夢占い-手紙の夢の意味は?

手紙の夢

今はパソコンや携帯を使った「メール」が文章のコミュニケーションの主流となっていますが、それまでの長い間は全世界の人々が文章を使ったコミュニケーションとして「手紙」を使っていました。手紙は風化しない限りいつまでも読み返すことができるので、いつの時代の人であったとしても書いた人の想いに触れることができる手紙には多くのロマンがありますよね。
手軽だからと言って私たちはついついメールという手段に走りがちですが、手で文字を書き想いを伝える手紙には、他のツールにはない独特の良さがあります。

 

そんな手紙の夢は夢占いにおいて、手紙を書いた人の「思い」が反映されたものとなっています。ですので、あなたが手紙を書いた場合であればあなたの想いを自分自身でもう一度理解することができますし、他の人が書いた手紙であれば他の人の想いに触れることもできるのです。

 

想いというのは心の奥にありますので、見た目では見破ることができなかったり、自分自身でも分からないという場合が多いです。ですがだからこそ夢の中でその想いを感じることができるのは、その後のあなたの身の振り方や周囲との人間関係において、重要な手掛かりとなってくれます。ですので、夢占いの結果はしっかりと受け止め、参考にするようにしてください。

手紙を書く夢(特に、好きな人に書く場合)

手紙を書くことによりあなたは自分の想いを文字にして残すことができますし、その書いた手紙を他の人に渡すことによって他の人に自分の気持ちを理解してもらうことができます。つまり、手紙を書くということは、心の中にあり形を成していない思いを、誰の目に見ても明らかなように形にして残すということでもあるのです。
手紙を書く夢を見た場合は、誰にどんな内容のものを書いたのかということをよく覚えておくようにしましょう。

 

手紙を書く夢は夢占いにおいて、あなたが誰に対してどんな気持ちを抱いているかということを具体的に表した夢となっています。想いというのは自分自身では客観的に感じることができず、誰にどんな思いを抱いているかが自分自身でもあやふやになってしまうことも多いですが、この夢を通し、しっかりと自覚することができますね。手紙の内容により感謝、恋、怒り・・・など様々な感情が現れる夢となることが多いですが、どんな場合であったとしてもしっかりと受け止めましょう。

 

また、好きな人に手紙を書く夢を見た場合は、あなたが好きな人に対してどんな恋愛感情を抱いているかを冷静に判断することができます。
相手のことを思いやっていないただ伝えたいだけの一方的なラブレターを書いていたという場合は、自分の気持ちにある程度のストッパーをかけるようにしましょう。自己中心的な愛情は相手があなたに嫌悪感を抱く原因にすらなりかねません。
逆に、相手のことを考えつつ、「もし迷惑でなければ自分の気持ちを知ってほしい」という控えめな手紙を書いていたという場合は、謙虚な姿勢を忘れない恋をしているということでもありますので、今のまま相手のことを想い続けられるようにしましょう。

手紙を渡す夢

自分の想いを書いた手紙を人に渡すということは、その相手に対して自分の想いが知られてしまうこととイコールになりますので、書いた手紙の内容によっては非常に緊張してしまったり、覚悟してしまうことになります。好きな気持ちを書いたラブレターなどは特に、相手の反応が気になってしまいどきどきしてしまいますよね。

 

手紙を渡す夢は、手紙を渡した相手に対し、手紙に書いた内容を伝えたいと思っていることを表しています。ただ自分の心の中だけで思うだけでは足りなくなってしまい、相手に伝えてしまいたいと思うほど、あなたの気持ちは相手に対して強まっているのです。
ですので、相手への怒りの気持ちがこもった手紙などである場合はあなたの我慢の限界が来たことを表していますし、ラブレターである場合は相手への愛情がもう抑えきれなくなっていることを表している、ということなのです。

 

相手に伝えたいほどの強い気持ちをいつまでも自分の心の中だけで我慢し続けることは、精神的にあまりよくありません。相手に伝えることへのリスクなど心配事もあるかとは思いますが、長い目で見て自分自身に負担をかけてしまわないためにも、この機会に思い切って想いを伝えてしまうことをオススメします。

たくさんの手紙の夢


たくさんの手紙があるということは、それを書いた人の労力が計り知れないものだったということを示しています。書けば書くほど腕は疲れてきますし、文章構成を考えなければいけないので頭もかなり使うことになります。そうだとしても、それを分かっててもなお、手紙にして伝えたい思いがあったということですので、非常に強い思いですよね。

 

つまり、たくさんの手紙の夢は夢占いにおいて、その手紙を書いた人の想いが非常に強いということを表しています。
ですので、たくさんの手紙を書く夢であればあなたの想いがそれほど強いということですし、たくさんの手紙をもらう夢であれば夢の中でそれをくれた人の想いがそれほど強いのだということが表れています。ですのであなたの思いであろうと相手の思いであろうときちんと受け止め、それをどう対処していくかが重要になります。

 

自分の想いが強かったことが分かったのであれば、その想いをどう相手に伝えていくかを考えなければなりません。強すぎる思いを一気に相手に伝えると「自分では受け取りきることができない」と相手に引かれかねません。ですので、控えめに少しずつ小出しにして相手にアピールしていく必要があるのです。
また、相手の思いが強かったことが分かったのであれば、これからその相手に対してどう接していくかを考える必要があります。相手の気持ちが嬉しい場合は受け止める覚悟もしなければなりません。相手の気持ちが重かったり迷惑だと感じる場合は、相手に対して徐々に距離を取っていく必要があります。

