ソウルナンバー9

ソウルナンバー9

ソウルナンバー9の性格を一言で表すと・・・

感受性が豊かで共感力が高い人

 

 

ソウルナンバー9の長所

9という数字は、1~8までの数字の要素をすべて含んでいると言われています。
それだけに、繊細で複雑な内面をもっている人が多いのがソウルナンバー9の特徴です。
また、「ソウルナンバー9はこういう人」と断言することが出来ず、どのナンバーの要素が表に出るのかによって全く違います。
同じナンバーをもっていても、それぞれが異なる性質を持つ、珍しいタイプです。

感受性が強く、人の気持ちを敏感に察知することが出来るので、細かなところまで気が行き届く優しい人です。
同情心に厚く、いつでも相手の立場にたって物事を考えることができます。
それだけに、人の影響を受けやすい人ですが、同時に9の人が周りにも影響を与えています。

ソウルナンバー9は、1~8の要素をもっているので、他のナンバーそれぞれの長所や感情を直感的に読み取ることが出来るのです。
どんな相手でも、相手の気持ちに共感でき、純粋に相手のしあわせを願うことが出来る人です。
多くの人から信頼され、慕われるでしょう。

人と関わることが好きで、多くの人と関わりながら自分自身を振り返り、学び、成長する過程が好きです。
また、人が好転するきっかけをつくれたことに気が付いた時には、充実した気持ちになります。

自分の内側を深く見つめ、何事も深く考えるタイプです。
一度決めた時の覚悟は、他のナンバーには叶いません。
周りが反対しても、最後までやり抜く完璧主義なところがあります。
話し方も、身のこなし方もスローテンポな人が多く、穏やかなイメージを持たれますが、いざやろうとする時の実行力は周りの人を驚かせるでしょう。

リーダーを任されると、全体を統率する力があります。

ソウルナンバー9の人は、目に見えない世界、いわゆるスピルチュアルな世界に惹かれやすいでしょう。
人を見抜き、共感する力がある分、人の裏表が見えすぎて虚しくなることが多いからです。
平和な世の中、すべての人、動物のしあわせを本気で願う人ですが、行き過ぎてしまうと現実離れしすぎてしまうことがあります。

感性が豊かなので、様々なことに敏感なナンバー9は、それだけに多くの苦しみや悲しみを感じとります。
しかし、すべての経験を自分の肥やしに出来る人です。
年齢と経験を増すごとに、悟りの境地に入る人もいるでしょう。

 

 

ソウルナンバー9の長所

・感受性が強い
・気配りの人
・奉仕精神が高い
・平和主義者
・共感力が高い
・順応性がある
・統率力がある
・人の長所を引き出すのが上手
・マイナスの経験もプラスに出来る
・心が広い

 

 

ソウルナンバー9の短所

9という数字は、1~8までの数字すべてを受け止めることが出来る数字です。
そして、人々のしあわせを願い、平和を願う自分の生き方や価値観に誇りと自信をもって生きています。

一見柔和そうに見えますが、確固たる自信は頑固にもなり、人からのアドバイスには耳を貸さないところがあります。
自分の言動すべての責任を取る覚悟がある変わりに、自分のやり方は曲げません。
むしろ、他人からアドバイスをされると、意地になって自分のやり方を通します。
柔軟な面と、融通が利かない面の差がとても激しく、周りの人を困惑されることもあるかもしれません。

また、感受性の鋭さを自覚しているため、感じすぎてしまう自分を守るために、敢えて本音を隠して相手に合わせるところがあります。
本音を隠すようになると、自分の感情を殆ど表に出さず、出会ったそれぞれの人に合わせることに徹します。
見方を変えると八方美人であり、優柔不断です。
相手に合わせすぎてしまうと、あなたがどういう人なのかを周りは理解できません。
「何を考えているかわからない」「不思議な人」と言われることもあるかもしれません。
そして、周りがそう思っていることも感じ取るあなたは、自分をどう表現したらいいのか葛藤することが多いでしょう。

一方、理不尽なことが許せず、弱者いじめをする人や、他者を利用する人がいると、相手の年齢や立場に関係なく、直談判しにいく強さがあります。
他にも場の空気を乱す人や、非常識な人に対しても意見をします。
また、自分の中の常識やルールを重んじるため、一般的に人がキレないところでキレるので、理解されにくいでしょう。

また、人の気持ちを受け止めることはできても、自分の気持ちを受け止めてくれる場所がないと孤独感を感じることがあります。
他人が「わかるよ」と言ってくれても、「私の気持ちなんかわかるわけがない」と頭から決めつけているので、人の優しさを素直に受け取ることができません。
あまり神経質に考えすぎると、世俗をシャットアウトし、世間から離れた生活をする可能性があります。

自己防衛のため、狭く守りに入りたがりますが、本来は広い世界で生きていくほうが、ナンバー9の才能が生かされます。

 

 

ソウルナンバー9の短所

・頑固
・融通性がない
・秘密主義
・八方美人
・優柔不断
・孤独を感じやすい
・守りに入りやすい
・人に心を開かない
・悲劇のヒロインになりやすい

 

 

ソウルナンバー9の恋愛に対する考え方

ソウルナンバー9の人は、簡単に恋をしない人。
それでも、恋をすると長く続く「熱しにくく冷めにくい」タイプです。

直感や感覚的に人を好きになることはありません。
相手の人間性をじっくりと観察し、時間をかけて一歩ずつ関係を深め、恋に発展していきます。
そのため、同級生、友人、職場など、頻繁に顔を合わせる人と恋愛をしていくでしょう。

恋愛に対する憧れは強く、豊かな想像力を使い「理想の相手」を描いています。
ただ、自分から理想の相手を探し求めに行くことはなく、恋愛はいつも受け身。
好きな人が出来ても、自分からアプローチすることもありません。
むしろ、「好き」という気持ちに気づかれないようにするので、相手が気持ちに気づいてくれることも少ないでしょう。
チャンスを逃しやすく、人知れず失恋することも多いでしょう。

恋愛関係に発展すると、二人の時間を大切にします。
誠実に相手と向き合い、信頼関係を築いていきます。
自分を信頼してくれる相手に対して、嘘やごまかし、裏切るようなことは決してしません。
思いやりがあり、細かなところまで気配りが出来る優しいナンバー9は、好きな人のためなら自己犠牲も厭いません。

また、相手に対して憧れが強いと、自分の本音を隠してしまうところがあります。
自分の欠点を見せまいと、良い子を演じると疲れてしまうので、怖がらずに本音で会話をするように意識してください。

ナンバー9は、初めて付き合った人と結婚する人が多いのが特徴です。
それだけ一人の人を長く愛し続ける人であり、長く愛し続けられる人です。
比較的長い恋愛期間を経て、自然と結婚を考え始めるでしょう。
周りから祝福される結婚をする人です。

