夢占い-廊下の夢の意味は?

廊下の夢について

 

部屋と部屋の間に存在する通路である「廊下」。私たちが部屋同士を行き来するときに、安全に、かつスムーズに渡ることができるのも廊下のおかげなのです。廊下もインテリアの置き方次第では厳かな雰囲気を出すこともできれば、リラックスできる気軽な空間にすることもできます。また、廊下といえば小学校のころなどに「廊下は走らないこと!」と先生に言い聞かされた・・・なんて思い出がある方も多いのではないでしょうか。家の中だけでなく、学校や会社など、部屋が複数ある建物には廊下は必ず存在しています。

 

廊下の夢は夢占いにおいて、「あなたが今何かを成し遂げている最中である」ということを示しています。何かを果たし終えたというよりは、目標や仕事など、あなたがやるべきことを果たし終えるまでの道のりの途中であることが表れています。ゴールまでの道のりというものはどれも長く険しいものですし、「いつごろ終わりが見えてくるのか」「最後に待っているのは幸福か・もしくは絶望か」・・・など様々なことが気になってくることでしょう。
ですがこうして夢占いを通すことによって、これから先のことを見通すことができますし、モチベーションを上げたりトラブル対策を行うこともできます。ただ我武者羅に突き進むのももちろん悪いことではありませんが、夢占いの結果を通して、強い心を持ちながら努力していけるようにしましょう。

 

明るい印象の廊下の夢


明るい印象の廊下は、歩いていて晴れやかな気持ちになれるところがうれしいですよね。大きな窓があり日光が差し込んできているだけでも明るさが変わり、明るい印象を受けるでしょう。また、生命力を感じさせるような生き生きとした花が添えられていたり、インテリアの1つひとつがどこかほんわかとした気持ちになるものであったり・・・置きものによっても明るい印象を感じることはできます。また、こうした要素がなくても、あなたが「明るい廊下だ」と感じれば、この項目を参考にしていただければと思います。

 

明るい印象の廊下の夢は夢占いにおいて、「あなたが進んでいる道の先には希望が待っている」ということを示しています。ですので吉夢であり、あなたの行く末には幸福が待ち受けていることが分かりますね。今あなたが努力していることが最終的にはハッピーエンドになると考えると、それだけで嬉しさもあふれますし、モチベーションもぐっと上がることでしょう。「今進んでいる道は間違いではないのだ」と再確認し、これからもぜひ努力を続けていってくださいね。

 

暗い印象の廊下の夢


暗い印象の廊下は、歩いているとどこか不安な気持ちに陥ってしまうものです。明かりが一切差し込まなかったり、照明が暗かったりすると、歩きづらく気持ちも落ち着かなくなります。また、おどろおどろしいインテリアがあったりするとそれも不安材料になってしまったりしますので、先ほどの項目でも述べましたが照明やインテリアはその空間の雰囲気の演出に大きな影響力があるというわけなのです。また、こうした要素がなくても、「暗い廊下」だと感じたのであれば、この項目を参考にしていただければと思います。

 

暗い印象の廊下の夢は夢占いにおいて、「あなたが進んでいる道の先には、困難が待ち受けている」ということを示しています。自分がどれだけ頑張っていることでも、最終的にはよくないことが起こってしまうのか・・・と考えると努力する手を止めてしまいそうになるかと思いますが、ここで諦めないようにしましょう。困難はあなたが努力すれば乗り越えることができるものです。もうだめだと考えて手を離すのではなく、しがみつき這い上がる強さと勇気を身に付けましょう。そうすればあなたは困難を乗り越えることもできますし、その先にある栄光もつかみ取ることができるのです。

 

家の廊下の夢

家の中の廊下は、知らない場所の廊下と違い、自分にとっては勝手知ったる空間の1つとなっていることと思います。たとえ明かりがついていないとしてもどこに何があるかを把握していたり、部屋とはまた違う自分のリラックススポットとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな自宅の廊下が夢に出てくると、現実世界ととてもマッチしていて現実と夢を混同してしまう方も多いです。現実と夢の区別をしっかりとして、夢占いと照らし合わせてみていただければと思います。

