ソウルナンバー6

ソウルナンバー6

ソウルナンバー6の性格を一言で表すと・・・

周囲に癒しを与える愛の人。

 

 

ソウルナンバー6の長所

6は「バランス」「愛情」「家庭」を表す数字で、ソウルナンバーに6を持つ人は「愛の人」と言われています。
人に愛情を配るため、自分が愛情を受け取るため、「愛とは何かを知る」目的をもって生まれてきた人です。
ナンバー6を持つあなたは、誠実で優しく、平和的で平等的。
強い責任感を持ち、人の役に立つことを常に考え行動しています。
他人との争いは避け、トラブルが発生した時には穏やかな解決方法を選びます。
同情心も厚く、人の感情を敏感に察知します。
相手から人の痛みを感じ取り、時には自分を犠牲にしても相手のために尽くすことが出来る奉仕精神の高い人です。
ナンバー6の人は、他人に奉仕すること、優しくすること、人の力になっていることが精神的な満足感と安定感をもたらします。
そのため、人と一緒に行動することが多く、人から求められている自分を感じる環境が一番心地いいのです。
一人行動をすることもありますが、一人は苦手です。

また、論理と感覚のバランスが取れている人で、頭脳と感情の両方をバランスよく働かせます。
理想を追い求めながらも、現実を直視出来るので、冷静に物事を判断できます。
しっかり考え、感じて物事を選択していくので、突発的な行動に出ることは殆どありません。
「安定」と「安心」が人生において大切なことであり、比較的穏やかな人生を切るでしょう。
しっかり考え、決断し、覚悟をもって物事に挑戦していく責任感の強さもあります。

責任感をもって行動する、人に優しくすることは、ナンバー6の人にとっては当たり前のことです。
そのため、責任感がなく周りに迷惑をかけたり、人に優しく出来ない人など、間違えていることをしている人に対しては、相手の立場や年齢にかかわらず正面から立ち向かっていく強さももっています。

ソウルナンバー6は、愛情を知るために生まれてきているので、人生で多くの人と出会う縁がありそうです。
人に癒しと安心感を与えることが出来るあなたは、多くの人に慕われ、頼りにされるでしょう。あなたによって救われる人も多いはずです。
特にあなたが「特別な人」に感じた大切な人に対しては、どんな犠牲を払っても奉仕したい気持ちが強く、放っておくことができません。

ただ、優しさのつもりでも、必要以上に入りこむと優しさでなくなることもありますのでご注意ください。

また、ナンバー6は、芸術的なセンスの持ち主が多く、ファッションやメイク、ヘアースタイルなど、センスの良さで目立つ存在になる可能性があります。

 

 

ソウルナンバー6の長所まとめ

・愛情深く、奉仕精神が高い
・誠実、素直
・責任感が強い
・包容力がある
・情に厚い
・規則や和を重んじる
・感受性が高い
・平和主義
・センスがいい
・癒しの力がある
・好感度が高い

 

 

ソウルナンバー6の短所

6は「愛情」を表す数字ですが、ナンバー6の愛情は常に他人に向かっています。
自分の言動によって、相手がどう反応したかを自己価値の基準にする人が多く、相手の反応次第で自己評価をしてしまうところがあります。
他人の言動に一喜一憂し、影響されやすく、精神的に不安定になりやすい人です。

自分への評価が気になるため、いつも人の態度や顔色を見て、過敏に反応します。
相手が不機嫌な時も、自分に対する評価が悪かったと捉え、落ち込みます。
しかし、本当はあなたとは全く関係がないことが理由で不機嫌だったりするのです。
他人に対する反応が過敏すぎると、被害妄想になり、妄想の世界で自分を苦しめてしまうことが多いのです。

他人から良い評価を得ようとしすぎる余り、人に「NO」と言えず、自分が処理できないほどの負担を抱えてしまうこともあります。
また、八方美人になり、誰の前でもいい顔をすることで、逆に信頼を失う可能性もあります。
ナンバー6の最大の欠点は、NOが言えないこと。
人前で素直になれないことです。
いつも目の前にとって「いい人」であろう自分を無意識に演じてしまい、自分がどうしたいのか、何を求めているのか、自分の本心を見失いがちです。

相手のためによかれと思って行う行動も、人によっては「お節介」と感じる人もいます。
有難迷惑で、悪気はないとわかっても鬱陶しく感じます。

また、尽くすことで相手の依存心を高め、尽くした人の自発性を抑え、ダメ人間を育ててしまうこともありそうです。
「あなたがいないと困る」と言われることが、あなたにとっては大満足の状態ですが、それは相手のためでないことが殆どです。
他人に向けた愛情は、度が過ぎると自己満足であり、自分が愛情を確認したいための手段にしかなりません。

また、無理をしてまで他人に優しく尽くすあなたは、他人にも同じレベルの優しさを求めがちです。
誰かが無理をして、自分を犠牲にして優しくしてくれたことも、「そのくらい当たり前」と受けとるのです。
誰かに何かをお願いする時、無意識に「そのくらいやってくれて当然でしょ」という雰囲気を出してしまい、周りから威圧的に見えることもありそうです。

ナンバー6の人、自己評価が低いため、他人からの評価を求めます。
そして、他人から必要とされ、評価される自分になるために、いつも頑張っている人です。
ただ、その頑張りを周りの人にも求め、自分が与えた優しさの見返りも求めます。
この時、期待通りの答えが得らなかったとしても、得られたとしても、心の中は完全に満たされません。
いつも不安の塊があなたの中にあるのは、他人の評価という不安定なものにしがみついているからです。

他人に対する執着心を捨て、他人に愛情を与える前に、自分自身に愛情を与えるように意識してください。
自分自身の自立と、人の自立をサポートできる優しさを持つことで、もっと楽に生きることが出来るでしょう。

 

 

ソウルナンバー6の短所まとめ

・自己評価が低い
・他力本願
・意志が弱い、流されやすい
・八方美人
・調子がいい
・優柔不断
・本音が見えない
・お節介
・執着心が強い
・不安定になりやすい
・孤独を感じやすい

 

 

ソウルナンバー6の恋愛に対する考え方

人に癒しと愛情を与えるソウルナンバー6の人は、異性から好印象を持たれるタイプです。
しかし、優しく、気が利いて、穏やかなあなたは、温厚で好印象ですが、恋愛対象となると刺激が足りず、「いい人」で終わってしまうことも多いかも。

惜しみなく愛情を与えたい、貰いたいと考えるナンバー6にとって、恋愛は必要不可欠なもの。フリーの時でも、いつも恋愛パートナーを求めています。

異性に優しくされるとすぐに好きになってしまう惚れっぽいところがあります。
しかし、好きになっても、自分からは態度に出すことも、アプローチすることもありません。
自分をアピールすることが苦手で、恋愛感情を上手に伝えることが出来ないのです。
相手に優しくしても、普段から誰にでも優しいあなたなので、気づかれないことも多いでしょう。
健気に相手を想い続け、片思いのまま終わってしまう恋も多い人です。

恋愛がスタートする時は、相手から告白されて付き合うパターンが殆どです。
異性から強くアプローチされると弱く、恋愛感情がない相手でも、積極的にアプローチされ、求められていると感じると、好きになります。

交際がスタートするまでは受け身ですが、付き合い始めると相手に誠心誠意尽くし、寄り添います。
自分のことよりも相手の気持ちを第一に考えるので、時には自分を犠牲にしてでも相手のために尽くします。
自分の考えや欲求を相手に伝えることが相手に悪いことだと思っているところがあるので、相手の希望通りの自分でいようと努めます。