 

 

ソウルナンバー9の恋愛まとめ

・熱しにくく冷めにくい
・一途
・尽くし型
・愛情豊か
・誠実
・受け身
・付き合うと長い
・「いい人」を演じようとする
・恋愛の延長線上に結婚がある

 

 

ソウルナンバー9の結婚・家庭に対する考え方

ソウルナンバー9は、結婚に対する理想がはっきりしています。
自分が生まれ育った家庭の影響を強く受けている人が多く、同じような家庭を築きこうとします。

結婚適齢期を気にすることも、周りの結婚に焦ることもなく、自然な形で結婚に至る人です。
ナンバー9の人は、長い恋愛期間を経て結婚する人が多いのですが、恋愛の行方次第では晩婚になる可能性もあります。

結婚をすると、パートナーの影響を受けやすく、相手の生まれ育った家庭の価値観や考え方など、相手によって考え方も雰囲気もガラッと変わることがあります。
それだけ、結婚は人生の大きな転機になります。
素直に違うものを受け入れる順応性がありますが、苦労も多いでしょう。
しかし、誠実で真面目なナンバー9は苦労も時間とともに好転させることが出来ます。

家庭を第一に考える良き家庭人になります。
自分のことより、家族やパートナーが幸せでいることを心から願い、そのためにはどんな苦労もできる人。
細かなところまで気が付くので、パートナーや家族のことをあれこれ世話を焼くことが好きです。
ただ、あまりにも世話を焼きすぎて、相手を「何もしない」「何もできない」人にしてしまわないように注意してください。
結婚と同時に私利私欲はなくなり、家族の利欲だけを考えます。

女性の場合は、結婚を機に仕事を辞めて、家庭内に収まる人が多いでしょう。
仕事と家庭を両立する場合は、どちらも手を抜くことなく、完璧にこなそうと努力します。
ただ、パートナーにも完璧を求めすぎるところがあり、それが元で喧嘩することもあるので、大らかな気持ちで毎日を過ごすように意識してください。

子供が出来ると、男女ともに良き親になります。
子供の希望を叶えるためなら、我慢も苦労もできる愛情深い人です。
子供が出来たことで、パートナーに対する信頼や愛情も増し、穏やかで安定した家庭を築いていきます。

 

 

ソウルナンバー9の結婚まとめ

・理想家
・家庭的
・パートナーの影響を受けやすい
・世話焼き
・完璧主義
・私利私欲より家族を優先させる
・子煩悩
・苦労しても安定した家庭を築く

 

 

ソウルナンバー9の人間関係に対する考え方

ソウルナンバー9の人は、平和主義で平等主義。
誰に対しても同じ態度で謙虚に接する人です。
それは、自分が目上であっても、立場が上であっても変わりません。
人と争うことを嫌います。

人と人が争う時の原因は、余計な一言からはじまるものですが、ナンバー9は余計な一言を一切言わないタイプ。
常に相手の立場にたって考えている人なので、相手が気持ちよくなる言葉だけを選びます。

9は、1~8までの他のソウルナンバー全ての要素を含んでいると言われているため、すべてのナンバーと上手に付き合えます。
共感力が高いので、相手の気持ちを汲みすぎて、自分の本音を押さえてしまうところがあります。

また、同情心と正義感が強く、弱い人や困っている人がいると放っておくことが出来ません。
それだけに、付き合う人の影響を強くうけるところがあります。

誰にでも優しく、穏やかに接する人ですが、弱い者いじめや理不尽なことをする人には、強い態度に出ることもあります。
面倒見がよく、人の長所を見抜く力があるので、相手の才能を開花するサポートをすることで、ナンバー9自身の才能が開花する可能性があります。
人からの影響を受けやすいナンバー9もまた、多くの人に影響を与えることが出来る人なのです。

誰にでも心を開いているように見えて、実は誰にも心を開いていないことが多いのがナンバー9です。
いつも相手のことばかり気にしているため、本音を見せる人はごくごく一部の信頼できる人に限られています。
人から慕われ、幅広い交友関係を築きますが、見かけとは違い内面は孤独を抱えています。

目の前に相手に柔軟に合わせることが出来る分、個性を主張することが苦手です。
自分の本音を語る場面や、個性をアピールしなければならないことがあると、ストレスがたまります。

また、他の人より他人の感情に鋭いことを自覚しているため、「他の人とは違う」自分に誇りと自信を持っています。
誰かが「あなたの気持ちわかるよ」と共感してくれても、「他の人にわかるわけがない」と、最初からシャットアウトしてしまいます。
他人のことには、温和で寛大な心で接しますが、自分のことになると、自分の価値観や固定観念にとらわれすぎてしまうところがあります。

 

 

ソウルナンバー9の人間関係まとめ

・平和主義
・平等主義
・謙虚
・相手に合わせる
・同情心が強い
・正義感が強い
・自己表現が苦手
・孤独感、孤立感を感じやすい
・心を開くまでに時間がかかる

 

 

ソウルナンバー9の仕事に対する考え方

ソウルナンバー9の人は、人の力になることで充実感や幸福感を得られます。
人の喜びのために働くことで、精神が満たされ、仕事に対する情熱も生まれる人です。

自分の個性を主張することが苦手なので、大勢の仲間がいる組織の中で働くほうが向いています。
たくさんの人の力になって、たくさんの人に認められることで満足感を得られます。

物事の本質を掴む直感が優れているので、どんな仕事でも器用にこなします。
相手の気持ちを読み取ることが得意なので、接客やサービス業にも向いています。
また、スピリチュアルなことに興味を持つ傾向があるので、心理学や占いなどを本格的に学ぶと、その道のプロとして活躍できる可能性があります。

ナンバー9は、出世には全く興味がありません。
出世よりも、人から喜ばれることが仕事に対する情熱の元です。
精神的な満足度が仕事の充実感につながります。

誰とでもうまく協力出来、協調性があるので、チームの中和剤的な存在であり、世話役になるでしょう。
特に目上の人から可愛がられ、信頼を得ます。
一緒にいる人の運気の影響を強く受けるので、相手次第で出世する可能性もあります。
ただ、気が利きすぎて、良かれと思って手を出すことが、余計なおせっかいになることも多くあります。

その一方で、自分が困っている時に助けを求めることが苦手です。
助けを求め、頼ることは、相手に迷惑をかけてしまうと考え、自分一人で抱えこんでしまうところがあります。
結果的に大問題に発展することもあるので、問題が大きくなる前に仲間に伝えるようにしましょう。

自分の意見やアイデアを主張することが苦手なので、自ら表舞台に立つことから避けようとします。
その癖、人から注目されない時や、正当な評価をされないと落ち込んでしまいます。