 

家の廊下の夢は夢占いにおいて、あなたが「家の中でできることにおいて、努力の途中である」ということを示しています。特に「もっと穏やかで楽しい家庭を作ろう!」という家庭そのものに対する努力や、料理や掃除など家事に対する努力のことを表していることが多いです。家の中でできることはいつでもできることだから・・・と考えていると、ついつい後回しにしてしまいがちですが、「家の中でできることだからこそ短い隙間時間でも努力を積み重ねよう!」と考え方を変えてみましょう。小さな努力の積み重ねは、いつか大きな成果へと変わっていきますよ。

 

廊下を走る夢

廊下に隣接している他の部屋の人に迷惑をかけるから、という理由で、「廊下は走らず歩くものである」という認識を身に着けている方がほとんどだと思います。学校や自宅、またはマンションやアパートの共用廊下などで走ると怒られた方も多いことでしょう。そうした認識や思い出があるからこそ、人は大人になるにつれ廊下を走らないようになります。小さいころから言い聞かせられていると、こうして無意識のうちに行動も変わっていくようになるのは結構興味深いですよね。

 

廊下を走る夢の意味は夢占いにおいて、あなたが「今行っている努力を放棄してしまいたいと思っている」ということを示しています。廊下を走るというタブーを夢の中で冒しているということは、あなたが自分で禁止していることを本当はやってしまいたいと考えていることを表しています。つまり「今努力しているものを投げ出す」ということがやってはいけないことと分かっていつつも、もう投げ出してしまいたいと思っているのです。何もかも放り出してしまいたいと思っているということは、あなたが今まで頑張りぬいてきた証です。すべてを放棄して無に還すのではなく、休息を取りましょう。そしてリフレッシュして前向きな気持ちが戻ってきたら、また頑張っていってくださいね。

 

廊下の掃除をする夢

廊下は他の部屋に比べて滞在時間が短くなりがちなため、ごみやほこりが少ないような気がしてしまいますが、たくさんの人が行き来する中でどうしても汚れは出てきてしまうものです。そのため廊下の掃除をしてみると、予想以上のごみの量が出てくることがあるので驚いてしまう方も多いかと思います。また、廊下の掃除といえばぞうきんがけを連想する方も多いのではないでしょうか。長い廊下をぞうきんがけして駆け抜けるのは、大人でもどこか楽しい気持ちを感じてしまいますよね。

 

廊下の掃除をする夢は夢占いにおいて、あなたが「今努力していることに対して前向きな気持ちを持っている」ということを示しています。掃除をするということはその場所を快適に過ごせるようにするためでもあります。つまりこれからもその場所を利用していく意志もベースにはあるわけです。これを元に考えると、あなたが廊下の掃除を夢の中で行っていたということは、今努力していることに対し、これからも継続して頑張っていく前向きな気持ちがあるということが導き出されるのです。ですので、今の前向きな気持ちを忘れず、努力を続けていきましょう。

 

まとめ

普段、廊下を歩いていても「実は夢占いだとこんな意味があるんだよな~」と考える方はあまりいないかと思います。だからこそ廊下の夢を見て、夢占いを通してみたとき、「自分が頑張っている道のり」というとても壮大なものを示しているということに驚いた方も多いことでしょう。身近だったり気にも留めないようなことだからこそ夢占いを通して考えることを忘れてしまいがちですが、ぜひどんな細かい事でも「夢占いではどんな意味があるのかな?」と思いめぐらしていただければと思います。

 

どんなときだって、人は常に何かに向けて努力をしているものです。それが大きな目標があるものだとしても、小さくさりげない細かい努力だとしても、評価されてしかるべきものであることには変わりありません。努力の大きさ・小ささは関係ないのです。ですので自分の努力をきちんと認め、またそれを最後まで成し遂げるために、この夢占い結果を役立てていただければうれしいです。

 

頑張ってくださいね!

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い


ページ上部移動する