戊申(つちのえさる/ボシン)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

戊申(つちのえさる/ボシン)の意味

戊申は、岩でできた山を表します。
つまり中にはとても硬いものがあり、非常にしっかりとした山になります。
後のことをまとめる事がとても上手な人です。
また不利な立場でも摩擦が少なく、自然に自分流にする才能があります。

長所としては、非常におおらかで自然体でありながらプライドが高く、大変しっかりしていてキレが良いところです。
短所としては、思い込みが激しく頭が固く頑固です。さらに地味で時間かがかかる傾向があります。

戊申の性格は、いつも自然の流れに逆らわない誰よりもおおらかな人です。
周りの状況を観察しながら、自分のスタイルをしっかりと築く事ができます。
さらに、非常に鋭い感覚で、頭の回転も早いため、どのような難題も乗り越えられます。
自然体でいることができ、敵を作らず寛大でいられるため、さらに人から信頼されます。
年を重ねれば重ねるほど、その傾向は強くなります。

日干支が癸卯の人とは相性が良い関係です。
とても優しくて頭の回転が早く、コミュニケーションも上手で理解してくれる人です。
そのため、どのような環境にも適合しやすく柔軟性があり、いつも優しく気持ちを安定させてくれる貴重な癒しの存在です。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する