タロット占い-不倫相手の男性との子供を妊娠…産むか中絶するか。あなたの未来を占います

不倫関係の男性と体の関係を持った末に妊娠…
あなたは不倫相手との子供を産むか中絶するか迷っているようですね。
不倫相手との関係は続くのか、幸せな未来が待っているのか、不倫相手の子供を妊娠した時のあなたの未来を占います。
あなたの未来を慎重に選んでください。

不倫占いメニュー

不倫相手の男性は責任を取ってくれる?
あなたが子供を産んだ未来
あなたが子供を中絶した未来。彼との関係は続く?
あなたにとって幸せな選択とは

タッチでシャッフル開始!

スポンサーリンク

不倫相手の子供を妊娠。産むか産まないか悩むあなたへ4つの選択肢

好きな人の子供なら彼と一緒に赤ちゃんを育てたい!そう思うのが一般的ですが、不倫相手の赤ちゃんを妊娠したとなると「欲しいから産む」そんな単純な話では済まなくなります。

本来なら喜ばしい妊娠ではありますが、不倫相手の子供となるとかなり難しい問題になってきます。

不倫とはいえ本気の恋愛だと思っていれば結婚も考えるでしょうし、お互い遊びの関係だという共通認識があったなら、突然の事実に混乱するでしょうが、ひとりで解決できる問題ではないことを十分に理解し、正しい知識を知り判断するよう心がけ問題を解決していきましょう。

本当に妊娠しているか産婦人科で確認

いつも生理周期は順調なのに、何日経っても生理が来ない、妊娠検査薬で陽性反応が出たから妊娠と判断してはいけません。

検査薬の使い方が間違っていたり、生理予定日がズレている、検査薬のラインが薄くどちらか判断ができないなど、正しい使い方や体調のズレがあれば正確に判断できませんし、検査薬を信じきったままでは妊娠初期を見逃してしまえば、中絶するにしても母体への負担が重くなります。

産む・産まないにしても必ず産婦人科医を受診し、妊娠の有無や現座の健康状態を確認しないことには何も始まりません。

怖いし不安を感じるでしょうが、なるべく早めに産婦人科へ行き妊娠何週目なのか、中絶すれば何週目までが負担が少ないのかなど、医師の説明をよく聞いておき今後どうするかの参考にしてください。

不倫相手と結婚する

不倫相手に奥さんがいる、自分に夫がいる場合には、まずは「離婚」しないと結婚する事もできません。

離婚して一緒に子育てして欲しいと思っていても、相手に家庭がある限りそう簡単な問題ではありませんし、自分としては「妊娠」が切り札だと思うでしょうが、事態はそう簡単にいきません。

不倫相手の家庭にも子供がいた場合、妻側の方が離婚してくれないまま時間だけが過ぎしてまえば、将来への不安を抱えたまま過ごさないといけませんし、離婚してもらえる場合でも慰謝料はもちろんのこと、元妻との間にできた子供には「養育費」を支払い続けないといけません。

不倫相手に子供がいない場合は離婚してもらえる確率は高くなりますが、たとえ離婚してもらえるにしても奥さんへ「財産分与」や「慰謝料請求」をされてしまえば、再婚したとしても、不倫相手の財産や給与も、慰謝料や養育費の支払いで消える覚悟で結婚を目指してください。

シングルマザーとして子供を育てる

授かった子供を中絶するよりも、ひとりで産んで育てる道を選択したら、不倫相手に「認知」だけはしてもらった方が、将来的にも安心できます。

どうせひとりで育てるのだから認知なんか必要ないと思うでしょうが、生まれて来る子供に自分の父親を問われた時、しっかりと答えてあげられますし、認知してもらえれば養育費の支払いや遺産の財産分与権も発生しますが、妻に内緒で養育費の支払いはできないでしょうから、認知してもらえなければ戸籍の父親欄に名前を記される事はありません。

母親としては立派に子供を育てる自信があったとしても、父親がいない喪失感を感じるなど寂しい思いをさせる事は覚悟しておくべきですが、シングルマザーとして産み育てていく一番大きなメリットは、赤ちゃんを愛しく思う母親としての「母性」を得られる事です。

不倫相手や相手の奥さんが反対しても、産む・産まないの決定権は母親であるあなたにあります。もしどうしても認知してくれないようなら「強制認知」という方法もある事も覚えておいてくださいね。

中絶し不倫関係を解消する

不倫の延長上で妊娠してしまった上、結局不倫相手との結婚もできず中絶するという最悪なパターンは、実は不倫からの妊娠において一番多いのがこのパターンでなのです。

選択される理由としては、不倫相手の子供だったから、自分は産みたかったけど不倫相手に反対された、子供を育てていけるだけの経済的余裕がない場合、中絶を選択する人は多いものです。

中絶する場合、裁判の判例では折半する例もありますが、別れる事を前提に中絶費用や慰謝料請求を却下してもらうなど、やり方次第で慰謝料を回避できる場合もあります。

もし中絶するなら中絶費用や慰謝料請求はできるだけ支払わぬよう、上手く回避できるよう駆け引きしていかないと、中絶費用も自費な上慰謝料まで請求されかねませんので、十分に注意してください。

おわりに

不倫関係の場合、思わぬ妊娠が発覚すれば多くの人々が、残念ながら中絶を選択します。

彼の事を好きで愛情がある相手なら、たとえ結婚できなくとも好きな人との証が欲しいと思えば、シングルマザーとして子供を育てる決意をする女性がいるのも確かです。

不倫は確かに社会倫理や道徳に反する行為ではありますが、愛の証として子供を産み育てたい!そんな強い気持ちがあれば、出産を望む当然の事でしょう。

中絶は考えているより心身ともに傷付く行為です。何度もよく話し合いを行いじっくりと考えた上で、答えを出してください。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. 魚座(うお座)O型女性

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する