ソウルナンバー22(マスターナンバー22)

ソウルナンバー22

ソウルナンバー22の性格を一言で表すと・・・

頭脳明晰で合理的、卓越した才能と実行力を天才肌

 

 

ソウルナンバー22の長所

22という数字は、ソウルナンバーの中でも特殊な数字の一つで「マスターナンバー」と呼ばれています。
(マスターナンバーについては、「マスターナンバーとは」をご覧ください。)

ソウルナンバー22は、2の進化系でソウルナンバー2の影響も受けています。
また、2が二つあるので2+2=4となり、ソウルナンバー4の影響も受けます。
更に、マスターナンバー11の倍数になることから、ソウルナンバー11の影響も受けます。
ナンバー2と4、ソウルナンバー11の要素も兼ね備えるナンバー22は、卓越した能力の持ち主です。

22という数字には「広範囲」「気づく力」「パートナーシップ」という意味があります。
ナンバー22を持つあなたは、大規模な視野の持ち主で、多くの人とつながりを持つ人生を送る人が多いのが特徴です。

何事も建設的に考え、合理的で無駄がありません。
また、視野が広く、真面目で自分を管理する能力に長けています。
ナンバー2には、個人に対する気遣いや優しさがありますが、22には、更に規模を広げた「世の中の流れ」「世の中が求めているもの」に気づく力があります。
先見性があり、時代の先端を切り拓いていく可能性が高い人です。
目の前に困った人がいると、力になろうとする優しさがあります。
多くの優しい人は、人の力になることで動きを止めてしまうのですが、ナンバー22は違います。
困った人が「なぜ困った事態に陥ったのか」と考え、目の前の人や、その人と同じように困っている人が、困らないような仕組みを創り出そうとします。
この能力が存分に発揮すると、社会を改革するほどの力になる可能性もあります。

性格は堅実で真面目。浮ついたところがなく、精神的にも安定しています。
平等で、平和主義なナンバー22は、常に世の中の流れに関心があります。
不平等や争い、人種差別など、平和から外れた行動や流れに怒ります。
責任感が強いので、世の中を変えられない無力さを悔やんで、自分を責めたり、失敗に落ち込んでしまうこともあります。

何事も目標を定めると、徹底的に準備をして行動します。
目標設定のスケールが大きく、一般の人には理解されないこともありますが、ナンバー22の人に「不可能」はありません。
ナンバー11と同様、直感が鋭く、それは霊感ともいえるほどの強さです。
目標を定めている時には、現在から目標達成までの道のりが見通せています。

人と接することが好きで、様々なタイプの人と接しながら、様々な考え方や信念があることを知ります。
異なる考え方を知ることが好きで、賛同できないことでも批判することはありません。
人の良いと思ったところは取り入れ、悪いと思ったところは反面教師にして吸収していきます。
ナンバー22は、多くの人と知り合い、人との出会いから多くのことを吸収することが使命の一つです。
そのため、対人関係で苦労することも多く、様々な体験が押し寄せる人が多いのが特徴です。
しかし、すべての体験がナンバー22の自信を培っていて、そのことを22も感じています。
周りからは、自ら苦労を買って出るように見える時もありますが、本人はすべての体験を深く感じ取ろうとしています。

向上心が高く、自己成長に終わりがありません。
また、用意周到に準備をしてから行動しますが、頭の回転が速いので、行動までがスピーディーです。
その行動は、大胆で斬新的に見られることも多いでしょう。

強い意志と実行力、自信を備え、多くの人を惹きつけ、巻き込みながら、人生を力強く歩いていけるでしょう。

 

 

ソウルナンバー22の長所まとめ

・スケールが大きい
・建設的・合理的
・頭の回転が早い
・真面目
・平和主義
・責任感が強い
・向上心が高い
・直感が鋭い
・独創的
・向上心がある
・活動的
・カリスマ性がある

 

 

ソウルナンバー22の短所

ソウルナンバー22は、カリスマ性があり、多くの人を惹きつけます。
目標を掲げ、実現に向けて努力する人ですが、目標のスケールが大きく、無意識に周りの人たちを巻き込んでいきます。
全体や先々のことまで見て行動するナンバー22は、周りを巻き込んだ活動がはじまると、基本的には自分で動くことは少なくなります。
表舞台で動くことはないけれど、陰で全体を管理し、方向性を示す役割に徹します。
本人に悪気はなく、むしろ「みんなにとっても良いこと」と思っているのですが、人によっては振り回されてしまうでしょう。
いわゆる「陰のリーダー」タイプですが、言い出しっぺでありながら、表に出ないことで身近な人の反感をかい、トラブルになることもありそうです。

ナンバー22は、コミュニケーションが得意ですが、頭の回転の速さと、ずば抜けた視界の広さを持つ言葉は、周りになかなか伝わりません。
自分の中ではゴールまでの道筋が見えているので、大まかな説明で通じると思っています。
合理的でせっかちなナンバー22にとって、わかっていることを細かく説明することは「無駄」であり、早く進めたいのです。
本人は説明しているつもりでも、周りにはニュアンスしか伝わらす、会話がかみ合わないことがあります。
短気なナンバー22は伝わらないこと、すぐに理解できない人たちを前に、苛立ち、感情的になります。
それは我儘で自分本位に受け取られるでしょう。

また、他人の失敗を許せません。
出来ると思っていたことに失敗し、目標達成の邪魔をされることには、怒りをあらわにし、攻撃的になります。
一度怒りだすと、誰の言葉も耳に入らず、手が付けられません。
感情的になって発する言葉で、周りの人を傷つけてしまうこともあります。
その裏には、目標達成を強く願う気持ちがあるからなのですが、目標実現を強く思うあまりに独裁的になりやすい人です。

陰のリーダーとして君臨し、自信家で堂々と見えるナンバー22ですが、内面はとても心配性です。
人に対して厳しく当たることがあっても、厳しくした後に「まずいことを言ってしまったかも」「自分は嫌われてしまったかも」と、あれこれ考えすぎてしまい、不安になります。
仲間に対する愛情が深い反面、嫉妬深く、仲間が自分から離れていくことへの不安と恐怖をいつも抱えています。
例えば仲間に連絡した時に不在だった時、すぐに返信がないと気になって眠れなくなるほど、神経質です。

根が真面目で努力家なので、仲間にも自分と同じように考え、振舞うことを求めすぎてしまうのです。
自分にブレーキをかけ、協調性を心がけないと、孤立してしまうことになりますのでご注意ください。

そんなナンバー22は、失敗や挫折に弱く、一般の人が失敗や挫折を捉えるより何十倍も大きい出来事として捉えます。
本人にとっては大失敗で、精神的なダメージを受け、激しく落ち込むでしょう。
一度落ち込むと、立ち直るまでに時間がかかります。

 

 