感受性が鋭く、傷つきやすいので、人間関係がまとまっていない職場では、ストレスを抱えてしまいます。
マイナスなエネルギーに影響されやすいので、良くないエネルギーだと感じた時は、敢えて見ない、聞かないようにしましょう。
影響されないように意識することも大切です。

 

 

ソウルナンバー9の仕事まとめ

・出世やお金儲けに興味がない
・人の役にたつことが喜び
・器用
・柔軟性がある
・コミュニケーション力が高い
・面倒見がいい
・人に頼れない
・落ち込みやすい
・人に影響されやすい

 

 

ソウルナンバー9のお金に対する考え方

ソウルナンバー9は、お金に対する欲が少ないタイプです。
お金よりも大事なことがあると考えているので、お金が幸せにするとは限らないことを知っています。

お金がなければない中でやりくりし、お金があればあるだけ使ってしまいます。
貯金をして蓄える意識が少なく、いつでも「どうにかなる」と思っているし、実際にどうにかなってしまう人です。
それだけ金運に恵まれていて、「困ったな」と思う時には、お金が入るようになっています。

物欲も少なく、自分の身の回りのものにお金はかけません。
一つのものを長く大切に使い続ける「物持ちがいい」タイプなので、必要以上に多くのものが欲しいと思いません。
その変わり、精神的に豊かになれることには大金を投じたりします。
例えば精神世界のセミナーや資格取得、旅行やボディケアなど、心が満たされると思えることには、惜しまず使います。

お金の使い方は、理解されないことも多いですが、人とは違うことにお金をかけていることに満足感を得られています。

また、持っているお金に執着がなく、困っている人がいるとすぐにお金をあげたり、貸したりします。
そのため、人生で何度か騙されたり、裏切られる経験をするかもしれません。
ナンバー9のすごいところは、お金で騙されても、決して相手を恨まないところです。
「自分があげた、貸した」だから自分に責任があると受け止めます。

人に分かち合うナンバー9は、いざという時には、それまで面倒を見ていた仲間が助けてくれるでしょう。
ただ、人に助けられることに抵抗があるので、お金を借りることも、貰うこともためらいます。
自分のことは、自分が出来る範囲で、なんとかやっていきたい人です。

また、お金に無欲で、貯金にも興味がない人が多いのですが、お金の知識を身につけると投資や不動産で大成功する可能性があります。
ソウルナンバー9は、お金に興味を持って知識を身に着けるか、つけないかで金運が大きく変わります。
お金に無関心か、お金のエキスパートか、どちらか極端に別れるでしょう。

そんなナンバー9は、結婚して家庭を持ち、子供が出来るとお金に対する考え方が変わる可能性があります。
自分のためではなく、家族のためにお金を蓄えようとします。
自分のためには動けなくても、相手のためだと思えば考え方も変えられるところは、お金に関しても同じです。

 

 

ソウルナンバー9のお金まとめ

・金銭欲、物欲が少ない
・精神的満足感を得られるものにお金を使う
・あればあるだけ使う
・奉仕精神が高い
・騙されやすい
・家庭を持つとお金に対する考え方が変わる
・お金の知識を得ると成功する可能性がある
・金運に恵まれている

 

 

ソウルナンバー9の2018年の運勢

ソウルナンバー9を持つ人の2018年の運勢は「見直しの年」です。

ソウルナンバーの中では、浮き沈みの激しい運気を持つのがナンバー9の特徴です。
浮き沈みのサイクルはほぼ三年周期で訪れますが、2018年は一つの周期の始まりの時です。
新たな周期をスタートさせるために、昨年までの自分を見直してみましょう。
特にいつも一緒に行動する仲間たちの影響を受けやすいナンバー9は、ネガティブ思考や極端にこだわりが強いタイプと一緒にいることで運気が下降します。
ポジティブ思考で、柔軟な考えを持つ仲間といると運気は上昇します。
昨年の自分の流れを見直し、運が悪いと感じているならば、それは交友関係を見直す時期だということです。
思い切ってこれまでの交友関係に距離を置き、一人で行動してみましょう。
これまでやりたいけれどなかなか行動に出せなかったことがあれば、チャレンジするのには良い時期です。
新たな挑戦は、新たな出会いを招きます。あなたに必要な人が現われた時、躊躇せずに縁を掴んでください。

ソウルナンバー9の人は、運気が上昇している時でも葛藤することがあるかもしれません。
悪いと感じる時こそ、自分の力を信じてください。
元々精神的な強さと、強い信念を持つナンバー9は、その信念を貫く覚悟を持つことで、運気を好転させるパワーがあります。
2018年は、これまでとは違う日常がスタートするかもしれません。
新たな生活や出会いを楽しめるよう、気持ちに余裕を持つことを意識していきましょう。

 

 

ソウルナンバー9への言葉

寂しさや孤独は、一時的なものです。
寂しさや孤独を乗り越えて掴んだ安心感は、これまで感じたことがないくらい暖かく、心に安らぎをくれるでしょう。

 

 

ラッキーアイテム

白、綿シャツ、水晶、グレープフルーツ(食・香り)

 

 

ソウルナンバー9の相性

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー1の相性

友人としての相性

上下関係になりやすい相性
ソウルナンバー9と1の相性は良くありません。

明るく天真爛漫で、リーダーシップを発揮するナンバー1は、カリスマ性があり、多くの人を惹きつける人気者です。
しかし、自己中心になりがちで、周りの人たちを強引に自分のペースに引きずり込むところがあります。
感受性が強く、基本的には「相手に合わせる」ナンバー9ですが、ナンバー1の強引さにはストレスがたまりそうです。
控えめで柔軟性があるとはいえ、本来は自分の考えをしっかり持っているナンバー9。
また、ナンバー9は好き・嫌いがはっきりしているため、敵にまわすと怖い相手であることはわかっています。

自分を押さえて相手に合わせることが当たり前とはいえ、激しい気性のナンバー1を相手にすると、萎縮してしまうかもしれません。
支配的で強制的な態度に出られると、相手に対する不満より、「自分がだめだから」と自己否定に入りやすいところがあるからです。
強すぎる相手を前にすると、どんどん自信を無くし、それまで以上に個性を発揮できなくなる可能性があります。

また、不満があっても基本的には順応し、合わせてくれるナンバー9は、ナンバー1にとっては何をするにも、頼むにも「モノ言いやすい相手」です。
「本当は嫌なんだろうな」と心中を察しながらも、反発してこない相手に対しては、自分を押し通します。
それだけナンバー9に甘えているのですが、本人は「自分がリードしてあげている」と思っているでしょう。
順応してくれる相手の前では、調子にのりやすいのがナンバー1の欠点です。

