ソウルナンバー1

ソウルナンバー1

ソウルナンバー1の性格を一言で表すと・・・

圧倒的な存在感を放ち他者の上に君臨するリーダー

 

ソウルナンバー1の長所

1という数字はすべての「1番」「先頭」を示す意味があり、その数字をソウルナンバーに持つあなたは、すべての人の上に立てる、リーダーとしての素質を持っています。
豪快で明るい性格で、場の空気を一瞬で変えるパワーがあります。
強い意志と勇気を持ち、「なりたい自分」をイメージしながら行動し、どんな困難にも負けず立ち上がって前に進んでいきます。忍耐強く、負けず嫌いです。
精神的にも経済的にも他の人より早く自立する人です。

 

自分に厳しく、自らの限界と戦うことが好き。じっとしていることが苦手で、次々新しいことにチャレンジし、吸収しつづけます。
計画的に行動するより、行動しながら計画を立てていくタイプで、合理的ともせっかちとも言えます。
決断の速さと、行動の速さは周りを圧倒させ、威厳と風格を感じさせるでしょう。
新しい場所や人、仕事など、状況や心情などを素早く読み取る力があるので、どんな場所に行ってもすぐにリーダーシップを発揮できます。

 

また、センスがよく、上質なもの、美しいものに惹かれます。
ファッションや美容にも敏感で、流行に惑わされない自分流のスタイルを築き、個性を磨いていくでしょう。
その個性とパワーは周りの人たちを惹きつけます。
カリスマ性があるので、目立つつもりがなくても、自然と目立ち、あなたの言動は多くの人から注目を集めるでしょう。

 

根は真面目で、正義感が強い人です。
自分が決めた「正しさ」に自信を持ち、貫こうとします。
他者の不正や嘘、ごまかしを嫌い、もし不正をする人がいたら、たとえ相手が大物や目上の人であろうと、正々堂々と指摘し、公正するべく戦いを挑むでしょう。
戦う相手によっては、自分が不利になることもありますが、それでも自分の正義を貫く人です。

 

人に対しては面倒見がよく、自分から積極的にコミュニケーションをとりにいきます。
初対面の人でも、まるで以前から友達であったように気さくに話かけ、人の心を開くのが上手です。
人が集まる場所には、積極的に出かけていき、職業や年齢、性別を問わず多くの人と関わろうとしていきます。
他人から頼られ、期待され、求められたい気持ちが強く、自分を慕ってくれる人や、期待を寄せてくれる人が困っていれば、率先して力になり、期待に応えようとします。
そうやって、人から頼られ、期待され、求められ、動いている自分を見る時、精神的な喜びを感じます。

 

言葉を操る力があり、饒舌で、言葉に説得力があるので、スピーチやプレゼンテーション、ディベートなどを学ぶと才能が開花するでしょう。
また、言葉は日本語だけに限ったことではありません。
外国の言葉の習得も早く、場合によっては何ヵ国もの言葉を操れる才能があります。

 

 

ソウルナンバー1の長所まとめ

・リーダーシップを発揮する
・明るく天真爛漫
・気さくで話しやすい
・強い意志と勇気を持つ
・忍耐強い、負けず嫌い
・正義感が強い
・自立している
・チャレンジ精神旺盛
・瞬発力がある
・順応性がある
・個性的
・センスがいい
・説得力ある話し方が出来る
・カリスマ性がある

 

 

ソウルナンバー1の短所

1という数字には、意志の強さの裏に自己中心、カリスマ性の裏に支配力が隠れています。
1のあなたは自分が決めた「正義」を正しいと信じている分、他人を自分の正義の尺度で判断、評価する傾向があります。
人それぞれが持つ正義まで意識が及ばず、自分の正義ばかりを振りかざしていると、話術や行動力を持つあなたの言動は、周りを支配することになってしまいます。
自分の正義を周りにも求めると、裸の王様のように孤立しやすくなります。

 

注目されることに慣れているあなたですが、注目を「人気」と捉えると、奢りが出て調子にのりやすいのでご注意ください。
「自分は人気者」と調子に乗ったあなたは、周りからの意見やアドバイスに聞く耳を持ちません。
それどころか、他人に関わることまであなたの意志で決めようとし、周りと衝突しやすくなります。

 

信じる意志や正義を貫こうとするほど、人の好き嫌いがはっきりし、あなたに対する周りの評価もはっきり分かれるでしょう。
あなたの意見に従順しない相手は「敵」であり「嫌い」になります。
敵とみなした人を見下し、挑戦的で横柄な態度に出やすいので衝突することもあるでしょう。

 

支配的で自己中心的になってしまう裏には、「みんなから好かれたい」という欲求が隠れています。
「みんなから好かれたい」と強く思うからこそ、自分を好きになってくれない相手に対して強い敵対意識や嫉妬を抱きます。
自分の信じる正義を貫こうとする裏には「周りのすべてを思い通りにしたい」という征服欲が隠れています。

 

逆境すら乗り越えるパワーを持っているあなたですが、自己中心的で支配的なあなたが強く前面に出ると、あなたのカリスマ性は周りにも負のエネルギーとして伝わります。
あなた自身の運勢も乱れ、波乱万丈になるでしょう。

 

また、上質なもの、美しいものを好むあなたは、量より質を選ぶタイプ。
質のよいものを身に着けることは、周りに対する武器になると考え、見栄をはっているところもあります。
ただ、そこに収支計算はありません。
経済状況に関係なく、「欲しいものは欲しい」と浪費するところがあります。
気が付いた時には、散財し、取返しがつかないことにならないように気を付けましょう。

 

 

ソウルナンバー1の短所まとめ

・自己中心
・支配的になりやすい
・自信がない
・好き、嫌いがはっきりしている
・度量が狭い
・調子に乗りやすい
・挑戦的な態度に出ることがある
・融通が利かない
・執着心が強い
・嫉妬深い
・孤立しやすい
・贅沢志向、見栄っ張り

 

 

ソウルナンバー1の恋愛に対する考え方

自分の中の正義を信じるのは、恋愛でも同じです。
恋愛に対する憧れや理想が強く、理想を基準に異性を選ぶ人です。
自分以上に自立し、意志が強いタイプに惹かれます。
カリスマ性があり、話も上手なあなたは、異性からの人気も高く、アプローチされることも多いでしょう。
しかし、相手がどんなに熱心にアプローチしてくれても、一時的な感情に惑わされることがありません。
恋愛に誠実で正直な人なので、無理をし、愛情を感じていないのに人と付き合うことはありません。自分からエネルギーを注ぎたくならない限り、感情が動くことはありません。
しかし、本気で好きな人が出来た時には一途に思い続けます。
他の人のことは誰も目に入らず、その人だけしか見えなくなるほど思いを寄せます。
ソウルナンバー1のあなたは、意志が強く、どんな困難にも負けずに頑張り続けることが出来る人ですが、好きな人が出来た時のあなたは、その意志の強さと忍耐力が最も表面化するでしょう。
「この人しかいない」と思えるほど好きになり、「がんばろう」とエネルギーを注ぎます。
その結果、相手が振り向いてくれるまで、尽くし続けます。
その強い愛情がストレートに相手に伝わると、大恋愛に発展します。
恋愛関係になると、自分が主導権を握り、なんでも仕切りたがりリーダーシップと包容力を発揮するでしょう。
恋愛がうまくいっている時は、仕事や趣味など、すべて生活に良い影響を与えます。
しかし、尽くしすぎて相手をダメ人間にしてしまうことも多いのでご注意ください。
尽くしすぎた挙句、相手が調子に乗ってしまい、あなたを見下し、理不尽な別れ方も経験するかもしれません。
失恋した後は「自分の何がいけなかったのだろう」「あんなにがんばったのに」と激しく落ち込み、長く思い悩みます。

 

 