ソウルナンバー22の短所まとめ

・ずる賢い
・周りを振り回す、自分本位
・頑固
・せっかち
・感情的になると激しい
・独裁的になりやすい
・神経質
・他人に厳しい
・嫉妬深い
・落ち込みやすい

 

 

ソウルナンバー22の恋愛に対する考え方

カリスマ性があるソウルナンバー22は、異性からもてるので、恋愛に困ることはありません。
しかし、異性にもてることを喜ぶ人ではありません。

好き・嫌いがはっきりしているので、タイプでない人からのアプローチには、驚くほど素気なく、冷たい対応をします。
その一方で、好みのタイプや、好きになった相手には、情熱的な対応をします。
良くも悪くも、はっきりした激しい人です。

理想が高く、なかなか理想に叶う人に巡り合わないナンバー22は、時折妥協して恋愛をしますが、うまくいきません。
妥協して付き合うと、自分に納得できない部分が目についてしまい、相手に不満をぶつけ、相手を責めてしまうのです。
自分より優秀なところを持つ「叶わない」と思える相手に惹かれます。
妥協しないことが安定した恋愛を手に入れる上では大切な方法です。

元々仲間に対する執着心が強いナンバー22は、好きな人に対してはもっと強い執着心を抱きます。
それは愛情深さの裏返しではありますが、執着は独占や束縛となって相手を縛ります。
その一方で、相手の気持ちが離れてしまうことへの不安を抱えやすいところがあります。
相手との会話を大切にし、そこで互いのつながりを感じるので、会話が少ないと不安を募らせます。

また、相手に対する不満や、二人の関係に物足りなさを感じても、自分で選んだ恋愛を終わらせることは、自分の失敗を認めることだと捉え、余程のことがない限り別れを選ぶことはありません。
そのため、すでに相手の気持ちが離れたり、二人の関係が崩れていても、現実を受けいれられず、いつまでも引きずってしまうことがあります。

プライドも理想も高いナンバー22ですが、人一倍孤独を恐れ、他人からの愛情を求めている人でもあります。
普段は広い視野を持ちますが、恋愛に関しては強い願望が視野を狭めています。

広い視野で異性を見ることが出来た時、理想の相手と出会うでしょう。

 

 

ソウルナンバー22の恋愛まとめ

・もてる
・好き・嫌い、好みのタイプがはっきりしている
・情熱的
・自分より優れたところを持つ人に惹かれる
・不満をぶつけやすい
・束縛心、独占欲が強い
・主導権を握る
・会話を大切にする
・愛されることを求めている
・執念深い
・失恋を引きずりやすい

 

 

ソウルナンバー22の結婚・家庭に対する考え方

ソウルナンバー22は、典型的な亭主関白、もしくはかかぁ天下になるタイプです。
結婚すると、パートナーや家族を大切にする愛情深い人です。
家族を守ろうとする責任感が強く、将来のことまで考えて行動します。

頭が良く、何事も自分の力で成し遂げられるナンバー22は、パートナーとの会話を何よりも大切にします。
会話によってお互いの愛情や信頼を確認することで、支えあえる関係を築こうとします。
ただ、会話が少ないと不安になり、パートナーや家族に執着しやすくなります。

愛する人には寛大なので、パートナーや子供に対しては献身的に尽くします。
ただ、人より何歩も先を行くナンバー22の優しさや、相手のことを思って行うサポートやアドバイスは、その時には相手に伝わらないことが多いでしょう。
時にはパートナーや子供から煙たがられることや、素気ない反抗的な態度をとられることもあるかもしれません。
しかし、どんなに冷たくされても、自分が相手にとって良いと思ったことは、決して諦めることなく続けていきます。
その優しさや真意は、時がたって伝わり、後から感謝されるかもしれません。
忍耐強く、パートナーや子供を育て、守ろうとする人です。

パートナーとの信頼関係や愛情を確信出来ている時は、どんな困難なことがあってもパートナーと協力し、生涯添い遂げようとします。
しかし、パートナーへの信頼が揺らいだり、無気力になってしまった時には、愛情が冷めてしまう可能性があります。

 

 

ソウルナンバー22の結婚まとめ

・亭主関白、かかぁ天下
・愛情深い
・責任感が強い
・信頼関係を築く
・献身的に尽くす
・面倒見がいい
・過保護になりやすい
・忍耐強い
・包容力がある

 

 

ソウルナンバー22の人間関係に対する考え方

独特の存在感と個性を放つソウルナンバー22は、何もしないで立っているだけで「他の人とは違う」何かを感じさせます。
カリスマ性があるので、黙っていても周りに人が集まってくる人です。

人とコミュニケーションをとることが好きなので、話題を提供して場を和めたり、仲間意識を強めようとします。
世間話程度なら問題はないのですが、深い話になると人とは違う視点で人や物事、世の中、社会全体を見ているので、理解されないことも多々あります。
人を惹きつける魅力があるナンバー22ですが、本人が自然体で会話が出来る相手はかなり少ないです。
「この人には理解してもらえない」と諦めた瞬間から、相手に対してワンマンな態度に出やすい人なので、相手によっては「怖い」と思われるかもしれません。

基本的には愛情深く、包容力があります。
カリスマ性がありながら、先頭に立つことを嫌い、陰のリーダーでいることを望みます。
また、好き・嫌い、敵・味方がはっきりしていて、敵や嫌いな相手には素っ気ない態度をとります。
しかし、好きな人や仲間に対しては、忍耐強く、相手を支えようと尽くします。
仲間に対する愛情が強すぎて、仲間に依存し、嫉妬することがあります。
例えば自分が親しくない相手と仲良くしていると、嫉妬して不機嫌な態度をとり、相手をこちらに引き戻そうとします。
そんな行動の裏には、特殊であるナンバー22は、どうしても意志の疎通がスムーズにできる相手が少ないので、他者からの理解や愛情を求める気持ちが強いからです。

人より強そうでいて、内面は繊細で心配性なところもあります。

何でも器用にできて、頭の回転も速いので、人から頼りにされるタイプです。
頼りにされることは嬉しく、出来ることは手助けしようと努力しますが、周りに対しても自分と堂々の行動を求めてしまいます。
その心理もまた、頼られるだけでなく、自分が頼れる相手を探しているのです。

信頼できる仲間が出来ると精神的に安定し、よりパワフルになります。
しかし、精神が不安定になるとすべてが空しく見え、殻に閉じこもってしまうこともあります。
人と関わることで、ナンバー22の才能が開花しますので、自分を追い詰めすぎないように注意しましょう。

特に若い内は、人間関係で試行錯誤することが多いですが、試行錯誤している内に、様々なタイプの人との付き合い方を習得していくでしょう。

 

 

ソウルナンバー22の人間関係まとめ

・人が好き
・仲間意識が高い
・好き、嫌いがはっきりしている
・愛情深い
・嫉妬深い、執着心が強い
・本音で語り合える関係を求める
・殻に閉じこもりやすい
・人と接することでコミュニケーション力を磨く

