夢占い-虫歯の夢の意味は?

虫歯の夢について

歯のトラブルとしてもっとも代表的だとされているのが「虫歯」です。虫歯菌から出た酸が歯を溶かしてしまう、子どもから大人まで誰もがなりうる病気です。だからこそ誰しもにとって身近な病気であり、夢に見ることも多々あるのですが、これには重要なメッセージがあります。
また、大人だけでなく子どもでも虫歯の夢を見ることはあります。もし小さいころから虫歯の夢を見ている場合や、お子さんが虫歯の夢を見た場合も夢占い結果は同じものとなりますので、ぜひこのページを参考にしてください。

虫歯の夢は夢占いにおいて、「あなたの心身に負担がかかっている」ということを示しています。虫歯の状態が重症であればあるほど、あなたにかかる負担も大きくなります。
歯がなければ、食べ物を噛み砕くこともできず、明確な発音もできません。つまり、自分に対してのエネルギー補給にも、自分の気持ちを他者に伝えるコミュニケーションにも、歯は必要なのです。その歯が「虫歯」というダメージを負っている状態になるということは、自分の身体も心も悲鳴を上げている状態であるということを示しています。心身にかかる負荷を取り除くため、夢占いが伝えてくれるメッセージを活用してください。

虫歯ができる夢


夢の中でも虫歯ができると痛みを感じます。現実世界で感じるようなリアルな痛みなので、思わず顔をしかめてしまうこともあります。ただ、「虫歯ができた」と気づいたということは、そこまで虫歯の状態も重症でないことが多いです。夢占いにおいても初期の虫歯であれば、重要度も低いですのでご安心くださいね。ですが、対処すべきことがゼロというわけではないので、夢占い結果はしっかりと胸にとどめておくことが重要です。

虫歯ができる夢は夢占いにおいて、「あなたの心身に疲れが見えている」ということを示しています。負担が常にかかっているというわけではなく、時々の負担が疲れにつながっている状態です。ですので負担を感じるたびに心身をケアすることを意識していけば、疲れも取り除いていくことができます。「まだ大丈夫だから」とケアを先延ばしにして頑張り続けるよりも、十分に自分の心身を思いやることの方が、長い目で見たらタイムロスにならないのです。

ですので、少しでも疲れたと思ったら一歩立ち止まってください。身体を休めて休息をとり、息抜きをして心を休めることで、あなたの心身を健康な状態へとリセットします。そしてまた100パーセントの力を出して頑張れば、休んだ分も簡単に取り戻すことができます。常に時間に追われる現代社会では休むことに対して抵抗がある方も多いとは思いますが、正しく賢く休息をとり、効率的に生活していきましょう。
 

歯医者で虫歯を治療する夢


虫歯を治療するとなったら、やはり専門機関である歯医者に行くことになります。歯医者の専用の器具の独特の「キーン」とした音が苦手だというのは、大人も子供も共通ですね。あの治療が怖くて歯医者に行くのが億劫だという方もいるほどです。ですが、夢の中で歯医者の治療を受けると、自分にとっていかに大切な治療であるかに気づき、現実世界でも歯医者に対する苦手意識を克服することができる場合も多いです。このように、夢を通すことで現実世界での同じ事象に対する印象が変わるというのは、非常に良い作用であるといえますね。

歯医者で虫歯を治療する夢は夢占いにおいて、「心身の疲れが癒えはじめている」ということを指します。非常に良い兆候ですので、ぜひ現状を維持したいところです。もし、あなたが今日々の中で楽しみにしていることや、癒しを感じることがあれば、それを積極的に続けてください。ヒーリング効果がある音楽を聴いたり、アロマを焚くなど、分かりやすくリラックス効果があるものを生活の中に取り入れるのもオススメです。それ以外にも、お風呂にゆっくりと入ったり、休みの日は心行くまで寝るなど、身体を休めることも大切です。

虫歯が痛む夢

虫歯が痛み出すと、夢の中で何をしていても気になってしまいます。食べ物を噛むとき、飲み物を飲み込むときにも痛かったり、ふとした瞬間に歯を食いしばったときにも痛いものです。日常生活で知らず知らずのうちに歯に力が入っていることを実感することになります。このように、夢の中でも痛覚を感じると、睡眠で得られるはずのリラックス効果を十分に受け取ることができず、起きてからも疲労感が残りやすいです。ぼーっとしてケアレスミスをしたりすることのないよう、気を付けてください。