ソウルナンバー1の恋愛まとめ

・理想が高い
・自立した人に惹かれる
・もてる
・自分から追いかける肉食型
・誠実、正直
・盲目の恋をする
・尽くし型
・主導権を握りたがる
・恋愛がエネルギーのバロメーターになる
・失恋すると立ち直るまでに時間がかかる

 

 

ソウルナンバー1の結婚・家庭に対する考え方

ソウルナンバー1のあなたは、結婚願望が強く、「家庭を築くことが出来て、はじめて自立できる」と考えています。
結婚相手への理想が高く、理想にあった人を求め、妥協することはありません。
男女ともに、意志が強く、自立し、なんでも一人でこなしてしまう男らしいタイプに惹かれ、大人同士の自立した関係、お互いが自分らしくいられる夫婦が理想です。
ただ、見栄っぱりな面が強く出ると、経済的な安定や社会的地位、見た目のルックスを重視するところがあり、条件と感情の狭間で揺れ動くことが多いでしょう。
基本的に妥協が出来ないタイプなので、万が一妥協して結婚すると家庭内別居や離婚する可能性が高くなります。
一度「運命の人だ」と思うと、結婚の決断は早く、スピード婚や出来ちゃった婚もあり得ます。
結婚すると、「家庭を守ろう」とする気持ちが強く、その気持ちが強いあまりに「守らなければならない」とがんばりすぎてしまうところがあります。
家庭内のことはすべて自分が主導権を握りたがり、パートナーや家族の世話を焼き、尽くします。
家庭で決めごとがあれば、采配を振るい、なんでも自分で決めようとします。
自分の決断に妥協をしないので、パートナーと意見が対立しても、意志を貫こうとするでしょう。
あなたにとって、それは「家族を守るため」なのでしょうが、あなたと同じように強い自己と意志を持っているパートナーであれば、対立しやすくなります。
普段は明るく温厚ですが、一度対立すると頑固になり、パートナーの意見に聞く耳も持たなくなります。
頑固すぎるのは夫婦関係をギクシャクさせてしまう可能性があるのでご注意ください。
解決策としては「自立」を強く意識しすぎないことです。
夫婦や家族で決めることでも、自分が一人で決めようと頑張りすぎないよう、一人で抱えこまないことがあなたの結婚生活の課題です。
ソウルナンバー1のあなたは、ありのままの自分を受け止めてくれるパートナーと出会うと、人間的に成長し、人としての器も幅も広がるでしょう。
結婚しても男女ともに仕事を続けたいタイプで、家庭と仕事を両立させようとがんばります。
結婚したことによって責任感が増し、仕事に力が入りすぎて家庭を顧みなくなることもありますが、女性の場合でも仕事や趣味など、家庭以外に意識を向ける場所があったほうがいい人です。
家庭の中だけに納まると、家庭内のことに執着し、より支配的になりやすいのでご注意ください。
結婚しても、パートナーに対する愛情は深く、一途で正直であろうとし、生涯添い遂げる覚悟が出来ている人です。
そして、相手にも同じように正直で一途であることを求めます。
浮気や不倫に走ることはなく、万が一浮気や不倫をしてしまったら、自分から全部打ち明けてしまうほど隠し事ができません。
浮気をするときは本気の時だけです。
自分に正直な分、パートナーに嘘や隠し事があると許せません。
子供が出来ると、面倒見がよく教育熱心な親になりますが、自分の思い通りにしようと支配的になりやすいのでご注意ください。

 

 

ソウルナンバー1の結婚まとめ

・結婚願望が強い
・家庭をもって一人前の大人になれると考えている
・理想が高い
・自立した夫婦関係が理想
・隠し事のない家庭を求めている
・経済的な安定を求めている
・妥協しない
・運命の人と出会うとすぐに結婚する
・尽くし型
・包容力がある
・主導権を握りたがる
・頑固

 

 

ソウルナンバー1の人間関係に対する考え方

人に興味があり、人の輪があれば積極的に自分から仲間に入っていきます。
誰に対しても気さくで、人見知りしない性格は、初対面の人でも心を開く爽やかさがあり、人の気持ちを掴むのが上手です。
の時の相手心情を読み取る感覚が優れ、言葉選びが上手なので、相手を嫌な気持ちにせず、結果的に自分が思う通りに動かす才能に優れています。
また、自分自身でも人の気持ちを掴むのが上手で、好かれるタイプだと自負しています。
自分の意志をはっきり示すことが出来る、男性気質の強いタイプ、おしゃれで洗練されたタイプに惹かれ、積極的に友達になりにいきます。
年齢、性別、職種などにとらわれず、様々な人とコミュニケーションを深め、人脈を広げていきます。
ソウルナンバー1のあなたにとって、人間関係は人生において非常に重要な位置を占めています。
相手の中に自分より勝っている部分を発見すると、相手に対してライバル心を燃やし、その人より上に行くことが目標とします。
身近な人の優れていると思う部分を吸収し、自分を高めようと努力します。
しかし、努力しても叶わない相手だと認めると、今度は相手に嫉妬心を燃やすでしょう。
仲間に対する愛情は深く、面倒見がいい性格です。
相手に頼まれないことでも、気が付いたことは、率先して手助けする気が利く人です。
自立した人に惹かれながらも、仲良くなるとリーダーシップを発揮し、場を仕切ろうとするので衝突することも。
慣れてくると自分の思い通りに相手を動かそうとするあまりに、反感を買うこともあります。
あなた自身も、自分の考えに賛同し、ついてきてくれる人は味方、そうでない人は敵とみなし、敵とみなした人には敵対心を燃やし、相手を見下した態度に出やすくなります。
敵や味方と人を分類するあなたですが、本当は「すべての人から好かれたい」気持ちが強い人です。
「好かれたい」という気持ちが強い分、慕ってくれない人がいると、寂しすぎて悔しくなるのです。
仲間がいる集団の中で、周りを引き連れてリーダーシップを発揮することが好きなので、一人になると孤独を強く感じ、激しく落ち込むでしょう。
カリスマ性があるので、慕ってくれる仲間は多いですが、同じくらい敵をつくりやすい人です。

 

 

ソウルナンバー1の人間関係まとめ

・人が好き
・積極的に仲間を作る
・人の気をひく才能がある
・瞬時に相手の心情を察することが出来る
・面倒見がいい
・自分より優れたものを持つ人に惹かれる
・嫉妬心が強い
・説得力ある話し方が出来る、饒舌
・孤独感を抱きやすい
・愛されたい、好かれたい気持ちが強い
・相手より優位に立とうとする
・仕切りたがり
・好き、嫌いがはっきりしている

 

 

ソウルナンバー1の仕事に対する考え方

ソウルナンバー1のあなたは、リーダーになるべくして生まれている人です。
その能力と資質が最大限発揮されるのが仕事の場面です。
情熱的に熱心に仕事に取り組み、仕事に生きがいを求めます。
努力家で負けず嫌いなあなたは、人より上に立ちたい願望が強く、他の人より一つでも多く身に着けようと努力し続け、少しでも上に行こうと頑張ります。
野心家で負けず嫌い、自信家なので、自分がなりたい出世した姿を明確なイメージとして描き、そのイメージに近づこうとすることで運を引き寄せます。
人の見えないところで努力し、人前ではその姿は見せず、むしろ何も努力していないようにふるまいます。
プライドが高く、「必死に頑張っている人」と思われることが嫌なのです。
新しい環境や人への順応性が早く、どんな職場でも短期間で頭角を現せるでしょう。
ただ、順応性が早いだけに、ある程度努力して「ここでは理想の自分になれない」と見切ると、さっさとやめて全く異なる世界に飛び込めるので、転職を繰り返すかもしれません。
仕事を覚えると、自己主張が強くなりがちです。
相手が年上や上司であっても、はっきり意見や反論を唱えます。
また、相手が年下や部下であると、横柄な態度に出てワンマンぶりを発揮します。
それでも、抜群の判断力と行動力、人をその気にさせる話術を持つあなたには、熱狂的な支持者が集まるでしょう。
しかし、同じくらい敵もつくりやすいということを忘れないでください。
ソウルナンバー1の人は、なんでも一番になりたがります。
例えば、組織に働いている場合、規定の仕事の流れを改革し、新たな流れを創り出すかもしれません。
起業する場合、これまでにない業種を立ち上げ、新しい仕事のスタイルを築く可能性もあります。
「自分からスタートする」ことが、喜びと達成感を最も得られることなのです。
能力に奢りすぎると、孤立することがありますのでご注意ください。
今いる場所で、我武者羅に頑張る人ですが、今いる場所に執着しすぎないことが大切です。
プライドと負けん気の強さから、意地になりやすいところがあります。
仕事がうまくいかない時は、周りの人に対する心構えを見直すといいでしょう。
また、活躍の場を広げ全く異なる世界に飛び込むのもいいでしょう。
なぜなら、ソウルナンバー1の人は、想像もしていなかった思わぬところで自分の隠れた才能と出会う可能性があるからです。

