夢占い-絶景の夢の意味は?

絶景の夢について

絶景の夢は、息をのむほど美しい景色を堪能することができるので、夢の中はもちろん、目が覚めたあとも心に感動が残ります。夢で見た絶景を思い出すたびに、心が穏やかになるという、癒し効果もあります。また、自発的に何度も夢の中の光景を頭に思い浮かべるため、夢占いで鑑定してみようと思ったときにスムーズに思い出すことができるというメリットもあります。
なお、絶景の夢は、実際に存在している絶景が夢に出る場合と、そうでない場合がありますが、どちらでも夢占い結果は同じものとなります。

 

絶景の夢は、夢占いにおいて、あなたが「心が荒み、綺麗なもので癒されたいと思っている」ということを示しています。
人は生きていく中で様々なストレスを体験しなければならず、どれだけ気にしないようにしても、いつの間にか心は荒んでいきます。その中であなたは、綺麗なものであれば自分の心の傷を治すことができる、ということに本能的に気付き、夢の中の絶景で補おうとしているのです。ちなみに、ここでの綺麗なものというのは、今回夢見たような絶景も含まれますし、美しい絵画や洗練された音楽なども当てはまります。自分が最も心惹かれるものを選んでください。

 

このページでは、特に「どうして心が荒んでしまったのか」「今の精神状態はどうなっているのか」にフォーカスしてまとめました。
あなたが求める綺麗なものは、興味が湧いたり、ネットでつい検索してしまったりと、気持ちや行動に現れやすいので、自分でもすぐに気づけます。ですが、自分が心が荒んだ理由は、時差があって気づけなかったり、ストレスが溜まっていること自体に無自覚になっている場合も多いです。ですので夢占いから、心がすさんだ理由や現在の心の中を紐解くことで、これから先、同じようなストレスを避ける方法も見つけておいてください。これからの対策を用意したうえで、綺麗なもので心を癒しておけば、アフターケアとしてもばっちりです。

 

山の絶景の夢

山の絶景とは、下から見上げる山そのものの景色も、登山して上から見下ろす地上の景色も、どちらも含まれます。
下から山を見上げている場合は、自然の偉大さや、自分が住んでいる標高の低い地上とのギャップを感じます。その一方で、この山を登ってみたいというやる気や勇気ももらうことができます。

 

また、登山して上から見下ろす場合は、自分が山を登り切った達成感もありますし、苦労を乗り越えたからこそ見える景色への有難みを感じますね。
このように、様々なポジティブな感情がある「山の絶景の夢」ですが、夢占い結果としては実は意外とシビアなのです。

 

山の絶景の夢は、夢占いにおいて、あなたが「目標を叶えていないことで、自己評価が下がり、心がすさんでいる」ということを示しています。
あなたはとてもストイックで、いつも何かしらの目標を立てて日々を過ごしています。ですが、最近あまり本調子ではなく、目標を達成できないことが多くなっており、そんな自分にいら立って心がすさんでしまったのです。自分に妥協せず、常に怠けずにいたいと思っている、あなたらしい考え方だといえますね。

 

これからは、目標を達成できない自分への苛立ちや悔しさをバネにすることで、努力を重ねてみてください。とは言っても、同じような努力を続けるのではなく、努力する際の過程を見直し、改善することで、より効率的な努力のアプローチをしてみることが大切です。
その中でも特に効果的なのが、他の人に自分の行動を見てもらったり、考えを聞いてもらうことです。その上で第三者からのアドバイスをもらうと、自分では気づけなかったウィークポイントも分かります。その弱点をカバーするように努力すれば、これからは隙がない状態で努力を続けられるのでスキルアップできますよ。目標を達成することもできるので、下がっていた自己評価も、元通りどころかかなり上がります。
自信を持って行動できると、綺麗なものに触れる時間を増やせる余裕も出てくるので、心が荒んでいたのも元通りになりますよ。

 

