夢占い-災害の夢の意味は?

災害の夢

?災害の夢を見た時というのはどうしても不安な気持ちに駆られてしまうことと思います。命が脅かされる独特の恐怖をあおられてしまうことにもなりますし、「この夢のような災害が実際に起こってしまったらどうしよう」という不安も出てくることでしょう。しかしながら災害レベルの大きな出来事を予知するというのはかなりの霊感の持ち主でないとできませんので、夢で見たからと言って実際に災害が起きるというわけではありませんのでご安心くださいね。

 

ですがだからといって災害の夢を見ても平和でいられるかというと、そうでもありません。

災害の夢というのは夢占いにおいて「これからあなたの身に降りかかる困難」を表しているからです。災害ほど強い悲しみや大きな被害をもたらすような出来事でないとしても、この夢を見たということはこれからあなたの身に困難が待ち受けていることとなります。

 

一切の困難がないという人生は残念ながらありません。必ずどこかであなたを悩ませるような出来事は起こりますし、その辛さに足を止めてしまうことだってあるでしょう。その困難の中の一つが近いうちに起こるというだけですので、「軽々と乗り越えてやろう!」というぐらいの強い気持ちを持ち合わせるようにしておきましょう。また、この災害の夢の夢占いを通して、どんな困難なのか、どのように乗り越えていけばいいのか、などを読み解いて手掛かりとしていくようにしましょう。

 

災害から避難する(逃げる)夢

災害から必死に逃げ避難する夢というのは、夢とは思えないほど体力を使ったことと思います。命を落とさないように、怪我をしないように、そして何より「生き延びることができるように」懸命に逃げたことでしょう。だからこそ起きてからも疲労感がどうしても残ってしまいがちです。夢の中だからと言って体力が一切削がれないわけではありません。夢による精神的疲労感は、肉体的な体力にも影響が出てしまいますので、現実世界で思わぬところで体力・気力が尽きてしまわないように気を付けてくださいね。

 

災害から逃げて避難する夢は、困難から無事に逃げ切ることができるということを表していますので、縁起が良い夢です。あなたの身に降りかかる困難は、あなたの大切なものまで奪ってしまう可能性があります。友達・恋人・家族などかけがえのない存在であったり、地位や名誉・信頼といった一種の「ステータス」を失う場合だってあるのです。

この夢を見たということはあなたがそのトラブルを回避し、大切なものを何も失わなくて済むということを表しているのです。これからあなたが何らかの困難に遭遇してしまっても、きっと大丈夫だと自分を奮い立たせ、無事に逃げ切れるように頑張ってくださいね。

 

(災害の中でも特に)地震の夢

?災害の中でも多くの被害を生む恐ろしいものの1つであるのが「地震」です。日本でも今までいくつもの大震災によって、残念ながら大勢の犠牲者が出てきてしまいました。そんな地震の夢を見たのですから、非常に強い恐怖心を感じてしまったことと思います。起きてからも夢のことを思い出すとぞっとしてしまったりと、いつまでも心がざわざわするような感覚が残ってしまうことでしょう。

 

地震の夢は、あなたの人生の中でも最も大きなトラブルの1つとなるほど重大な困難に見舞われてしまうという暗示です。ですので、縁起が悪い、怖い、と感じる方も多いかと思いますが、この地震の夢そのものが困難に打ち勝つ手がかりとなりますので、ぜひしっかりと覚えておくようにしてください。

 

この夢の場合、夢の中であなたが置かれている状況が、そのままあなたが困難に遭遇した時の状況を表しています。

地震の中、周囲の手助けで助かる夢であった場合は、あなたが他の人の手を借りながら困難に打ち勝てるということを表していますので、これからは周囲の人に対して親切に接するように心がけておきましょう。逆に、地震に遭ったけど周りに他の人がいなかったという場合は、あなたが自分一人の力で困難に立ち向かわなければいけないことを表しています。また、地震の被害の大小は困難の大きさを表しています。

このように地震の状況を、自分自身でよく考えて当てはめるようにすると、自分が困難に遭遇した時のヒントを見出すことができます。自分の力でじっくりと考えてみましょう。

 