 

 

ソウルナンバー1の仕事まとめ

・上昇志向が強い
・向上心が高い
・プライドが高い、自分が一番でありたい
・負けず嫌い
・社会的地位を重視する
・自信家
・独創的なアイデアを生み出す
・意地になりやすい
・ワンマン
・頭の回転が速い
・人を惹きつける魅力がある
・敵をつくりやすい
・自分の思い通りに仕事が出来る場所を探し続ける

 

 

ソウルナンバー1のお金に対する考え方

ソウルナンバー1の人は、早くから経済的に自立したいと考えています。
親の力を借りず、自分ひとりの力で0から財を築こうとするので、たとえ裕福な家庭で育っても、早くから親元を離れ自立するでしょう。
負けず嫌いな性格はお金に対しても強く、自分より経済的に裕福な人を見ると、「いつかあの人よりお金持ちになる」と思い、そう思う気持ちが仕事や成功へのパワーになります。
生まれもったリーダーシップ力で、一代で財を成す可能性は十分にあります。
「自分はお金もちになる」と信じる気持ちが運気を招くのです。
例えば、今の収入では到底購入は無理だと思われる高級車を予約したり、これを買ってしまったら次の給料まで生活費がなくなると思うような大胆な買い物をします。
周りの人たちは「無謀」「無理」と思う中で、当の本人であるあなたは「絶対買える」とギリギリまで信じきれるのです。
その強い気持ちが、宝くじや賭け事で大金を得るなど、強い金運を招き、購入することも出来るようになる可能性は十分にあります。
ソウルナンバー1の人は、「お金がたまったらこれを買いたい」ではなく、「これが欲しいからお金を得る」のです。
高価なもの、上質なものを身につけ、贅沢な暮らしを求め続けます。
生活スタイルそのものが、他より上でありたいという「一番でいたい」気持ちが強いのです。
ただ、見栄を張りすぎて、あまりにも身の丈を忘れすぎると大損する可能性もあるのです。
また、お金に欲深くなり、物欲主義になると、欲に目がくらんで冷静な判断が出来なくなり、結果として運気も逃すことになります。
しかし、大きな損をし、経済的に困窮するような経験をしても、ソウルナンバー1の人は、その失敗を糧にし、経済的に自立し、裕福な暮らしをすることへの意欲は決して失いません。
純粋に「お金が欲しい」「自分はお金もちになれる」と心から思えば、またお金を得るチャンスに恵まれるでしょう。

 

 

ソウルナンバー1のお金まとめ

・自立心が強い
・裕福な生活をすることへの信念がある
・大金を稼ぐことが仕事へのモチベーションを上げる
・逆境にもめげず、信念を貫ける
・自信がある
・浪費家
・見栄っぱり

 

 

ソウルナンバー1の2018年の運勢

2018年のソウルナンバー1の運勢は、おみくじで言えば「小吉」です。
慌てず、焦らず、目の前のことを一つ一つ丁寧にこなすことで運気が安定するでしょう。

ナンバー1のあなたにとって、今年は何かと「決断」したくなる時です。
これまで曖昧でよかったことも、はっきりさせたくなるでしょう。
曖昧の状態や、中途半端なことが気になってしまい、見てみないふりができないほど、気忙しく精神が安定しないかもしれません。
理由ははっきりしないけれど、心がざわついて、その理由や答えを求めたくなります。
今年前半のナンバー1の課題は「平常心」です。
焦りたくなる気持ちはわかりますが、正常な判断が出来ない時に決断をすると、後々に悪い影響が出る可能性があります。

曖昧が気持ち悪くても、じっと待つことも一つの方法だと知りましょう。
それにこだわらず、今できることをやってください。
じっと待ち、平常心を保つことで、自分の中でモヤモヤしていた答えが自然と見えてきます。

 

 

ソウルナンバー1への言葉

自分一人で解決できないことは、考えても、悩んでも答えは出ません。

 

 

ラッキーアイテム

青、海、プラネタリウム、トルコ石、ラピスラズリ、ペパーミント

 

 

ソウルナンバー1の相性

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー1の相性

友人としての相性

★★★ 

戦う相性
リーダーシップを発揮し、何でも自分で決めたいソウルナンバー1は、衝突しあう相性です。
互いに負けず嫌いで、自己主張が強いので、常に言い争いが絶えないでしょう。
特に相手に自分より勝っているところを見つけると、ライバル視し、競争心を煽り、戦いを挑みます。
二人が言い争いになると、どちらも一歩も引かず、売り言葉に買い言葉で争いが激しくなるでしょう。
ただ、二人の年齢が離れていると衝突する可能性は減ります。
どちらも一旦「嫌い」になると、徹底して拒絶してしまうところがあるので、「嫌い」のレッテルを張る前に、相手の立場にたって理解しようと努めることが大切です。
同じ資質を持つ二人は、相手の良いところも悪いところも、ある意味自分自身を冷静に見せられているのです。
互いの能力や才能を認めましょう。そこに競争がある限り、衝突は避けられません。
冷静に相手を見ることで、気づきが得られ、自分を成長させるきっかけとなれる相手です。
同じ性質を持つ二人は、相手の強みも弱点もわかっています。
本来、ワンマンで我儘なソウルナンバー1を最も理解できるのは同じソウルナンバー1の人なのです。
この二人が素直に向き合えたら、これほど理解しあえる相性はないのです。
自分にも相手にも素直に向き合えたら、無駄なライバル心を燃やす必要もなくなります。
友達として付き合っていくには、相手の領域に踏み込みすぎない、近づきすぎない、意識しすぎないが鉄則です。

 

 

恋人としての相性

惹かれ合うのは最初だけ。互いの欠点を引き出し合う相性
相手を自分の思い通りに動かしたいソウルナンバー1同士の相性は最悪です。
好奇心旺盛でチャレンジ精神があり、行動的な二人は、息もぴったり。
付き合い始めた当初は、「これほど一緒にいて楽しいと思える相手はいない」と思えるほど抜群の相性に感じるでしょう。
似たもの同士の二人は、第一印象から惹かれあい、知り合ったばかりなのにずっと昔から知っているような懐かしい感覚を覚えます。
これは、相手の中にある自分と同じ部分を感じとるからです。
しかし、最初は仲良くても、次第にその同じ部分が互いに目につきはじめます。
相手の欠点が目につき、気になったら自分の思い通りに相手を変えたいのがソウルナンバー1。
互いに自分の主張を相手に押し付け、「変わってほしい」が「なぜ変わらないんだ」になり、「どっちのせい」と責任の押し付け合いになることもありそう。
相手の弱点がわかるだけに、喧嘩をすると言わなくてもいいことまで言って、より激しい喧嘩に発展しそう。
はじまりは冷静に話しあっているつもりが、次第に相手を責めたり、感情を逆なでしてしまうでしょう。
一旦喧嘩をすると、押さえが利かなくなり、闘いになってしまうのです。
本当はナイーブなところがあるナンバー1は、後々自分が発してしまった言葉や、相手から投げかけられた言葉に落ち込み、自己嫌悪になり、自信喪失してしまうこともあります。
仲良くしたいのに、互いのネガティブな感情や欠点ばかり引き出してしまうのです。
どちらか一方が、一歩引いて、相手のプライドを損ねないように立ち回れない限り、難しいですが、どちらにしても、相手の存在がストレスとなる最悪の相性です。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー2の相性