 

 

ソウルナンバー22の仕事に対する考え方

合理的で建設的な考え方をするソウルナンバー22は、自分のやり方にこだわりがある人。
人から指示命令されることが嫌いです。
選択と決断が出来、計画と実行すべてを自分で把握・管理していていたいのです。
そのため、一般的な組織で働くとしたら、管理職に出世するまでは苦労が多いでしょう。
ナンバー22は、自分が采配を握る立場にたって、はじめて能力を発揮できるのです。

ただ、頭の回転が早く、仕事を覚えるのも、熟すのも人一倍早いナンバー22は、どこにいってもすぐに頭角を現します。
組織の場合、どんな上司の下で働くかによって、その後の道が大きく分かれるでしょう。
人から抑えつけられ、自分らしさが発揮できない状況に置かれると、すべてが面倒になり、殻に閉じこもり、自らの才能にふたをしてしまうこともあります。

目標を掲げ、自己成長を目的に働く人です。
カリスマ性があるので、趣味に没頭していたら、人が集まり、それが仕事になる可能性もあります。
また、人気商売となる政治や芸能関係で能力を発揮する可能性もあります。
元々仕事運が強いナンバー22は、自分が求めなくても仕事につながる出来事や人と巡り合うようになっている人。
「好きなことを仕事にしたい」「人の役にたつ仕事をしたい」「世の中を変えたい」がナンバー22の大きな目標です。
それは非現実的な目標に見え、「夢追い人」や「変わり者」と思われるかもしれません。

しかし、優れた感性と直感、行動力と実践力を持つナンバー22は、最終的には目標を達成していくでしょう。
そして、その強運に甘えてしまう傾向があり、自分から仕事を欲しようとしなくなる可能性があります。
ナンバー22は、自分から欲することで運を味方につけるタイプなので、運に甘えてしまうと運気が下降するのでご注意ください。

また、人に頭を下げることも、人に細かく指示・命令を出すことが苦手です。
他の人より何歩も先を見ているナンバー22は、全体の計画を立てることは得意ですが、細かなところは面倒がって人任せです。
大きなスパンの話しかしないので、ナンバー22の指示・命令では周りの人は動けません。
ナンバー22自身は、自分の言葉を理解されないことにイライラし、相手に高圧的になることもあります。
仕事で成功するためには、ナンバー22の言おうとすることを理解し、それを現実的な作業工程に落とし込めるサポート役が必要です。
サポート役が表舞台に立ち、陰で管理できるような環境でないと、能力が発揮できません。

ナンバー22は、強運ではあっても、成功を掴むためには紆余曲折があるでしょう。
しかし、目標を追い続けることが、成功に近づくことだということを忘れないでください。

 

 

ソウルナンバー22の仕事まとめ

・指示、命令、管理されることが苦手
・人の役に立ちたい
・管理能力がある
・頭の回転が早い
・合理的、仕事が早い
・責任感が強い
・直感が鋭い
・先見の目がある
・高圧的になりやすい

 

 

ソウルナンバー22のお金に対する考え方

大きな視点で物事を見るソウルナンバー22は、お金に対しても先々、未来のことまで見据えています。
今現在の生活だけでなく、5年、10年、その先の老後のことまで考え、計画的に貯金をします。
結婚して子供が出来ると、自分がなくなった後の子供の老後のことまで考えるほどです。

堅実な金銭感覚の持ち主で、お金を貯める能力があります。
お金を稼ぐことより、お金を貯めることに興味がある人です。
倹約家で、どちらかといえばお金に細かいタイプ。
収入の額で生活レベルが変わることもなく、淡々と安定した生活を続けていきます。
無駄遣いを嫌い、納得できるものにしかお金を使いたくない人です。
「数より質」タイプで、良質で長く愛用できるものにお金を使います。
結婚をすると、家計を握り、家族の支出も管理したがります。
管理が細かく、家族からは煙たがられることもあるかもしれません。
しかし、最終的には家族のためにお金をため、使う人なので、感謝されるでしょう。

ナンバー22は非常に強い金運の持ち主なので、生涯を通じてお金に困ることはありません。
考えなくても、お金を稼ぐ運気に恵まれます。
投資や株に興味を持ち、鋭い直感と先を見る力で着実にお金を増やしていきます。
一時的にお金に苦労することがあっても、必ず挽回できる運気の持ち主です。

生活には倹約家のナンバー22ですが、時々周りが驚くような大胆なお金の使い方をします。
家族や周りに相談することなく、家を買ったり、大金を株や投資につぎ込むこともあります。
小銭や小物使いには倹約ですが、大金や大物には度胸あるお金の使い方をします。
そのお金の使い方、金銭感覚は、一般の人にはなかなか理解されないでしょうが、そんなことは気にせず、納得しながらお金をやりくりしていきます。

強い金運の持ち主で、倹約家のナンバー22ですが、お金の流れを止めてしまうと運気が下降します。
また、自分の力になってくれた人たちに感謝を込めてお金を使うようにすると、運気が上昇します。

 

 

ソウルナンバー22のお金まとめ

・堅実
・計画性がある
・納得できるものにしかお金を使わない
・投資や株に興味を持つ
・大胆なお金の使い方をする
・細かい
・管理したがる
・家族のために使う

 

 

ソウルナンバー22の2018年の運勢

ソウルナンバー22を持つ人の2018年の運勢は、全般を通して強い運気に恵まれています。
一言でいえば「メリハリある年」で、何の動きもない「静」と、一気に物事が動きだす「動」の落差が大きく、メリハリをつけて行動したい時。

静の時期は、刺激的なことも、好奇心を駆られることもなく、淡々と過ぎていきます。
平和で取り立てて問題もない代わりに、特別気分が高揚することもありません。
この時期は、どこか物足りないような、刺激が欲しい気がするかもしれませんが、安心してください。すぐに刺激はやってきます。

動の時期は、一つの出会いや出来事をきっかけに、予想もしなかった出来事が次々と起こります。
この時期は、自分の目標や幸せを達成することよりも、他人の目標達成や幸せに貢献することを意識していきましょう。
元々カリスマ性があるので、新しく出会った人たちもすぐに惹きつけることが出来るでしょう。
周囲に思いやりと奉仕精神を持って接することで、大きなチャンスが舞い込む可能性があります。

一年の中で、2018年は静と動がコロコロ変わり、過ぎてみれば「変化の年」になっているでしょう。
静の時期は、自分の心を見つめなおす内観の時間に、動の時期は周りの人たちをサポートする時間に徹しましょう。
せっかちなところがあるので、静の時期は物足りなさにウズウズするかもしれません。
はじめは静けさに落ち着けないかもしれませんが、静けさの中に身を置いていてください。
これまで気が付かなかった自分の本音を発見したり、良いアイデアを思いつくかもしれません。
また、頭の回転が早いので、発案、計画、実行を自分が中心となって行うことが多いのですが、2018年は黙って他人のアイデアや計画に従ってみましょう。
いつも以上に協調性を意識して周りの人と接することが幸運を招くポイントです。
他の人の考え方ややり方を知ることは、あなたに大きなヒントを与えてくれるでしょう。