友人でありながら、上司と部下、先輩と後輩のような関係になりやすい相性です。
二人が対等な友人になるには、ナンバー9が自分の意見をしっかり主張することです。
結果的に主張したことで相手と衝突し、嫌われたとしても、それはそれでよしとする勇気が必要です。

 

 

恋人としての相性

★★

相手にあわせようとしてストレスの溜まる相性
なかなか人を好きにならないソウルナンバー9は、相手の人間性、心のきれいさ、大きさを良く見ています。
ありのままの自分で付き合える相手と、結婚を念頭に入れて恋愛をしたい人です。
自分の判断基準に合格した相手だけが、恋愛対象に当てはまるのです。
そんなナンバー9と、ソウルナンバー1の相性はあまりよくありません。

好きな人が出来ると夢中になるナンバー1は、熱情型。
相手の立場や気持ちを察するより、自分の高ぶった気持ちを相手に受け止めてもらおうとするタイプです。
相手を振り向かせるために、尽くしますが、あくまでの自分のペースで、自分を基準に行動します。
また、相手を自分の理想に近づけようとするところがあります。
それは、強引とも見えますが、ナンバー1なりの愛情であり、優しさなのです。

一方、ナンバー9は好きな人に合わせるタイプ。
不満や不平、疑問を抱くことがあっても、基本的には相手にとって「いい人」を演じようと頑張ります。
ナンバー1に理想を押し付けられても、理想通りになれるように努力するでしょう。
しかし、それはあくまでも表面的だけであって、心が満たされるとは限りません。
相手に合わせていくことに精一杯で、それは自分らしさからどんどんかけ離れてしまうかもしれません。

相手のためを思う行動が、相手にとって負担やストレスを与えやすい相性なのです。
二人が仲良く付き合うためには、大切なことが2つあります。
1つは、素直で正直になること。自分を偽って相手に合わせることもやめることです。
2つめは、相手に期待しないこと。現実の相手を大切にするように心がけましょう。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー2の相性

友人としての相性

★★★★★

出会った瞬間から意気投合する相性
気配り上手で、相手の立場にたって考え、行動することが出来るソウルナンバー9と2の相性はとても良いです。
出会った瞬間から意気投合するでしょう。

ナンバー9と2は、共通点が多くあります。
感受性が強く、人の心情を察する直観力もあり、自分のことより人の気持ちを優先する奉仕精神が高いところも似ています。
自分のことは後回しにして、後で人知れず苦労することが多い二人ですが、同じタイプの相手だと、必要以上に相手に気を使う必要がなくなります。

他のナンバーを相手にすると、相手の心情をキャッチしようと顔色を見ることに神経を使います。
相手が喜ぶ顔が喜びになりますが、心の奥にはいつも孤独感を抱えています。
「自分は人のことを優先しているように、私の気持ちを察し、優先してくれる人がいない」ことへの不満もあります。

しかし、ナンバー9と2であれば、孤独感も不満も共感し合えるので、相手が求める自分で接するだけでなく、楽な自分でいられることが出来るのです。
相手から必要とされている実感も、大切にされている実感も得られ、心が満たされます。
他のナンバーには言えない欲求や希望、不満や愚痴なども、素直に語り、共感し合えるでしょう。

どちらも人に流されやすい性格ですが、一人だけがリードする関係にはならないため、本音で向き合えます。
気兼ねなく語り合える良き友人になるでしょう。
ナンバー9と2は、就職や結婚、引っ越しなど、互いの環境の変化にも影響されません。
物理的な距離が離れても、精神的なつながりを確信できるでしょう。
深く、長くつきあっていける相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★

恋愛の喜びを感じられる相性
共通点が多いソウルナンバー9と2は良い相性です。
友人関係から恋人に発展するケースが多いでしょう。

相手の愛情に不安を感じやすいナンバー2ですが、誠実で一途、包容力もあるナンバー9には、不安を感じることもないでしょう。
ナンバー2の一途で愛情深い優しさも、ナンバー9を安心させます。

性格的に似ているところが多い二人は、相手の気持ちや望むことが手に取るようにわかります。
欲求や不満があっても、相手に直談判する必要もないし、衝突することもありません。
多くを語らなくても、お互いに相手の気持ちを察し、相手にとっていいように行動します。

どちらも尽くし型ですが、一般的に尽くし型の人は、尽くすばかりで尽くされることが少ないケースが多いものです。
しかし、ナンバー9と2は、尽くしながらもフィフティフィフティの関係が成り立ちます。
どちらが尽くし、どちらがリードし、というはっきりした役割分担がないのに、お互い様でやっていける珍しい相性です。

相性の良い二人が注意しなければならないのは、相手を束縛しようとしないことです。
特にナンバー2は嫉妬深いところがあり、神経質になりすぎるところがあります。
嫉妬や束縛は、それだけ相手を信じきれていないことでもありますので、二人に亀裂が入るきっかけになる可能性があります。
その点だけ気を付ければ、「愛する喜び」も「愛される喜び」も感じられる、安定した関係を築ける相性です。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー3の相性

友人としての相性

★★★

境界線を越えなければ安定した関係が築ける相性
どんなタイプの人にも順応できるソウルナンバー9と、柔軟な感覚の持ち主であるソウルナンバー3の相性は特別良くも悪くもない普通です。

奉仕精神と包容力が強いナンバー9は、いくつになっても子供のような純粋さを持つナンバー3は、面倒を見てあげたくなるでしょう。
人に甘える術を心得ているナンバー3は、直感的に甘えさてくれる人だと感じるはずです。
心を開いて、ナンバー9に素直に甘え、頼ってくれるでしょう。
ナンバー9にとって、人から頼られることは「必要とされている自分」を実感出来る嬉しいことです。
甘えられることが嬉しくて、積極的に自分から面倒を見ようとします。

ただ、安定した友人関係を築くためには、二人の間にきっちりとした境界線を引く必要があります。
親しくなっても、遠慮が出来る距離を保っていないと、次第にアンバランスな関係になりやすいのです。

ます、ナンバー9が必要以上に相手の面倒を見ないこと。お節介をしすぎないように注意する必要あります。
痒い所に手が届きすぎると、それに相手が甘え、境界線が見えなくなります。
甘えられるのが当然で、我儘がエスカレートし、振り回されてしまう可能性もあります。

振り回されているようになった時に気が付いても、再び二人の関係を修正しようと思っても、それはかなり難しいでしょう。
ナンバー3は甘えすぎない、ナンバー9は世話を焼きすぎないことが友人として長く付き合えるポイントです。

 

 

恋人としての相性

★★

恋愛に発展する可能性が低い相性
ソウルナンバー9と3は、愛情豊かで尽くし型なところが似ています。
しかし、太く長く一人の人を愛し続けようとするナンバー9に対して、ナンバー1は飽きっぽいタイプ。
二人の相性は良くありません。