友人としての相性

★★★★ 

互いを支え、補い合える相性

リードしたいソウルナンバー1と、相手をサポートしたいソウルナンバー2は「生涯の友」になれる相性です。
男性的なナンバー1と女性的なナンバー2、陰陽で言えば、陽の1と陰の2。
正反対の性質を持つ二人は、同性であっても、異性であっても、お互いに補え合える良き友達になれるでしょう。
ナンバー1にとってのナンバー2は、細かいことまで言わなくても察してくれるありがたい存在です。
そして、献身的にサポートしてくれるナンバー2の存在がナンバー1に自信を与えてくれるでしょう。
気を付けなければならないのは、ナンバー2の包容力に甘えすきや我儘になりすぎないように意識して、相手のすべてをコントロールしようとしないことです。
一旦相手を見下すと征服的になり、上下関係になり、友情ではなくなってしまいます。
矢面にたつことも、自分の意志を主張することも苦手なソウルナンバー2にとっては、ナンバー1の言う通りに動いていればいい環境は、安心できる環境です。
しかし、依存しすぎて、ナンバー1がいないと何もできなくなる可能性があります。
お互いに相手を尊重し、感謝することを忘れないことが、友達でいる大切なポイントです。

 

 

恋人としての相性

★★★★★

相手の存在が互いの自己成長につながる最高の相性
尽くされたいソウルナンバー1と尽くしたいソウルナンバー2は最高の相性です。
特に男性がナンバー1、女性がナンバー2の場合は、「運命の相手」思えるほどのベストカップルです。
従順に尽くしてくれるナンバー2は、人の隠れた才能ややる気を引き出すのがとても上手です。
圧倒的な存在感とリーダーシップを持つナンバー1は、時に強引で威圧的な態度に出て、周りから反感を買うことがあります。
しかし、そんなところをナンバー2がうまくフォローし、ナンバー1の短所に見えるところを上手に長所に見せてくれます。
自分に落ち度があっても、しっかりフォローしてくれるナンバー2への信頼がナンバー1に更なる自信とパワーをもたらすでしょう。
また、自己主張が苦手で、悲観的になりがちなナンバー2は、ナンバー1の前向きな考え方に大きな影響を受けます。
「どうせ自分がダメなんだ」と落ち込んでも、それをサラリと軽く流してしまうのがナンバー1のポジティブさ。
ナンバー1と一緒にいることで、くよくよ悩んで落ち込んでいる時間が勿体なくなり、前向きに考えられるようになります。
このように、互いの短所を補い合い、隠れた魅力を引き出すことが出来る二人は、恋人としてはもちろんですが、仕事のパートナーとしてもうまくやっていけます。
正反対の性質を持つ二人は、得意・不得意が交わることなく、役割分担がはっきりします。
重なる部分があると、衝突することもありますが、二人の場合は「あ・うん」の呼吸でサポートし合えるでしょう。
注意しなければいけないことは、自分が不得意なことは信頼して相手に任せることです。
そして、待たせたならば余計な口出しも手出しも必要ありません。
干渉することで衝突が生まれてしまうでしょう。
また、ナンバー2は依存しやすいので、ナンバー1がいなければ何もできなくなってしまうかも。
お互いに依存しない、させないように意識と工夫をしていきましょう。
二人の場合は、本音で語り合える関係を築いていけば、公私ともに強い信頼関係を築いていけます。結婚する可能性も高いでしょう。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー3の相性

友人としての相性

★★★★

意気投合し、互いを刺激し合う相性

圧倒的なリーダー力を誇るソウルナンバー1と、永遠の子供タイプのソウルナンバー3は、相手の存在が新たな気づきや刺激を与えてくれます。
好奇心旺盛で、話題も豊富な二人は、一緒にいると話も尽きることなく語り合えるでしょう。
どちらもポジティブ思考で、行動力があるので、相手の発言や考え方に共感できることが多く、意気投合します。
特にナンバー1の年齢や立場が上だと仲良くやっていけます。
強いリーダーシップを発揮するナンバー1にナンバー3は頼りがいと信頼を寄せます。
本来、リーダーシップをとりたがるナンバー3ですが、信頼の強さがナンバー1のリードに素直になれます。
ナンバー1は、柔軟性があり、こだわりが少なく肩に力が入らないオープンでナチュラルなナンバー3の素直さに刺激をうけます。
ついついこだわりが強く、こだわりすぎることで失敗することも多いナンバー1は、ナンバー3の柔軟さを見ることで、自分の中にあるこだわりを客観的に見て、整理することが出来ます。
責任感が強く、何事も義務に捉えがちなナンバー1に、余裕を持つこと、楽しむことを教えてくれるのがナンバー3なのです。
ナンバー1にとって、常に気になり情をかけたくなるのがナンバー3です。
ただ、どちらも自己主張がはっきりしていて、積極的なので、協力しなければならないことが多いとそれだけ衝突も増えるでしょう。
衝突時に注意しなければならないのは、ナンバー1が高圧的にならないこと。
上から押さえつけるような物言いをすると、それだけでナンバー3は反抗したくなり、ただの意見のぶつけ合いが溝に発展してしまう可能性があります。
相手を尊重し、対等な関係でいることが大切です。
衝突することはあっても、お互いの魅力を認め合える相性なので、長い友情関係を築いていけるでしょう。
時に疎遠になったり、理解できなくなることがあっても、時間が解決してくれます。

 

 

恋人としての相性

★★

好きになるほど、価値観の違いが浮き彫りになる相性

お互いに惹かれ合う相性です。
肉食系の二人なので、どちらともなく一気に情熱が燃え上がるでしょう。
周りが驚くほどのスピードで、二人の距離が急接近するかもしれません。
しかし、その情熱を長く持続することは難しいでしょう。
相手を振り向かせる過程に一番情熱を燃やす二人。
自分の恋人になった途端、情熱はヒートダウン。
さらに、慣れてくると今度は主導権争いが勃発しそうです。
どちらも主導権を握りたがり、一歩も引かないので、喧嘩することも多くなります。
喧嘩した場合、一歩引いて相手に合わせるのはソウルナンバー3ですが、内心納得しているわけではありません。
相手が合わせてくれていることに気づかず、自分の思い通りに仕切ろうとすると関係は悪化します。
ナンバー3も相手に合わせるだけではストレスがたまり、爆発するのも時間の問題でしょう。

また、恋愛をすると盲目的になるナンバー1は、恋愛だけにはまらないナンバー3に不安と不満を覚えます。
追えば逃げたくなるのがナンバー3なので、ドライに感じることがあっても、ゆとりで受け止める包容力がナンバー1には必要です。

二人が安定した恋愛関係を築くためには、お互いを尊重し、譲り合うことが大切です。
自分の意志を貫くことだけに躍起にならず、相手の立場にたって行動するようにしてください。
特にナンバー1には努力と忍耐が必要な相手となるでしょう。

ダメだと思ったら見切りが早いのはソウルナンバー3のほう。
万が一二人が別れる場合、概ね別れを切り出すのはナンバー3でしょう。
未練が残り、失恋のショックを引きずりやすいナンバー1とは対象に、すぐに次の恋愛に迎えるナンバー3.
似ているようで、恋愛に対する価値観は全く違う二人なのです。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー4の相性