そのため、ナンバー6の人は恋人となる相手の影響を強く受け、雰囲気や考え方まで変わる人が多いです。

従順で尽くすタイプですが、主導権を握っていない主張をしながら、しっかり主導権を握るタイプです。
相手に尽くしながら、無意識に自分を必要とする相手に育てていきます。

依存心が高く、相手から依存されることにも喜びを感じます。
相手のすべてを把握し、常に一緒にいたいと考えます。
相手から束縛や嫉妬をされると、「私はそれだけ愛されている」と感じ、喜びすら覚えるでしょう。

付き合い始めると長い付き合いを育み、自分から別れを切り出すことは滅多にありません。
一途で献身的なナンバー6は、多くの恋愛を楽しむより、一人の人とじっくり愛を育んでいく関係を求めています。

ただ、尽くしすぎるため、相手を甘やかせ、ダメ人間にしてしまうことも多いのでご注意ください。

また、結婚を意識しはじめても、自分からアピールすることが出来ません。
「相手の重荷になりたくない」、「相手に嫌われたくない」、「穏やかな二人の関係を乱したくない」気持ちからなのですが、結果として適齢期を過ぎ、ずるずると関係を続けることにもなりかねません。

 

 

ソウルナンバー6の恋愛まとめ

・恋愛体質
・受け身
・恋愛のチャンスを逃しやすい
・情に流されやすい
・献身的に尽くす
・依存しやすい
・束縛心、嫉妬心が強い
・常にパートナーと一緒にいたい
・愛されたい願望が強い
・自分から別れを切り出すことは殆どない

 

 

ソウルナンバー6の結婚・家庭に対する考え方

6という数字には「家庭」「父性・母性」の意味があります。
ソウルナンバー6にとって家庭を持つことは人生の大きな目的の一つです。
若い頃から結婚願望が強く、安定した家庭が自分の居場所だと考えています。

しかし、自分から結婚を言い出せないことや、相手から結婚を申し込まれても優柔不断な性格が出てしまうと婚期を逃してこともあります。
ナンバー6の人は「この人」と思ったら、深く考えず決断することが大切です。

結婚すると、良き夫・妻、良き家庭人になります。
家族を大切にし、安定した家庭を築いていくでしょう。
女性の場合は、専業主婦が向いているタイプで、パートナーや家族に奉仕することが喜びに感じられる人です。
仕事と家庭を両立する場合は、どちらも手を抜くことが出来ないので、頑張りすぎてストレスをため込んでしまう可能性がありますのでご注意ください。

結婚し、家庭を持ったことで精神が安定し、満たされます。
男女ともに浮気とは無縁ですが、万が一浮気をしてしまうと優柔不断な性格が出て、浮気相手と別れることが出来ず、ズルズルと不倫関係を続けてしまう可能性があります。

パートナーや家族を優先に考え、世話を焼くことが好きな人ですが、過干渉になる傾向があります。
特に子供が出来ると子供に対して干渉が強く、過保護になりやすいのでご注意ください。
女性の場合、子供が出来た途端にパートナーへの気遣いや興味が薄れ、子供中心になりやすいところがあります。
男性の場合は、仕事よりも家庭を優先させることが多く、出世や高収入より穏やかな生活を重視するでしょう。

パートナーの親・兄弟・親戚も大切にしますが、親族になったことで世話を焼きすぎてしまうところがあります。
親族への対応は、パートナーと相談しながら慎重に行うようにしましょう。
口や手を出しすぎてトラブルに発展しないように注意してください。

子供が出来ると世話を焼きすぎますが、教育熱心にもなります。
自分が果たせなかった夢を子供に託し、子供の自主性や独立心の成長を妨げないように気を付けましょう。

安定した家庭を築いていく秘訣は、夫婦で会話する時間を大切にすること。
そして、夫婦や家族であっても、個人を尊重することです。

 

 

ソウルナンバー6の結婚まとめ

・結婚願望が強い
・安定した家庭を築く
・家庭的
・家庭第一、自分のことは後回し
・パートナーや家族の世話を焼くことが生き甲斐
・依存しやすい
・過保護になりやすい
・見てみないふりが出来ない
・優柔不断なところがある
・教育熱心な親になる
・影で主導権を握る

 

 

ソウルナンバー6の人間関係に対する考え方

奉仕精神が強いソウルナンバー6にとって、人との関わりは人生において最も大切なことです。
穏やかで平和な人間関係を築こうとしていきます。

比較的、固定観念を持たず、感覚的に人と接していきます。
様々なタイプ、性別・年齢を問わず、積極的に関わりを持とうとします。
人の気持ちを察することが出来、細かなところまで気配りが出来る優しい心の持ち主です。

人から頼られることが喜びで、頼りにされるとやる気になり、頼ってくれた人を献身的にサポートしようと努力します。
その奉仕精神は、自分よりも相手が優先されるほどで、自分のことを犠牲にしてでも相手の希望や期待に応えようとします。

ソウルナンバー6の人は、無意識でも「人に頼られる人にならなければいけない」「人から好かれる人にならなければいけない」という思いが強くあります。
そのため、人から頼りにされたり、人が慕ってくれることで、自分の存在価値と自己肯定感が満たされるのです。

周りの人から慕われ、頼りにされている時は心から安定しますが、疎外感や孤独感を感じるととてつもない不安になります。
人から疎外され、孤独になることへの強い恐怖心を抱いています。

そのため、日ごろから一緒にいる人たちの顔色を見て、相手にとって良い人でいようと頑張ってしまうところがあります。
常に「相手あっての自分」なので、自分らしさを見失いがちです。

ソウルナンバー6の人は、広い交友関係を築きますが、内面には孤独と不安を抱えやすいタイプです。

また、人のために頑張ることが当たり前のあなたにとって、他人が頑張って人に尽くすことは当然のこと。
無意識に人に圧力をかけ、優しさを受け取ろうとするところもあります。

誰にでも心を開いているようで、素直な自分で接することが出来る人はごくごく限られた人になります。
素直な自分をありのままに受け入れてくれる人と出会うと、もっと楽に、自分の意志を主張出来るようになるでしょう。

 

 

ソウルナンバー6の人間関係まとめ

・どんなタイプの人にも合わせられる
・人間関係を大切にする
・気配りが出来る、気が利く
・人の気持ちの変化を敏感に察知する
・感受性が強い
・人からの評価が気になる
・みんなから好かれたい
・八方美人
・不安になりやすい
・誠実、従順
・孤独に弱い

 

 

ソウルナンバー6の仕事に対する考え方

ソウルナンバー6の人は、人の役に立てることにやりがいを感じます。
独立して個人で働くより、組織の中で周りの人たちと協力して行う仕事に向いています。

様々なことに興味を持つタイプではなく、一つのことをじっくり取り組むほうが向いています。
また、自発的に動く仕事より、指示・命令を受けて働く仕事が向いています。
指示、命令、規則に従順で、頼まれたことは期待以上の結果を出そうと努力します。

細かなところに気が付き、みんなが嫌がることを率先して動くので、周りから重宝されるでしょう。
また、全体の和を大切にするので、チームの中で浮いている人がいると声をかけ、チームから外れないようにサポートします。

人のやる気を出すのが上手で、チームワークと全体の士気を保つ上で欠かせない人となるでしょう。

冷静に状況を見て判断することが出来るので、周りからの信頼も得られます。
信頼されている実感が、更に仕事への意欲につながるのです。

美的センスと創造力があり、斬新なアイデアを生み出す力があります。
ただ、積極的に自分のアイデアを発信するタイプではないので、自らチャンスを逃しているところがあります。
もう少し積極的に発言していくことで、仕事運を引き寄せることが出来ます。

人を喜ばせたり、助けるなど、人の役に立つ仕事を選ぶといいでしょう。
転職を考えることもありますが、ナンバー6の人は環境の変化に順応するまでに時間がかかるので、出来る限り一か所で長く働きつづけたほうがいいでしょう。

