タロット占い-気になる人に警戒されずに距離を縮める方法をお教えします

気になる片思いの相手と距離を縮めようとして警戒心を持たれてしまったら、好意を持ってもらうことが難しくなるかもしれませんね。
気になる相手に警戒心を持たせずに距離を縮めるにはどうすれば良いのでしょうか。
警戒心を持たせずに距離を縮める方法を占いましょう!
感情的なアプローチではなく、しっかり考えたアプローチで好きな人を振り向かせましょう

片思い占いメニュー

好きな人の性格診断
あの人はあなたのことをどう思っている?
警戒されない距離の縮め方
告白する時期はいつ?効果のある告白は?

タッチでシャッフル開始!

スポンサーリンク

片思いの相手に警戒させないで距離を縮める方法5つ

過去に恋愛で大きく傷付いていたり、逆に恋愛経験が少なく自尊心が低い人は「自分が好かれるはずはない」と卑屈になってしまうもの。

片思い相手へのアプローチに失敗すれば、変に距離を取られたりと、想いを叶える障害になってしまえばそのまま失恋する悲しいパターンに発展しまねません。

とはいってもアプローチしていかなければ恋心は成就しませんが、どんな風にすれば相手との距離を縮められるのでしょうか。

熱烈アプローチは命取り

片思い相手に警戒されてる原因は、相手が恋愛慣れしていない場合もありますが、ふとした時に恋愛感情や好意が見え隠れする相手に対し「期待させても悪いから」「めんどくさい」など、恋愛に対して誠実な気持ちやネガティブさが、熱烈にアプローチのせいでますます遠ざけられる原因になります。

好きな気持ちが高まりすぎて、しょっちゅうメールや電話をして「自分」をアプローチしすぎては、その怒涛のアプローチに恐れをなしたり、付き合ったら最後束縛されそう・・・そんな印象をあいてに与えてしまえば、甘い未来を思い描けず避けられ続け失恋するハメになりかねません。

熱烈に迫れば勢いで恋愛成就しそうと考える人もいるでしょうが、押され続けて付き合ったとしても、早々に自然消滅に持ち込まれかねません。

相手の行動をマネてみる

心理学操作法のひとつに「ミラーリング」という手法がありますが、これは相手の行動を真似ていくうちに、警戒心を解き安心感を感じやすくなる効果が期待できます。

簡単なものでは、相手が飲み物を飲んだら自分の飲む、うでを組んだら自分もうでを組む、「~したんだ」といわれたら「そう、~したんだね」など、同じ言葉を繰り返すことで、親近感を感じるようにもなります。

ミラーリングは繰り返し用いる事で相手に安心感を与え、相手が「自分自身と似ている」と感じるようになれば、警戒心もゆるみ受け入れてもらいやすくもなりますが、露骨な態度でやってみせるのではなく、あくまでもさりげなく自然な形でやってみるのがポイントですよ。

恋愛テクに頼り過ぎない

世の中にはたくさんの恋愛テクが存在しますが、警戒心の強い相手に間違った恋愛テクを使ってしまっては、関係がますます悪くなります。

よくある恋愛テクでは、自分のほうを振り向かせたいからと、警戒している相手にモテますアピールをして嫉妬させようとしても「あんな人とかかわれば自分が傷付く」と余計に心を閉ざしてしまったりと、ロな結果をもたらしません。

相手の性格や考え方も見極めきれないうちから、恋愛テクに頼りすぎるのではなく、まずは相手の性格を知ってから距離をちぢめていかないと、何をしても裏目に出てしまうので、要注意です

常に同じ態度で接していく

人によって態度を豹変させる人がよくいますが、好きな相手に警戒されているようなら、片思い相手やその周辺にいる人にも、同じ態度で接していかないと、好きな相手にはいい顔するような人なんだと内心幻滅されかねません。

好きな人には好かれたいでしょうし、特別な気持ちを持っていると知って欲しいと思うでしょうが、信頼されないうちに、自分だけ優遇されるような態度を取られても不信感は大きくなり、やがては「嫌悪感」まで持たれかねません。

嫌悪感まで持たれてしまっては、恋愛関係に持っていくのはかなり難しくなりますし、存在すら無視されるようになれば、精神的な苦痛や悲しみはかなりつらいもの。

周囲や片思い相手に対しても常に同じ態度で接していく事を忘れぬよう、相手に接してくださいね。

好きな人とのテンポに合せよう

好きな人と会話をする際、緊張から早口でしゃべってしまったり、空気が読めず自分の話ばかりをしてみたりと、後で振り返ると大きく後悔するような事がよくあります。

そんな失敗を犯したくないなら、まずは好きな人との呼吸や声のトーンやテンポ・話すスピードを合せた方が、早口でまくしたてられるよりもずっといいですし、人は自分と似ている雰囲気やトーンに安心感を抱くようになるので、なるべくテンポやトーンを合わせいけば警戒心も解けやすいですよ。

なるべく相手の視界に入るようにする

CMは何度も繰り返し観ることで親近感を覚え購買意欲を刺激しますが、これと同じように片思い相手の視界に何度も入ることで、知らず知らずのうちに警戒心もゆるみやすくなります。

これは見慣れた物に対し愛着や親近感を感じるようになるのと同じで、何度も目に触れることで親近感を感じやすくもなりますが、露骨にアピールしすぎてはより警戒させてしまうので、注意が必要です。

おわりに

片思いの相手に警戒されるのは悲しいことですが、もし第一印象で失敗したり変な警戒心を持たれたとしても、その後の対応ひとつで盛り返すことが十分可能です。

印象が悪くとも途中で全く違うインパクトを与え、印象を変えてしまうことで親近感や安心感を感じてもらえるようになれば、警戒されていた事も過去の笑い話として語り合う未来もやって来ますよ。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する