友人としての相性

★★

第一印象は最悪、精神的な余裕があれば友情が育める

ソウルナンバー1と4は全く正反対の性質を持っています。
警戒心が強く、人の気持ちを探るようなところがあるナンバー4は、ナンバー1のあなたにとって「つかみどころがない人」、「一緒にいても楽しめない、疲れる人」という印象を持ちやすいです。
ナンバー4にとっても、ナンバー1は「図々しい」「非常識」な印象を持ちます。
お互い敬遠し、出来るだけ近づかない、関わりを持たないように遠ざけ合うかもしれません。

普段はおとなしいナンバー4ですが、頑固で、自分のやり方にこだわりをもっています。
この二人が仲間になると、すべてを自分の思い通りに動かしたいナンバー1にとっては、まったく自分の思い通りに動いてくれない手ごわい相手となるでしょう。
無理やり自分流を押し付けたところで、反発されるだけです。
むしろ、ナンバー4はもっと頑なにガードするようになるでしょう。

この段階で、二人がそれ以上関わりを持つことをやめると、二人はライバル関係に発展します。
事あるごとに、相手のやり方が気になり、自分の考えややり方を正当化しようと敵対します。
敵対しはじめると、相手の嫌なところが目につき、ことあるごとに衝突するという悪循環です。

ただ、最初の段階を突破して、お互いに少しずつ歩みよることが出来るようになると、お互いを邪魔しない、自立したもの同士の大人の友情関係を築くことができます。
「こっちが正しい」と正しさを主張するのではなく、「そういう考え方もあるんだ」と捉えることが出来ると、視野を広げてくれる、刺激を受ける相手になります。
自分にない長所を相手から学び、相手の短所を反面教師に出来るのです。

二人が穏やかな友情をはぐくむには、ある程度精神的に大人になっていないと難しいかもしれません。
全く違う二人だからこそ、良くも悪くも自分を見せてくれる相手なのです。
それを心地悪いと捉えるか、心地良いと捉えるかは、その時の二人がどのくらい精神的な余裕をもっているかがカギとなります。

 

 

恋人としての相性

★★★

お互いを高め補い合える関係。でも結婚は…

恋人としての相性は悪くありません。
ただ、恋人になるまでに時間がかかる二人。
その長い時間をソウルナンバー1が耐えられるかどうかが二人の行く末を握っています。
恋愛に慎重で臆病なソウルナンバー4は、そうそう簡単には期待通りの答えをくれないでしょう。
それでも積極的にアプローチし続けることが大切です。
積極性と粘り強さが、ナンバー4の心を少しずつほぐして、恋愛感情を認めさせることになるでしょう。
感情に素直なナンバー1は、何事にもストレートでオープンに相手に気持ちを伝えます。
対して何事も本心を見せないように警戒するナンバー4は、対照的。
どちらかといえば、打てば響く人と一緒に楽しみたいナンバー1にとっては、ナンバー1の慎重さはプライドの高さに見え、警戒心は二人の間に閉ざされた大きな壁に感じるでしょう。
はっきりいって、壁を超えるのが面倒、疲れると思った時点で二人の関係の発展はありません。
この二人が恋人になるためには、ナンバー1の本気と根気が不可欠なのです。

いざ二人が恋人同士になると、尊敬し、補い合える良きパートナーになれます。
人との付き合い方、仕事に対する向き合い方、お金の使い方など、すべてが正反対の二人は、互いの長所を伸ばし合い、欠点を補うことが出来るのです。
相手が不得意なことは自分が率先して行い、相手か得意なことは任せる。
相手が苦手なのに無理にやらせようとしたり、相手が得意なことに口出しをしなければ、フィフティフィフティの関係が成り立ちます。
ナンバー1の単純で危なっかしいところは慎重なナンバー4がフォローし、ナンバー4の引っ込み思案なところは、積極的なナンバー1がカバーできます。

しかし、二人が結婚する可能性はかなり低いでしょう。
恋人やビジネスパートナーとしてはいいのですが、結婚となると生活習慣や価値観があまりにも違いすぎます。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー5の相性

友人としての相性

★★★★

ノリも話も合う相性

ソウルナンバー1と5は、どちらも陰陽でいえば陽のポジティブ思考。
好奇心旺盛で、積極的に様々なことにチャレンジしていく二人は、一緒にいると話題が尽きないほど話が合う良い相性です。
行動パターンや興味の対象が似ている個性的な二人なので、理解しあえる二人です。
また、どちらも突発的でスピーディーな行動が特徴です。
他の人では「ついていけない」と躊躇することでも、ノリよく行動を共にしてくれる相手で、気兼ねなく提案したり、話をすることが出来るでしょう。
ナンバー1はカリスマ性があり、ナンバー5はどこか憎めない、放っておけないような魅力があります。
この二人がタッグを組むと、多くの人を惹きつけることになるでしょう。もちろん異性からの注目も集めます。
好き嫌いがはっきりしていて、融通性をなくし、頑固になりがちなナンバー1は、時々人と衝突してしまうことがあります。
そんな時は、お調子者でコミュニケーション上手のナンバー5が中和剤となってくれるでしょう。
また、優柔不断で飽きっぽいナンバー5のお尻を叩きながらサポートしてくれるのがナンバー1です。
お互いの足りないところを補い合いながら、相手の行動力や能力を認め、刺激を与え、受け合う相性です。
注意しなければならないのは、どちらも感情の起伏が激しく、感情をストレートに出します。
一方が機嫌が悪ければフォローしたり、流すことが出来ますが、機嫌が悪い時期が二人同時に訪れるときは要注意です。
相手を挑発したり、反抗的な態度で接すると大ゲンカに発展することも。
また、カリスマ性があり、多くの人を惹きつけながらも孤独を感じているナンバー1は、人に執着せず、自由きままでありながら人から慕われるナンバー5に嫉妬心を抱くかもしれません。
お互いの能力や魅力を認め合っていれば長くつきあえる友人になります。しかし、お互いの魅力に嫉妬したり、相手を束縛しようとするとうまくいかなくなります。

 

 

恋人としての相性

★★

ソウルナンバー1が振り回される相性

恋愛に積極的で、肉食系同士のソウルナンバー1と5は、友達としては良い相性ですが、恋愛となるとあまり良くはありません。
どちらも個性も我も強いので、主導権争いになり、安定した恋愛関係を築くには、かなりの努力と忍耐が必要になるでしょう。
恋人になった直後は、「運命の人だ」と思えるほど燃え上がり、情熱的になります。
正直な二人なので、愛情表現も豊かで、相手の愛情にも素直に喜び、答えます。
「何を考えているんだろう」と裏を読むこともない、ストレートな恋愛が出来ます。
情熱的になると、盲目的な恋をする二人は、まさに二人だけの世界の中にいるようでしょう。
しかし、二人の間に温度差が出てきたり、どちらも主導権を握り、相手を自分の思い通りにしようとすると激しく衝突します。
「恋愛がすべて」になれるナンバー1は、常に恋人のことを考え、恋人の存在や愛情、二人の時間が精神安定や行動すべてのモチベーションを高めます。
対してナンバー5は、情熱を注ぎますが、長く続きません。
いくらラブラブだからといっても、いつもラブラブだとその状態に慣れてしまい、マンネリ化を感じて飽きてしまうのです。
また、ナンバー1と違って、恋愛がすべてにはなれない人です。
恋愛は恋愛、それ以外のことはそれ以外のことで、恋愛の有無にかかわらず、自分がやりたいことをやりたい時に自由に行動したいのです。
ナンバー1にとっては、リーダーシップを握り、自分の手の内で相手をコントロールしたいところですが、ナンバー5が相手では、コントロールする前に振り回されてしまいます。
そんなナンバー5の気持ち確実なものにしたくて、相手に尽くせば尽くすほど、相手は逃げていくでしょう。
逃げると追いかけたくなるナンバー1ですが、それはナンバー5も同じ。
追いかけなくても尽くされると、尽くされていることが当然で、そこに有難みも愛情も感じなくなってしまうのです。
そして、追いかけられるほど、自由を求めて逃げ出したくなります。
ナンバー1にとって、ナンバー5は、掴んでも掴み切れない、振り回される相手となるでしょう。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー6の相性