 

 

ソウルナンバー22への言葉

自分が思っている自分が本当の自分の姿とは限りません。
静かに内観することで、隠れていた自分を呼び出すことが出来ます。
隠れた自分を呼び出すことが出来るのは、あなただけなのです。

 

 

ラッキーアイテム

ピンク、桜、腕時計、ビーズ、早起き

 

 

ソウルナンバー22の相性

 

ソウルナンバー22とソウルナンバー1の相性

友人としての相性

★★

遠巻きでいた方が優しくなれる相性
正義感と責任感があるソウルナンバー22と1は、強弱で言えばどちらも強いタイプ。
人から頼られ、慕われる二人ですが、タイプ的には全く違います。

ナンバー1は、自己主張が強く、場の空気を自分色に染め、自分を中心に周りを動かしたい人です。
元々感性が鋭いナンバー22は、自己主張が強すぎる人に近づこうとしませんが、どうしても近づかなければならない時は、ぎこちなく、ギスギスしてしまうでしょう。
支配的なナンバー1は自分に合わせることを相手に求め、融通性がなく、許容にゆとりがありません。
しかし、こだわりが強く、ナンバー1以上に神経質なナンバー22が、互いの意見をぶつけあうと、終わりなき論争になるでしょう。
ナンバー1にとっても、切れ者で頑固な相手は、出来るだけ近づきたくない相手。

物事を真っすぐに捉え、真正面から突破していくナンバー1と、知識と頭脳を駆使し、出来るだけ合理的に無駄なく進めていくナンバー22。
物事の捉え方も、やり方も違い、これは生き方にもつながります。
人生の歩み方が全く違う二人は、触れ合わないほうがお互いに優しい気持ちで相手を見ていられます。

恋人としての相性

努力しても埋められない溝がある相性
ソウルナンバー1と22の相性は最悪です。
どちらも主導権を握りたがり、一歩も引かないので何をするにも衝突し、らちが明かなくなります。
愛を語り合うというより、どちらが勝っているか、どちらが正しいかの争いになる可能性があります。

元々、理想が高く、自分から追いかけるタイプのナンバー1は、素直に感情をぶつけてくれる相手を求めます。
また、ナンバー22もまた、最初の印象で好き・嫌いが決まります。
自信家でプライドが高い相手は敬遠することの方が多いでしょう。

どちらも相手に尽くし、相手からも愛されることを求めるタイプですが、愛し方も求め方も違います。
素直に会話をし、相手を理解し、信頼関係を深めようとするナンバー22ですが、ナンバー1は自分の理想ありきで、会話がかみ合わないかも。
どんなに話をしても、伝わった実感が持てない寂しさを感じ合うでしょう。
自分の思い通りにならないことや、うまくいかない悔しさを相手にぶつけようとすると、どちらも執念深いので、泥沼化する可能性もあります。
こうなると、どっちが悪いのかと犯人捜しになってしまい、愛情ではなくなります。
二人の場合は、努力しても埋まらない溝がはじめからあるのです。

 

 

ソウルナンバー22とソウルナンバー2の相性

友人としての相性

★★★★

落ち着いた関係が築ける相性
2の性質を持つソウルナンバー22と2は良い相性です。
どちらも平和的、友好的に友情を築いていくタイプなので、安定した関係が築けます。

ナンバー2は感覚的なタイプで、それに理論的な面を加えたのがナンバー22です。
頭の回転が早く、理論で討論することが好きなナンバー22には、ナンバー2は少し刺激が足りなく感じることもあるかもしれません。
周りの人に合わせて、自分を見失いがちなナンバー2の弱さを不安定にも感じるでしょう。

また、ナンバー22のせっかちで頑固なところは、ナンバー2にとって安心が足りません。
神経質なので、一緒にいて落ち着くけれど、緊張感が解けないのです。

お互いに物足りなさを感じながらも、衝突することもない二人。
特別盛り上がることもありませんが、落ち着いた関係を築いていけます。

 

 

恋人としての相性

★★★

しがみ付き合う相性
主導権を握り、相手をリードするソウルナンバー22と、受け身で尽くし型のソウルナンバー2の相性はまずまずです。
同じ2の性質を持っている二人は、どちらも安心できる相手を求めています。
一人でいるのが苦手で、相手がいることで安心できるタイプ。

2の特徴は、独占欲が強いこと。
二人とも嫉妬深く、束縛心も強いタイプです。
好きになると、互いを縛りあう可能性があります。
相手からの愛情を感じたいタイプなので、束縛されることは、嬉しく感じるかもしれません。
しかし、束縛が愛情ではなく、干渉や依存だと気づいてしまうと、虚しくなる可能性も。

縛り合ってしまう二人は、付き合ったことによって、自己成長を止めてしまう部分が出てきます。
それでも、執着してしまうと離れられません。
相手の嫌なところや合わないところを見ても、しがみついてしまいます。
二人が安定した関係を築くためには、冷静に相手を見る余裕を持つようにしましょう。

 

 

ソウルナンバー22とソウルナンバー3の相性

友人としての相性

★★★★

相手の長所を素直に受け入れることが出来る相性
真面目で几帳面なソウルナンバー22と、素直で明るいソウルナンバー3は、一見すると大人と子供、陰と陽といった正反対のタイプに見えます。
しかし、感覚と理論を使い物事を捉え、行動するところは良く似ています。
話題が豊富な二人なので、親しくなると話が尽きないほど語り合える良い相性です。

二人が仲良くなるきっかけは、ナンバー3からのアクションでしょう。
いつも明るく楽しいナンバー3のハイテンションは、ナンバー22には高すぎて、警戒して自分から近づくことはない可能性があります。

親しくなると、いい意味で相手から刺激を受けます。
自由で楽観的、どんな時でも自分らしくあろうとするナンバー3の明るさと個性は、神経質に考えがちなナンバー22の考えに柔軟性を加えます。
また、頭の回転が早く、先を見越して行動するナンバー22の無駄ない動きに、その時の気分で動きがちなナンバー3に計画性や責任感が加わるでしょう。
正反対のタイプなので、ライバル視することもなく、相手の長所を素直に受け入れることが出来ます。
自分にないところに刺激を受け、それがお互いを向上させるきっかけになる相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★

ソウルナンバー22の包容力次第
ソウルナンバー22と3の相性は、努力次第で決まります。
友人から恋愛に発展するパターンが多い相性です。

どちらかと言えば落着きがなく、喜怒哀楽が激しいナンバー3に、ナンバー22が振り回されず、しっかり舵取りが出来ると良い関係が築けます。
自由きままな相手を縛ろうとせず、自由にさせながらも、押さえるところはしっかり押さえる。
相手を束縛したがるナンバー22ですが、ナンバー3には束縛は反発しか生みません。
相手のペースに合わせながらも、じわじわと自分の恋愛観や人生観を相手にしみ込ませましょう。
素直で単純なナンバー3は、良いと思ったらすぐに染まれる人です。
自由にできることも、相手から刺激を受けることも、ナンバー3にとっては楽しいことになります。