元々ナンバー9は恋愛にとても真面目です。
この先の将来、結婚まで考えられる相手なのか、慎重に観察し見極めています。
相手の交友関係、恋愛経験、恋愛観から結婚観に至るまで観察し、それにクリアした人だけを恋愛対象として見るタイプです。
恐らくナンバー3の場合は、惹かれることはあっても、観察をクリアすることなく終わってしまう可能性が大きいでしょう。

ナンバー3にとっても、受け身で誠実、従順なナンバー9は、恋愛対象に十分含まれます。
ただ、感情をストレートに表現することがない相手に、次第に物足りなさを感じてしまうかも。
思春期のような心で恋をするナンバー3は、好きな時は「好き!」と感情を爆発させたいし、相手にもそうしてもらいたいのです。
落ち着いた関係に飽きると、外の世界に刺激を求めて浮気に走るかもしれません。

相手を「良い人」だと思えたとしても、恋愛がうまくいくとは限らないのです。
恋人同士になっても、お互いにしっくりこない「違和感」を抱えるでしょう。
相手に歩みよりながら、違和感を払拭させようとお互いが努力しない限り、長くは続きません。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー4の相性

友人としての相性

★★★★

孤独を満たし合う相性
ソウルナンバー9と4は良い相性です。
二人が親しくなるまでには、少し時間がかかるかもしれませんが、共通の話題を見つけることで絆が深まります。

感受性が強く、人の気持ちを感じやすいナンバー9は、人の影響を受けやすいので、喜怒哀楽が激しい相手だと自分も不安定になります。
しかし、真面目で、落ち着いていて、誰に対しても冷静に平等に対応することが出来るナンバー4が相手だと、安定します。
また、常識的で、努力家のナンバー4は、安易に人に甘えることをしないので、気を使いすぎて疲れることもありません。

元々人に対する警戒心が強く、滅多に心を開かないナンバー4ですが、そつなく順応してくれるナンバー9には、比較的早く心を開くでしょう。
控えめな優しさが、ナンバー4にとっては心地がよいのです。

また、相手に合わせすぎて、自分の心を閉ざしていることの多いナンバー9もまた、ナンバー4には心を開けます。
頑固で、融通性がないところも、優柔不断なナンバー9にとっては頼もしく見えます。
二人は、お互いの心の奥にある孤独感を感じ、満たし合うことが出来る相性です。

共通の趣味や仕事など、協力して取り組むことがあると、二人の距離は一気に縮まります。
どちらかといえば、どちらも自分から話題を提供するタイプではありませんが、二人の時はどちらも饒舌になり、話題も話も尽きることがありません。
友人としても、ビジネスパートナーとしてもよい相性なので、公私に渡って長く付き合っていけるでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★★★

結婚する可能性が高い相性
ソウルナンバー9と4は、どちらも恋愛に慎重で奥手なタイプですが、抜群に良い相性です。
二人が恋人同士になるには、お見合いや友達の紹介など、第三者を介して知り合うと進展が早いでしょう。
出会った瞬間から、相性の良さを直感的に感じ、好印象を抱きます。

社会的体裁を気にするナンバー4にとって、穏やかで誠実なナンバー9は申し分ない相手です。
どちらも刺激や遊びを恋愛に求めるタイプではないので、じっくりと絆を深めていけます。
感情表現が苦手で、人から誤解されることの多いナンバー4は、ナンバー9の鋭い関係に救われることが多いはず。
敢えて優しさや愛情を伝えなくても、しっかり受け取ってくれている実感が持てるので、安心できるでしょう。

そして、口数は少ないけれど、嘘をつかないナンバー4の誠実さに、ナンバー9は信頼を寄せ、安心できます。
自分に対して理想や夢を求めることがない相手を前に、背伸びしていい人を演じることもありません。
相手の前で自分らしく過ごせることに喜びを感じるでしょう。

どちらも恋愛が安定すると、結婚まで考えるタイプ。
安定した恋愛関係を築くことが出来る二人は、周りの人たちからも祝福される結婚が出来ます。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー5の相性

友人としての相性

気を許せない相性
明るくユーモアのセンスが抜群のソウルナンバー5と、順応性が高いソウルナンバー9の相性は良くありません。
どんなタイプにも順応できるナンバー9は、表立って敵対することも、衝突することもありませんが、気を許せる関係にはなれないでしょう。

ナンバー5は、表と裏の顔をはっきり使い分けるタイプ。
「要領がいい」とか「世渡り上手」と言う人もいますが、ナンバー9にとっては誠実さがなく、ずる賢く感じてしまいます。
ただでさえ、人の顔色や心理を飲み取ろうとするナンバー9には、一緒にいても神経が休まらない相手なのです。
表では明るい対応をしてくれても、「本当はどう思っているのか」「裏で何言われているかわからない」ので、他のナンバーの人より神経を使うし、警戒心も強まります。
また、ナンバー5の喜怒哀楽の激しさに、神経質に反応してしまい、精神的に不安定になってしまうでしょう。
表面上は合わせても、決して心を開かない付き合いになります。

ナンバー5にとってのナンバー9は、気が利いて、そつなく、誰とでも穏やかに接する人。
威圧的や反抗的になることもないので、嫌な印象はありませんが、強い印象も残らないタイプです。
二人の場合は、お互いに干渉が及ばないくらいの距離感で接することが、安心して付き合えます。
無難な位置でつきあっていくのが、お互いに平和な方法です。

 

 

恋人としての相性

★★

信頼できない相性
恋愛体質のソウルナンバー5と、一途で真面目なソウルナンバー9の相性は良くありません。

熱しにくく、慎重なナンバー9は、ナンバー5にとってはアプローチ甲斐がある相手。
反応が薄く、恋人へのハードルが高そうな相手に程、情熱を傾ける人です。
好反応が欲しくて、積極的にアプローチをしてくるかもしれません。
どのくらい自分が求めているかを態度でも言葉でもストレートにぶつけてきます。
しかし、相手の熱意に惑わされることがないほど、冷静なのがナンバー9の特徴です。
どこまでも相手を深く、静かに観察しています。

感情のまま、相手にぶつかっていくナンバー5の積極性は、ナンバー9には強引に感じてしまいます。
それは、相手に対する配慮が感じられず、自分本位に見えるでしょう。
根気強いナンバー9は、相手にも根気強さを求めますが、激しいナンバー5には根気強さを感じません。
一過性の情熱は、信頼できないのです。

もし、恋人同士になったとしても、信頼できない気持ちは、心の奥にずっと抱え、消えることはないでしょう。
また、終始相手を束縛したいナンバー5に、「信頼されない」寂しさを感じてしまいます。
束縛もまた、ナンバー9にとっては愛情とは受け取れません。