友人としての相性

★★★★★

友人としてもビジネスパートナーとしても最高のチームワークが築ける

強い意志でリーダーシップを発揮するソウルナンバー1と、意志は弱いけれど従順に人に尽くすソウルナンバー6の相性はとても良いです。
二人の共通点は、芸術的なセンスがあること、誰に対しても気さくに話かけ人から慕われるタイプ、そして自分に自信がないところです。
恐らく初めて会った時からずっと昔から知っているような感覚を覚えるでしょう。
強く、たくましく、大人の印象を与える外の顔とは裏腹に、自信が持てない不安を抱えているナンバー1は、その不安を強さに変えて行動していきます。
その行動は、時に挑発的だったり、支配的になり、周りと衝突することもあります。
しかし、その場に関わる全員の心情を察し、一人一人をフォローしてくれるナンバー6の存在で、場の空気はもちろんのこと、ナンバー1の強さも中和されます。
ナンバー6がサポートしてくれることで、ナンバー1の強さも、プラスの威厳や存在感を高めることになるでしょう。
元々カリスマ性があるナンバー1ですが、ナンバー6のサポートを受けることでカリスマ性に磨きがかかります。
また、自己評価が低く、誰に対しても「いい人」を演じようとするナンバー6には、意志が強く、自分の考えを堂々と発言出来るナンバー1は、頼もしい存在であり、憧れに近い気持ちを抱くでしょう。
「この人についていきたい」と全信頼を寄せてサポートするでしょう。
この二人は、友人としてだけでなく、ビジネスのパートナーとしても最高の相性です。
ナンバー1がリーダーシップを発揮し、ナンバー6がマネージャー役を担うと、よいチームワークがつくれます。
安定した友人関係を続けていく上で、ただ一つ注意しなければならないことは、お互いに相手に甘えすぎない、期待しすぎないことです。
どちらも執着心があるため、相手に依存し、支配的になることや、相手任せに終始することがないようにしましょう。
支配や依存関係に陥ると、どちらも相手の存在が重く、煩わしく感じてしまいます。
常に相手への感謝を忘れないことが長続きするポイントです。

 

 

恋人としての相性

★★★★

友人から恋人に発展する相性

ソウルナンバー1は自分と同じように自己主張がはっきり出来、様々なことで討論しあえるタイプに惹かれやすい人です。
その為、常に受け身で人の後ろで控えめにしているソウルナンバー6には、異性としての魅力を感じないかもしれません。
どちらかといえば、ナンバー6とは正反対の一人でも生きていけそうな強い人を理想とし、追い求めるでしょう。
しかし、ナンバー1と6の相性は決して悪くありません。むしろ良い相性なのです。
二人の場合、長く友情をあたためた上で、ある日突然異性として意識しはじめる可能性が高いです。
相手に対する気持ちに気付くまでに時間がかかるかもしれませんが、この二人が恋愛関係に発展すると、交際が長く続いていきます。
どちらも尽くし型ですが、主導権を握り、二人のことは自分が仕切りたいナンバー1にとって、献身的に自分に合わせてくれるナンバー6は「痒いところに手が届く」人です。
相手の心情を察し、相手にとっての良いことを選び、行動してくれるナンバー6は、愛の人であり、一緒に過ごすことで愛されていることを実感できます。
ナンバー1のあなた自身も尽くし型なので、ナンバー6からの愛情を受け、満たされた気持ちで相手に愛情を注ぐことが出来るでしょう。
「あ・うんの呼吸」が成り立つ二人です。多くを伝え合わなくても、相手の考えや感じていることを察することが出来る、感覚的な相性がとても良いです。
ソウルナンバー6は、あからさまに表現することはなくても、束縛心も嫉妬心も強いほう。
カリスマ性があり、多くの人を惹きつけるナンバー1は、異性からの注目も集めます。
時に嫉妬させることがあるかもしれませんが、日々愛情を伝えていれば、問題ありません。
どんなに忙しくても、二人の時間を大切に過ごすようにしてください。
お互いに気持ちをオープンに相手に伝え合うことが、二人の関係を安定させ、信頼関係を築くポイントです。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー7の相性

友人としての相性

★★★

苦手意識を持ちながらも認め合える相性

リーダーとして、仲間を自分の懐にいれて把握しておきたいソウルナンバー1と、単独行動が好きなソウルナンバー7の相性はあまりよくありません。
明るく天真爛漫、気さくでコミュニケーション力が高く、どちらかと言えば感覚的に物事を進めていくナンバー1に対して、クールで感情表現が苦手、本音を人に見せず、理屈で考えて物事を進めていくナンバー7は全く違う性質を持っています。
あまりにも違うため、何を考えているのか、どう接したらいいのか、コミュニケーション戸惑ってしまうくらい対局の二人です。

お調子者で、素直でオープンなナンバー1にとって、頭脳派のナンバー7は理屈っぽく感じ、苦手意識をもってしまうかも。
どんなタイプの人でも自分のペースに巻きこんでしまうナンバー1ですが、唯一巻き込めない相手がナンバー7です。

しかし、そんなナンバー1でも、冷静に、物事を完璧にこなしていくナンバー7の才能には、目を見張り、認めざるを得ないでしょう。
自分とは全く違う考え方、生き方をしながらも、結果を出していく姿勢は尊敬できます。
ナンバー7の行動から学ぶことも多く、常に気になる存在です。
タイプが違いすぎるため、相手にライバル心を持つこともありません。

また、クールなナンバー7は、コミュニケーション上手で、集団の中でリーダーとして活躍しているナンバー1に憧れに近い気持ちを抱きます。
コミュニケーション力が自分には足りないことを自覚しているため、自分にないものをもっているナンバー1の存在は、観察しているだけで刺激を受けるでしょう。
積極的に親しくなろうとしなくても、常に気になる存在になるはずです。

この二人が友人として親交を深めるとしたら、ナンバー1からきっかけを作るでしょう。
わいわい騒いだり、遊ぶことはないかもしれませんが、仕事や人生などの話をすると深く語り合えます。

べたべたと行動を共にする友人にはなれませんが、互いの才能を認め合える相性です。

 

 

恋人としての相性

傷つけ合う相性

肉食系のソウルナンバー1と、主導権を握りたがり、相手に染まることがないソウルナンバー7の相性は最悪です。
恋愛に高い理想を描いているナンバー1は、相手を自分の理想に近づけようとするタイプです。
主導権を握るワンマンぶりを発揮しますが、尽くし型で、恋愛にどっぷりはまります。
対して、恋愛とはいえ一定の距離から近づきたくないタイプがナンバー7。
相手を失うことが怖くならない程度の距離で、干渉されたくないので、ナンバー1が強気で迫っても期待通りの反応は得られないでしょう。
むしろ、相手との距離を違つけようと頑張れば頑張るほど、ナンバー7は警戒心を強め、更に距離を取ろうとする可能性があります。
また、感情をぶつけ合い、オープンな恋愛のカタチを求めるナンバー1には、感情よりも頭で恋愛をするタイプのナンバー7の反応は、手ごたえを感じず、相手の気持ちに触れ合った実感も持てず、物足りなく感じます。
この二人が恋人同士の場合、関係がうまくいっていると思える時でも、価値観や感情がかみ合わないところがあり、手放しで幸せを感じることはありません。
一緒にいてもどこか寂しい、孤独になるのです。一人の孤独より、二人でいる時の孤独はかなりつらいものです。
かといって、孤独な気持ちやモヤモヤした気持ちをわかってもらおうと相手にぶつけても、話し合いにすらならないでしょう。
それは、二人が恋愛に求めるものも、価値観も違いすぎるからです。
相手を傷つけるつもりでなくても、傷つけあってしまう相性なのです。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー8の相性