地位や名誉など、出世よくはありませんが、出世したい人をサポートする仕事は向いています。
常に謙虚で控えめなあなたですが、サポートする人次第では、あなた自身も出世する可能性は多いにあります。

デザインや造形など、創造力を生かした仕事をすると、自分でも気が付かなかった才能を開花させる可能性があります。

 

 

ソウルナンバー6の仕事まとめ

・人の役にたてる仕事が好き
・環境や人間関係の変化が苦手
・チームワークを大切にする
・冷静な分析・判断が出来る
・人をやる気を引き出すのが上手
・人が嫌がる仕事を率先して行う
・出世欲はない
・創造力がある
・消極的
・必要とされている実感が仕事への意欲となる

 

 

ソウルナンバー6のお金に対する考え方

ソウルナンバー6は、お金を稼ぎお金持ちになることよりも、人に喜ばれることや人とのつながりが人生において何よりの財産だと考えます。
贅沢は好まず、安定した生活を望みます。
お金の使い方も堅実で、無駄遣いすることはありません。
持前のバランス感覚がお金に対ししても生かされているので、衝動買いや身の丈に合わない使い方はしないでしょう。

大金を得ることはありませんが、生涯お金に困ることはありません。
身の丈にあつた暮らしが出来、お金や物に対する欲もありません。
他人と比較して背伸びすることもなく、最小限必要なお金があればそれでいいのです。

もし、ナンバー6の人で、お金に苦労しているとしたら、それはあなたがサポートしている人やパートナーに問題がある可能性が高いです。

ただ、元々人に尽くし、サポートすることに生き甲斐を感じるあなたは、サポートをする人の影響を強く受けます。
サポートする相手の金銭感覚が乱れ、金運が不安定だと、あなた自身の金銭感覚や金運も不安定になるでしょう。

奉仕精神が高く、従順な性格のナンバー6は、一度サポートすると決めた相手にはどこまでも従順です。
そのため、仕事でサポートしている人、親しい友人、恋愛や結婚のパートナーの金運が悪く、お金に苦労をさせられても、自分から縁を切ることは殆どないのです。

それどころか、尽くしすぎて、相手が一人では何もできなくなり、あなたを必要とすることに喜びを感じてしまいます。
こうなると、恋人が出来ても、結婚しても、パートナーの稼ぎをあてにせず、あなた一人が一生懸命頑張って養うようになってしまいます。
仕事でも、サポートした相手次第では、労働が報われない賃金で働かされることや、事業の失敗などで莫大な借金を背負わされることだって考えられます。
警戒心よりも奉仕精神が勝るので、だまされないようにご注意ください。

もちろん、相手の金運が良ければ、経済的に恵まれた環境で生きていく可能性だってあります。

ナンバー6の人は、お金があってもなくてもそこにこだわりがないのです。
常に人を中心に自分や生活が回っているので、自分を中心に考えられるようになることが金運を上昇させるポイントです。

 

 

ソウルナンバー6のお金まとめ

・堅実な金銭感覚
・無欲
・安定した金運の持ち主
・身の丈にあった生活が出来る
・バランス感覚が優れている
・身近な人の影響を受けやすい
・お金よりも人が大切
・金銭的な苦労にも耐えられる忍耐力がある

 

 

ソウルナンバー6の2018年の運勢

ソウルナンバー6の2018年の運勢は「迷いの年」。
日ごろから他人のことを考えて行動できる「気配りの人」でもあるあなたは、他人のことを優先するあまりに、自分で物事を決断することが少ないのではないでしょうか。
2018年は、そんなあなたに「あなたの意見は?」と決断を迫られることや、自分で決断しなければならない状況に陥ることが多くありそうです。
「迷いの年」と言いましたが、運気は良い方向に向かっています。
迷う時だからこそ、周りの人の優しさや強さを感じ、自分を成長させることが出来るのです。

もし決断する時に迷いが出ても、焦る必要はありません。
答えを急ぐと選択を誤り、後々後悔することになりそうです。
答えを先延ばしするか、周りで信頼できる人がいるのであれば、素直な気持ちでアドバイスを求めてみるとヒントが得られるかもしれません。
ここで大切なのは、あなたのための選択をすることです。
「こうしたほうがあの人は喜ぶから」と他人のことを考えて選択するのではなく、あなた自身が選びたいものを選ぶこと。
そして、周りから反対されることは、進めないほうがよいでしょう。

これまであなたの優しさに救われた人たちが、あなたに協力をしてくれます。
あなたが行ってきた行いが、自分への報いとして返ってきます。
周りの人たちの協力に感謝し、素直に甘えてください。
協力してくれた人達と、これまで以上に強い絆が生まれるでしょう。
2018年強い絆で生まれた人たちとは、今後も長きに渡って良い付き合いが出来ます。

また、2018年は素直な気持ちで他人と向き合う時なので、これまで親や兄弟、友達など、仲違いをしている人がいれば、自分から連絡をとってみると仲直りできる可能性があります。

 

 

ソウルナンバー6への言葉

「あの人に優しくしてあげたら喜ぶだろうな」と思うことは、まず自分にしてあげてください。
「あの人はどうしたいんだろう」と相手の本音を探る前に、自分自身の本音を聞き出してあげてください。
あなたの人生は、あなたが主役なのですから。

 

 

ラッキーアイテム

赤、ワイン、ルビー、太陽、スニーカー

 

 

ソウルナンバー6の相性

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー1の相性

友人としての相性

★★

集団の中では対立しやすい相性
ソウルナンバー6と1の相性は、あまり良くありません。
一対一で付き合う分には、友好的な関係を築ける可能性がありますが、グループや集団の中では、お互いが「口うるさい」「面倒」な相手となり、対立しやすい相性です。
愛情深く、常に相手の気持ちにたって行動するナンバー6にとって、自己中心的なナンバー1の行動は身勝手で、調和を乱す存在に感じます。
チームワークや平和で穏やかな空気を大切にするナンバー6にとって、チームワークを乱し、場の空気を険悪なものに変えてしまうこともあるナンバー1の支配的なやり方は、どうにも腑に落ちず、許せなくなりそうです。
好き・嫌いで人を判断することが多いナンバー1なので、相手によっては支配的で上から目線でものを言います。
普段は控えめで謙虚なナンバー6ですが、自分以外の人に高圧的で支配的な態度をとる人に対しては、真正面から意見をすることもあります。
一方、ナンバー1にとってのナンバー6は自分が気づかない細かなところにも気づいてくれる頼れる存在です。
そして、率先して相手の気持ちを汲み取り、合わせてくれる楽な人です。
しかし、やりすぎると、反発します。頼んでもいないことに対して口や手を出されると、ただのお節介でしかありません。
自分が采配を振るい、従順に奉仕してくれるのは嬉しいのですが、必要以上の気遣いや干渉を受けると苛立ちます。
また、誰に対しても愛想よく振舞うナンバー6の態度を「八方美人」だと見下しているところがあります。
どちらかといえば融通が利かないナンバー1ですが、意志の強さを誇りにしているのです。
自分の意志よりも他人の意志を優先し、尊重出来るナンバー6の心理が理解できないため、信頼することができないのかもしれません。
ただ、反発し合いながらも、心の中ではお互いの長所を認めています。
ナンバー6は、ナンバー1のチャレンジ精神とカリスマ性に、ナンバー1はナンバー6の平和主義で和を重んじるところに惹かれています。
仲良くなる確率は低いですが、心の底では認め合える不思議な相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★★