ナンバー9の心の奥にある冷静さは、無意識に相手にも伝わり、「自分には太刀打ちできない相手」とナンバー5が身を引いて終わる可能性があります。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー6の相性

友人としての相性

★★★★

癒し合う相性
ソウルナンバー9と6は良い相性です。
温厚で、人に対する包容力があり、精神的に穏やかで安定しています。
滅多に感情的になることはなく、人前で感情をあらわにすることを恥ずかしいと考えるところも似ています。
規則や和を重んじる二人は、場の空気を敏感に察知し、相手に心地よい自分であろうとします。

どちらも相手の気持ちを優先するので、一緒にいても穏やかで心地よく、嫌な気持ちになることがありません。
日ごろ、人に優しくすることはあっても、人から優しくされることが少ないナンバー9と6は、相手の優しさに心から感謝し、癒されるでしょう。
常識や価値観、特に人に対して気遣うポイントが似ている二人は、共感し合えることが多く、相手の優しさだけでなく、苦労や悩みも分かち合えます。

ただ、一緒に何かをはじめようとすると、優柔不断な二人なので、なかなか決まらないかもしれません。
そんな時は、リーダーシップが発揮できる第三者をメンバーに加えて、リードしてもらうといいでしょう。
ビジネスパートナーとしても、どちらもサポート役タイプなので、リーダーが必要です。

喧嘩することもない二人ですが、気を付けなければならないのは、ナンバー5の執着心です。
心を開ける友人が他の人と仲良くするだけで、嫉妬するほど執着しやすいところがあります。
そんなナンバー5の個性をわかった上で、親しくても一線は守りながらつきあっていくといいでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★

うまく付き合えれば長く関係を続けられる相性
ソウルナンバー5と9は、結婚を考えるくらい仲良くなれるか、全く合わないかのどちらか極端に別れる相性です。

二人が安定して恋人関係を築くためには、二人に生じやすい課題をクリア出来なくてはいけないでしょう。
一つは、恋愛願望が強く、相手からの愛情表現を強く求めるナンバー5に対して、ナンバー9がしっかり愛情を言葉や態度で伝えることが出来ること。
二つ目は、情に流されやすいナンバー5が、他の異性に目が移ってしまわないこと。
三つ目は、恋人でいても「お互いをダメにする」くらいこじれた関係になっても、どちらも別れの判断を下すことが出来ません。
相手に別れを切り出すことも、選択肢に加えること。

どちらも愛情深く、尽くし型ですが、表現の方法や、愛情の示し方が違うため、一歩間違えると二人の気持ちがかみ合わなくなる可能性があります。
上記に挙げた3つの課題をはじめ、お互いが相手の気持ちを満たそうと努力することが大切です。

それが出来ない時や、自信がもてない時には、三つ目にあげた別れの判断を下したほうがお互いのためかもしれません。
二人の場合、腐れ縁のままズルズルと付き合ってしまい、恋愛適齢期を費やしてしまう可能性があります。
時々、お互いに素直な気持ちをぶつけ合って、随時気持ちを確かめ合うことが大切です。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー7の相性

友人としての相性

★★★★

尊敬し合える相性
コミュニケーション下手で、孤立しやすいソウルナンバー7と、コミュニケーション上手だけど、孤独を感じやすいソウルナンバー9は良い相性です。

敢えて自分を表現し、周りから理解してもらおうと思わないナンバー7は、周りから誤解されることが多い人です。
ただ、実行力と責任感があり、やるべきことはきちんとやり遂げ、素晴らしい成果を上げることが出来る才能豊かな人です。
そんなナンバー7の才能に、いち早く気が付くのがナンバー9でしょう。
人の才能を引き出す力があるナンバー9は、さりげない言葉やサポートでナンバー9を後押しします。
孤立しながらも、孤立していることがコンプレックスのナンバー7は、人から認められる喜びを感じられます。
誰に対しても平等に優しさを与えることが出来るナンバー9を尊敬します。

また、自分のこととなると優柔不断で、守りに入りやすいナンバー9は、ナンバー7の有言実行ともいえる実行力が、羨ましく、憧れ、尊敬できます。
他人を気にせず、自分流で生きる姿に、強さと優しさを感じます。
人からの優しさや見返りを求めないナンバー7には、人一倍サポートしたくなります。

協力して目標を達成することをすると、お互いに相手の隠れた才能を引き出す可能性があります。

タイプは違う二人ですが、相手の才能と誠実な人間性を認め、尊敬し合える相性です。
尊敬できる相手を見ていることで、自分自身のモチベーションも上がり、自らを見つめなおすこともできるでしょう。
相手に対して特別何かをしなくても、近くにいるだけで、良い刺激を与え合える相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★

相手の才能を引き出す相性
ソウルナンバー9と7は、どちらも人を好きになるまでに時間をかけるタイプですが、良い相性です。
恋愛に発展するまでに時間はかかるかもしれませんが、いざ恋人同士になると安定した関係を築けます。

慎重で相手の人間性と、自分に対する愛情を信頼できない限り、恋愛に身をゆだねることが出来ないナンバー7は、慎重すぎて恋愛のチャンスを逃しやすい人です。
しかし、相手のことを優先する誠実で優しいナンバー9には、それほど慎重にならなくても信頼できることができます。
相手の誠実さや一途さを信頼すると、自分も精一杯の愛情を注ぎます。

ナンバー9もまた、恋愛は結婚への通過点と考えるタイプ。
将来を共にできる可能性がある相手でないと、恋愛関係を築こうとはしません。
不器用ではあるけれど、嘘やごまかし、相手を利用する策略ないナンバー7の素朴さに安心と信頼を寄せるでしょう。

二人の場合は、見た目はナンバー7が主導権を握る形になりますが、実は裏でナンバー9が上手に相手を転がしています。
ベストな相性はナンバー7が男性、ナンバー9が女性の組み合わせです。
この組み合わせの場合、女性が「あげまん」で、男性の能力を伸ばし、男性は自信が持てるようになります。

一つ気を付けなければならないのは、二人の間で喧嘩した時に、お互いに心の中にため込まないこと。
どちらかといえば、言いたいことをため込んで、我慢できなくなると爆発するタイプの二人。
大爆発を起こす前に、感じたこと、思ったことを随時話し合える関係を築いておくといいでしょう。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー8の相性