一見するとナンバー3が主導権を握っているように見せて、裏ではナンバー22のペースになっているのが一番しっくりくる形でしょう。
そんな安定した形を作るには、普段から相手と話をする時間を大切にしましょう。
「言わなくてもわかるから」と言葉にしないていると、誤解の元です。
些細なことでも、話し合うようにしてください。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー4の相性

友人としての相性

★★★★★

気が合う相性
ソウルナンバー22と4は良い相性です。
4は2の倍数ということもあり、4の資質を持つ二人には共通点があり、息が合うでしょう。

どちらも真面目で責任感が強い人です。
常識的な枠の中で努力を積み上げていくナンバー4と、独創的なアイデアを自ら生み出すナンバー22。
タイプは違いますが、根本的な考え方や生き方が似ているので、理解し合えます。
自分とは異なる考え方や行動の仕方も、批判することなく、刺激され、向上心を掻き立てられるでしょう。

せっかちで、感情が高ぶると抑えられないナンバー22にとって、いつでも冷静に動じないナンバー4は大人に見えます。
自分もそうなりたいと思うでしょう。
そして、ナンバー4もまた、自分流を創り出せるナンバー22の創造力とその度胸に驚かされます。
守るだけでなく、動くことの大切さを教えられるでしょう。

人は、落ち込んでいる時に声をかけられて嬉しい相手と、そうでない相手がいます。
二人の場合は、落ち込んでいる時に近くにいてほしい相手となるでしょう。
それだけ、相手のことを理解し合える相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★

安心できる相性
情熱的ソウルナンバー22と、どちらかといえば受け身のソウルナンバー4は良い相性です。

好き・嫌いがはっきりしていて、感情的、情熱的なナンバー22と、真面目で慎重なナンバー4は、恋愛への向き合い方は全く違うタイプです。
しかし、根本にある4の性質がどちらにも備わっているので、恋人になると、理解し合えます。
自分にはないものを持つナンバー4のクールな面は、ナンバー22にとって新鮮で魅力的です。
そして激しい感情のナンバー22の正直さを、ナンバー4は好ましく思うでしょう。
笑って嘘をつける人より、怒っても本音を言ってくれる人のほうが安心できるのです。

この二人の場合、基本的にはナンバー22が主導権を握りますが、ナンバー22が暴走しそうになると、ナンバー4がブレーキを掛けます。
お互いの役割分担が自然とでき、相手がいることで安心できるでしょう。
感情表現が苦手なナンバー4に、会話の物足りなさを感じるかもしれませんが、それは時間が解決してくれます。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー5の相性

友人としての相性

衝突しやすい相性
ソウルナンバー22と5は良くありません。
近づくと衝突し、周りを巻き込んだトラブルに発展するか、派閥を作り対立する可能性があります。

どちらも頭の回転が早く、器用に物事をこなしていきます。
饒舌で、カリスマ性があり、目立つ存在であることも似ています。
それだけでも、お互いをライバルとして意識することになるでしょう。

感性が鋭いナンバー22には、ナンバー5のデキる部分だけでなく、裏の部分が見えます。
相手によって態度を変え、表面ではよい顔をしながら、裏では陰口を言うなど、八方美人で安易に人を批判するところが好きになれません。
自分や大切な人が陰口をたたかれたら、直接抗議にいって衝突する可能性もあります。
また、ナンバー22の独創性や周りを巻き込みなからも、自分のペースで物事を進める様子に、ナンバー5は激しく嫉妬し、ライバル心を燃やします。

どちらも自分本位なところがあるので、自分の思い通りにならない相手が面白くないのです。
あからさまにライバル心を燃やすと、想像以上に周りを巻き込むでしょう。
相手に良い印象を持たなくても、表面上は穏やかに接するのが無難です。

 

 

恋人としての相性

衝突が絶えない相性
ソウルナンバー22と5の相性は最悪です。
恋人というより、敵対する相性なので、喧嘩が絶えず、お互いを傷つけ合う可能性もあります。

どちらも主導権を握りたがり、相手を束縛し、自分の思い通りにしたい癖に、自分は自由でいたいタイプです。
一方的に相手に要求ばかりして、自分のことは頑なに意地を張り合います。
相手に不満があると、正面からぶつかっていくナンバー22に対し、ナンバー5も売り言葉に買い言葉で応戦してくるでしょう。

しかし、その激しさの裏には、お互いに素直に相手に愛情を表現したい気持ちや、愛されたい気持ちが隠れています。
そこに気が付かずに、言った・言わない、聞いた・聞かないの話で終始し、愛情の確認までいかない内に疲れ果ててしまうかも。
ナンバー22は執念深いので、自分から別れを決断することはありませんが、気持ちの切り替えが早いナンバー5は、無理だと思ったらあっさり離れていくでしょう。

相手の気持ちが冷めてしまった時は、執着しないように気を付けましょう。
深追いすると、相手の気持ちは冷めるだけでなく、拒絶に変わります。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー6の相性

友人としての相性

お互いに分かり合えない相性

せっかちで責任感が強いソウルナンバー22と、人に流されやすいソウルナンバー6の相性は良くありません。
誠実で情に厚いナンバー6は、自分のことより他人を優先するタイプ。
その情の深さは、周りから「優しい人」だと思われ、慕われています。
しかし、ナンバー22にとっては「自分の意志がない人」に見えてしまいます。

お互いに平和主義なので、直接衝突することはありませんが、心を開いて打ち解ける可能性は少ないでしょう。
自信家のナンバー22は、自分の意見をはっきり述べ、時に他人にも厳しく当たります。
ナンバー6は、そんなナンバー22の頭の良さや、行動力のすごさ、意志の強さに圧倒され、萎縮してしまうかも。
いつ直接意見されるのか、びくびくしてしまうところがあるのです。
そんなナンバー6の不安定な気持ちを感じ取り、ナンバー22も落ち着きません。
感性が鋭く、神経質なので、相手が不安定でいることが伝わり、安心できないのです。

注意しなければならないことは、ナンバー22のあなたにとってそんなつもりでない言葉でも、ナンバー6にはきつい言葉に感じることがあります。
会話をする時の言葉選びに注意しましょう。

 

 

恋人としての相性

★★

束縛しあう相性
ソウルナンバー22と6の相性はあまりよくありません。

恋愛関係に発展するには、好き・嫌いがはっきりしているナンバー22のおメガネに叶うことが絶対条件です。
個性的で行動力、実践力ともに抜群のナンバー22は、何か一つ自分より勝るものを持つ相手に惹かれます。
受け身で、相手の好みの自分になることが好きなナンバー6は、「優しい人」だとは思うけれど、恋愛相手としては物足りなく感じます。

