三十路から結婚は可能?! 30代からの女性の婚活戦略9つ

運命的な出会いじゃなくてもいい、自然な出会い方で結婚したいと思いつつ30歳を超えてしまったら、今までと同じ通り待ち続けても、新しい出会いが起こる可能性は日々薄れていきます。

30歳を超えた女性の婚活は、成り行き任せではなく戦略的に行動していかないと、結婚には結び付きませんし、30歳を越えた女性の婚活は、本人達が思っているよりより困難な状況な事をしっかりと自覚しないといけません。

それでは30歳を超えた女性の婚活戦略として、どんな方法を取っていけばいいのでしょうか?

30歳を越えたら婚活は最優先事項

20代・30代の女性を分けるもの、それは「若さ」です。

20代なんかに負けない自信があったとしても、30歳を超えると残酷なほど需要が減ってしまいます。

結婚相手を探している男性の多くが若さを求めますから、30代になった今の自分に自信があったとしても、男性は20代を選んでしまうものなのです。

いくら自分に自信があったとしても、20代とまともに争っても選ばれにくい自覚だけは、しっかりと持っておくべきです。

それなら30歳を越えた女はもう結婚できないの?と落ち込んでしまいそうですが、今落ち込んで時間をムダにするヒマがあるなら、何を置いても今すぐ婚活にはげむべき!

30歳を越えた女性が結婚できる確率は、30~34歳で34.5%、34~39歳で23.1%と低く、20代に比べると歳を追うごとに婚姻率は下がりますから、危機感を持って一刻も早く動き出さないといけません。

生きていくのに必要な仕事以外の時間は、全部婚活につぎ込むくらいの気持ちで婚活にはげみましょう。

20代とはまともに戦わない

20代前半女性が婚活すれば、それなりに良い条件の整っている好条件男性を捕まえられます。

20代前半女性が若いうちから婚活しているのは、自分の若さが武器になる事実をよく理解し、少しでも好条件の相手を捕まえたいと思っているからです。

20代後半から30代前半になると、婚活が難しくなる現実を踏まえた上で行動しているのですから、若作りの30代より若い20代を男性は選ぶ現実がある以上、20代と同じ土俵で真正面から戦っても、勝ち目はごくわずか。

20代に負けない気持ちは必要不可欠ですが、だからといって真正面から対決しても自尊心が傷付くだけですから、30代なりの婚活戦略が必要になってくるのです。

30歳過ぎての合コン&街コンは無駄

20代後半までは合コンによく呼ばれてたのに、30代になった途端ぱったり合コンに呼ばれなくなったなんて話はよく聞きます。

30歳を越えた女性は合コン&街コンに出会いを求めるのは、残念ながら難しい状況です。

自然な形で男性と出会いたいと思う場合、合コン&街コンは絶好の出会いのチャンスな予感がしますが、30歳過ぎると合コン等で知り合い・恋愛関係にまで発展するのは、正直言って時間がかかります。

合コン&街コンで恋愛関係になれたとしても、付き合った結果別れてしまったら、ますます結婚からは遠ざかりますし、付き合って1~3年して別れたとしたら、より一層結婚結婚しにくい状況になってしまいます。

もちろん出会いの方法としての合コン・街コンは悪くはありませんが、恋愛相手ではなく結婚相手候補をいち早く見つけるには、合コン等の出会い方では時間がかかり過ぎます。

特に合コン&街コンは結婚相手を探す場所と言うより、恋人を探しに来ている人が大半ですから、お互いのニーズが合わないからこそ、あまりオススメできない婚活方法でもあります。

若い頃のプライドを捨てる

20代の頃はモテていた人でも、30代になるとたちまちモテなくなり、声をかけられる回数も減っていくものです。

若い頃モテた記憶があると、もっとイイ条件の男が寄って来るのでは?と思ってしまい、多少のイイ男では満足できず、若い頃と同じような意識で婚活を続けてしまいます。

昔付き合ってたレベルの男じゃないと満足できない、私ならもっとイイ男が寄って来るはず!

30代になった今、若い頃植えつけられた自分像を全部捨て、改めて婚活にはげまないと結婚から遠ざかっていきます。

自分の長所を伸ばそう

どうせ結婚するなら20代の子がいいと感じている男性が多数いますから、30歳を越えた女性が結婚相手として選ばれたいなら自分の「長所」を伸ばし、武器にしないといけません。

自分の長所自体を見つけるのは難しいですし、どうせ私なんか・・・と落ち込んでしまいそうですが、どんな人にも長所は必ずあります。

友達や同級生からホメられた・感謝された部分を見つけ伸ばし、他のライバル達に負けない長所に育てていけば、婚活において強力な武器になります。

 

・料理が好きなら、うでを上げるために料理教室に通ってみる

 

・社交的な性格なら、今以上に積極的に人と接する

 

・身体を動かすのが好きなら、新しいスポーツに取り組む

 

・笑顔がかわいいと言われたなら、いつも機嫌よく笑顔でいる

 

など、長所を伸ばすことで男性の目にも止まりやすくなります。

高望みはダメ!条件見つめ直そう

普通の人でいいから結婚したい!と思っていませんか?