満たし合う相性
友人としては相性があまり良くないソウルナンバー1と6は、恋愛や結婚相手には最高の相性です。
対立すると面倒な相手ですが、仲間になるとこれほどやりやすい相手はいないと感じるでしょう。
違う性質を持つ二人だからこそ、お互いを補い合い、高め合うことができます。
受け身で相手から強引に迫られたいナンバー6にとって、積極的にアプローチしてくれるナンバー1は頼りがいがある理想のパートナーです。
強いように見えて、恋愛関係に発展すると誠実に愛情を注いでくれるところも安心できます。
相手の気持ちに応えようと、献身的に尽くすでしょう。ナンバー6は人に尽くすことで、満たされます。
また、ナンバー1にとっては、自分の理想に近づこうと努力してくれるナンバー6に愛おしさを感じるでしょう。
自分のことを何よりも優先し、献身的に尽くしてくれる相手に、信頼を寄せ、惜しみなく愛情を表現できるでしょう。
この二人が安定した関係を続けるためには、お互いに隠し事や嘘、ごまかしをしないことです。
素直に相手と向き合うことです。
特にナンバー6は、「相手のために」と我慢することがないようにしてください。
ナンバー1は異性からもてるタイプなので、嫉妬心が強いあなたにとっては心配で、相手のすべてを把握し、束縛したくなるかもしれません。
しかし、その行動は「あなたのことが心配なの」という素直な気持ちをぶつけられないから起こしてしまう行動。
嫉妬心や疑念を相手にぶつけることを「悪いこと」だと思いがちなあなたは、無意識に自分の気持ちを抑えてしまいます。
でも、素直に気持ちを伝え、相手の気持ちを確認することで、あなたも相手も穏やかな気持ちで向き合えます。
受け身で、内に秘めてしまいがちなナンバー6の自立心を育ててくれるのは、ナンバー1のパートナーです。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー2の相性

友人としての相性

★★★★

本音で向き合える相性
包容力と奉仕精神という共通点を持つのがソウルナンバー6と2。良い相性です。
情に厚く、人に気持ちを読み取る力がある二人は、お互いを邪魔しない、尊重し合える友人になれます。
自分のことより相手を優先するため、無意識に本当の気持ちや欲求を抑えてしまうので、知らない内にストレスがたまります。
また、いつも「私の本当の気持ちを誰もわかってくれない」という欲求不満を抱えていることが多いです。
しかし、ソウルナンバー6と2なら、自分でも気づいていないような本心を相手が汲み取り、そっとサポートしてくれるような関係が築けます。
表面だけではなかなか見抜けない部分に気づいてもらえるというのは嬉しいものです。
絶対的な信頼を寄せ、数少ない本音で話が出来る友人になれるでしょう。
ただ、二人とも優柔不断で、決断力がありません。
二人で協力して何かするときには、しっかりと二人をリードしてくれる第三者の存在が必要です。
その時に、依存しやすい二人が、第三者を奪い合うことがないように注意してください。
特に、依存すると一人占めしたくなるナンバー6は、第三者の出現によって、ナンバー2をライバル視してしまうかも。
そんなことで、せっかく築いた信頼や友情を壊してしまわないように気を付けて。
一度でもライバルとして戦うと、感受性が鋭く、人の心に敏感な二人のことなので、お互いに腹の探り合いになってしまいます。

 

 

恋人としての相性

傷つけあう相性
受け身同士のソウルナンバー6と2の相性は良くありません。
どちらも相手の出方を見て、自分の出方を決めるタイプ。
自分から行動を起こすことが苦手な二人なので、恋愛感情を抱いても、恋に発展させるチャンスがつかめないことが多いでしょう。
恋人同士になると、どちらも相手に依存し、嫉妬深く、束縛したいタイプ。
他の人や周りのことなど目もくれず、盲目的な恋をするでしょう。
しかし、どちらも相手の愛情を信じられないタイプです。
どんなに相手が自分を束縛し、愛情を注いでくれても、「本当に自分は愛されているのか」と、いつも不安を抱えています。
感受性が強く、相手の気持ちの動きに敏感な二人は、相手のそんな不安な気持ちも感じ取ります。
無意識であっても、どこかしっくりこない不安を自分も感じてしまうでしょう。
ナンバー2は、不安になると相手の気持ちを計るような言動に走りやすいタイプ。
試される側のナンバー6は、試されたことや、信用されていないことに傷つきながらも、相手の気持ちに応えようと努力します。
もしナンバー6が無理をして相手に合わせたとしたら、無理をしていることをナンバー2が察し、傷つきます。
人に対して過敏すぎる二人は、お互いに感じすぎます。感じすぎるのは、神経が高ぶり、疲れることです。
ナンバー6と2は、相手を好きになればなるほど、相手を優先させるタイプですが、それを心地良いと思うのは、尽くされることが嬉しいタイプです。
二人の場合は、自分を優先させてくれる相手の我慢が辛くなってしまうのです。
お互いに相手を大切にしようとすればするほど、傷つけあう相性なので、辛い恋愛になる可能性が高い二人です。
我慢や無理をして一緒にいることより、別れを決断することも愛情です。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー3の相性

友人としての相性

★★★★★

信頼関係が築ける相性
素直で純粋なソウルナンバー3と、包容力と癒しの力を持つソウルナンバー6の相性は抜群です。
ナンバー3は子供のような無邪気な心を持ちますが、それを親のような愛情で包みこむのがナンバー6です。
二人のタイプは違いますが、感受性が鋭く、誰にでも気さくに接するところは似ています。

人気者で明るいナンバー3は、感覚的に物事を決めて行動していきます。
頭で考えるより先に行動し、行動してから「こんなはずではなかった」と、途中で断念してしまうことが多いのです。
ナンバー3自身はあまり気にしていませんが、途中で断念した後片付けを一緒にいる人がやらざるを得ないこともあります。
相手によっては不満を持つでしょうが、ナンバー6なら率先して後片付けをしてくれます。
「まったくもう、仕方がないんだから」と言いながらも、後片付けをしてサポート出来ることを嬉しく思うでしょう。
飽きっぽく、気分屋なところがあるナンバー3は、ナンバー6にとって世話の焼き甲斐がある相手と言えるでしょう。
相手の力になれること、相手が喜んでくれることが何よりの喜びなのです。

誰といても自然体で前向きなナンバー3は、どちらかといえばネガティブ思考で自信が持てないナンバー6に刺激を与えます。
ナンバー3が自分を頼ってくれることで、自信が持てるようになります。
優柔不断で、人に流されやすいナンバー6を引っ張っていってくれるのがナンバー3です。
一人では勇気がなく出来ないことも、ナンバー3といることで勇気が得られ、世界を広げてくれます。
ナンバー3の存在は、自分一人では不可能なことを可能にしてくれるのです。

また、自分を気にかけ、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるナンバー6の存在は、ナンバー3にとってもありがたい存在です。
我儘や傲慢になった時、ナンバー6が周囲との中和剤となり、緩和してくれていることをちゃんとわかっています。
多少無茶をしても「きっと助けてくれる」という信頼と安心感があり、気兼ねなく甘えられます。
自分一人では周囲と衝突してしまうことも、ナンバー6がいることで平和を保てることが多いでしょう。
ナンバー3もまた、自分一人では不可能なことをナンバー6が可能にしてくれるのです。

お互いに相手を頼りにし、相手を気遣い合える関係が築けます。
二人が同性でも異性でも、良き友人になれます。

 

 

恋人としての相性

★★★★

条件付きで良い相性
ハンタータイプのソウルナンバー3と、相手からのアプローチを待つ受け身のソウルナンバー6は条件付きで良い相性です。
「愛したい」願望が強いナンバー3と「愛されたい」願望が強いナンバー6は、理想の恋愛関係を築ける相手となれます。

