ソウルナンバー3

ソウルナンバー3

ソウルナンバー3の性格を一言で表すと・・・

楽天的で陽気な永遠の子供

 

 

ソウルナンバー3の長所

3という数字は「楽観的」「若々しさ」「好奇心」を表します。
ソウルナンバー1が男性的で父親タイプ、ソウルナンバー2が女性的で母親タイプだとすると、ソウルナンバー3のあなたは「永遠の子供」タイプです。

子供といえば「純粋」「素直」「好奇心旺盛」「感情豊か」「活動的」です。
子供の性質を持つあなたは、どこまでも楽観的で陽気で前向き。好奇心が旺盛で、刺激的なことが大好き。常にアンテナをはって、楽しいこと、刺激的なことを探し、じっとしていることがありません。
「ぼーっとしている」ことがなく、何もすることがないことが一番のストレスになりそうです。

子供のように素直で純粋な心を持つあなたは、誰にでも積極的に話しかけ、すぐに親しくなれる人懐っこさがあります。
オープンな心の持ち主で、誰の前でもありのままの自分で接し、自然体で偽ることがありません。
その純粋でまっすぐなオープンさは、自然と相手の心もオープンにし、あなたといる人は誰もが気兼ねなく安心して過ごせるでしょう。
気さくに話しかけるので、庶民的な印象を与えますが、育ちの良さや心の素直さが表に出るのか、品を感じさせる人が多くいます。

恐れを知らない子供のように、「これだ」と思うものに出会うと、後先考えずに行動し、失敗や挫折を恐れることはありません。
やりたいことがあると、計画を立て、行動していく過程が楽しくてたまらないのです。
過程で経験することが好きなので、結果や達成にはあまり興味がありません。
その結果がどうであれ、経験できたことで満足できる人なのです。
この楽天的な性格は、たとえ失敗や挫折をしても、落ち込むことなく、すべてを「よい経験だ」と捉え、次のステップに生かせるのです。

人の心を開くことが上手なあなたは、人脈づくりが得意で、生涯に渡り、多くの人脈を作っていくでしょう。
誰にでも情に厚く、困っている人がいれば率先して力を貸そうとします。
ただ、あなた自身が困った時は、自分から周りに助けを求めることは殆どありません。
自立心が旺盛で、早くから自分の力で生きたいと望んでいるからですが、少し強がりでもあります。
困ったら、まずは自分が出来る方法で解決しようと努力し、場合によっては解決するまでにかなりの時間と労力を費やすこともあります。
しかし、どんなに苦戦してもめげないところが最大の長所であり、魅力のあなたは、周りが放っておけないでしょう。
あなたが困った時には、その様子を見て、必ず身近な誰かが手を差し伸べてくれます。

ソウルナンバー3の人は、「人」が成功のカギを握っています。
困った時に助けてくれるだけでなく、人生のチャンスをもたらしてくれるのも人です。
また、その逆で人によって足元をすくわれることもありますのでご注意ください。

明るいあなたは「お気楽」で悩みなどないように見られがちですが、内面は非常に繊細で感受性も感性も豊かです。
子供が何も言わなくても大人の様子を見ているように、周りを観察し、様々なことを感じ取っているのです。
「お気楽でいいね」「いつも楽しそうでいいね」と周りから言われることが、何より嫌なことかもしれません。

また、人一倍自由を求め、自由でありたいと願いながら、根はとても真面目です。
多くの人と接して、多くの人を観察し、様々な意見や情報を自分のモノにしていきます。
その柔軟さとおおらかさは、年齢とともにスケールの大きさにつながります。
新たな時代を切り開く成功者として、時代を引っ張る人に多いのがソウルナンバー3なのです。

柔軟で吸収力があり、滑らかですが、それ故傷つきやすい面もあります。
傷つくことを恐れるあまりに、必要以上に人に合わせようとしてストレスをためやすいのでご注意ください。

 

 

ソウルナンバー3の長所まとめ

・楽観的、前向き
・柔軟な考え、行動が出来る
・素直、正直、純粋
・優しい
・度胸がある
・感性が鋭い
・自由
・個性的
・人を惹きつける魅力がある

 

 

ソウルナンバー3の短所

3という数字には「自由」「感覚的」という意味があります。

「もっと自由になりたい」という欲求が常に心の中にあるソウルナンバー3は、周りからみたら十分に自由に見えたとしても「え? どこが自由なの?」と本気で答えてしまうようなところがあります。
「もっと自由に」「もっと自分らしく」を永遠に求め続ける人。

