夢占い-好きだった人の夢の意味は?

好きだった人の夢

まずはじめに、この好きだった人の夢の定義ですが、今好きな人とは別の、「過去に思いを寄せていた人」のことを指します。その恋が実っていたか・もしくは実らずに散っていたかに関わらず、過去の恋愛を思い起こさせるような夢であればどんなものでもよいです。その夢の内容がたとえ恋愛とは関係なかったとしても、好きだった人が夢の中の登場人物として現れたのであれば、好きだった人の夢としてカウントするようにしてください。

 

好きだった人の夢は、その人に対して今は好意があるわけではないにしろ、やはりどうしても切なくなってしまうものです。過去の恋愛の結末を思い出してしまったり、もしあの行動を起こさなかったら今頃はどんな二人がいたんだろうかと選ばなかった選択肢に対して思いを馳せてしまうこともあるでしょう。そうした切ない思いは夢から覚めて起きてからも引きずってしまいがちですし、夢の持つ意味が気になって仕方なくなってしまっていることと思います。

 

好きだった人の夢は夢占いにおいて、過去の恋愛のこれからの変化を表しています。この夢を見たということは、もう終わったはずのあなたの過去の恋愛がこれから少しずつ動き出していく兆しでもあります。あなたの中では、もうとっくに終わってしまったものとしてカウントされている恋愛かもしれません。ですが、これから徐々に動きがあり、その動きにより精神的な影響をあなたが受けるようになることを暗示しているのです。

 

その変化が良いものかそうでないかは、夢の内容により異なりますので、ぜひ今回の夢占いのまとめページと照らし合わせていただけたらと思います。また、その変化を知ったうえでこれからどう動くべきなのかということはあなたの置かれている現在の状況によっても違いますので、よく考えたうえで行動するようにしましょう。

好きだった人と話す夢

好きだった人と話をする夢を見ると「変わらないなあ」と思うことでしょう。夢というのは記憶に影響を受けている部分も多いですので、思い出に基づいた会話や仕草をすることも少なくないので、当然といえば当然ではあります。ですが何とも言えないなつかしさやそこから感じる愛おしさは、言葉にはしづらい切なさをはらんでいることも多いですよね。

 

好きだった人と話す夢は夢占いにおいて、あなたが過去に好きだった人とこれから友達として仲良くなることができるということの暗示です。過去に好きだったからこそ、あなたは相手のことを深く理解することができていることと思います。相手に対するその深い理解が、好きだった人にとっては非常に好印象となり、「自分の事をよく分かってくれている人」だと親しみを持って接してきてくれるようになるのです。前に接していたときとはまた一味違う親しさを手に入れることができ、あなたと好きだった人は良い友人となることができます。

 

ここからどうしていくかはあなた次第です。恋愛感情を完全に取っ払い、良い友人としてさらに親交を深めていってもよいです。また、相手が持つ友愛を恋愛へと変えていくことができるよう、アタックしていってもよいです。過去の恋愛をそのまま過去のものにしておくか、それとも現在のものへと塗り替えていくかはあなたの自由ですので、よく考えて選ぶようにしてください。

好きだった人と会う・デートする夢

好きだった人と会う夢というのは、偶然出会う場合ではなく、前もって連絡をして待ち合わせして会う夢のことを指します。ですので、そこに「相手と会う意思があるかどうか」を判断材料にしてもらえばわかりやすいかと思います。
好きだった人と会ったり、デートをする夢は、自分がかわいく見えるかどうかが気になることでしょう。例えそこに恋愛感情がないとしても、自分がかつて好きだった人に対する敬意として、良いコンディションの自分を見せたいという気持ちは誰にでも少なからずあるものだからです。そこから恋愛に発展するかどうかはまた別問題として、少しでも良い印象を持たせたいという心理が働きやすくなるのです。

 

好きだった人と会う・デートする夢は夢占いにおいて、あなたも、あなたが好きだった人も、お互いに恋愛対象として意識し始めていることを表しています。つまり、二人はまだ駆け出しではありますが「両思いになりつつある」ということです。

 

ですのでこの夢は、「好きだった人」と思っている人に対して今でもなお、あなたが恋愛感情を抱いているということでもあります。現在好きな人や彼氏がいる場合はびっくりするお告げとなるかもしれませんが、本当に好きなのは誰かと言うことを今一度冷静に考え直してみてください。
また、それだけでなく相手も同じように恋愛感情をあなたに抱いているということはビッグニュースとなったことでしょう。自分と同じように思ってくれていることを嬉しいと思うのであれば、今はその恋に対して突き進んでみるようにしましょう。

好きだった人と付き合う・キスする夢


好きだった人と付き合ったり、キスする夢ということは、夢の中のあなたと好きだった人は恋人同士だということでもあります。現実では過去の二人は恋人同士でもなんでもなく、自分の片想いだったという人にとっては体験しえなかった世界として衝撃的だったことと思います。また、過去に付き合っていた相手だという場合は、昔の思い出を思い返してしまい切ない気持ちで胸がいっぱいになったことでしょう。

 

好きだった人と付き合う・キスする夢は夢占いにおいて、これからの二人は強く惹かれあい、現実世界でも恋人同士になることを表しています。この夢はあなたの本当の恋愛感情が強く表れている夢でもありますので、あなたが本当は今でも相手のことを好きだということをはっきりと示しています。ですのでこの夢を見たのですからいっそ開き直って、「好きだった人」と強がるのではなく「今でも好きな人」だと自分の気持ちに素直になってみましょう。
また、先ほどの「好きだった人と会う・デートする夢」と結果が似ていますが、それよりも、お互いに一歩進んだ強い気持ちであると考えていただければ分かりやすいかと思います。

 

