夢占い-幽霊の夢の意味は?

幽霊の夢について

幽霊は、死んだ人が、肉体が消滅したあとも魂のみの姿で、現世に留まっているものを指します。これは日本だけにとどまらず、世界の各地で言い伝えがあるほど、多くの人の死生観の共通認識ともなっています。死んでもなお、何かを伝えようと現れる幽霊の姿からは、夢の中であっても強いメッセージ性を感じますよね。
なお、幽霊は科学的に証明できないものとして、実際にはいないだろうと、その存在を信じない人もいます。もちろん、このような考え方の人でも幽霊の夢を見ることはあります。幽霊の存在を信じる・信じない関係なく、幽霊の夢を見た際には、夢占いで鑑定してみてください。

 

幽霊の夢は、夢占いにおいて、あなたが持つ「もう会えなくなってしまった人への思い」を示しています。
この「会えなくなってしまった人」というのは、幽霊のようにもうすでに亡くなっている人のことではなく、疎遠になったり、遠くに引っ越したため、物理的に会いづらくなってしまった人のことを指します。「絶対にもう二度と会えない相手」というよりかは、「会いたいけど、会うまでにかなりの労力が必要になる相手」というニュアンスの方が近いです。

 

なお、この夢占いにおける幽霊は「番外編:亡くなった家族が幽霊として出てくる夢」を除き、もう会えなくなってしまった人がそのままの姿で現れるわけではなく、全くの別人の姿となります。ですが「もう会えなくなってしまった人」と聞き、最初に思い浮かべた人のことを指す夢占い結果となっています。例えば、女性の幽霊の夢を見ても、夢占いが指している内容は男友達のこと・・というような感じです。夢で見る姿と、夢が暗示している対象の姿が違い、ややこしくて混乱してしまいがちなので、気を付けてくださいね。

 

幽霊を怖いと思う夢

幽霊を見たとき、人は様々な感情を抱きます。「何か思い残したことがあるのかな、可哀想だなあ」という心配や、「驚かさないでよ!」という怒りもあるかと思いますが、中でも一番多いのはやはり「何をするつもりなんだろう・・・」という不安からくる怖さですよね。ですので、この夢を見た人は、幽霊に関する夢の中で最も妥当な感情を抱いているともいえます。
幽霊を怖いと思うだけで、その後何の展開もない夢だと、面白みやインパクトに欠けるので忘れてしまいやすいですが、夢占いで鑑定することは覚えていてくださいね。

 

幽霊を怖いと思う夢は、夢占いにおいて、あなたが「もう会えなくなってしまった人に対して、今も負の感情を抱いている」ということを示しています。
あなたは、もう会えなくなってしまった人に対し、怒りや悲しみ、悔しさや妬みなどの負の感情を、ずっと抱き続けています。相手と接触していたのがかなり昔であるにも関わらず、今もこうした感情があるということは、あなたは相手に対してかなり強い執着があることも分かります。
この執着や負の感情は、これから先もあなたの心に残り続けます。だからこそ、どう付き合っていくかで、あなたの心の持ちようも変わってきます。

 

もし、相手に対するマイナスな感情をなくしたいと思うのであれば、一度相手と連絡を取ってみてください。相手も月日を重ねることで精神的に成長しているので、これまでとは違う好印象な雰囲気に驚きますよ。良い意味でギャップを感じることができるので、激しい執着や負の感情も消えていき、相手に対して穏やかな気持ちになっていきます。連絡を取るという行動は勇気が必要ですが、それさえ乗り越えれば、他者に嫌な感情を抱かずに楽な気持ちで過ごせるようになります。

 

子どもの幽霊の夢(特に:友達になる)

子どもが幽霊になっているということは、まだ小さいのに亡くなってしまったという悲しい過去も表しています。そう考えると、短いながらも壮絶な人生を送ったことや、幼いながらにまだこの世に未練を残していることが、とても可哀想に思えてしまいますよね。
こうした同情があるため、子どもの幽霊の夢を見た人は、夢の中でその子と友達になるケースが多いです。恐怖心を抑え、相手を思い歩み寄ってあげるその優しさは、あなたが持つ魅力の一つです。忘れないようにしてくださいね。