災害にあう夢

?災害にあう夢というのは、ここでは災害で何らかの被害を被ってしまう場合を指します。災害にあわないこと、災害にあっても無傷ですむことが、やはり一番いいのですが、なかなかそううまくはいきません。災害という予期することができない対象だからこそ、全く被害がない状況で収めるということは非常に難しく、何らかの損失が出てしまう場合がほとんどです。

 

災害にあう夢は、これからあなたが困難に遭遇し、被害が出てしまうことを指しています。困難に遭遇したとしても「災難から逃げる夢」のように無事に逃げ切ることができる場合もあるのですが、この夢の場合は残念ながらそうもいきません。あなたに何らかの損失が出てしまい、その被害によってはあなたがひどく悲しんでしまう結果になることだってあります。

ですがその精神的な痛手を引きずり過ぎないことも時には重要となる場合もあるのです。失ったものをいつまでも嘆き悲しむということがその喪失と決別するために必要になることもありますが、引きずり過ぎることはあなたにとってプラスとなりません。ある程度悲しんだのであれば、潔く諦める強さも持ち合わせましょう。

 

災害で死ぬ夢

?どんな経緯であれ死ぬ夢というのは縁起が悪い夢だと思いがちですが、死ぬ夢というのは実は「逆夢」といって夢とは逆のプラスの意味合いを持つ夢なのです。災害で死ぬ夢もやはり例外ではなく、非常にラッキーな夢となりますので、「災害に遭った結果死ぬ夢を見たんだけど・・・」と落ち込んでしまう必要はありませんのでご安心くださいね。

 

災害で死ぬ夢は、他の夢と同様に困難に遭遇してしまうという点では同じです。ですが必ず逆境に立ち向かい、そこから教訓を得て生まれ変わることができるということまで暗示しているのです。つまり、一時的に辛い思いをすることにはなってしまいますが最後には大逆転することができるというプラマイプラスの夢なのです。

ですので「今は辛いことがあるけど、最後にはいいことが待っているんだ。笑うことができるんだ」と希望を忘れないようにしてください。いつも諦めず、挑戦し続ける気持ちを忘れなければあなたは良い方へと生まれ変わることができますよ。

 

災害で救助活動をする夢

災害で救助活動をするということは、人に対する思いやりと、「何かしらの被害を被ってでも人を助けたい」という強い勇気がないとできないことです。この夢を見たということはそうした気持ちを持っているということを表しているため、あなたが非常に素晴らしい人となりをしているということですので胸を張ってくださいね。

 

災害で救助活動をする夢というのは、他の人が困難に遭遇してしまったときにあなた自身が手助けしてあげることにより、その人が救われる、ということを暗示しています。誰かが困っているときに見ないふりをすることは誰にだってできますが、そこから勇気を出して助けてあげるということは、本当に心の底からの優しさと勇気を持った人でないとなかなかできません。

また、この夢を見たということは、そうした人助けによりあなた自身に幸運が訪れるということも暗示しています。他人のためだけの人助けにいまいち一歩を踏み出すことができないという方も、巡り巡って自分のためとなると考えれば勇気を振り絞ることができるのではないでしょうか?他の人を助けるため、そして自分自身にも幸運を引き寄せるためにも、ぜひ頑張ってみてくださいね。

 

まとめ

?災害の夢は、自然そのものが生み出す悲劇を目の当たりにしてしまうことになりますので、恐怖心が強く残ってしまうことになります。「自然は私たちに恵みをもたらしてくれるだけではない。時として命を奪っていくこともあるんだ」と実感するため、自然への畏怖を感じてしまうきっかけにもなってしまうことでしょう。

 

ですがそうした夢の中の災害に対する恐怖心だけで心の扉を閉じてしまうのではなく、その夢が指し示していたことは何か、ということに目を向けてみましょう。これからのあなたの身を守るための重大な手掛かりが意外と隠されていますので、それらをしっかり見落とさないよう、心のアンテナをしっかり張り巡らせておくようにしてくださいね。

 

どんなに恐ろしい夢だって隠されたメッセージがあります。この夢占いのまとめのページを使い、災害に関する夢の意味を解き明かしてみましょう。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する