また、今現在、恋人や好きな人が他にいる方にとっては、今の恋愛が終わりを告げることを表しています。それも「あなた自身の手で」終わらせることになります。今の恋を手放すのは惜しいかと思いますが、その先に待ち受けているかつて好きだった人との恋愛で必ず幸せになることができますので、ここで潔さを持つことも大事です。

 

この夢を見た時に注意すべきことが一つだけあります。それは、過去に相手を好きだったとき、なぜその恋が終わりを告げたかということです。その中に、あなたの好きだった人の欠点が見え隠れする場合があります。それを乗り越えてでも好きでい続けられることができるよう、相手のことをしっかりと見据え、その欠点までも愛せるようになっておきましょう。

好きだった人から連絡が来る夢


好きだった人から連絡が来ると、そこにどんな意図があるのか気になってしまいますよね。連絡事項があればあるでどういう話だったのかが気になってしまいますし、「ただ何となく連絡してみた」というのであればその相手がどうして自分だったのかを考えてしまいます。一度好きになった人というのは心の中で特別な存在となりやすいため、他の人から連絡が来る夢に比べて印象も根強く残ってしまうものではないでしょうか?

 

好きだった人から連絡が来る夢は夢占いにおいて、あなたと好きだった人がこれから接触する回数が増えることを表しています。好きだった人と接する機会が増えるということは、自分が過去に好きだった部分を見る回数が増えるということでもあります。
そのため、過去に好きだった気持ちが再燃する可能性も高いです。顔が好みだったという人は今になっても見惚れてしまうこともあるかもしれませんし、優しさに惚れたという人は相手の人となりを見るうちにまた恋心が刺激されてしまうこともあります。

 

また好きになりそうだと思ったとき、その気持ちにブレーキをかけるか欠けないかはあなた次第です。過去に相手を好きだったことで痛い目を見ているという人は、自分が好きだった部分から目を背けるよう意識するようにしてください。また、もう一度相手を好きになってもいいと思うのであれば、今度は無事に恋を実らせることができるよう、過去の失敗を教訓として活かすようにしましょう。

好きだった人に彼女ができる夢

好きだった人に彼女ができる夢は切ないものです。好きだった人が自分以外の相手を選んだということは、あなたが相手に選ばれなかったということをも指しています。夢の中とはいえ、そして過去に好きだったというだけではありますが、失恋のような気持ちを味わいます。ですので、起きてからも落ち込み続け、暗い気持ちを引きずってしまいがちです。また、過去に実際に好きだった人に彼女ができたことがある場合は、その時の記憶を思い出してしまいより落ち込んでしまうことでしょう。
ですが、夢はあくまでも夢です。現実とは切り離して考えるようにし、暗い気持ちを払拭できるようにしてくださいね。

 

好きだった人に彼女ができる夢は夢占いにおいて、あなたが好きだった人に対しての未練を完全に断ち切ったということを表しています。その夢を見て落ち込んでしまった場合などは特に「夢とはいえこんなに落ち込むなんて、私はまだあの人のことを好きなのかな?」と思ってしまいがちですが、夢の中で好きな人に彼女ができるということで、自分の気持ちが破れたことをあなたの頭と心が理解し、受け入れたということを示しています。ですので、自覚はなくてもあなたは過去の恋愛に対する完全な失恋を納得したということでもあるのです。

 

好きだった人への未練を完全に断ち切ることができると、相手への見方もまた変わってきます。今までとは違う角度から相手を見ることによって、相手と新しい関係を築いていくこともできますよ。

好きだった人が冷たい夢

夢の中とはいえ、好きだった人に冷たくされてしまうと深く傷ついてしまうものです。相手が優しい人であった場合などは特に、現実世界とのギャップに驚き、相手を怒らせてしまうようなことをしてしまったのかと夢の中の自分の行いを責めてしまうことさえもあるでしょう。どんな相手であれ冷たくされる夢というのは悲しくなってしまうものですが、過去に自分が恋愛感情を持っていた相手にそうされてしまうとより悲しい気持ちに襲われることでしょう。

 

好きだった人が冷たい夢は夢占いにおいて、好きだった人があなたに対し負の感情を抱いていることを表しています。ですので、縁起が悪い夢でもありますね。
何もないところから負の感情は生まれません。何らかのきっかけがあるからこそ、こうした現状ができてしまったのです。ですので、好きだった人があなたに持つ負の感情を払拭させたいのであれば、そのきっかけを突き止め相手との関係を良好に保てるようにしましょう。

 

あなた自身が何かをしてしまったのであれば、その非を認め真剣に謝ることが大事です。誠心誠意を持てば相手の心に必ず届きますので、頑張りましょう。
また、誤解があったりとあなたに非がないことが原因なのであれば、それを相手に理解させることも大事です。普段のあなたの行いが正しいものであれば説得力もありますので、普段の行いも正していくようにし、相手に「自分が負の感情を抱いたのは誤解が原因なんだな」と気づかせていくようにしましょう。

まとめ

好きだった人の夢を見ると過去の自分の恋愛を思い起こし、切ない気持ちになったり、戻らないあの頃を懐かしく想ったりと、センチメンタルな気持ちで胸がいっぱいになることと思います。
ですが好きだった人の夢は、過去の恋愛がこれからどう動いていくかということを示す重要なきっかけとなります。過去の出来事を思い返してみたりして、ついつい忘れてしまいがちですが、夢占いの結果も必ずチェックするようにしてくださいね。

 

過去の恋愛だからこそ、成長した今となって分かる教訓が出てくることもあります。それを活かし過去の恋愛を実らせるか、過去の美しい思い出として大切にとっておくかは、あなた次第です。夢占いの結果と照らし合わせ、よく考えたうえで、行動に移すようにしましょう。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する