辛丑(かのとのうし/シンチュウ)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

辛丑(かのとのうし/シンチュウ)の意味

辛丑は、冷たい土の上の宝石を表します。
つまり非常に地味ですが、内面は誰よりもきちんとしている人です。
とても堅実で、あまり外へ出る事を好まない人です。
聡明で実は頭もとても良いのですが、派手な事を嫌うため、自分から能力を隠します。

長所としては、非常に堅実で賢く常識的です。また、センスもあり、精神的な面でも大いに安定している人です。
短所としては、シャイで自分特有の方法や進度を重んじる傾向が強く、さらに地味で暗く控えめです。

辛丑の性格は、堅実な考え方で、今どき珍しいくらいの常識をわきまえた感覚を持ちます。
とても地味ではありますが、非常に聡明で大変頭の良い方です。ですから政治家や社長など、リーダーの配偶者に適任です。
誰よりも気品に溢れ、いつも穏やかで何か意見をいう事はなくても、その環境を自然と整えられる不思議な能力を持っています。

日干支が丙寅の人とは相性が良い関係です。
理想が誰よりも高く、いつも見守ってくれる優しい理解者となります。
さらに、お互い頑張り屋さんで、精神的なご縁も強く、常に現実的な視野を提供する事ができます。
視野も広く、多くの情報を提供してくれるため、不安な気持ちを安心させてくれる頼りになる存在です。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する