恋人同士になると、お互いに束縛しあう関係になります。
二人で過ごす時間が楽しい間はうまくいきますが、趣味や仕事など、一人で行動したい時には重たく感じるでしょう。
どちらも愛されたい願望が強く、重たい恋愛をしがち。
執念深く、ダメだと思っても自分から別れを切り出さないタイプ。
それだけに、愛情がなくても、情だけでずるずるとつながる腐れ縁になる可能性が高い相性です。

情だけで繋がる関係は、お互いを傷つけてしまうことがあります。
自分の気持ちが愛情なのか、情なのか、しっかり見つめましょう。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー7の相性

友人としての相性

★★★

第一印象がいいと刺激しあえる相性
ソウルナンバー22と7は、ものすごく気が合うか、合わないかのどちらかに偏る相性です。

どちらも直感が鋭いので、気が合うかどうかは第一印象によって大きく分かれるでしょう。
相手に良い印象を抱いた場合は、相手の長所に目が行くようになります。
頭の回転が早く、分析力、実行力、思慮深いナンバー7の才能にナンバー22は惹かれます。

一つのことに夢中になると、結果を急ぐあまりに、せっかちになりやすいナンバー22ですが、一つ一つ冷静に、確実に成し遂げていくナンバー7の姿に刺激を受けるでしょう。
普段は一人で先走ってしまい、周りを振り回すことが多いのですが、ナンバー7が仲間に加わることで、いつもより落ち着いて物事に取り組めるようになります。
また、焦ると感情をそのまま言葉にしてしまい、失敗することが多いのですが、言葉にする前に一呼吸おいて、考えてから発言することを学びます。

一方ナンバー7は、個性的でカリスマ性があるナンバー22を、羨望のまなざしで見つめるかもしれません。
根は繊細で優しい心の持ち主ですが、感情を表現することが下手で、周りから誤解されることが多いナンバー7。
ナンバー7が「何も言わないから、誤解されても仕方がない」と思うタイプなら、ナンバー22は「どうせ誤解する人がいるなら、自分の思うことは言っておこう」というタイプ。
ナンバー22が周りから誤解されても突き進んでいく姿を見ることで、自分を表現することに、少し勇気が持てるようになるかもしれません。

お互いに、自分にはない相手の長所に刺激を受け、自分の欠点を振り返ることが出来ます。
相手の良さを吸収することで、自己成長にもつながります。
刺激しあって、互いに成長し合い、相手の成長を喜び合えるでしょう。

ただ、第一印象が悪い場合は、接点を持たないまま時間だけが過ぎてしまいそう。
特に自分から積極的に人とコミュニケーションをとろうとしないナンバー7なので、ナンバー22から接近しない限り、親しくなることはありません。

 

 

恋人としての相性

★★

価値観が違いすぎる相性
ソウルナンバー22と7の相性はあまりよくありません。
どちらも自分の理想を優先し、主導権を握りたがるので、お互いが歩みよらない限りは激しくぶつかり合うでしょう。

二人が恋人になるには、友達関係から発展する可能性があります。
奥手で、どちらかといえば恋愛に消極的なナンバー7と、異性からの人気も高く、恋愛に困ることが少ないナンバー22。
対照的ともいえる二人の価値観は全く違います。

ナンバー22は、しっかり者に見えますが、相手に甘え、愛されたい願望が強い人。
好きになると、相手を束縛し、自分の思い通りにしたくなります。
対して、どんなことでも討論出来るような対等な関係を求めるナンバー7は、信頼関係を築くことを重視します。
自分を押し殺して相手に合わせることは、信頼関係を築くことからはかけ離れています。
対等であるべき、信頼を優先させるべきという考えを、理路整然と相手にぶつけ、主導権を握ろうとします。

ナンバー22には、ナンバー7の言葉はきれいごとで、理屈っぽく感じてしまいます。
ナンバー7には、ナンバー22が我儘で幼稚な恋愛ごっこに感じてしまいます。

二人が仲良くつきあっていくためには、どちらも今持っている価値観を手放し、二人であらたな価値観を見つけるくらいの覚悟と勇気、そして協力が必要です。
こだわりを捨て、全く新たな形を二人で作りだすことが出来たら、その先どんな困難なことに出会っても、乗り越えられる絆で結ばれるでしょう。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー8の相性

友人としての相性

★★

意地の張り合いになりやすい相性
負けず嫌いでプライドが高いソウルナンバー8と、ソウルナンバー22の相性は良くありません。
どちらも高い向上心をもってパワフルに人生を歩むタイプですが、互いに相手に嫉妬し、意地の張り合いになりやすい相性です。

精神的に落ち着いているナンバー8は、「静かなドン」という言葉が似あう人。
努力家で旺盛な好奇心を持ちながら、様々なことに果敢に挑戦していきます。
内面は臆病で小心者のところがありますが、対外的には強気な態度を前面に出す人です。
その行動はワンマンになりやすく、上から目線で物を言われるのが嫌いなナンバー22には、ふてぶてしく、図々しい相手に思えるでしょう。

また、平和主義で、誰にでも優しく接し、圧倒的なカリスマ性があるナンバー22もまた、ワンマンになりやすいタイプ。
ナンバー8は、自分のポジションをいつか奪い取られるのではないかという危機感を感じ、面白くありません。

どちらも才能豊かで有能なタイプなので、二人が協力し合うことが出来たら、大抵のことは成し遂げられるはずです。
ただ、どちらも他人に対して神経質なところがあるので、相手に弱さや甘えを見せることが出来ません。
虚勢を張って強がつてしまうでしょう。

最初に強い自分で接触すると、その後は意地になっても強い自分を演じてしまう頑固さもある二人。
意地を張らなければならない相手は、神経を使い疲れます。
この二人が穏やかな関係になるためには、第三者の介入が必要でしょう。

 

 

恋人としての相性

恋愛に発展する可能性が低い相性
恋人としての相性というより、恋愛関係に発展する可能性が極めて低い相性なのが、ソウルナンバー22と8です。
どちらも恋愛に困らない恋愛体質。
異性からのアプローチも多く、刺激的で情熱的な恋愛を求めています。

そんな熱い二人が恋人同士になると、どちらも主導権を握りたがります。
積極的に自分から求めますが、自分が相手を思う「好き」という気持ちより、もっと大きく深い「好き」を相手に求めます。
どちらか一方が尽くし型で受け身であれば、求められることも喜びに感じられますが、ナンバー22と8はどちらも求められるより求めたいタイプ。

二人の場合、求める気持ちが強すぎてお互いに一方的に求めることに神経を注ぎ、互いの気持ちを確認するところまで到達するのには、かなりの時間を要するでしょう。
自分の欲していることが現実的にならないと、その不満は相手に向けられます。
「俺だって」「私だって」とお互いの言い分をぶつけるだけでは、信頼も愛情も育ちません。

