甲辰(きのえたつ/コウシン)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

甲辰(きのえたつ/コウシン)の意味

甲辰は、常緑の木を表します。
つまり大地に根をおろし、さらに緑の潤いもあります。
知識もとても豊富で友人にも恵まれます。
そのため異性に頼らず自立することができるため、やや婚期を逃してしまいやすい傾向がみられます。

長所としては、いつも真面目で真っ直ぐな人です。知識も豊富で安するため自立できる人です。
短所としては、とても保守的で頭が固く変化を嫌いますが、締めが甘いところがあります。

甲辰の性格は、誰よりもスケールの広い土地に居ながらも、その範囲を広げず真面目で、その場の安定を何よりも求めます。
理想は非常に高いため勉強家です。
寒い所は苦手ですが、視野が広い見通しの良い明るい所が好きです。
豊富な知識があり、その力で人を集める事ができます。
完璧主義ですが、いつも最後の締めが甘い傾向がみられますが、今までの自分の努力をまず認め、更に新たに高い目標を掲げて進めるとスムーズに進めます。

日干支が己酉の人とは相性が良い関係です。
柔軟性があり、いつも新たな気づきを提供してくれます。
さらに精神的な繋がりも非常に深く、お互いの負担を軽くすることができます。
とても現実的で、気持ちを楽にしてくれる貴重な存在です。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する