友人としての相性

★★★

そつなく付き合える相性
ソウルナンバー9と8の相性は良くも悪くもない普通です。

プライドが高く、見栄っ張りなところがあるナンバー8は、何を発言するにも大げさになるタイプ。
それだけ見栄を張る裏には、自分の弱さを人に見られたくないという気持ちが働いています。
そんなナンバー8の心理を見抜く力があるナンバー9は、相手の大げさな言動に振り回されることはありません。
ワンマンで周りを自分のペースに引き込みたいナンバー8ですが、引き込まれることも、敵対することもなく、程よい距離で付き合うことが出来るでしょう。

そんなナンバー9のコミュニケーション術は、ナンバー8にとっても好印象です。
プライドを傷つけられることもないので、可もなく不可もない相手です。
ただ、ナンバー9の鋭さを感じとり、自分の内面を見抜かれているような気がするので、積極的に深く関わろうとはしません。
また、弱い自分を隠すナンバー8には、心を開かないナンバー9の警戒心を感じとれることも、近づかない理由の一つです。

二人の共通点は世渡り上手なところ。
お互いに程よい距離を保ちながら、近づきすぎず、離れすぎずの関係でやっていけます。
協力して何かを行う時は、ナンバー8がリーダーシップをきり、ナンバー9はサポート役として、それぞれの責任を全うするでしょう。
実行力という点では、お互いに認め合い、信頼できる相手になるでしょう。
ビジネスパートナーとしては、やりやすい相手かもしれません。

 

 

恋人としての相性

★★★

出会うタイミングによって吉凶別れる相性
ソウルナンバー9と8は、恋愛をスタートする年齢やタイミングによって最高の相性になるか、最悪の相性のどちらかになります。

ドラマチックで刺激的な恋愛を求めるナンバー8は、一つの恋愛に腰を落ち着けて向き合うには、多くの恋愛経験を経てからでないと落ち着きません。
恋愛に情熱を傾ける時期は、刺激的な未知の経験を求める気持ちが強すぎて、たとえ運命の人と出会っても気が付かないほど地に足をつけていません。
この時期に出会ったとしても、直感が鋭いナンバー9は地に足がついていないナンバー8を見抜くことが出来るでしょう。
例えどちらかが恋心を抱いたとしても、相手にしないか、一時的な情熱で終わってしまう可能性が高いです。

ナンバー8には本来、相手の人間性や自分との相性を見極める鋭い感性が備わっています。
その能力を発揮できるのは、精神的に安定し、地に足がついている状態です。
もし、この状態でナンバー9と出会ったら、運命を感じるくらい衝撃を受けるでしょう。
そして、それはナンバー9にとっても同じです。
この時期に恋人になると、奇想天外な変化を起こす出来事がなくても、相手と一緒にいるだけで心が満たされ、安心できます。
尽くし方や愛し方が重ならない二人なので、相手の言葉や行動がすべて新鮮に見えるでしょう。

ナンバー8が主導権を握り、それをしっかりサポートするナンバー9。
二人で決めたわけでもないのに、それぞれが自分のなすべきことをやるだけでいいコンビとなるでしょう。

30代以降、もしくはどちらかが離婚を経験した後に出会うと、結婚する可能性も高い最高の相性です。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー9の相性

友人としての相性

★★★★★

ソウルメイトと呼べる相性。
ソウルナンバー9同士はとても良い相性です。

同じ性質を持つ二人なので、お互いのことが手に取るようにわかるでしょう。
誰に対しても柔軟に合わせ、相手に嫌な思いをさせないよう気を使うナンバー9は、自分の素直な気持ちは押し殺しているところがあります。
交友関係が広いようで、本音をぶつけられる人は意外と少ないので、孤独や寂しさを人知れず感じているでしょう。

しかし、ナンバー9同士だと、相手が楽しそうに笑っていても、それが相手に合わせた笑顔なのか、本音の笑顔なのかを見抜き合います。
見抜き、見抜かれることは、人によっては不愉快になりますが、ナンバー9同士だと、それがとても嬉しいことに感じます。
お互いに本音が隠せない相手だと気づいた時から、本音でぶつかり合える良き友人になるでしょう。

また、ナンバー9は自分のことより人を成長させ、魅力を発揮させることが得意なタイプ。
相手の才能や魅力に気がつくたびに、心から褒め、励まします。
他の人が「無理」だといったとしても、最後まで「あなたならできる」と信じる人です。
それは、隠れた才能を思わぬ形で発揮することにつながる可能性が高く、互いに自信がもてるようになります。

相手の成功や喜びをまるで自分のことのように喜び合える友。ソウルメイトといえる親友になれるでしょう。
生涯に渡って変わらぬ友情を続けていける相性です。

 

 

恋人としての相性

★★★★

直感的に惹かれ合う相性
ソウルナンバー9同士は良い相性です。
ただ、どちらも人をなかなか好きにならず、好きになったとしても時間をかけて相手との距離を縮めていくタイプなので、二人だけではなかなか進展しません。
元々友達として長く親交を深めているか、お見合いなどのカタチで出会うと、恋愛にスムーズに入れます。

どちらも自分のことより相手を優先するタイプで、言われなくても気が付く繊細な神経の持ち主です。
他のナンバーだと、尽くしても尽くしていることが当たり前になりすぎて、世話役になり、重たく受け止められることもあります。
しかし、気がつくポイントが似ている同じナンバー同士だと、相手の気遣いや世話焼きが重たく感じることはありません。
自分自身も気を使うので、相手のさりげない気遣いに気づき、心から感謝できるでしょう。

気を付けなければならないのは、完璧主義の二人ですが、完璧にこだわりすぎないこと。
自分の言動を神経質にこだわりすぎると、相手も気が抜けなくなります。
完璧であることより、心穏やかに過ごせる空気づくりを意識してください。

時間をかけて愛情をあたためるタイプですが、ナンバー9同士の場合は、そう長く付き合わない時に結婚を意識しはじめるでしょう。
家族の反対や、余程の障害がない限り、結婚する可能性は90%以上です。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー11の相性

友人としての相性

★★

敢えて近づきたくない相性
ソウルナンバー9と11の相性はあまりよくありません。
二人には共通点が多く、感受性の鋭さ、人に奉仕する優しい心、誰に対しても平和的に接するところが似ています。

一般的な人よりも他人の感情を敏感に察知する二人は、お互いの内面を感じ合います。
ナンバー9は、温和な反面、八方美人なところがあります。また、慕ってくれる人が多くても、孤独を感じやすいタイプです。
ナンバー11もまた、平和的ですが流されやすいところがあり、心を開かないタイプです。
「人懐っこい」「人見知りしない」と思われることが多い二人ですが、お互いのネガティブな部分を感じ取ります。
そして、そのネガティブな気持ちに共感出来てしまうので、敢えて近づかないように距離を置くでしょう。

なぜなら、共感出来てしまう気持ちは、自分の欠点を見せつけられている気がして、目を伏せたくなるのです。
お互いに穏やかにコミュニケーションをとりますが、相手の心情に気づいても、気が付かないふりをしやすいでしょう。