二人が安定した関係を築くためには、「相手にしてもらいたいこと」の前に「自分がしてあげたいこと」もしくは、「自分がしてあげること」を相手にしてあげましょう。
お互いが相手のために尽くすことが出来ると、お互いのことも良くわかるようになるでしょう。
何より、相手から尽くされることで、心が満たされ、自然と優しい気持ちになれます。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー9の相性

友人としての相性

★★★

相手の存在が自分を引き立ててくれる相性
ソウルナンバー22と9の相性は悪くありません。
平和主義で誰にでも穏やかにコミュニケーションか取れる二人の間には、ギスギスした空気が流れることがなく、安定した関係を築くことが出来るでしょう。
深く付き合うと、お互いに相手を都合よく利用する可能性があります。

順応性があり、気が利いて、周りからの人望もあるナンバー9は、独創的で我が道を行くナンバー22にはありがたい存在。
ナンバー22が誘いや、お願いごとをした時、余程のことがない限り快く引き受けてくれるからです。
せっかちで神経質なところがあるナンバー22は、威圧的に見えることがあります。
人によってはあからさまに反発し、苦言を呈してくるともありますが、不平不満も言わずにつきあってくれるナンバー9は心強い仲間になるでしょう。
つきあってくれるナンバー9がいることで、周りからのイメージも和らぐ効果が期待できるのです。

また、チャレンジするより守りに入りやすいナンバー9は、ナンバー22の近くにいることで苦労せずに新たな挑戦が出来ます。
気難しいところがあるナンバー22と上手に付き合うことが出来ることが、周りからの賞賛を得たり、自信になります。

二人の場合、相手の存在によって自分を引き立てる術が得られる相性なのです。
利用するつもりはなくても、それを利用されていると捉えると、不愉快に感じることもあるかもしれません。
ただ、どちらもお互い様なので、フィフティフィフティだと割り切ることで良い関係を保つことが出来るでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★★

22にとって素直な自分になれる相性
積極的で情熱的なソウルナンバー22と、誠実で従順なソウルナンバー9は良い相性です。

しっかり者で、一人でも生きていけそうなナンバー22は、恋人の前では甘えん坊で、愛されたい願望が強い人です。
愛情豊かで、一途に愛してくれるナンバー9は、そんなナンバー22を優しく受け止め、包み込んでくれるでしょう。
わき目もふらず相手だけを想い、愛し続けるナンバー9は忍耐強いタイプです。
自分本位なところがあるナンバー22の我儘さも、大目に見て受け止めてくれます。

また、カリスマ性があり、いつでも注目を集めるナンバー22のパワーは、ナンバー9は憧れに近い感情を抱きます。
ナンバー22の恋人という事実が、自分のステータスを上げてくれるような気がして、優越感に浸れるかも。

二人が安定した関係を築いていくためには、しつこく相手を責めないことです。
例えば、相手に不満を感じた時、ナンバー22は執念深く何度でも相手に同じことを責め続けることがあります。
いくら忍耐強いナンバー9にも我慢の限界があります。
また、ナンバー9には、ナンバー22の異性関係が不安になることがあるかもしれません。
浮気や心変わりが心配だからと、しつこく相手を責めたり、縛りすぎると、返って気持ちが離れてしまいます。

お互いが相手を信じること。そのためにもたくさん会話をするように心がけましょう。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー11の相性

友人としての相性

★★

ペースが乱される相手
ソウルナンバー22と11は、どちらもマスターナンバーの持ち主です。
人一倍敏感な感性と、鋭い直感を持つ二人の相性はあまり良くありません。
直感的に相手も直感が鋭いことを感じとってしまえる二人は、人に見せたくない部分まで見抜かれている気がして、一緒にいても落ち着かないのです。

直感の鋭さ以外にも、二人に共通するのは「せっかち」です。
同じせっかちでも、単独行動しやすいナンバー11と、周りを巻き込んでいくナンバー22では印象が違います。
意志が強いようで、人に流されやすいところがあるナンバー11は、感情をストレートにぶつけてくる22を前にすると、自分のペースが乱されます。
また、周りを巻き込むことは、我儘や自分勝手だと受け止めるでしょう。
対して、頭の中だけで納得し、周りに説明することなく一人で黙々と行動するナンバー11は、ナンバー22にとって堅苦しく、ドライに感じます。
相手から何も言われなくても、近くにいてみているだけで、落ち着かないのです。
そして、お互いに相手が自分のことを良く思っていないことも感じとってしまうのです。

黙って直感だけを使い合い、相手を敬遠してしまいがちな二人ですが、腹を割って、互いに考えていることをぶつけあえたら、意外と共感出来て、意気投合するかも。
相手と過ごす時間が居心地悪いと感じたら、思い切って接近してみるのも方法です。

 

 

恋人としての相性

素直に向き合えない相性
ソウルナンバー22と11は悪い相性です。
どちらも感覚の人で、これまでの人生で自分の感性や直感に導かれる経験を人より多くしているでしょう。
それだけに、自分の感性や考え方に自信をもっている人が多いのですが、感性と思い込みをごっちゃに混乱してしまうことも多いタイプでもあります。

「この人はこういう人だから」という、最初に感じた直感を信じすぎるので、そこで作られたイメージから少しでも外れると、疑いの目で相手を観察してしまいます。
相手が情熱的な愛情表現をしてくれたとしても、表からは見えない相手の心理を感じようと疑い、探ってしまうのです。
「本当はこんなアプローチをする人ではないはずなのに、情熱的にアプローチしてくれたのはどうしてだろう」など、余計なことを考すぎてしまうのです。
これでは、お互いが本当に愛し合っていても、本気で相手にぶつかっていても、素直に喜べないし、恋愛を楽しむことはできません。
直感に自信があるからこそ、イメージと違う相手を見つけてしまうと、自分の直感が信じられなくなることが怖いのでしょう。
相手が同じような感覚の持ち主だからこそ、直感の鋭さ、正確さを「自分のほうが鋭いよ」と、心のどこかで競いあってしまうのかもしれません。

探るほうも、探られるほうも、どこか腑に落ちない感覚があります。
はたから見るとラブラブな二人に見えている時でも、本人同士はなんだかしっくりしないストレスがあるのです。

二人の関係がうまくいかなくなり、どちらかが別れを切り出した時、二人とも執念深いところがあるので、自分がふられることが許せず、しばらく執着する可能性があります。
もし相手の気持ちが離れたのであれば、正々堂々と手放してあげましょう。
自分を思ってくれてもいない相手に執着しても、何もいいことはありません。
そんな時こそ、持前の直観力を実践する時です。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー22の相性

