夢占い-パンツの夢の意味は?

パンツの夢について

まずはじめに、この夢占いではパンツとは下着のことを指します。

 

下着というと、服を脱がないと見えないので、隠しておきたい恥ずかしいものだと認識してしまいがちです。ですが、パンツの夢は決して恥ずかしいものではありません。こんな夢を見るなんて・・・と自分を責めないでくださいね。

 

むしろ、大切な意味を持っている夢なので、無理矢理忘れようとするのではなく、しっかりと夢占いに目を通してください。
パンツの夢は、夢占いにおいて、「あなたの体や心における、性的なこと」を示しています。

 

特に、普段隠しているものだからこそ、「あなたが人から隠そうとしている、性的なコンプレックス」を表している場合がほとんどです。

 

自分がどんなことに対してコンプレックスを持ち、どんな悩みを抱えているのかをよく把握しておいてください。

 

性的なことは、デリケートな話題ですし、人になかなか相談しづらいものです。だからこそ、誰よりもまず自分が、自らの性的なコンプレックスについてよく知っておく必要があります。

 

今は便利な時代で、検索すればすぐに分かることも多いです。夢占いを元に悩みをしっかりと把握し、きちんと調べた上で、悩みに対して的確な対処をしてくださいね。

 

パンツが破れる夢 

夢だと分かっていても、パンツが破れるとびっくりしてしまうものです。「このパンツとセットになっていたブラジャーがあったのにな」「替えのパンツを準備しなきゃ」などリアルなことを、夢の中でも考えてしまいます。

 

パンツが破れる夢を見たときは、パンツの破れ具合もよく思い出してみてください。もう修復不可能なほど大きく破けているのか、少し縫えば再利用できそうなほど小さな傷なのか、などの判断で構いません。

 

パンツが破れる夢は、夢占いにおいて、あなたが「性的なコンプレックスを抱え、悩んでいる」ということを示しています。

 

胸が小さい、おしりが大きい・・・など表面的・身体的なコンプレックスの場合もあれば、「周りが恋愛経験が豊富な中、自分だけ性体験がない」「昔の恋人に、性的な魅力がないと言われた」など表面的ではない精神的なコンプレックスの場合もあります。

 

一度しっかりと自分と向き合い、何をコンプレックスに感じているのかを考えてみてください。

 

また、パンツの破れ具合は、悩みの深刻度を表しています。少し破けただけであれば悩みは軽いですが、大きく破けている場合はその分悩みも深刻です。

 

この夢を見た際には、悩みの深刻度に合わせて、それぞれ対応することをオススメします。
少し気になるだけで、そこまで思い詰めていない軽い悩みなのであれば、そんな自分を受け入れて愛してみてください。小さい胸がタイプだという人もいますし、性経験がない女性を嫌がる男性は意外と少ないです。

ありのままのあなたを愛してくれる人は、必ずいますので、前向きに考えてみてくださいね。
逆に、コンプレックスが強く思い詰めてしまうほど重い悩みだという場合は、そのコンプレックスを無くす方法を考えてみてください。

 

胸が小さい場合は胸筋を鍛えたり、おしりが大きい場合はダイエットをしてみたり・・・と身体的なコンプレックスを解消すると、自己肯定感が上がります。すると、精神面でのコンプレックスも弱まっていきます。

 

様々な対応策を調べて、自分の心を苦しめないですむようになる方法を探してみてくださいね。

 

パンツの汚れを洗う夢 

パンツの汚れを洗う夢は、自分がパンツを汚したことを恥ずかしく思ってしまうことが多いです。生理など女性特有のデリケートな内容の汚れのときは、他の人に見られたくないものです。

 

ジュースをこぼしたところに座りパンツまで染みたという場合でも、自分がそんなミスをしたことが情けなくなってしまいます。

 

また、パンツは薄く繊細な素材でできているので、汚れがしっかりと落ちきるかどうか不安にもなってしまいます。
こうしたネガティブな思考にたどりつきやすい夢なのですが、夢占い結果はポジティブな内容ですので、ご安心くださいね。

 

パンツの汚れを洗う夢は、夢占いにおいて、あなたが「性的なコンプレックスを克服した」ということを示しています。喜ばしい夢占い結果ですね。

 

これまでのあなたは、性的なコンプレックスにより引け目を感じ、マイナス思考に陥っていました。
ですがコンプレックスを解消するための努力を重ね、無事にコンプレックスを乗り越えることができたのです。

 

解決策を調べることも、それを実行することも、あなたの努力があったからこそです。自分を褒めて、自己肯定感を更に高めてくださいね。

 

性的なコンプレックスを克服すると、性に対する拒否感も無くなっていきます。

 

「コンプレックスが気になるあまり、恋人と性行為をしたくない」と思っていた方も、これからはリラックスして性行為に臨むことができるようになりますよ。

 

好きな人にパンツを見られる夢 

好きな人にパンツを見られるというアクシデントは、例え夢でも顔を覆いたくなるほど恥ずかしくなるものです。
「今の私はどんなパンツを履いていたっけ?」「角度的にほとんど見られないですんだかな?」など、一瞬にして様々なことを考えてしまいます。

 

この夢を見ると、起きたあともついついファッションには気を付けてしまうものです。絶対にパンツを見られないようズボンを履いたり、やむを得ずスカートを履く場合でもスパッツを着用する・・・などの対策に力が入りますね。

 