 

子どもの幽霊の夢は、夢占いにおいて、「あなたが幼少期に出会った、もう会えなくなってしまった人への思い」を示しています。
幼少期という、純粋無垢な感性が育つ時期に出会った相手というのは、一生を通して大切な存在となります。幼稚園で仲が良かった友達と、大人になっても連絡を取り合うというケースが多いのも、このためです。だからこそ、そんな大切な存在にも関わらず、もう会えなくなってしまった人のことは、いつまでも「会いたいなあ」という気持ちがなくならず、心の中で相手を求め続けやすいのです。相手に対する気持ちが抑えられない場合は、共通の知り合いを頼ってみるなどして相手を探してみてください。多くの人がSNSに登録している現代の流れを利用して、SNS上で相手の名前を検索してみると、意外にスムーズに見つかることもありますよ。

 

なお、子どもの幽霊の夢の中でも「友達になる」という展開があった場合は、相手も同じようにあなたに「会いたい」と願い、あなたを探してくれていることを表しています。「相手はもう自分をもう忘れているかも・・・」「相手にとっては、自分は大切な存在ではないかもしれない」など弱気にならず、同じ気持ちであることに自信を持ち、これまで以上に本気で相手を探してみてください。

 

幽霊から逃げる夢

幽霊から逃げるということは、あなたの心の中が恐怖と警戒心でいっぱいになっているということですので、かなり精神的に追い詰められている状態です。危害を加えられるんじゃないか、呪われるんじゃないか・・・という今後の自分がどうなるか分からない不安で頭がいっぱいになるのは辛いですよね。
ですが、幽霊から逃げる夢は、展開として2パターンに分かれます。「逃げ切ることができた」という場合と、「逃げ切れずに捕まってしまった」という場合です。どちらの結末になるかで夢占い結果も大きく変わりますので、自分が見た夢はどちらに分類されるかを、よく思い出してください。

 

幽霊から逃げる夢は、夢占いにおいて、「今は、もう会えなくなってしまった人に対して行動を起こさず、そっとしておくべきである」ということを示しています。
今は、あなたも相手も、悪い運気の中にいて、嫌なことが続いている状態です。何をしてもうまくいかず、苛立ちや悲しみを感じる機会が多いのもこのせいです。この状態で相手と接触しようとしても、お互いの悪い運気が合体して更に嫌なことが起こりやすく、相手を責めたり憎んだりしてしまいます。この状態では、せっかく再会したとなっても、お互いに全く良い印象を抱くことができません。ですので「いつか必ず絶好のタイミングが来る」と思い、どれだけ会いたくなっても相手とコンタクトを取らないようにしてください。

 

また、幽霊から逃げる夢を見た際は、逃げ切れたかそうでないかによって、夢占い結果も変わってきます。
逃げ切った」という場合は、相手のことを考えないようにしていれば、相手に対する気持ちを一度完全に抑えることができます。「会いたいのに会えない」というジレンマから解放されるので、精神的にかなり楽になります。今のうちに仕事や勉強などやるべきことをしたり、メイク研究やダイエットなど自分磨きをしたりなど、自分のスキルアップに集中しておくと、いざ相手に会えるタイミングが来ても、相手と再会するときに自分に自信を持って堂々と過ごせるのでオススメです。

 

逃げ切れなかった」という場合は、相手に会いたい気持ちを抑えきることができないまま過ごすことになります。悶々とした日々が続くことになりますが、その分、長く会えなかった相手に対してもフレッシュな気持ちを抱いたままでいられます。いつか相手と再会を果たした時に、どれだけ会いたかったかを、素直に、そして的確に話すことができますよ。相手も、そんなあなたの素直な態度に心を打たれ、再会したばかりでもすぐに心を開いてくれます。

 

幽霊を退治する夢

幽霊を退治するということは、明確な意図と強い意志を持って、未知の相手と戦う必要があります。実体がある相手ではないので、一筋縄ではいかない場合も多いです。だからこそ、恐怖心や逃げたい気持ちを抑えて、立ち向かう勇気を持たなければいけません。自分を奮い立たせなければいけない夢となるため、起きたあともどこか肩の力を抜けず、攻撃的になったり緊張感が続くことが多いです。いつまでも臨戦態勢のままだと、あなた自身疲れてしまいますので、できるだけ早くリラックスするようにしてください。