 

・特にイケメンじゃなくていいから普通の顔立ちの人

 

・優しくて頼りがいがある人

 

・年収は5~700万

 

・太ってる人やハゲそうな人は問題外

 

・同じ30代がいいな

 

などが、30歳を越えた女性がよく望む結婚相手です。

婚活すれば、このくらいのスペックの人はいるんじゃない?と思うでしょうが、このような条件の良い男性は、婚活市場においてとっくの昔に結婚していてもおかしくない男性です。

今どき年収5~700万の男性はなかなかいませんし、優しくて頼りがいがあるなんてぼんやりとした願望では、ひとつの理想が当てはまらないだけで「あ、この人はダメだ」とあきらめていては、婚活なんて前に進みません。

結婚相手としての条件が多いほど、婚活が成功する確率は下がりますから、自分の中で絶対に外せない条件だけを厳選して選び抜き、婚活にいどみましょう。

 

「年収さえ良ければ外見は構わない」

 

「年収は低くていいから優しさ重視」

 

「価値観と性格さえ合えばいい」

 

など、絶対に譲れない条件のみを1~2つ程度に抑えないと、30代の婚活はそう簡単に成功しませんから、欲張りすぎずどうしても譲れない部分だけに絞り、婚活していく事が大切です。

自分が選ばれる側な事を忘れない

30歳を越えた婚活女性が婚活する際忘れてはいけないのが「自分が相手を選んでいる」という感覚。上から目線の婚活ではまず成功しません。

 

「顔はいいけど年収がいまいち」

 

「この人退屈。楽しませようって気持ちはないの?」

 

「これじゃ今まで結婚できないわけよね」

 

自分が選ぶ側だと無意識に思い込んでいると、上から目線で相手を見てしまうようになり、婚活から遠のいてしまいかねません。

恋愛において、女性は男性を選ぶ立場に置かれるパターンが多いので、つい上から目線で男性を見てしまいますが、上から目線で見ていいのはせいぜい20代までです。

30歳を越えた今、婚活市場は女性には不利な状況ですから、自分が上から目線でいる事実に気付かないままでは、結婚できぬまま40歳に近づいてしまいます。

30歳過ぎてからの婚活は、選ぶ側ではなく男性から「選ばれる側」に回る。これだけは絶対に忘れてはいけません。

 

「太ってるけど、人柄がいいな」

 

「ぶっきらぼうだけど、女慣れしてなくてかわいい」

 

「年収は低いけど仕事熱心だし、将来性がありそう」

 

など、マイナス面ばかりを見るのではなく、謙虚になり男性のプラス面に目を向けるよう意識を切り替えていかないと、選ばれる事はありませんから、今まで自分が男性をどんな目線
で見ていたかを確認してください。

自分の方が相手よりも上だと思い込んでいると、態度や言葉の端に上から目線な態度が男性に伝わってしまいます。

婚活中に出会った男性には常に

 

「私と会ってくれてありがとう」

 

とにこやかに思えるくらいでないと、好印象を感じさせることすらできません。

男性はどんな人でも内側に「男としてのプライド」を持っていますから、少しでも上から目線な空気を感じ取れば、彼の心は冷め夫候補を失ってしまうでしょう。

気持ちが焦ると男性の欠点ばかりが目に付きますが、良い部分に目を向けないと、30歳越えた女性の婚活は成功しにくいですよ。

ときめきを求めない

いくつになっても女性は男女の仲に「ときめき」を求めますが、30歳を越えた女性の婚活にはときめきは必要ありません。

20代の若い頃なら胸がドキドキする恋愛から始まる婚活もアリですが、30歳を越えた女性は、ときめいているヒマがあったら、少しでも多くの男性に出会った方が、結婚に結び付きます。

婚活においてよく勘違いしがちなのが「恋愛=結婚」という図式ですが、恋愛と結婚を全く別物として考えないからこそ、いつまで経っても結婚できない。こっちの可能性もよく考えてみましょう。

恋愛は胸を「ドキドキときめかせる」もの、結婚は「安心と居心地の良さ」を求めるもの。

結婚は恋愛感情のみでは続きませんし、恋愛はふたりだけのものですが、結婚は自分達だけではなく家族も関係してくる問題です。

30歳を越えた女性は、恋愛感情やときめきよりも「安心感」や「居心地の良さ」「堅実さ」の方を重視しないと婚活戦略としては成り立ちません。

婚活は結婚相手を見つける事であり、恋愛相手を探す場所じゃない。

胸のときめきではなく安心や居心地を重視すれば、婚活はずいぶんやりやすくなります。

30~40代ばかりの場所で婚活しよう

今現在婚活場所としてよく活用されるのは、婚活パーティや婚活バスツアー・婚活アプリ・結婚相談所ですが、必ず「30~40代限定イベント」に参加するようにしましょう。

参加できる年齢が分けてある場合、男性は少しでも若い女性に流れるものですから、自分の年齢に近い、もしくは年上の40代がいる婚活場所へ出かけた方が、婚活には役立ちます。

同年代ならまだしも40代なんてありえないと思う人もいるでしょうが、30歳を越えた女性なら、少し上の層も狙っておいても損はありません。

男性は若い女性ばかりを求めていると思い込んでしまいそうですが、自分と歳の近い相手・年下がいいと感じている男性がいるのも事実ですから、後はふたりの相性の問題です。

少しでも相性の合う相手を見つける為にも、出会いの確率が上がりやすい場所で婚活しましょう。

 

おわりに

20代の頃ならまだ時間に余裕がありますが、30歳を越えた女性の婚活にはそう時間が残されていません。

35歳を過ぎると高齢出産になり、妊娠もしにくくなっていく状況ですから、30歳を越えた女性の婚活は、状況である事実をよく理解しておかないと、30代後半の婚活は今以上に厳しいものになってしまいます。

30歳を越えた女性が婚活するには、自分の中の条件をギリギリまでに絞り込み、多くの人に会える場所へ積極的に出かけていき、婚活に励みましょう!

 

★おすすめの占い★

 

【婚活】いい人と出会いたい!私の婚活を成功させるには?

 

【婚活・婚期】あなたにとって相性の良い男性像を占います。

 

未婚35歳以上限定!あなたが結婚できない理由と幸せな未来を占います

 

結婚占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

  1. あの人はあなたのことが好き?本当はどう思っているの?







ページ上部移動する