自由奔放で素直なナンバー3は束縛されるのが苦手です。束縛心が強いナンバー6が、ナンバー3の自由さを縛らないことが安定した関係を築く大切なポイント。
そしてもう一つは、ナンバー6が自分の考えや気持ちを素直に相手に伝えることです。
尽くし型で、相手に依存しやすいナンバー6は、無意識に相手の顔色を伺っています。
相手の気持ちや微妙な顔色の変化に敏感なナンバー3は、そんなあなたの心の動きを感じとるでしょう。
はじめの頃は「自分に合わせてくれて嬉しい」と思うかもしれませんが、いつもとなると重たくなるかも。
オープンな関係を築きたいナンバー3にとつて、尽くしてくれるのは嬉しいけれど、自分に心を開いてくれることのほうがもっと嬉しいことです。
相手の喜ぶ顔や幸せを自分の喜びに出来るナンバー6のあなたが出来る一番の尽くし型は、素直になることです。
自分の気持ちを素直に相手にぶつけることに不安があるとしたら、それは心のどこかで相手を信じていないからです。

また、気持ちを正直に表現するナンバー6は、良いことも悪いことも全部オープンにしていたい人。
機嫌が悪い時は、あからさまに嫌な顔をすることもあります。
でも、機嫌の悪さをぶつけられるのは、甘えであり、信頼の現れなのです。
受け止められる時は受け止め、無理な時は突き放してみましょう。

相手を信じることが出来たら、束縛することも、顔色を伺うことも必要なくなります。
ナンバー6は素直な気持ちで向き合えたら、結婚する可能性も多いにある二人です。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー4の相性

友人としての相性

★★★

心地よい距離感で付き合える相性
ソウルナンバー6と4の相性は悪くありません。
どちらも誠実で、常識や規則を重んじるタイプなので、相手の行動で感情や行動が乱されることはありません。
平等で平和主義な性質も似ている二人は、程よい距離感を保ちながら友好関係を築けます。

本来、人の世話を焼くことが好きで、自分のことより他人のことを優先してしまうナンバー6ですが、ナンバー4に接する時はそれほど相手の心情や顔色を伺うことなく、自分のやりたいことに集中できます。
それは、自立心が強く、努力と忍耐の人なので、安易に人の力を借りようとしないナンバー4の性格が影響しています。
ナンバー4は余程のことがないと、人に弱音を見せないし、甘えることありません。
神経質で几帳面、ち密に計画を立てて物事をこなしていくので、むしろ他人に立ち入られることを嫌がります。
どちらかと言えば一匹オオカミタイプで、自分一人で物事を完結させたい人です。
世話を焼くことが好きなナンバー4にとっては、少し寂しい相手ではありますが、必要以上に気を使わずにすむでしょう。
それでもお節介を焼こうとすると反発されますが、相手の心情を敏感に察知するナンバー6のあなたは、相手が望んでいないことを察し、触れずにいるでしょう。

また、ナンバー4にとっても、突飛な行動に出ることなく、控えめだけど責任感が強いナンバー6には好感が持てるでしょう。
孤立してしまうこともあるナンバー4ですが、どんな時にも変わらぬ態度で接してくれるナンバー6には癒されます。

二人は、特別仲良くなる可能性は少ないですが、近くにいて心地よい関係を築けます。
二人が接近するとしたら、それはナンバー4の警戒心が解ける時です。

 

 

恋人としての相性

★★

価値観が違うので、恋愛対象になりづらい相性
一人の人をじっくり観察し、時間をかけて恋愛を育んでいくソウルナンバー4は、ソウルナンバー6のあなたとの相性は良くありません。

ナンバー6のあなたは、「自分がどれだけ相手のことを好きなのか」という自分の気持ちより、「相手がどれだけ自分を好きなのか」、相手の気持ちに流されやすいタイプです。
積極的にアプローチしてくれる人が「愛してくれる人」だと受け止めやすく、愛情と情が入り乱れてしまいます。

対してナンバー4は、真面目に恋愛を考え、慎重に行動します。
自分の愛情に確信が持てるまでは、決して愛情を表現することはありません。
誰にも気づかれないように、なんどもなんども自問自答し、本気だと確信して初めて行動を起こす人です。
ナンバー4は慎重すぎてチャンスを逃すことはありますが、愛情と情をしっきり区別しています。

そんな対照的な二人が、異性としての魅力を相手に感じる可能性はかなり低め。
お互いにかみ合わないタイプであることを無意識に感じとるでしょう。

この二人が恋人となったら、ナンバー4が主導権を握ったほうがうまくいきます。
誠実で包容力はあるけれど、愛情表現が苦手なナンバー4に、どこまでナンバー6がついていけるかがカギとなります。
無言の愛情より、きちんと言葉や態度で愛情を表現してほしいナンバー6にとっては、物足りやさや不安を感じやすい相手です。
変化や愛情表現、刺激は少ないけれど、穏やかな関係を心地よく感じることが出来たら、安定した関係が築けるでしょう。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー5の相性

友人としての相性

★★★

腹の探り合いになりやすい相性
ソウルナンバー6と5は、ものすごく仲が良いか、ものすごく仲が悪いか、どちらか極端に分かれる相性です。
明るく前向きで、人を惹きつける魅力があるナンバー5の周りにはいつも多くの人が集ります。
決して率先してリーダーシップを切るタイプではないのですが、大胆でユーモアがあるナンバー5は目立つ存在です。
人と接することが好きで、どんなタイプの人にも合わせられるナンバー6にとってナンバー5は「仲良くなりたい」と思わせる魅力を感じるでしょう。
好奇心いっぱいで、様々なことにチャレンジするナンバー5は、話題が豊富で、一緒にいるだけで楽しい気持ちにさせてくれます。
自分にはない行動力と度胸の良さに刺激も受けるはずです。

一方、いつも自分のことで精いっぱいなナンバー5にとって、自分のことより他人を優先出来るナンバー6は未知の存在です。
他人からの評価を気にしすぎるところが、ナンバー5には理解できないのです。
人の顔色を見て、人のご機嫌をとっている調子のよい人だと誤解される可能性もあります。
前向きで自分に自由なナンバー5には、自分を押さえてまで相手に合わせることに、何の意味も魅力も感じないからです。
そんなナンバー6に、心地良い感情を抱く可能性はかなり低め。

しかし、そんな八方美人な一面は、ナンバー5にもあるのです。
相手に対する不満や不平、理解できないなど、思うところがあっても、表面上は穏やかに接します。
理由は違うけれど、八方美人であるところは似ているのです。
似ているからこそ、相手の中に自分の欠点を見つけ、「自分はあの人とは違う」と反発したくなるのかもしれません。

ナンバー5の反発心がある内は、二人が親密になることはありませんが、どちらも平和主義なので、トラブルになることもありません。
お互いに穏やかに接しながら、相手の本心を探る感じで、一緒にいて心地よいとは思えないでしょう。
むしろ疲れてしまうことの方が多いかもしれません。

ただ、互いに裏の顔、心の中の本音を見せあう機会があれば、急激に親しくなる可能性もあります。

 

 

恋人としての相性

★★★★

情熱的に愛し合う相性
もっている性質は違うけれど、恋愛に求めるものが似ている二人。
ソウルナンバー6と5は恋愛相手としては良い相性です。
肉食系のナンバー5のリードに任せることで、ナンバー6は愛されている実感が持てます。
一方、自分の描く理想に合わせてほしいナンバー5には、従順に合わせてくれるナンバー5は健気であり、愛情を感じます。
どちらも愛される実感、満たされた気持ちになれる二人です。

どちらも依存型で、束縛心、嫉妬心が強いので、まるで思春期のような盲目的で情熱的な恋愛をする可能性があります。
他のことは目に入らず、二人だけの世界にどっぷり浸り、世の中が自分たち二人で回っているかのよう。
そのままの勢いで結婚して、周りを驚かせる可能性もあります。