 

幽霊を退治する夢は、夢占いにおいて、「今が、もう会えなくなってしまった人とのトラブルを解決するべき絶好のタイミングである」ということを示しています。

 

現在のあなたは、もう会えなくなってしまった人に対しての言動を、深く反省しています。疎遠になったことも寂しいと感じており、失礼な言動や乱暴な行動も申し訳ないと思っています。相手を強く求める気持ちを受け入れ、自分の非を認めることは、精神的に大人にならないとできないことなので、あなたがどれだけ成長したかも分かりますね。そして現在、相手もあなたと同じように、自分の過ちを深く反省し、あなたを強く求めています。あなたと相手は、会えなくなってしまった現在でも、同じ気持ちを抱えているのです。

 

ですので、お互いを求めあっている今こそ、和解するにはもってこいのタイミングなのです。反省を活かし、あなたの正直な気持ちを相手に伝えて下さいね。あなたが正直になればなるほど、相手も本心を伝えてくれますよ。

番外編:亡くなった家族が幽霊として出てくる夢

これまでの項目は全て、全く知らない人が幽霊になっていたと思います。その分、知り合いが亡くなったような喪失感もなかったですよね。
ですがこの項目においてのみ、すでに亡くなっている家族が幽霊として夢に出てくることになります。亡くなった方が生前と同じように動いており、それを見ることができ、時には会話もできるのは、夢とはいえ嬉しいものです。
この夢はとてもメッセージ性が強いので、他の項目とは多少毛色が違うのですが、ぜひ夢占いで鑑定するようにしてください。

 

亡くなった家族が幽霊として出てくる夢は、夢占いにおいて、「亡くなった家族に対して、あなたが後悔していること」を示しています。
家族というとても近しい関係性は、強い愛情があり大切に思う一方で、「分かってくれるはず」「許してくれるはず」という甘えが出てきてしまうものです。喧嘩をしても素直に謝れなかったり、勢いに任せて思ってもいない言葉で傷つけてしまいやすいです。若いうちは精神的に未熟なので、こういったケースは特に多いものです。

 

ですが、このようなトラブルがあったまま相手が亡くなってしまうと、あなたはこうした後悔をずっと抱えていくことになります。謝ろうにも相手は亡くなっていますし、近く親しい関係にあぐらをかいていた自分を責め続けてしまいます。

 

この夢を見たのであれば、お墓参りをすることをオススメします。あなたの深く反省する心や、本当は相手を心から愛している気持ちを、お墓を通して相手に伝えることができます。本人が目の前にいるイメージを持ち、心の中で相手に語りかけることが大切です。
もし、夢の中で亡くなった家族が言葉を発していた場合は、相手があなたに伝えようとしているメッセージが分かります。あなたのこれからの人生で、その言葉を教訓にできるように、相手の気持ちをしっかりと受け止めてください。

 

まとめ

この夢を見て、「もう会えなくなってしまった人」という言葉で連想した相手というのは、あなたの中でとても大切な存在です。そして、会えないことに対して後悔や喪失感を抱えている相手でもあります。あなたの心の中で、かなりの比重を占めている存在だと分かるので、相手に対する自分の気持ちを再認識することもできますね。頻繁に会っているわけではなく、むしろ長い間会っていないにも関わらず、こうして夢に出るほど強く思える相手というのは、なかなか出会えないものなので、しっかり向き合うべきです。

 

また、夢占い結果に基づき、相手に対して行動を起こすことができれば、相手が持つあなたの印象も少しずつ良くなっていきます。これまで諦めていた二人の関係性にも、新しい変化をもたらすことができるのです。「あなたが仲直りしたくても相手が許してくれない」というような場合でも、夢占いで得た教訓を活かした接し方をすることで、相手の態度が軟化して許してくれたというケースも非常に多いので、希望は捨てないでくださいね。夢占いをキッカケにして、あなたの周りの人間関係に良い変化が生まれることを願っています。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する