湖の絶景の夢

湖は、川のような流れや、海のような波はありません。ですがだからこそ、穏やかにそこにある静かな美しさが、湖の何よりの魅力です。そんな湖の特性もあり、湖の絶景の夢は、大きなアクションや事件が起きるわけではありません。
ですが、常に美しい絶景がそこに広がっていること自体がインパクトが強いので、夢から覚めたあとも、湖の絶景のことは自然と思い出せますよ。常に移り行く綺麗なものは、飽きない美しさがありますが、その一方で、不変だからこその魅力というのももちろんあるのです。

 

湖の絶景の夢は、夢占いにおいて、あなたが「生きがいのような趣味に浸れなくなり、心がすさんでいる」ということを示しています。
趣味は、極端に言えば「なくても生活できるもの」です。衣食住のように、生活に直結しているわけではありません。ですが、生活に彩りを加える際、必要になる要素でもあります。どれだけ疲れたりやる気が出ない日でも、趣味に浸れる時間が10分あるだけで、「よし、今日も頑張ろう!」と気持ちを切り替えられる、心の支えのような立ち位置なのです。

 

だからこそ、その趣味の時間がなくなってしまうと、あなたの心は生活におけるオアシスを失うことになるので、心が一気に荒んでしまいます。どんなに忙しい日でも、他の時間を調整することで、少しでも趣味の時間を作りだし、リフレッシュできるようにしてください。これを意識することと、綺麗なものに触れることを意識すれば、心の荒みをかなり取り除けますよ。

 

海の絶景の夢

海は、生命が誕生した場所であり、その中では自分たちが生活できない場所でもあるため、そこにロマンを感じる人も多いです。青や白などの爽やかな色合い、空や雲とのコントラストなど、色合いも魅力的な分、絶景も生まれやすいです。
絶景の夢は場所ごとに、山・湖・海と紹介してきましたが、中でも夢に見る人が多いのが、この「海の絶景の夢」です。見る人が多いということは、あなたと同じストレスや悩みを抱えている人がたくさんいる、ということでもあります。自分一人で解決できないストレスや悩みは、他の人にも相談してみてください。

 

海の絶景の夢は、夢占いにおいて、あなたが「自分の心の声を無視し続け、気持ちの荒みがピークになった」ということを示しています。
あなたはこれまでの段階で、自分の心身の不調に、違和感を覚えていました。疲れやすくなったり、いつもはできることがスムーズにできなくなった・・・など、日常生活の中での些細な仕草に、違いを感じたこともあったと思います。悲しくないのに涙が出たり、何をしても気持ちが盛り上がらなかったり・・・など、感情が不安定になったこともありましたよね。

 

ですがあなたは、それを全て気のせいだと片付けて、自分の不調に見てみぬふりを続けていたのです。そのせいで、荒んだ気持ちはピークに達してしまい、今となっては、少しのことでは元に戻らない状態です。
これからは、自分の心身の不調を招いた理由を根気強く探し、それを取り除くことで、ストレスを減らしてください。あらゆるジャンルの綺麗なものに触れ、少しでも自分の心が動くものを見つけることも大切です。どちらも一度や二度では効果が出ませんが、諦めずに手を変え品を変えながら続けていけば、いつか必ず心の荒みを完全に取り除くことができます。

 

絶景を見て泣く夢

絶景を見たとき、人は様々な感情を抱きます。「世界はこんなに美しいんだ」と美しさに胸を打たれて希望を持てる人もいれば、「もう少し頑張ろう」綺麗なものを目にして人生に対するやる気を手に入れることができる人もいます。

 

ですが、その中でも夢占いにおけるメッセージ性が高いのが、この「絶景を見て泣く夢」です。泣くといっても、理由は様々です。感動して涙が出るという人もいれば、感情が高ぶり我慢していた悲しさや悔しさのストッパーが外れてしまって涙する人もいます。あなたは、夢の中で絶景を見たとき、どんな理由で涙を流しましたか?