とはいえ、これらの対策をすれば、あなたは無防備な服装をせずにすみます。ある意味では、注意喚起をするために必要な夢だともいえますね。

 

好きな人にパンツを見られる夢は、夢占いにおいて、「あなたも好きな人も、お互いに性的な興味がある」ということを示しています。
あなたたちはお互いに好意を持ち、恋愛感情の延長線として、お互いに性的な興味を抱いています。

 

性的な興味を持つことは、悪い事ではありません。
ですが、きちんと段階を踏んでから、距離を縮めてください。

 

特に片思いのうちは、様々なリスクを考えて、決して身体を許さないようにしてください。
セックスフレンドなど、恋人に昇格しづらい関係になってしまうからです。

 

恋人になったあとであれば深い関係になっても問題ありませんが、時には話し合いも必要です。
性に対する価値観を話し合い、お互いに意見が合致するようになってから、性的な関係になるようにしてください。

 

パンツを買う夢

新しい下着を手に入れると、気分も上がりますよね。
普段は人に見られない部分のお洒落になるからこそ、自分だけが知っているささやかな喜びにもなります。

 

パンツとセットになっているブラジャーを一緒に購入することも多いので、喜びも倍増です。
これは、女性ならではのワクワク感とも言えますね。

 

パンツを買うときは、どのような基準で選びましたか?
手持ちの色合いと被らないもの、機能性、デザイン・・・など、人により様々な基準があると思います。

 

夢の中で、どんなきっかけでパンツを買ったのか、よく思い出してみてください。
パンツを買う夢は、夢占いにおいて、あなたが「性的な自信を身に着けるべきである」ということを示しています。

 

今のあなたは、性的なコンプレックスというほどではないですが、性的な自信がありません。
卑屈になり、消極的になるので、異性との接触を避けてしまっています。

 

このままでは、性的な自信が更になくなっていくだけです。
ですので、性的な自信を身に着けることで、明るさや積極性を取り戻してください。

 

性的な自信を身に着けるための効率的な方法は、「夢の中でパンツを買った基準」にヒントが隠れています。
「手持ちの色合いと被らないもの」を選んだという方は、自信があるところはそのままで、自信がないところを補ってみてください。

 

例えば、巨乳だけどおしりが大きいことがコンプレックスなら、胸がしぼまないようにダイエットはせず、おしりだけを絞るようなスクワットをしてみてください。

 

自信がある箇所を失わずに、自信がないところを伸ばせば、自信があるポイントを元の数より増やすことができるのです。
「機能性」を重視して選んだという方は、セクシーな振る舞いを身に着けてください。

 

常に色気を出す必要はありませんので、恋人の前のみで色気が発揮できるようにするのです。
下着の機能性の良さが見た目ではパッと分からないように、目には見えない性的な魅力を増やしてください。

 

「デザイン」を重視して選んだという方は、メイクや服装で自信を身に着けてください。
ふとしたときにアンニュイさやフェミニンさを演出できるメイクにしたり、大人の女性ならではの服装をすると、性的な魅力がぐっと増えますよ。

 

パンツを履いていない夢 

パンツを履いていないと、ズボンやスカートを履いていても、肝心のデリケートな部分を守ることができません。
そのため、何となく不安な気持ちになってしまうものです。

 

また、「パンツを履いていないことを、ふとした瞬間に誰かに気づかれてしまうのではないか」という心配も生じます。
夢から覚めたあと、現実ではパンツを履いていると分かっていても、ついついパジャマの中を確認してしまうものです。

 

このように、様々な気苦労が生じる夢となりますので、起きたあと疲れが取れないことも多いです。
日中に眠くならないよう、気を付けてくださいね。

 

パンツを履いていない夢は、夢占いにおいて、あなたが「性に対して無防備になっている」ということを示しています。
パンツを履かないということは、デリケートな部分が守られず、人に見られやすくなっているということでもあります。

 

そのため、この夢を見るあなたもまた、自分をしっかりと守ることができておらず、他者から狙われやすくなっているのです。
異性から急に迫られたり、望まない関係を無理矢理結ばされそうになることもあります。

 

自分の身は自分で守ることができるよう、もう少し他者に対して警戒心を持つようにしてください。

 

まとめ


性に関することを表す夢を見ると、自分がとても破廉恥な人間に思えて恥ずかしくなり、自分を責めてしまう人がいます。

 

ですが、性に関することは恥ずかしい事ではありません。食欲や睡眠欲と並び、性欲もまた立派な本能だからです。
ゆくゆくは子孫繁栄にもつながる大切な欲求です。

 

だからこそ、自分の性的なコンプレックスや、性に対する興味などに向き合い、あなたの性の状態をしっかりと把握しておく必要があります。恥ずかしがったり自分を責めるのではなく、真正面から性について考えるようにしてください。

 

また、自分の性に関してしっかりと理解することができたら、それを元に、自分を守るように意識して行動することも大切です。

 

「君が気にしている、小さな胸も好きだよ」など、あなたの持つ性的なコンプレックスにつけこんでくる相手を、やんわりと断るスマートな対応を身に着けてください。また、性に無防備になっているときに襲われたりしないよう、護身術も知っておくとよいですね。

 

どんなに自信があるように見える人でもコンプレックスの1つや2つはあるものです。

 

また、誰もが認める清楚系の人でも性への興味は少なからずあります。
みんなこういう悩みを抱えているんだ」と思うと、安心して性と向き合うことができるようになりますよ。

 

頑張ってくださいね!

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する