友人としての相性

★★★

ライバル視したくなる相手。対等に向き合えれば親友になれる相性。

ソウルナンバー1と8は、どちらも負けず嫌いな性格です。
二人はものすごく仲の良い親友になるか、敵対心むき出しに張り合うライバルになるか、極端に分かれる相性です。
二人に共通点は多く、親友になった場合は、これほど理解し合える友はいないと思えるほど、意気投合します。
どちらも野心家で、向上心が強く、努力家。人に頼ることなく、自分の力で人生を切り開き、成功を勝ち取ろうとする強い意志とエネルギーがあります。

強いエネルギーを持つ二人が一致団結したら、大衆をも動かすほどのカリスマ性を発揮する可能性があります。
そのためには、バランス感覚があり、先見の目を持ちながら物事を達成していくナンバー8の才能を認め、尊重することが大切です。
もし、ナンバー1のあなたは、ナンバー8の才能に嫉妬したり、自分の配下に収めようとすると、強烈な反発を受けます。

ナンバー8も、リーダーシップを握りたいタイプですが、人の力量を見ながら人との距離を測る人です。
相手の才能を認めたら、相手にリーダーシップを譲ることもできます。
刺激や変化が好きなナンバー8には、ナンバー1の行動や考え方、生き方、存在そのものが刺激的です。
ただ、指図されたり、命令されると反発し、ライバル視するようになるでしょう。

また、どちらも贅沢志向で見栄っ張りなので、二人の遊びは「豪遊」になるでしょう。
表面上は楽しく遊んでいますが、相手のお金の使い方や遊び方を観察し、相手に劣ることがないよう常に意識しています。
相手が成功し、羽振りがいい時には、本当はお金がないのに、見栄を張って大金を使ってしまうなど、張り合ってしまうかも。
無理を重ねると、その歪みは大きくなり、いつか爆発します。
見栄のために自滅しないようにご注意ください。

二人が真の友人になるには、相手と競おうとしないことです。
常に対等に向き合うことが、二人の距離を縮めるポイントです。

 

 

恋人としての相性

★★

ソウルナンバー1が振り回される相性

自立したタイプに惹かれるソウルナンバー1は、精力的で実力あるソウルナンバー8に惹かれます。
また、相手に刺激を求めるナンバー8にとっても、ナンバー1は好奇心をそそる相手です。
惹かれあったら、恋愛に発展するまでに時間がかかりません。
互いに肉食系なので、どちらともなく求め合い、情熱的な恋愛になるでしょう。
ただ、二人の相性はよくありません。
どちらも主導権を握りたがり、自分に合わせてほしいタイプです。
付き合い始めの情熱的な時期はいいのですが、二人の関係が安定してくるとすれ違うでしょう。
盲目的な恋をするナンバー1は、恋愛がすべてになれる人。
誠実に相手と向き合い、エネルギーを傾けます。
しかし、ナンバー8は恋に縛られないタイプです。情熱的ではありますが、エネルギーのすべてを恋愛に使うことはできません。
むしろ、恋愛以外のことにエネルギーの大半を費やす自由を認め、受け止めてほしいと考える人です。
そんな自由は、ナンバー1にとっては不誠実に見え、誠実さを求めれば求めるほど、報われない虚しさに襲われます。
相手が自分の思い通りにならないと執着しやすいナンバー1は、恋愛の楽しさは最初だけで、振り回される形となり、精神的に不安定になる可能性があります。
二人が恋愛を長く続けていきたいなら、お互いに相手の自由を侵さないことです。
それは、世間一般の恋人同士とは違う形になるかもしれませんが、それを受け止めることが必要です。
ナンバー8は、枠の中に収めようとしても収められない相手。最初から自由にさせてあげる余裕が恋愛を安定させるポイントです。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー9の相性

友人としての相性

★★★★

安心・安定の相性
勇敢で強いカリスマ性があるソウルナンバー1と、奉仕の人であるソウルナンバー9の相性は良いです。

正義感が強く、曲がったことが嫌いなところが二人の共通点です。
積極的なナンバー1と、どちらかといえば消極的なナンバー9は、二人が一緒にいることで中和される相性です。

屈託のない明るさとパワーを持つソウルナンバー1は、なんでも自分が仕切りたいタイプ。
自分の考えや意見を積極的に発言し、周りを巻き込んで力を合わせることが好きです。
本人が人一倍努力し、結果を残すので、人に厳しいところがありますが、殆どの人は納得してしまうカリスマ性があります。
孤高でいることを望むナンバー1ですが、孤高というのは共感し合える相手が少なく、孤立しやく、孤独でもあります。
しかし、そんなナンバー1の気持ちを感じ取ることが出来、共感してくれるのがナンバー9です。
自分のことを理解し、受け入れてくれるナンバー9の存在は、力みすぎてしまうナンバー1の気持ちをほぐしてくれる、ほっと安心できる存在になります。

また、出来るならば個性を発信したくないナンバー9にとって、何事も素早く決め、レールまで引いてくれるナンバー1は頼りがいがあります。
ナンバー1の言う通りにしていれば、目立つことも、責任を取ることも殆どありません。
意見を求められることも、自分から発信しなければならないことも殆どありません。
仮にあったとしても、ナンバー9に頼れば、なんとかしてくれます。
人の本質を見抜く力があるナンバー9は、強そうに見えるナンバー9の弱さも孤独感も、そして表には見えない優しさも見抜けるので、どこか放っておくことが出来ないところもあります。
また、人に流されやすいナンバー9は、相手次第で運気が大きく変動します。
正義感があり、正直者で曲がったことが嫌いという共通点を持つ相手であれば、「間違った方向に流されることはまずない」信頼と安心感が得られる相手なのです。

お互いに、相手の存在が精神の安定を助けてくれるでしょう。
ビジネスパートナーとしてもうまくやっていける相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★

男性が1、女性が9なら最高の相性

ソウルナンバー1と9の相性は良いですが、男女の組み合わせによって違います。

ナンバー1が男性、ナンバー9が女性の場合、とても良い相性です。
積極的で、リーダーシップを発揮する男らしい男性と、相手の気持ちに寄り添い、献身的に尽くす女性。
この相性の場合、恋人になったらすぐに結婚を意識してもおかしくありません。
短期間で、支え・支えられ、二人三脚のまるで夫婦のような安定感があります。
信頼でき、自分のすべてを相手に委ねられる安心感があります。
この二人が、万が一別れてしまった場合、その後どんな異性と出会っても物足りなく感じてしまうかもしれません。
そのくらい相性がばっちりの二人です。

そして、ナンバー1が女性、ナンバー9が男性の相性は、あまりよくありません。
典型的にかかぁ天下になります。
元々強気な女性ですが、誠実で従順なナンバー9を相手にすることで、更に強さがパワーアップします。
一人でなんでもこなせてしまうので、下手をすると男性をヒモ状態にしてしまうかもしれません。
ナンバー9は、積極性はないものの、仕事はできる人です。
発信はしないけれど、信念は強くもっています。
その、やればできる男性の可能性を、すべて閉じてしまうかもしれません。
気が付いた時には、お互いに離れたくても離れられない腐れ縁になる可能性が多いにあります。

どちらの組み合わせにしても、付き合い始めたら関係は長く続きます。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー11の相性

友人としての相性

★★

衝突しやすい相性

リーダーシップを発揮するソウルナンバー1と、奉仕精神が高いソウルナンバー11は、一見すると相性が良いように思えますが、相性はあまりよくありません。

オープンな関係を築きたいナンバー1にとって、表面上は柔和で穏やかでも、本音を見せないナンバー11は「何を考えているのかわからない」相手。
また、相手に上手に合わせているようで、頑固で意志が強いところも扱いづらく感じるでしょう。
話をしても、話が唐突すぎて、イライラします。
また、機転の速さと、几帳面さは、認めるところはあるけれど、面白くありません。