自分本位の自由は、時に我儘な行動に出てしまうことがあります。
ソウルナンバー3のあなたは、興味があることに出会うと、後先考えずすぐに飛びつきます。
「冷静に考えてから見極める」ということが出来ず、行動への衝動を我慢することが出来ないし、他人のアドバイスにも聞く耳を持ちません。
そのため、勢いで動いた結果、周りに迷惑をかけ、尻ぬぐいをお願いすることも多いでしょう。

また、何かに向かって行動する時の集中力はものすごくて、周りさえ見えなくなります。
しかし、その意識は気まぐれで、夢中になったかと思えば、飽きてしまい、いざ飽きたら見向きもしないということも多いはず。

普段の生活では、相手の心情を察するあまりに、相手に合わせすぎてしまう繊細さをもつナンバー3ですが、興味あるものに集中している時とその結果、飽きてしまった後のことには、まったく無頓着なところがあります。
自覚がないということは、何度も似たような行動に出ることも多く、そのたびに周りは振り回されてしまうでしょう。

人を魅了する魅力を持つあなたなので、それでも多くの人かあなたの力になろうと力を貸してくれます。
しかし、度を越えて甘えすぎてしまうと、それは単なる我儘でしかありません。
我儘を許される環境にいると、自分が思い通りに行動することは当然で、その後始末を周りがしてくれるのも当然だと傲慢ぶりを発揮する可能性がありますのでご注意ください。

また、素直で正直、オープンな性格のあなたは、他人に対しても喜怒哀楽がはっきりしています。
意識して示すというより、態度に出さずにはいられないのです、
自分の中に湧き出た感情をそのまま表現し、抑えることが苦手です。
楽しく、喜んでいる時はいいのですが、不機嫌になると、場の空気を曇らせ、周りに気を使わせてしまうでしょう。
常に精神が不安定で、気分屋なところがあるので、冷静に落ち着いて考えることを意識していきましょう。

素直に感情を出せるのは、それだけ周りを信頼しているからなのでしょうが、こちらも我儘で自分本位になりがちです。
自立と我儘、自由と自分本位の違いを学ぶ意識が必要です。

更に、素直で人に対する警戒心がないあなたは、相手によっては騙されやすく、裏切られるなど、痛い経験をする可能性があります。
人の本質を見極める目を持つことも、自立する上では大切な資質です。

 

 

ソウルナンバー3の短所まとめ

・気まぐれ、気分屋
・喜怒哀楽が激しい
・視野が狭い
・騙されやすい
・我儘、自分本位
・一人で最後まで成し遂げることが少ない
・人に甘え、頼りすぎる
・傲慢な態度にでやすい
・人から指示、命令されると反発したくなる

 

 

ソウルナンバー3の恋愛に対する考え方

3という数字は「素直」「正直」を表します。
恋愛においてもソウルナンバー3のあなたは、まっすぐに好きになった人にアプローチしていきます。
自分から恋愛のチャンスをつかみにいくタイプで、少しでも気になる人がいると、迷わず猛アプローチしていきます。

気になる人がいると、少しでも関係を発展させようと奮闘し、納得できるまでパワフルに、積極的に行動する肉食系です。

自分と同じような行動的で感覚的なタイプか、まったく正反対の落ち着いた大人の雰囲を持つタイプに惹かれやすいでしょう。

恋愛関係に発展するまでの意気込みは強く、相手を楽しませ、喜ばせようと様々な方向から攻めていきます。
ナンバー3はチャレンジャーでポジティブ思考なので、ふられることなど恐れず、「たとえふられてもいい」と強気でアプローチしていきます。
思いつく限りの方法で、奉仕し、尽くし、気持ちを素直にぶつけ、相手から好印象を得ようと努力するのです。
そのパワーは強引にも見えますが、尽くされることに喜びを感じる相手を選ぶと、「これほどまでに自分を求めてくれる人はいない」と、愛される喜びを感じるでしょう。

いざ恋愛関係に発展すると、主導権を握りたがり、二人のことは自分の思う通りに強引に決めようとします。
相手にとっては、付き合う前の尽くしてくれる姿とは全く異なり、そのギャップに戸惑うこともありそうです。

また、あなた自身も、恋人になった後で「思っていた人と違う」と感じると、一気に冷め、自ら別れを切り出すことが出来てしまうのです。
正直なので、隠し事をして浮気をすることはありませんが、相手にとっては「寝耳に水」で、それまでの情熱は何だったのかと戸惑ってしまうでしょう。
場合によっては、「自分の何がいけないのか」別れの理由がわからず、相手を傷つけてしまうかもしれません。

