干すのに、それが雨で濡れてしまっては意味がありません。こういう夢は、夢だと分かっていてもショックを受けてしまうものです。「夢で良かった・・・」と思う反面、濡れて重くなった布団に対する不快感などをリアルに感じると、気分も沈んでしまいます。起きたあと、布団を干す前に念入りに天気予報をチェックする方も多いです。

 

布団を干していたら雨で濡れる夢は夢占いにおいて、「心身の疲れが取れておらず、まだ休んでおくべきである」ということを示しています。布団を干したら濡れたということは、言い換えれば「まだ布団を敷いておくべきで、布団を干すタイミングではなかった」ということもであります。つまり、今のあなたにはまだ休息が必要であるということなのです。自分では自覚症状がなくとも疲れが溜まっている状態ですので、ゆっくりと休んでください。

 

またこのときは、先ほど少し文中にも出ましたが、天気予報にも注目してみてください。低気圧が近づいていると、体の疲れが取れにくくなることがあります。天気を把握することで体調管理もしやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。片頭痛持ちの方などには特に重要です。

 

布団に虫がいる夢

 

ゆっくりと休むための布団なのに、そこに虫がいるとなると、心が休まらないですよね。特に虫が苦手だという方にとっては一大事です。早く虫を退治しなければ、もしくは外に逃がさなきゃ・・・と焦ってしまいます。起きたあと、寝たとは思えないほど疲労感が溜まっていることも多いです。

 

起きたあとも、「本当に虫がいるんじゃないか?」と恐る恐る布団をひっくり返してしまうこともあります。布団に虫がいる夢は夢占いにおいて、「あなたの身体の疲れを増幅させる相手がそばにいる」ということを示しています。夢の中の虫は、睡眠を邪魔する存在です。

 

つまり、あなたの休息を妨害し、身体の疲れをさらに増やす相手の存在を知らせ、危険信号を送ってくれているのです。あなたの周りには、あなたをいら立たせる人やあなたの仕事を増やす人がいませんか?もし心当たりがあるのであれば、その人のことを遠ざけてください。

 

あなたを更に疲れさせる人を、今のままそばにおいていても、あなたにとってプラスになることはありません。自分にとってマイナスな人は遠ざけ、自分自身を尊重することができる生き方を選んでください。

 

まとめ

 

布団の夢を思い出すと、睡眠が恋しくなり、急に眠くなってしまうこともあります。このときは夢の内容に関わらず、睡眠が足りていない証拠です。隙間時間を見つけて少しでも眠るようにしたり、それが無理なら目を瞑るだけでもよいです。少しでも体を休めることで、できる限りリフレッシュを図ってみてください。

 

身体の疲れというのは、誰にとっても避けては通れない話題であり、重視していかなければいけません。だからこそ、自分は今どれくらい疲れているのか、休むべきなのか休まないでよいのか、どんな方法で休息を取ればいいのか・・・など、夢占いを通して頭に入れておいてください。心身をリフレッシュした状態に持っていくことで、今の生活をより楽しいものに変えていくことができます。すると更に気持ちがリフレッシュされるので、良い連鎖を生むことができるのです。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する