手紙を読む夢

手紙を読むと、書いたその人の気持ちが分かりますし、どういう経緯で自分に手紙を書いてくれようと思ったのだろう、と書いたその人の背景にも興味を抱くきっかけにもなります。
手紙を読む夢ということは、あなた自身が手紙を書いたのではなく、他人が書いた手紙を見ているということです。ですのでこの夢は自分の想いを投影した夢ではなく、他人の想いを感じ取っている夢だということが分かりますね。

 

手紙を読む夢は、あなたが他の人の気持ちを無意識に感じ取っていることを表しています。周囲の人の行動を見ているうちにその人がしたい行動がなんとなくわかったり、表情を見ただけで何を考えているかがふっと分かる瞬間というのは、皆さんも一度は経験したことがあると思います。この夢はそうした経験と同じで、あなたが周囲の人と接する中で、その人の気持ちを無意識に理解しており、それが夢という形で表出されているのです。ですので、この夢を通して初めてあなたは相手の感情を理解していたことを自覚することができ、相手が何を考えていたかについて意識するきっかけになったと思います。

 

他の人の気持ちが分かるということは、知らなくてよかった周囲の負の感情を知るきっかけになることも多いため、心を痛めてしまう場合もあるでしょう。ですがだからこそ、相手にとっての「地雷」を知り避けることができるため、トラブルを回避することができる場合もあります。周りと平和に接していくためにも、この夢を通して周囲の感情を理解しておきましょう。

手紙をもらう・渡される夢

手紙をもらうと、その手紙の中には何が書かれているのだろう?という内容も気になりますし、どういう理由で手紙を書いてくれたのだろう?とその意図も気になることと思います。自分が人に手紙を書く理由や内容とイコールというわけではありませんし、わくわくもしますし、ある意味で緊張もしてしまいますよね。
でも労力を考慮したうえでも手紙を書いてくれたその気持ちは、やはりうれしく感じることでしょう。

 

手紙をもらう・渡される夢は夢占いにおいて、近いうちに夢の中で手紙を渡された相手から思いを伝えられることを暗示しています。あなたは無意識のうちに相手に強い感情を向けられていることを察知しています。いつの日か相手にそれを直接伝えられるだろうということも、心のどこかで覚悟しているのです。とはいえそれも無意識下のうちですので、この夢を見たことによりそれを自覚することになるわけですので、びっくりしたかとは思います。

 

ですが、相手もあなたに意を決して想いを伝えてきてくれるわけです。相手があなたに伝えるのがどんな感情であったとしても、あなたもまた真摯に向かい受け止めてあげるようにしてください。

手紙の封筒の夢


手紙の封筒は、相手に手紙を無事に届けるために保護する役割もありますし、相手の住所を書くために必要なので「届けるための手がかり」のような役割も担っています。手紙を書く便せんと同じくらい大切なアイテムでもあるわけです。

 

そんな手紙の封筒の夢は夢占いにおいて、あなたが人に思いを伝えようとするときに心の壁を作り過ぎてしまっていることを暗示しています。
あなたの胸の中に強い思いがあり、相手にそれを伝えようとしたとき、「相手にとって迷惑じゃないのか」「こんな気持ち受け止めてもらえない」「聞いてくれるだろうか」など様々な心配事が頭をよぎることがあると思います。これは、あなたが自分が傷つかないために心の壁を作り、その鉄壁により自分の心を守ろうとして起こっていることなのです。

 

この心の壁を自分で取り払うことができなければ、無事に相手に気持ちを伝えることができません。
ですので、この夢を見たのであれば、ポジティブな気持ちを常に持つようにしていきましょう。心の壁が厚いままだとどうしてもマイナス思考になり、失敗した時のことを考える後ろ向きな気持ちになってしまいがちです。ですがここで前向きな思考を持つことができれば、その曇った気持ちもだんだんと晴れていき、想いを伝えようとすることに対して肯定的になることができます。
心の壁を取り払い、無事に相手に思いを伝えるために頑張りましょう。

まとめ

自分がどんな思いを抱いているのかということは意識しやすいですが、その想いの強さなどは自分でもなかなかわかりにくいものです。自分では弱いと思っていたはずの気持ちが実はとてつもなく強く激しい思いであることもありますし、もちろんその逆の場合もあります。
また、人の気持ちというものはなかなかはっきりと明確には理解しにくいものです。表向きとは違う感情を心の奥底で隠し持っているということはよくあることですし、だからこそ人と人とはすれ違ってしまうわけです。

 

ですが、この手紙の夢を見たのであれば、夢占いを元に、自分や他人の感情を深くしっかりと理解することができます。思いの強さを再確認することもできますし、他人が抱いている感情へ汲んであげやすくもなるのです。そのため、対人関係も円滑にしていくことが可能になっていきます。

 

「想い」というのは非常にデリケートなものであるため、自分のものであっても他者のものであっても悩むことが多いかと思いますが、この夢占いのまとめがその手助けとなればと思っております。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する