姓名判断-あなたと彼はS?M?気になる彼との相性は?

恋愛の相性診断で知っておいて損はないSM相性診断!
誰だって好き嫌い感じるものは違います。
恋愛では、そんな相手の好みを知っておくことがお付き合いを長続きさせる秘訣でしょう。
本当のあなたは?気になる彼はS?M?
自分と好きな男性の好みを知り、恋愛が長続きできるようSMの相性を診断します

相性占いメニュー

気になるあの人はS?M?
本当のあなたはS?M?
あなたと彼の相性は?
恋愛を長続きさせる方法

あなたのお名前
あなたの性別
お相手のお名前
お相手の性別

スポンサーリンク

SM相性で彼との恋愛を長続きさせる秘訣

ただ一口に「S・M」といっても性格的なS&Mや、性的なS&Mなど、いろいろな意味を持っていますが、どちらに属しているかによって相手への接し方もかなり違ってきます。

元々人はどちらかの属性に当てはまっているのですが、自分の性格や性癖を自覚している人の方が少ないのも事実です。

一度自分のSM属性を知ってしまえば、今までの恋愛の傾向や失敗もおのずと理解できるようになりますが、SMの相性から恋愛を長続きさせられる秘訣とは、一体どんなものなのでしょうか。

自分はS?M?属性をはっきりさせよう

よく他人をからかっては「ごめん~ドSだからさぁ」と笑ってドヤ顔をする人がいますが、このような人ははっきり言ってSではありません。

Sと聞くと相手が嫌がるような言葉を言ったり、あざけり笑い肉体的&精神的にも傷付けるような言動を繰り返す人がいますが、相手が望まぬ行為をするのは単なる「DV」と同じです。

本物のSは相手が求めている暴力&精神的な「支配」を与えているだけで、Sの好きなように暴力や暴言を振るっているわけではありません。

世の中の誰もが自分の中に「S」「M」どちらの要素を持っていますし、自分がSだと思っている人でもS度70%表に出ているだけで、残りはM度30%を占めているなど、純度100%のSもMもいないのです。

したがって自分より゙Sな相手に出会えば、Sっけがある人もMになったりと、立場が逆転する場合もよくあります。

まずは自分と彼のS・M属性がどちらかを見極めていきましょう。

「S」「M」の性格を把握して恋愛に活かそう

付き合う相手によってSにもMにもなれはしますが、基本のパーセンテージが高めな人は純度の高いSっけのある性格をしている場合が多いようです。

S・Mどちらかを見分けるには、どんなわがままを言うかで見分けられます。

Sの強い人の性格は

・自分の好きなように仕切りたがる

・思い通りに物事が進まないと嫌

・すぐ指図してくる

・いたずら的なちょっかいを出してくる

Mが強い人の性格は

・何かをねだってくる

・優柔不断で決められないので誰かに決めてもらう

・すぐかまってほしがる

など、Sが強い人は自ら積極的に働きかけますが、Mは自ら動こうとせず誰かを動かそうとします。

性格的にMは相手に何かをしてあげたり与える事に喜びを感じ、Mは相手から何かを求め、与えてもらう事に喜びを感じ要求する性格です。

Sは自ら積極的に動きMを支配する事で快感を得る。Mは自らは常に従属的な立場でいたがるというように「主従関係(しゅじゅうかんけい)」がS・Mの初歩的な考え方です。

よくSMプレイなどでSからMが叩かれて喜んでいますが、需要と供給が成り立っている関係だからこそ成立している訳です。

SとMは支配と従属関係

Sは支配を求め、Mは支配され従属することを望んでいます。

男性がSで女性がMなカップルが世の中多いようですが、社会的な地位の高い人の中には普段はSでも風俗系の女王様の前ではMになりストレスを発散している人もいると聞くほど、SとMでは度合いによってあっさり立場がひっくり返る事もよくあります。

もし今お付き合いしている彼氏が完全なSで、自分がMなら支配と従属関係になれば恋愛は長続きしやすくなります。

SM相性の恋愛対処方法

嫌な事をするSにははっきり言おう

Sの基本として、何でも自分の思い通りに振る舞いたがるクセがあるので、場合によってはMを強く束縛しようとします。

束縛は行き過ぎると愛情が冷めてしまうものですし、そのまま放置しているとSはますますワガママになりイタズラはエスカレートしていきます。

Sが感情的になっている時はなかなか暴走を止められないので、束縛や嫉妬心を起こす前にしっかりと「なぜ嫌なのか」を説明し納得してもらい、何でも言いなりになる事だけは避けるようにしてくださいね。

Sな人はほめて伸ばそう

Sな人を好きになった場合、いくら依存体質なMであっても、あれこれいじられたりいたずらをされるのは時として絶えられなくもなります。

そんな時にはSの優しい所をホメてあげてください。Sは時として自分でも気付かぬほど強いSさを発揮し、Mを傷付けてしまうこともありますが、そうならない為にも良い部分をほめMの優しさほめていけば、そこまでSを発揮しません。

冷たくされても甘えるMになる

SはMに冷たくしたり思い通りに操ろうとしたりと、周囲が見ても少々冷たいのでは?と感じるような物言いをしたりします。

そこでくじけることなくSにかわいく甘え、かわいがってもらえるように振舞っていけば、より愛されます。

もし我慢できないくらいSに傷付けられるのが嫌なら、このワードが出たらこれ以上はやらないというキーワードを決めておくようにしましょう。

Mは尽くし上手

MはSに対して従属的なので、Sの命令を聞く事に心地よさを感じます。

Sの命令を聞き相手に喜んでもらえる事が一番なので、相手の欲求に答えようと尽くそうとします。

SはMが自分の欲求に答えてくれたら「ありがとう」と感謝の言葉を伝え、関係を良好に保っていけば恋愛も長続きしていきます。

Sが課題を与え、Mが一生懸命こなす事でSが満足感を、Mも満足感の他にますます愛情が募っていくという風に、愛情を深める為の「アメとムチ」が必要な関係なので、たた一方的に攻められるのではなく、感謝の心も必要です。

おわりに

SとMは性的な意味でよく用いられますが、恋愛において非常に重要なキーワードでもあります。

自分がS・Mどちらなのかの自覚がはっきりしたなら、自らの性質をチェックし自分とは間逆の属性の性質をよく知っておけば、より恋愛を長続きさせる秘訣がもっと見つかりますよ。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. 射手座(いて座)A型女性
  2. 天秤座(てんびん座)A型女性

あなたにおすすめの公開占い




ページ上部移動する