二人が穏やかな関係を続けていくためには、上手にトーンダウンすることです。
盲目的な恋は一時的なもの。
相手が隣にいることが当たり前になった時、平常心に戻った時にもきちんと相手に愛情を注ぎ続けることです。
相手に向ける愛情度合がコロコロ変わるようでは、互いに不安を感じるでしょう。
特に、ナンバー5は、熱している時と冷めている時の落差が激しいタイプ。
ナンバー6がその落差に振り回されないことです。
相手がどんな状態でも安定していれば、気が変わりやすいナンバー5の気持ちを繋ぎとめておくことが出来るでしょう。

 

 

ソウルナンバー6とソウルナンバー6の相性

友人としての相性

★★★★★

親友になれる相性
ソウルナンバー6同士はとても良い相性です。
愛情深く、誰に対しても優しいナンバー6ですが、本音を隠して生き、心の中で孤独を感じやすいところがあります。
同じ性質を持つナンバー6同士であれば、互いの孤独を理解し、癒し合うことが出来るでしょう。

リーダーシップを発揮し、意志表示をはっきりする人と付き合う時には、相手の要求を満たそう、相手の意志を尊重しようという気持ちから、相手の顔色や心情を見ることに神経を使っています。
しかし、決して相手を引っ張ろうとしない、自分の懐に入れようとしないナンバー6同士であれば、お互いに神経を使うこともありません。
尽くし型で、自分より相手を優先するナンバー6ですが、相手も同じタイプだと優先順位をつけることなく、話し合いで決められます。
長所も短所もわかるので、本音で向き合い、語り合うことが出来ます。
他の人には言えない本音も、お互いにぶつけることが出来るでしょう。

二人で何かをはじめようとすると、決断力のない二人なので行動するより、迷う時間のほうが長いでしょう。
他のタイプだと相手に合わせることが多いですが、ナンバー6同士だと、思う存分、納得が出来るまで悩むことが出来ます。
例え時間がかかっても、自分の考えで決断出来る満足感、達成感が味わえるのではないでしょうか。
自分のペースで付き合える、数少ない友人になるでしょう。

意気投合する二人は親友になる相性です。
ただ、相手を独り占めしよう嫉妬しないように気を付けてください。
自分以外の友達と仲良くすることも、自分以外の世界を持つことも、相手の一部だと大らかに受け止めてあげることです。
嫉妬心丸出しに、口をはさみすぎると衝突する原因になります。

ナンバー6の二人は、進学や就職、結婚や引っ越しなど、環境の変化に影響されることはありません。
例えば海外と日本というように、物理的な距離が離れても、ずっと変わらず親友でいられるでしょう。
しばらくぶりにあっても、ずっと一緒にいたような気になるでしょう。

 

 

恋人としての相性

愛情がなくなってもずるずると続く相性
どちらも受け身で、相手に尽くしたいタイプのソウルナンバー6同士は、恋愛の相性は最悪です。
友人として付き合う時は、本音で語り合える良い相性なのですが、恋愛となると違います。

この二人が恋人になると、互いに依存し、束縛し合い、嫉妬し合うでしょう。
束縛されることを「愛されている」と感じるナンバー6でも、そのうち重く感じそうです。
どんな時に不安になるのか、嫉妬するのか、愛を確認したくなるのか、同じタイプだからこそ、相手の考えていることが手に取るようにわかります。
しかし、わかりすぎるために、相手のことを考えて自分の気持ちや行動を我慢してしまうことが多くなるでしょう。

二人の場合、我慢していても、気持ちを相手にぶつけることも、別れを切り出すことが出来ません。
心の中で我慢や違和感を感じながらも、表面上は穏やかに付き合い続けるでしょう。
いわゆる腐れ縁というズルズルした関係に陥りやすいのです。

ナンバー6同士が同棲すると、結婚する確率はかなり低めです。
別れや結婚など、大きな決断は「相手にしてほしい」「あなた次第」にしたいからです。
相手に対する愛情がなくなっても、情があれば一緒にいたいと思うのです。

二人が安定した関係を築くためには、自分自身が自立することです。
寄りかかる関係から一人一人がちゃんと立ち、向き合えるようになれば、二人の未来にも変化が訪れるでしょう。
お互いの自立をサポートし合い、成長し合える関係になれば、もっと心地よい関係を築くことが出来ます。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー7の相性

友人としての相性

★★

浅く長く付き合える相性
奉仕精神が高く、人に対して合わせ上手なソウルナンバー6と、控えめだけど平等主義なソウルナンバー7の相性は普通です。
特別深く、親しくなる可能性も低いし、衝突する可能性も低いので、浅く・長く付き合っていくには安定した関係を築けます。
ただ、深い付き合いをする可能性も低い二人です。

ナンバー6は、自己評価が低いところがあり、自分に自身がなく、目の前の相手の意見に柔軟に合わせ、順応出来る環境に安心します。
自分の意見を聞かれるより、相手に求められることだけをやっていたほうが楽なタイプ。
しかし、感情表現が下手で、意志を主張しないナンバー7と一緒にいると、立ち位置がわからず不安になってしまうでしょう。
頭の回転が速く、几帳面に物事を進めるナンバー7は、自分から人に頼ることはありません。
人に頼るくらいなら、自分一人でやったほうが楽だと考えるタイプです。

また、人の心情を鋭く察知するナンバー7は、ナンバー6に顔色を伺われていることを察知するでしょう。
それが悪気ない行為だということはわかっていても、監視されているようで落ち着かなくなります。
手伝ってもらったとしても、お節介に感じてしまうかもしれません。

不満を抱えたとしても、それを相手にぶつける二人ではないので、表面上は穏やかですが、ストレスはたまるでしょう。
相手主体で考えだすと、神経が張って、緊張感ある関係になってしまいます。

二人の場合、無理に相手に合わせようとしないことが、安定した関係を築くポイントです。
相手に合わせようとする優しさが、二人の関係をギクシャクさせてしまうからです。
必要以上に干渉しないこと。自分がやるべきことは、自分で考えて、自分で実行すること。
一定の距離を保っていれば、穏やかな関係を築いていけます。

自分の気持ちや考えを相手にぶつけられるようになると、二人の関係に少し深みが生まれる可能性もあります。

 

 

恋人としての相性

★★

優しさが重荷と不安に感じられる相性

恋愛に強い憧れを抱いているソウルナンバー6と、クールなソウルナンバー7の相性は良くありません。

相手からの愛情を言葉や態度で確認したいナンバー6にとって、愛情表現が得意ではないナンバー7は物足りなく、不安になってしまうでしょう。
「本当に私のことが好きなのか」「もっと愛されたい」という気持ちから相手に執着してしまう可能性があります。
相手の態度やしぐさ、視線、言葉、些細な情報から「愛されている確信」が欲しくて、一喜一憂するでしょう。

ナンバー7は、個人主義で、一人でも生きていけるような自立した相手を求めています。
執着された時点で、相手の存在が重たく感じるでしょう。
自分の愛情を信じられず、不安になる相手を受け止める包容力はありますが、ナンバー7の場合は、信じてもらえないことに傷つきます。

常に相手の愛情を確認し、少しでも長く一緒にいたいナンバー6の心情や行動は、ナンバー7にとっては重荷でしかありません。
ナンバー7のクールさもまた、ナンバー6にとって不安でしかありません。
信頼関係が崩れた時点で、二人の関係が終わる可能性は高いです。

この二人が仲良くやっていくには、お互いの努力と歩みよりが必要です。
執着とクール、極端すぎる二人の中間に、お互いが歩よる努力です。
ナンバー6は、相手を縛ろうとせず、自分から相手を信じてください。
そして、ナンバー7も、愛情を感じたら素直に相手に伝えてみましょう。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー8の相性