 

絶景を見て泣く夢は、夢占いにおいて、あなたが「心の荒みを取り除き、リフレッシュすることができた」ということを示しています。
あなたは自分の心の荒みに気づき、綺麗なもので癒され、気持ちをリフレッシュすることができました。しかもこれは無意識で、夢占いの占い結果を通さずに、自分で不調に気付きそれをケアできているので、あなたの自己管理能力がかなり高いことも表しています。

 

心の荒みがなくなった晴れやかな心は、できればいつまでも保っておきたいですよね。そのためには、「これからは弱音を周りに吐き出す」ということを心掛けてください。最初は「引かれるんじゃないか」「重いと思われるんじゃないか」という不安もあるかと思います。ですが、あなたが信頼して弱音を言える相手は、あなたのことを無下に扱いません。むしろ悩んでいることを心配に思い、自分にできることはないかと、積極的に力になろうとしてくれます。その手助けのおかげで、気持ちの荒みが生じることが徐々に減っていきますので、心穏やかに過ごせるようになりますよ。

 

絶景を見られるところに行く計画を立てる夢

これまでの項目は全て、「夢の中で、絶景を見ている」というものばかりですが、この項目だけ例外です。この夢は、絶景を見ることができておらず、まずはそこに行きたいからとプランを練っている最中です。他の項目に比べて感情が高ぶることはありませんが、その分、夢の中で次の展開を楽しみに待つことができるので、前向きな気持ちのまま目覚められます。結局、プランを立てるだけで夢が終わり、絶景を見られる展開までは進まないのですが、「じゃあ、現実世界で絶景を見に行こう!」と自然と思うことができます。楽しみは夢から覚めても持続できているので、夢占いにおける夢の扱い方としては非常に良いです。

 

絶景を見られるところに行く計画を立てる夢は、夢占いにおいて、あなたが「かなり早い段階で、自分の不調に気づけるので、心が荒む状態にならないですむ」ということを示しています。
あなたはかなり早い段階で、自分の不調に気づき、身体と心のケアを入念に行うことができます。ちょっとの不調であれば、ちょっとしたケアで治すことができるので、心の荒みにつながるような要素をすぐに取り除けるのです。この「心が荒む状態になる前に気づける」というのがポイントで、上記の「絶景を見て泣く夢」の「自分の心がすさんだあと、それに気づけた」という占い結果よりも、この夢は更にワンランク上ということにもなります。

 

生きていく上で、すぐに自分の変化に気づけることは、人生を楽しく生きていくためには必要不可欠な要素です。自分に興味があることはナルシストではありませんし、むしろ他の人に迷惑をかけないためにも大切なことだといえます。ですので、これからもぜひ続けていってくださいね。

 

まとめ

夢占いを通して、自分がどれだけストレスを抱え込んでいたかを知ると、その深刻さにびっくりすることも多いです。
冒頭で、「ストレスが溜まっていること自体に無自覚になっている場合もある」と書きました。あまりにも強いストレスを一度にたくさん受けると、人の心は許容範囲を超えて鈍感になり、自分の負の感情に気付けなくなってしまう場合もありえます。こうしたときは、理由を突き止めて解決すること、そしてその際の迅速な対応が、今後を左右することになります。夢占いから分かる適切な行動は、すぐに実践してくださいね。

 

人間社会というのは、どう避けようとしてもストレスに出くわしてしまいます。全くの無害の人もいませんし、一切のストレスがない環境で過ごすこともできません。だからこそ、ストレスから逃げる方法ではなく、ストレスに立ち向かう方法や、ストレスのケアの仕方などを、しっかりと覚えておくことが何より大切になります。怒りや悲しみをいつまでも覚えていて、その度に傷つくよりも、そのストレスを笑って跳ね飛ばせるようになる方が、人生は何倍も楽しくなりますよ。

 

夢占いの一覧はコチラから

 

夢占い辞典-みんなが見る夢占い一覧

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する