虫歯が痛む夢は夢占いにおいて、「心身の疲れがひどくなっている」ということを示しています。今までは、自分の疲れを見なかったふりをしてふたをしてきたと思いますが、もうそれも限界になっています。隠し切れないほどの心身の疲れが溜まり、精神的なバランスを崩したり、病気になって体調が悪くなるのです。ですので、この夢を見たら「危険信号」だと思い、すぐに休息をとるようにしてください。

ただ、こうしたとき、真面目な方に多いのですが「心身の疲れに気づけないなんて、自己管理が甘かった・・・」と自分を責めてはいけません。ここまで頑張ったあなた自身を認め、褒めてあげることが必要です。今まで十分に頑張ったという肯定感を自分に対して持つことで、精神的に安らぎを感じることができます。まずは自分で自分を許すことから、心の休息をとるようにしてください。

歯科検診で虫歯が見つかる夢

幼稚園や小学校の歯科検診で、歯医者さんに歯を見られながら「シー、マル、・・・」と言われた経験は、誰しもありますよね。ちなみに、この「シー」は虫歯を意味しています。歯科検診のあと、「虫歯があるので歯医者に通ってください」という旨の通知が来た時は、歯医者通いをしなければならないと思い、少し憂鬱な気分も感じてしまいます。
ちなみに、「起きてから実際に歯科検診に行かなければいけない」というわけではありませんが、もしも虫歯に心当たりがあれば、歯医者を受診することもオススメです。こうして夢占い以外の観点からも、夢を現実世界に活かしていくことは非常によい行いでもあるのです。

歯科検診で虫歯が見つかる夢は夢占いにおいて、「他者があなたの心身の疲れに気づいてくれる」ということを示しています。自分で気づけないような体や心の不調は、第三者の目線からの方が分かりやすい場合もあります。また、自分からは言い出しづらいSOSも、他者が先に気づいてくれたのであれば打ち明けやすいものです。
ですので、この夢を見たのであれば、親しい人との関わりをもっと積極的に持ちましょう。お互いに深く知らない相手や、弱音を吐きづらい相手ではなく、あなたのことをよく知り、あなたが心を許せる相手と接してください。あなたの異変に気づいてくれる上に、あなたも弱音や悩みを伝えることができます。自力では解決できない悩みは、時には人に頼ってもいいのです。

番外編:起きてからも歯が痛い場合

夢の中で虫歯に苦しむだけでなく、起きてからも実際に歯の痛みがある場合があります。「あれ、夢の中で感じてた痛みって、夢限定のものじゃないの?」と戸惑い、夢の中の虫歯と混同し、歯医者に向かおうとする人が多いですが、歯医者だけが問題というわけではありません。ですのですぐに歯医者に向かうのではなく、夢占いと照らし合わせた上で、この後の行動を決めてください。

虫歯の夢を見たあと起きてからも歯が痛い場合は、夢占いにおいて、「あなたが心身共に疲弊し、我慢している」ということを示しています。あなたは今、自分の体と心に襲い掛かる疲れを何とか耐え忍ぼうとしています。ですがこうして我慢すると、必ずどこかに負担が生まれます。その最たる例がであり、ぐっと歯を噛みしめてこらえるため、歯の神経が実際に痛んでしまっているのです。

まずは、我慢することをやめるということからはじめてください。我慢をやめ、疲れたら休み、心を落ち着けましょう。それを続けるうちに、歯を噛みしめる癖がなくなり、歯の負担も減っていきます。それでももし痛みを感じる場合に、歯医者での治療も視野に入れていきましょう。

ですが、もし「冷たいものが沁みる」など虫歯や歯周病などの症状があるようであれば、我慢することをやめつつ、並行して歯医者も受診してみてくださいね。

まとめ

虫歯は実際にありうるトラブルですので、虫歯の夢を見ることで歯に対する意識が高まることも多いです。歯磨きを念入りにするなどマウスケアに力を入れたり、歯科検診を自主的に受けるようにするなど、夢占い以外の観点からも、自分に良い作用が出るよう動いていくのもオススメです。

また、虫歯の夢が意味する「心身の疲れ」はほとんどの人が経験するものでもあります。そのため「みんな苦しいなか頑張っているのに、私だけ弱音を吐くわけにはいかない」と思う方も多いです。ですが、この夢を見るというのはかなり心身の疲れが重症なレベルになっている印です。他者と自分を比較して我慢するのではなく、自分は自分として分けて考えて、目の前の問題を少しずつでも解決していくことが必要なのです。

ライターの最新記事

    • 夢占い
    • 2017/10/23

    夢占い-龍の夢の意味は?

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い




ページ上部移動する