友人としての相性

★★

ストレスがたまりやすい相性
優柔不断で、自分の考えや意見を周りに発信することに抵抗があるナンバー6と、白黒はっきりしているナンバー8の相性は良くありません。

野心家で向上心があるナンバー8は、思考も行動もスピーディーで、それを他人にも求めがちです。
自分と同じスピードについて来られない人に対しては、厳しく当たることがあります。
元々自分に自信が持てず、人からの評価によって自信を得ようとするナンバー6にとって、ナンバー8と過ごすことは、精神的にかなりつらいかもしれません。
ワンマンなリーダータイプを前にすると、精神的に委縮しやすく、どんどん自信を無くしてしまう可能性があります。
ナンバー8の常識やルールに当てはまらない自分がいると、「自分がいけない」と自分を責めてしまうでしょう。
「自分は自分」という意志をもっていないと、パワフルなナンバー8に流されるだけです。
相手がパワフルであればあるほど、誠実に向き合う真面目な性格が、最悪の場合自分を追い詰めてしまう可能性があります。

一生懸命誠実に自分と向き合ってくれるナンバー6の姿は、ナンバー8にとっては好印象です。
ワンマンではあるけれど、仲間意識が強い人なので、厳しく相手に当たるのは愛情表現でもあるのです。
「相手にも自分と同じように、達成感や充実感を味わってほしい」というナンバー8なりの優しさなのですが、その優しさはナンバー6には通用しません。
また、あまりにも自分に合わせるだけだと、物足りなく感じるでしょう。
サバサバしているナンバー8は、はっきりNOと言ってくれる仲間を求めています。

相手に合わせることに精一杯で、NOが言えないうちは、二人が親しくなる可能性はかなり低いでしょう。
ただ、「相手と衝突してもいい」くらいの覚悟で、お互いが意見を主張し、議論できるくらいになれば、一気に親しくなる可能性はあります。

 

 

恋人としての相性

★★

ソウルナンバー6が振り回される相性
受け身で、リードしてくれるタイプに弱いナンバー6にとって、パワフルなナンバー8は魅力的に見えます。
危険な予感がしながらも、惹かれるでしょう。
ただ、恋愛の相性としては良くありません。予感通り危険な相手なのです。

受け身で献身的に尽くすナンバー6は、いつでも相手が一番、自分が二番のタイプ。
自分のことよりも相手の希望を叶えることに一生懸命です。
しかし、その一方で依存しやすく、相手のことをすべて把握し、いつも近くで行動を共にしていたい人。
愛されたい願望が強いので、相手の些細な言動の中にも、自分への愛を確認しようとします。
そのため、相手の言葉や態度に過敏になる傾向があります。

情熱的で豪快、ドラマチックな恋愛を求め、自分から愛情を求めるナンバー8。
恋人になる前も、なった後も、自分が主導権を握ります。
一緒にいる時は、愛情表現が豊かで、情熱的な人なので、相手の気持ちを掴むでしょう。
ただ、恋愛だけに生きられるナンバー6に対して、ナンバー8は恋愛だけで生きられる人ではありません。

恋愛は恋愛として自分を満たしてくれるものですが、仕事や趣味にも自分を満たしてくれる場所を求めます。
恋愛はあくまでも一部であって、すべてではないのです。
どんなに相手のことが好きでも、仕事や趣味を優先するタイプです。
それを束縛して縛ろうとしても、不可能に近いでしょう。
自分らしく生きる事が、ナンバー8にとっての一番で、恋人ではないのです。
好きになると自分からは滅多に離れることが出来ないナンバー6にとっては、相手が振り回すつもりも、自分が振り回されるつもりもないのに、結果的にそうなってしまう相手なのです。

二人が恋愛すると、ナンバー6は嫉妬や心配、不安でやきもきし、精神的に落着きがなくなります。
そんな不安定の気持ちを相手が気が付かない内は、それでもうまくやっていけるかもしれません。
しかし、不安定な気持ちはいつか束縛や嫉妬になって現れるか、爆発するでしょう。

孤独を恐れるナンバー5にとっては、恋愛しても孤独を感じる相性です。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー9の相性

友人としての相性

★★★

傷をなめ合う相性
広い意味で言えば、「癒しの人」であるソウルナンバー6と9の相性は悪くありません。
どちらも奉仕精神が高く、人に対して愛情深く接していきます。
相手の長所を見つけるのが得意で、人のことはプラスに捉えようとするところも似ています。

そんな二人は、気も合い、お互いを思いやることが出来る友人になれます。
精神的に安定している時は、相手の存在が癒しの存在になります。

ただ、精神的に不安定な時には、どちらも相手に影響されやすいため、不安定が解消されるどころか、二人して不安にどっぷり浸ってしまいそうです。
孤独や自信のなさ、運のなさ、自己否定する気持ちなど、相手を励まそうとする側も相手に流れて、一緒に不安定になるでしょう。
相性には、自分が弱った時にプラスに迎えるきっかけをくれる相手と、弱った時に更に弱る相手がいます。
ナンバー6と9は後者の相性で、弱っている時に一緒にいると、元気になるどころか、弱い自分に更にはまってしまうのです。
それは、二人とも優柔不断で、自分に自信がないからです。

自分に自信がないから、弱っている人を前に意見することも、励ますこともですが、相手と同じ気持ちになって共感することしかできないからです。
「私ってダメな人間」と嘆いた時、「そうだよね」と共感されるより、「何言ってるの」と突き放されたほうが目が覚めるってこと、あります。
二人の場合は、優しく、共感力があるからこそ、お互いの傷をなめあってしまうのです。

不安定な中にどっぷりつかっても、答えも出口も見つかりません。
そんな二人は、元気な時は仲良くて、自分や相手が不安定だと感じる時は少し離れたほうがいいでしょう。
傷つけ合うことも、衝突することもない二人ですが、時と場合によってはコンプレックスを助長してしまう相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★

長続きする相性
恋愛に受け身なソウルナンバー6と、人に惚れにくいソウルナンバー9は良い相性です。
ただ、二人が安定した恋愛関係を築くためには、出会ってから長い時間をかけて恋愛に発展させたほうがうまくいきます。
焦ることが、二人にとって何よりもマイナスです。

ナンバー9は焦りを抑えつつ、ゆっくり相手との距離を縮めていきたいタイプなので、ナンバー6がナンバー6のペースに合わせることが出来たら、二人の関係はうまくいくでしょう。
恋愛願望が強いナンバー6は、本心ではスピード展開を期待し、恋愛が成就するまでは不安になることもありますが、基本的には相手のペースに合わせる人です。
恋人になると、どちらも誠実に相手と向き合い、多少の困難があっても、気持ちが変わることはありません。
二人であれば、どんな苦労や困難があっても、後々「そんなことがあったね」と言えるほど、苦労を超えて安定を手に入れることが出来るでしょう。

ただ、注意しなければならないのは、ナンバー5が相手に依存しすぎないこと。
ついつい相手の行動を管理しようとしたり、些細なことに嫉妬していると、後々二人の間に大きな溝が出来るでしょう。

相手の誠意を受け止め、信頼することです。
もし不安になったら、束縛という行動に出るのではなく、不安な気持ちを素直に相手にぶつけてみましょう。
何かあったら、一人で考えるのではなく、二人で考え、二人の答えを出していくようにすれば、信頼関係も増していきます。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー11の相性

友人としての相性

★★★★★

心の友になれる相性
ソウルナンバー6と11の相性はとても良いです。
どちらも感受性が強く、奉仕精神が高いので、お互いを思いやり合える相性です。

常識や規則を重んじ、責任感があるなど、価値観が似ている二人は、出会ってすぐに意気投合するでしょう。
日ごろは目の前の相手を優先させることばかりで、自分のことは後まわしの二人ですが、相手も同じタイプだとわかるといつもより気を使わずにいられます。
日ごろ言えない心の内を吐き出し、共感し、励まし合うことが出来るでしょう。