友人としての相性

★★★★★

長年の同志のように相手のことをわかり合える相性
同じ性質を持つソウルナンバー22同士の相性はとても良いです。
良くも悪くも相手のことがわかるので、状況に応じてお互いに不快に思わない絶妙な距離感を保つことが出来ます。

カリスマ性があってリーダーシップが取れるしっかり者のイメージを持たれることが多いナンバー22は、周りの人が抱くイメージを壊さないように、普段はかなり頑張っています。
しかし、同じナンバー同士だと、周りがどんなイメージを持っていても、そんなイメージに惑わされることはありません。
だって自分を見ていれば、わかるのですから。

頭の回転が早く、真面目だけれどせっかちなナンバー22は、思いついたら何事もスピーディに片づけたいタイプ。
この時、周りが質問や意見を述べると、自分のペースを乱されたことにイライラし、突然感情的になることがあります。
また、他人に厳しいことを言うくせに、ちょっとしたことで落ち込んでしまい、自問自答することもあります。
そんな相手が強く反応してしまうポイントがわかるので、相手を逆なでするようなことは絶対にしません。
自分がされたら嫌だと思うことを相手にしなければ、お互いに気持ちよく一緒にいられることがわかっているのです。

程よい距離感を保ってくれる相手は、心地よく、言葉にはしなくても感謝するでしょう。
誤解されることも、理解されないことも多いタイプですが、何も言わなくてもわかってくれていることが、相手の立ち位置で伝わるのです。

「ありがとう」など、優しい言葉をかけあうことは少ない二人ですが、深い友情の絆で結ばれるでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★

好き嫌い・合う合わないがはっきりと分かれてしまう相性
ソウルナンバー22同士の相性は、可もなく不可もなくです。

好き・嫌い、イエス・ノーがはっきりしているので、共通の趣味を持っている場合や、嗜好が似ている相手であれば、意気投合するでしょう。
会話することが好き二人は、共通の話題で大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごします。
相手と過ごす時間が楽しければ、どんどんのめり込んで、情熱的な恋に発展するでしょう。
周りが見えない二人だけの世界に浸るかもしれません。
また、性質が似ている二人は、相手が喜ぶことも、嫌がることもわかるのでお互いに「痒い所に手が届く」相手となれます。
ただ、盛り上がった時は激しく燃え上がりますが、衝突した時のぶつかり方もかなり激しくなるのが特徴です。

衝突した時は、どちらも一歩も引かず、自分の正義を相手にぶつけるでしょう。
正しいのは自分、間違えているのは相手と決めつけて話をするところがあるので、一度始まった衝突は、簡単には収まりません。

二人の恋愛は、まるでジェットコースターに乗っているようにアップダウンが激しくなります。
激しさを「刺激的」と受け止めることが出来ている内はいいのですが、「疲れる」と思うようになると、それは溝が出来ている証拠かもしれません。

そんな二人が凸凹せず、安定した関係を築くためには、相手への気持ちに少しブレーキをかけること。
そして、冷静に二人の姿を見る目を持つことです。
ただ、そんなことが出来るのは、ナンバー22にはなかなかいないでしょう。
出来るとしたら、かなりの忍耐と努力が必要です。

 

 

ソウルナンバー22の相性

ソウルナンバー22とソウルナンバー33の相性

友人としての相性

★★★

浅く、狭く、細い関係を築く相性
ソウルナンバー22と33の相性は普通です。

内心ではいろいろと思うところがあるでしょうが、特別親しくなることも、争う可能性も少ない二人です。
どちらもマスターナンバーを持つ感性鋭いタイプ。
相手の頭の回転の速さも、強い個性も、お互いに認め合える関係です。

苦手意識や敵対する相手との向き合い方が大きく違う二人。
ナンバー22は感情を表に出し厳しく当たります。
最終的には、相手が自分のペースに巻きこみ師弟のような存在にさせようとすることもあります。

対してナンバー33は、ほぼ無反応。
表面上は普通にし、特別親切にすることもなければ、特別感情を荒げることもありません。
最終的には、気に留めることもない存在になります。

そんなそれぞれの対応は、お互いに好きになれません。
ナンバー22の態度は、自分本位で幼稚に思えるし、ナンバー33の態度は、ドライすぎて怖いくらいに思えます。
どちらも相手の才能や能力を認めながらも、どうしても好きになれないところがあるのです。

しかし、どちらも平和主義で、直感が鋭いので、表面上は穏やかに平和に付き合います。
周りから見ると親しそうに見えるかもしれませんが、浅く狭く細い関係を築くでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★

気持ちのすれ違いに気付きにくい相性
束縛心と独占欲が強いソウルナンバー22と、束縛も独占も苦手なソウルナンバー33の相性は良くありません。

どちらも自分にはない魅力や才能を持った相手に惹かれるので、お互いに惹かれる要素はあります。
相手を早くから恋愛対象として意識し、時間をかけて恋愛関係に発展させるパターンが多いでしょう。
お互いの価値観が違うので、普通であれば恋愛関係に発展しないのですが、器用すぎる二人なので、合わせようと思えば恋愛もできてしまうのです。

「お互いの足りないところは、二人で足し合えばいい」というタイプのナンバー33は、我慢強く、忍耐強く、相手に合わせることが出来ます。
しかし、相手に合わせながらも、足りないところをどうすればカバーしてあげることが出来るのかを考えています。
ナンバー33が考えることは、常に相手の立場にたった視点であり、自分から見た視点で物事を決めることは殆どありません。

対して、「自分の理想に近い相手になってほしい。自分は自分」というタイプのナンバー22は、意志表示がはっきりしています。
不満や不平は感情的にぶつけるし、楽しい、嬉しいは本気で喜んでくれます。
ナンバー22が考えることは、常に自分の立場からみた視点であり、自分が満足できている時は相手も満足できていると思いやすいのです。
束縛心が強いナンバー22は、自分の枠の中に相手を置いておきたくて、細かく詮索するところがあります。

こうなると、束縛されることも苦手で、精神的な信頼関係を重視するナンバー33には、我慢大会となるでしょう。
愛情深いので、情で繋がる可能性はありますが、愛情ではありません。
一方、ナンバー22自身は気づいていないかもしれませんが、束縛や詮索もまた、ナンバー33にとっては愛情ではないのです。

自分が愛されていないことを極端に拒絶するところがあるナンバー22は、別れ方が下手なタイプ。
ナンバー22から別れを切り出す時はきれいに別れられますが、逆の場合はかなりドロドロと引きずるでしょう。

ソウルナンバー一覧

ソウルナンバーとは?
ソウルナンバー1
ソウルナンバー2
ソウルナンバー3
ソウルナンバー4
ソウルナンバー5
ソウルナンバー6
ソウルナンバー7
ソウルナンバー8
ソウルナンバー9
ソウルナンバー11
ソウルナンバー22
ソウルナンバー33

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. ソウルナンバー4
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー4

  2. ソウルナンバー3
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー3

  3. ソウルナンバー9
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー9

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する