星座占い-不倫をしていた夫との仲は修復できる?仲の修復方法を占います

なぜ夫は不倫をしていたの?
あなたがまだ夫のことが好きならば、あなたと彼はまた付き合い始めのような関係に戻れるのでしょうか。
あなたと夫の夫婦仲を修復する方法を占います!

不倫占いメニュー

不倫していた夫の本音は?
今、不倫相手だった女性はどうしてる?
夫はあなたと別れたい?
新婚のような関係に戻るには

あなたの生年月日
あなたの性別

スポンサーリンク

不倫をしていた夫と仲を修復する方法5つ

不倫していた夫との修羅場を経験し、不倫相手とは別れること、家庭へ戻ってきたいと夫に泣きつかれたとしても、そう簡単に許せず本気で離婚を考えた方も多いでしょう。

一度裏切られた相手をもう一度信用し、共に暮らすとなると頭では分かっていても心ではそう簡単に納得できませんが、どうすれば夫婦の仲を修復し以前のような暮らしに戻れるのでしょうか。

朝と夜のあいさつは必ずする

不倫した時点で夫は「裏切り者」ですし、いくら謝られてもあなたの心に響かないなら、謝罪されていないのと同じだと感じます。

不倫した側がいくら謝ったとしても妻が受け入れてくれないと、一緒に暮らしていても会話もしなくなりますし、何の会話もしないようでは関係を修復しようがありませんよね?

夫の不倫で心も傷付いたでしょうし、何で私の方が苦労しなきゃいけないの?そんな怒りの気持ちもあるでしょうが、まずは朝と夜のあいさつだけは欠かさずしないといけません。

朝起きれば「おはよう」夫が仕事から帰ってくれば「おかえりなさい」寝る前には「おやすみなさい」など、ほんの些細なことではありますが、あいさつは相手の存在を認める行為なので、必ず夫の顔を見ながらあいさつを交わすようにしてくださいね。

夫が不倫に走った原因を改善させる

不倫は夫婦関係が壊れる原因の中でもトップクラスに入りますが、そうなるには何かしらの原因がある事の方が多いようです。

よくあるのが、育児に追われ以前のように夫に構えなくなったり、毎日が忙しく夜のお相手まで体力が持たなかったりと、夫に少しづつ不満か溜まっていけば、不倫できるチャンスがあれば流されてしまいます。

子供の世話以外でも、妻の分担分の炊事洗濯を十分にこなせていない、料理が美味しくない等の不満があれば、自宅へ帰りたくないあまりに不倫に走る場合もあります。

不倫夫との関係修復には夫の不満を知る事が大切ですが、夫によっては自分がなぜ不倫したのか理由もよく分かっておらず、ただ単にその場の雰囲気に流された、性欲に負けたとしか思っていない事もよくあります。

本当の不満に気付いてもらうには、夫婦でしっかりと話し合うのが一番!お互い冷静な時にしっかりとお互いの不満を聞いておき、関係改善に生かしていきましょう。

いつもニコニコ笑顔でいよう

不倫が発覚した家庭に共通しているものは、浮気した夫・された妻の暗い表情です。

家事をしていても無表情だったり暗い顔でため息をついていれば、自然と家庭内の雰囲気も暗くなりますし、その空気を察した夫としては罪悪感を再び思い出させ、子供も空気を察しわざと怒られるような事をして気を引いたりと、家族関係をギクシャクさせる大きな原因にもなりかねません。

そうならない為にも妻ができる事は、いつも笑顔を絶やさずいつもニコニコ笑顔でいることを心がけ、家族に笑顔を向ける事です。

多少のムカつきやイラつきには目をつぶり、良き妻・母親でいるように心がければ、やがて家庭は上手く回るようになります。

もしそんなあなたに夫が調子に乗り、再び浮気心が動き出した節があれば、しっかりと制裁を加え次はないとはっきり宣言してくださいね。

妻であり女である事を意識する

外出する時はそれなりにキレイにしていても、家庭内ではジャージ姿にノーメイク・ぼさぼさ頭で出迎えられたとしても「女」を感じられなくなります。

家庭内では妻であり子供の母親でもあるでしょうが、夫からしたら妻でもあり好きになった女なのですから、すっかり女を忘れた姿で家の中にいられたとしても、夫の中の男の部分がすっかり妻を受け入れられなくなり、不倫に走る事もよくあります。

忙しくて自分身なりにかまっているヒマなんかない!そんな意見もあるでしょうが、自分を女と認識してもらえないようでは、女としてのプライドにも関係してきます。まずは今までとは違うメイクや髪形・ファッションを試してみたりと、何かしらの変化をつけてみてくださいね。

夫に干渉せずある程度自由にさせる

一度不倫されると苦しみや悲しみがトラウマとなり、せっかく不倫相手と別れ帰って来た夫の言動をあれこれ疑ってしまい、夫をすぐに疑い、束縛するようになってしまいます。

「また不倫してるの?またしたら絶対に許さないから」「私に何の不満があるの?」

最初はそんな風に問い詰められる原因を作った自分が悪い、そう反省していた夫であっても、残業や飲み会で帰宅が遅くなったり、出張のたびに嫉妬心丸出しで文句を言われ、干渉されたとしたら妻への気持ちが冷めていき、再び浮気に走る原因を作りだします。

確かに疑う気持ちも理解できますが、変に束縛しようとせず「信じてるよ。お仕事がんばってね」と笑顔で送り出された方が、かえって浮気予防にもつながるので、干渉しすぎず「信頼関係」を作り上げる事を重視し、ある程度の自由を与えてくださいね。

おわりに

夫の浮気予防にと夫の小遣いを極端に減らす人もいますが、働くばかりで自由になるお金が無いとなると、それこそ離婚問題に発展しかねません。

精神的にしんどいなか夫との関係を修復するのは大変ですが「今がんばらないと後がない」と自分に気合を入れ、関係修復を一番に考え行動していきましょう!

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する