どちらも場の空気を読みすぎて、流されやすいところがあります。
流されているのは自分でも、流されているなりの苦労もあります。
そんな心の内をわかり合えるので、一緒にいて安心でき、心の友となれるでしょう。

注意しなければならないことは、ナンバー11のせっかちさにまどわされないことです。
相手がせっかちの時に、合わせて急ぐと疲れてしまいます。
敢えてスローに対応することで、お互いに落ち着くことができます。

 

 

恋人としての相性

★★★★

素直に向き合える相性
思い込みが激しく、好きになると積極的にアプローチするソウルナンバー11は、ソウルナンバー6と良い相性です。
ナンバー6は、積極的にアプローチされることで、愛されている実感を持てるタイプ。

精神的なつながりを重視し、相手と本音の会話をしようとするナンバー11の姿勢は、ナンバー6を安心させます。
愛されたい願望が強く、今ひとつ自信が持てないナンバー6は、愛情をストレートに伝えてもらわないと安心できません。
不安になると、束縛や嫉妬という形で、相手の愛情を縛ろうとしてしまいます。
しかし、真摯に向き合ってくれるナンバー11とならば、心から愛されている実感が持てるかもしれません。

注意しなければならないのは、相手に疑問や不安を感じたら、空想の世界に浸らず、直接相手に確認しましょう。
あなたが疑問や不安を感じていることを、ナンバー11は鋭い感性で見抜くでしょう。
疑問を持たれる自分は、信頼されていないと受け止めるので、こちらの疑問が相手の疑問を生み出す結果となる可能性が高いです。
ネガティブだと思えることも、相手に直接ぶつけることで、誤解やすれ違いを解消できます。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー22の相性

友人としての相性

★★

ナンバー6にとって威圧的な相手
ソウルナンバー6と22は、どちらも周りからの好感度が高く、大勢の中にいても目立つタイプ。
直接会話をしたことがない時から、相手の存在は気になっていたのではないでしょうか。

平和主義で、誰とでも穏やかに接することが出来る二人なので、そつなく、穏やかに会話をすること出来ます。
ただ、それはあくまでも表面上の会話で、心を許し合うことはないでしょう。

感受性が強いナンバー6にとって、せっかちで完璧主義、なんでも自分が思った通りに事を進めないと気が済まないナンバー11は、気が抜けない相手。
一緒にいても、自分の行動をチェックされているようで、落ち着いた気持ちで過ごすことはできません。
柔和に対応しながらも、内心はびくびくしていたりします。

また、他人に流されやすいナンバー6の不安定なところをナンバー22は見抜いています。
不安定で優柔不断なところを利用しようとする可能性もあります。
相手を見ながら行動を変え、自分のペースに巻きこむ天性の素質を持っているナンバー22なので、そのパワーに負けないようにしてください。
相手が高圧的な態度に出たら、嫌なことはきっぱりNOといいましょう。

 

 

恋人としての相性

★★★

背伸びして疲れてしまう相性
ソウルナンバー6と22は恋愛の仕方に多くの共通点がありますが、相性はまぁまぁ普通といったところ。
情熱的な恋愛に憧れ、愛されたい願望が人一倍強く、好きな人への独占欲と嫉妬心が強いところが似ています。
お互いに相手からの束縛や嫉妬を「愛されている証拠」として嬉しく感じる傾向が強いので、その部分の相性はばっちりです。

ただ、向上心が高いナンバー22は、相手にも向上を求め、人として尊敬し合いたいと考えます。
どちらかといえば、人生に受け身で、自分から積極的に自己成長を求めないナンバー6には、相手の願望がプレッシャーに感じてしまうかも。
相手に嫌われたくなくて、最初は頑張ってあれこれ挑戦するかもしれませんが、挑戦し続けるのは本来のナンバー6にはかなり大変なこと。
ナンバー22は恋人としてリードするだけでなく、生き方や成長の仕方なども導こうとするので、知らない内にストレスがたまる可能性があります。

また、相手に不満があっても我慢するナンバー6に対して、ナンバー22はストレートに責めてきます。
ただでさえ自信が持てないナンバー22には、責められるたびに「自分がいけない」と萎縮してしまうでしょう。
長く一緒にいればいるほど、素直になれない相手となるでしょう。

 

 

ソウルナンバー6の相性

ソウルナンバー6とソウルナンバー33の相性

友人としての相性

★★★★

素直な自分を受け止めてくれる相手
包容力があるナンバー33と、奉仕精神が高いナンバー6は良い相性です。
二人に共通しているのは愛情深いところです。
33には6の性質も含まれているので、多くを語らずともナンバー6のことを理解してくれます。

他力本願になりがちで、自分のことより相手のことを優先するナンバー6は、人知れず損をしていることがあります。
他の誰も気づかなくても、ナンバー6のくやしさや悲しさ、やりきれない気持ちに気づいてくれるのがナンバー33です。
そんなナンバー33には、本音をぶつけ、弱音を吐け、素直な自分でいられます。
意志が弱く、流されやすいナンバー6も、ナンバー33の前では自分の本音と向き合えるかもしれません。

また、自由なナンバー33にとっては、規則や常識、礼儀を重んじ、どんな時でも他人を優先出来るナンバー6は、癒しの存在です。
多少お節介すぎるところは気になりますが、一緒にいて穏やかな気持ちで過ごせる相手です。

注意しなければならないことは、ナンバー33に執着しないこと。
仲良しだからといって「私の友達」と執着心を出しすぎると離れてしまいます。
執着されることを何よりも嫌うナンバー33は、執着された時点で穏やかではいられなくなるのです。

 

 

恋人としての相性

★★

我慢が必要な相性
ソウルナンバー6と33は、友達としての相性は良いのですが、恋愛となるとあまりよくありません。

二人の恋愛の仕方は極端に違います。
その違いを大げさな言い方で表すと、ナンバー6は粘着タイプ、ナンバー33はドライタイプです。
相手を束縛し、自分のものにしたいナンバー6に対して、束縛されると自由になりたくなるのがナンバー33。

ナンバー33は相手に合わせた対応が出来るので、しばらくはナンバー6に合わせてくれます。
ただ、本心から合わせているわけではないので、ストレスがたまり、我慢の限界が来ると爆発するでしょう。
ある日突然不満を爆発させて、気持ちの整理をつけてしまうタイプのナンバー6は、相手にとっては「寝耳に水」です。
しかし、ナンバー33がそういう性質をもっているということを知らないと、受け入れられていると勘違いしてしまいます。

また、相手が束縛を嫌うからといって、束縛しないでいることは、ナンバー6にとって我慢と忍耐が必要です。

尽くすことが好きで、相手と一緒にいたいナンバー6にとって、自分に合わせてくれるナンバー33はとても相性がよく思えるかもしれません。
相手が合わせてくれることを喜ぶのではなく、お互いに本音で向き合える関係を築くように努力してください。
どちらか一方が我慢をしなければならないような関係は、長くは続かないでしょう。

ソウルナンバー一覧

ソウルナンバーとは?
ソウルナンバー1
ソウルナンバー2
ソウルナンバー3
ソウルナンバー4
ソウルナンバー5
ソウルナンバー6
ソウルナンバー7
ソウルナンバー8
ソウルナンバー9
ソウルナンバー11
ソウルナンバー22
ソウルナンバー33

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. ソウルナンバー7
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー7

  2. ソウルナンバー11
  3. ソウルナンバー4
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー4

  4. ソウルナンバー33

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する