また、ナンバー11にとっても、ナンバー1のリーダーシップは支配的で自己中心に感じます。
「本当は自分の方が有能」と密かに思っているかも。
とりあえず、荒波をたてないように馴染んだふりはしますが、心底ナンバー1を信頼し、リードを任せたいとは思っていません。

そうはいっても、ナンバー11の頭の良さと、芸術的センスは、ナンバー1の力になります。
二人がうまくやっていくためには、お互いに対等な関係で付き合うこと。
そして、お互いの役割分担を明確にし、相手の領域には口出しをしないことです。
相手に任せたことは、最後まで何も言わずに任せておきましょう。
相手の領域に踏み込むと、衝突しやすい相性です。

 

 

恋人としての相性

★★

信頼関係がカギとなる相性

ソウルナンバー1と11は、どちらも自分から追いかけたいタイプ。
二人の相性はあまりよくありません。

理想が高く、理想を好きになった相手に求め、相手が自分の理想に近づこうと努力してくれることが「自分への愛」と感じるナンバー1。
何かと相手を自分の理想に近づけようと、口出しするでしょう。
それは、ナンバー11には束縛に感じてしまいます。しかし、ナンバー1の不器用だけど強い愛情にも気づく力もあります。

勘が鋭く、相手が求めるものを感じ取る力があるナンバー11は、愛情を感じている間は、寄り添い、理想に近づこうと努力してくれるかもしれません。
しかし、長くは続かないでしょう。
ナンバー11にとって大切なのは、信頼関係。
信頼していれば、お互いに必要以上の束縛や干渉がなくても、信じあえると考えています。
お互いに素直で自由にいることが、信頼を築く土台でもあるのです。

信頼関係がしっかり築かれていない時に、相手を自分の思い通りにしようとすると、しっぺ返しを食らいます。
激しく愛情を注ぎ、尽くすナンバー1にとっては、「こんなに愛しているのに」と思い、ますます強く相手を縛りたくなるかもしれません。
ナンバー11は、残念ながらナンバー1の手の中に収まるような相手ではありません。

二人がうまくやっていくためには、お互いが「信頼される自分」で向き合うことが大切です。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー22の相性

友人としての相性

★★★

激しく衝突した後に急接近する可能性がある相性

ソウルナンバー1と22は、最初の印象はあまりよくないでしょう。
どちらもカリスマ性があり、周りの人たちを引っ張っていくタイプです。
本人同士は無意識でも、周りから自然とライバル視されることも多いはず。

強い者同士の二人は、弱い者には優しいのですが、自分と同じ、もしくは自分以上に強いエネルギーを持っている相手には、敵対心を燃やします。
自分より優れたところばかりが目について、羨ましいけれど、素直に認められず、嫉妬してしまうのです。

また、どちらも感情をあらわにすると激しいタイプ。
相手を自分の配下に見下したり、上から目線で話をすると激しく衝突する恐れがあります。

しかし、この二人の場合、一度激しく衝突することで、二人の距離が一気に縮まる可能性があります。
大きな目でみたら、似ているところも多い二人は、腹を割って話せば、共感できるところが多いことに気が付くはずです。
嫉妬やライバル心を燃やしながらも、相手の良さを認めることが出来たら、良き友達として付き合えます。
二人が急接近できるかどうかは、好き・嫌いがはっきりしているナンバー1がカギを握るでしょう。

二人が安定して付き合うためには、相手と自分を比較しないこと。
嫉妬してしまうくらいの相手だとしても、そんな相手がいるからこそ、自分が成長できるのだと気づきましょう。
激しくぶつかり合える相手というのは、意外と少ないもの。
そこに感謝できるようになったら、よきライバルとして、良き友として付き合っていけるでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★★

刺激的な恋愛が出来る相性

自立した人に惹かれるソウルナンバー1にとって、独特の個性のソウルナンバー22は魅力的です。
同性同士であれば、衝突することもありますが、異性同士では惹かれ合う相性です。

自分の理想を相手に押し付けようとするナンバー1ですが、ナンバー22を目の前にすると、そんなことはどうでもよくなるでしょう。
情熱的で、感情をストレートにぶつけてくれるナンバー22の激しい愛情は、ナンバー1にとって刺激的で、ドラマチックに感じます。
また、自分にはない才能を持つ相手に惹かれ、人として尊敬できます。

ナンバー22にとっても、自分より優れた包容力と、自立心を備えたナンバー1は、精神的に大人で魅力的に感じるでしょう。
駆け引きや計算をしない、正直でストレートなナンバー1の態度も、好感が持て、信頼することが出来ます。

この二人が仲良くやっていくためには、相手を束縛しないことです。
二人とも異性からの注目度が高く、もてるタイプ。
他の異性との接触に嫉妬してしまうと、きりがありません。
相手を束縛して守りに入るより、恐れずどっしり構えていたほうが効果的です。

普段はお互いを自由にする一方で、二人でいる時間は濃密に過ごしてください。
素直な気持ちを相手にぶつけ、話をすることで、不安も嫉妬も吹き飛ばせるでしょう。

 

 

ソウルナンバー1の相性

ソウルナンバー1とソウルナンバー33の相性

友人としての相性

★★★

安定した友人関係を築ける相性

明るく天真爛漫なナンバー1と、無邪気で自由なナンバー33は、どちらも世間の枠に収まらないタイプでありながら、責任感が強く、律儀なところが似ています。
人に甘えることが苦手なナンバー1ですが、相手の本質を見抜く眼力があるナンバー33の前では、普段見せない本音を素直に見せることが出来るのではないでしょうか。
大きく見えて、実は自信がなく、度量が狭いナンバー1を理解し、上手にフォローしてくれるのがナンバー33です。
人に対して嫉妬や敵対心を燃やしやすいナンバー1の心を緩め、自分は自分のままでいればいいと自信を持つきっかけを与えてくれるかもしれません。

また、しっかり者に見えて、どこか抜けているナンバー33は、ナンバー1にとって放っておけないタイプ。
同じように感じることはできないけれど、ナンバー33の繊細さを感じ取れる分、守ってあげたくなります。

どちらも好奇心旺盛で、思い立ったら即行動するチャレンジ精神にあふれた人。
共通の趣味を持つと、話も盛り上がり、楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★★★

何年たっても変わらぬ愛情で向き合える相性

どんな相手にも合わせることが出来るソウルナンバー33と、理想を追い求めるソウルナンバー1はとても良い相性です。
どちらも駆け引きや計算、妥協がないので、相手の言葉や態度を信頼するまでに時間がかからないでしょう。

ナンバー1が父親だとすれば、ナンバー33は母親にも子供にもなれる人。
それはどちらにとっても魅力的な相手です。
主導権を握りたいときには従順に、甘えたい時には優しく包容してくれます。

信頼出来る相手には、愛情深く、尽くすタイプであることも似ている二人。
相手の愛情をストレートに感じ、愛される喜びを感じ、より一層愛する気持ちが高まるでしょう。
二人の場合、どんなに時間がたってもマンネリ化しない、安定した関係を築けるでしょう。

二人が安定した関係を築く上で、一つだけ気を付けなければならないことがあります。
それは、ナンバー1が相手を束縛しないこと。
誰に対しても優しいナンバー33に嫉妬して、束縛したくなることもあるかもしれませんが、束縛した時点で相手からの信頼は崩れると思ってください。
他の人に優しくできるのは、あなたからの愛情に満たされているからだと、自信を持ちましょう。

ソウルナンバー一覧

ソウルナンバーとは?
ソウルナンバー1
ソウルナンバー2
ソウルナンバー3
ソウルナンバー4
ソウルナンバー5
ソウルナンバー6
ソウルナンバー7
ソウルナンバー8
ソウルナンバー9
ソウルナンバー11
ソウルナンバー22
ソウルナンバー33

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. ソウルナンバー5
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー5

  2. ソウルナンバー7
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー7

  3. ソウルナンバー3
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー3

  4. ソウルナンバー22

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する