例え二人が悩みを打ち明けあったとしても、傷のなめ合いになります。
共感してくれる相手がいることで、よりどっぷり悩みの中に入り込めてしまうかもしれません。

 

 

恋人としての相性

★★★★

精神的に安定をもたらす相性
友達としての相性はあまりよくないソウルナンバー9と11ですが、恋愛ではよい相性です。
二人が恋人同士になるためには、受け身のナンバー9にナンバー11が積極的にアプローチすることがスタートになるでしょう。

どちらも愛情豊かで、精神的なつながりや満足度を重視します。
相手と話をする時間を大切にし、誠実に向き合う姿勢も似ています。
そんな二人は、すぐに信頼関係を築くことが出来、信頼できる相手がいることで精神的にも安定するでしょう。

自分の満足感だけでなく、相手の満足感を優先させる二人は、相手の思いやりが嬉しく、愛されている実感を得られます。
誠実で嘘やごまかしがない相手を心から信頼できるでしょう。

二人の分岐点は「結婚」です。
恋愛が安定すると、すぐに結婚を考えるナンバー9ですが、あまり焦りすぎてしまうと相手がしり込みしてしまいます。
ナンバー11は結婚も直感的に決めるので、ひらめきがない時に「結婚、結婚」と言われると、責められた気持ちになり、重たく感じてしまうかも。

安定した二人の関係を大切にしていれば、自然とタイミングは訪れるでしょう。
焦ることでチャンスを失わないように気を付けてください。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー22の相性

友人としての相性

★★★

どちらかといえば気にならない相手
ソウルナンバー9と22の相性は普通です。
特別親しくなることも、険悪になるともありません。

頭の回転が早く、責任感が強いナンバー22は、リーダーシップを発揮するタイプです。
相手の立場を優先し、行動することが出来るナンバー9は、相手のリードにスムーズに順応できるでしょう。
そんなナンバー9は、ナンバー22にとって特別気になる存在にはなりません。
平和的な空気を乱す人や、特別能力ある人に対しては意識しますが、どちらかといえば控えめなナンバー9は仲間の一人としか意識しない可能性が高いです。

また、ナンバー9も、表面上は順応したふりが出来ますが、心を開くことはありません。
場の空気を乱すものに厳しく当たりやすいナンバー22自身が、場の空気を乱していると感じるからです。

二人に接点があり、友人となった時には、相手を否定しないように言葉に気を付けましょう。
相手の勘に触れるような言葉は、簡単に二人の関係を壊してしまいます。

 

 

恋人としての相性

ナンバー9が振り回される相性
ソウルナンバー9と22の相性は良くありません。

好きな相手に感情をストレートにぶつけてくるナンバー22は、愛情をぶつけてくれる時はいいのですが、不満やストレスも相手にぶつけます。
安定した関係を求めるナンバー9にとっては、感情の波が激しすぎて、精神的に不安定になりやすい相手です。
特に、相手に合わせることを優先し、相手の期待に応えようとする気持ちが強いナンバー9は、相手に強く出られると、自分を押し殺しても、相手好みの自分になろうとするのです。
それでは、相手と誠実に向き合うどころか、仮面をかぶっているようなものです。
次第に、そんな自分に自己嫌悪になり、どうすればいいのかわからなくなるかもしれません。

一方、ナンバー22はそんなあなたの本音に気が付いたとしても、順応してくれることが嬉しく、気が付かないふりをする可能性があります。
ナンバー22は束縛心が強いので、順応すればするほどに、束縛も期待も大きくなるでしょう。

二人でいても心が満たされない孤独を抱える恋愛ってありますが、ナンバー9と22の相性がそうです。
特にナンバー9は、相手から求められても自分の心は満たされないでしょう。
それは、順応するだけで、本音をさらけ出せない相手だからです。

 

 

ソウルナンバー9の相性

ソウルナンバー9とソウルナンバー33の相性

友人としての相性

★★★★

一緒にいて落ち着ける相性
感受性が強いソウルナンバー9と、精神的に安定しているソウルナンバー33は良い相性です。
相手の顔色を見る傾向が強いナンバー9は、相手の精神状態に影響されやすいところがあります。
しかし、精神的に安定している人の前では、自分自身も安定した気持ちでいられるのです。

どちらも包容力があり、気配りが出来るタイプ。
お互いに相手が「されたら嫌なこと」を感じ取り、一緒にいても嫌な気持ちになることはないでしょう。
また、感受性が鋭い分、気が付かないことまで気が付いて、気を揉むことが多い二人は、お互いの心の葛藤を共感し合えます。

嫌なことがあった時、どちらかといえば悲劇のヒロインに浸ることで、現実を乗り越えようとするナンバー9は、現実を直視するナンバー33に刺激を受けるでしょう。
感情ではなく、現実を直視することの大切さを教えられます。
ナンバー33にとっては、自分を押し殺してまで他人に合わせようとするナンバー9の弱さが分かり、もどかしく感じることもありますが、黙って見守ってくれるでしょう。

 

 

恋人としての相性

物足りない相性
ソウルナンバー9と33の相性はあまりよくありません。
どちらも尽くし型で、愛情深いタイプですが、尽くし方も愛情の表現の仕方が全く違います。

完全に受け身で、相手にリードを任せることが心地良いナンバー9。
受け身にもリーダーにもなれて、相手にリードを任せながらも、いつでもリードできる自分の意志を持っているナンバー33。
一見すると似ていますが、意志の強さが違います。

ナンバー9は、リードされることには慣れているけれど、自分に合わせてもらうことには慣れていません。
ナンバー33が気遣い、配慮してくれるたびに、どこか心地悪さを感じるかもしれません。
また、常に受け身のナンバー9は、ナンバー33には頼りなく、物足りなく感じます。
正面から対等に付き合いたいのに、受け身でいられるとそれが出来ないのです。

二人の場合は、情熱的に燃え上がることもなければ、激しく衝突することもありませんが、長続きはしないでしょう。
どちらも物足りなさ、心地悪さを感じているので、見た目は安定していたとしても、心は安定しません。
自然消滅に近いカタチで終わる可能性が高い相性です。

ソウルナンバー一覧

ソウルナンバーとは?
ソウルナンバー1
ソウルナンバー2
ソウルナンバー3
ソウルナンバー4
ソウルナンバー5
ソウルナンバー6
ソウルナンバー7
ソウルナンバー8
ソウルナンバー9
ソウルナンバー11
ソウルナンバー22
ソウルナンバー33

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. ソウルナンバー33
  2. ソウルナンバー6
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー6

  3. ソウルナンバー11
  4. ソウルナンバー8
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー8

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する