しかし、別れすらもポジティブに捉えるあなたは、すぐに頭を切り替えて、終わったことには目もくれず、次の恋愛を求めて積極的に動きはじめます。

その気ままさと決断の潔さ、気持ちの切り替えの早さは、「遊び人」「軽い人」のレッテルを貼られることもありそうです。

また、ナンバー3の人は、肉食系で積極的に様々なタイプの人と恋愛を楽しもうとしますが、恋愛しなければしないで、一人でも十分に楽しめる人でもあります。

その焦りのなさと、真正面からぶつかる情熱は、危険だと感じさせながらも魅力的で、恋愛に不自由することはありません。

 

 

ソウルナンバー3の恋愛まとめ

・素直、正直
・積極的
・一途
・尽くし型
・相手を振り向かせることに情熱を傾ける
・ポジティブ思考
・自分のペースを崩さない
・主導権を握りたがる
・惚れっぽく、飽きっぽい
・ダメだと思った時の決断が早い
・気持ちの切り替えが早い
・もてる

 

 

ソウルナンバー3の結婚・家庭に対する考え方

ソウルナンバー3にとって、恋愛は自分に様々な感情や経験をさせてくれるもので、自分や人を知る大切なもの。自分から積極的に恋愛を求めていきます。
しかし、結婚に対しては違います。自然体のナンバー3らしく、流れに任せるのです。
特別結婚願望もなく、結婚に対する固定されたイメージも理想も抱いていません。

あなたにとって結婚は、タイミングであり、そのタイミングがいつなのかは、あなた自身にもわからないからです。
例えば適齢期になって、周りの友人たちの結婚ラッシュが続いても、焦って結婚しようしたり、落ち込むこともありません。
「人は人、自分は自分」なので、何歳で結婚するかは問題ではないのです。
ナンバー3の人は、結婚しなければしないで、一人で人生を謳歌出来る力もパワーも持っています。
そんなあなたですが、出会った瞬間に運命を感じるような人と出会うと、超スピード結婚をして、周りを驚かせる可能性は多いにあります。

自由でありたいナンバー3は、将来の目標や叶えたい夢を共有できるパートナーを探すとうまくいくでしょう。
パートナーの理解があると、自信が持て、よりパワフルに信じた道を貫いくことが出来ます。
自分の我儘を止めず、許容してほしい「甘えん坊」なナンバー3ですが、結婚すると、男女ともに隠れていた母性的な本能が発揮されはじめます。

「家庭を支える」責任感を強くもち、男性の場合は自分がリードして支えていこうとするでしょう。
自分ひとりの時には、考えることもなかった、安心、安全の道を計画的に歩もうとしはじめます。
女性の場合は、「家族の健康と幸せは私の責任」と考え、しっかりと家庭の基盤を築こうとします。

早い段階で、子育てや、親になりたい欲求が芽生えるでしょう。
子供が出来ると、男性の場合は意外とすんなりと、違和感なく親に移行できます。
女性の場合は、「親だから~しなければならない」と、自分に重圧をかけてしまうと、子育てが難しく、ストレスをためてしまいます。
元々「子供」の性質を持つナンバー3は、親になったことで、無理に大人になろうと意識しすぎる傾向があります。
そのため、特に女性のばあいは子育てや母親になることには、困難を感じやすく、幾度となく葛藤を繰り返しやすいのです。

しかし、本来の子供の性質である「純粋」「素直」「正直」な自分に戻ることが出来たら、これほどまでに子育てや親業に生き甲斐を感じ、楽しめるナンバーは他にはありません。

苦手なことや、どうしてもやりたくないことが出てきたら、素直にパートナーや周りの人に甘えてみましょう。
周りのサポートを得られるナンバー3には、必ず助っ人が現れるはずです。

本来の自然体の自分で、肩の力を抜いたら、何年たっても恋人のような夫婦になれるし、友達同士のような親子関係を築けます。

夫婦関係を安定させるポイントは、独身時代よりもパートナーの気持ちを思いやること。
お互いに歩みよる努力があれば、充実した結婚生活をおくれるでしょう。

 

 

ソウルナンバー3の結婚まとめ

・結婚に対する理想やイメージがない
・自然体
・周りの結婚観に影響されない
・我が道を行く
・結婚すると精神的に安定し、少し大人になる
・責任感が強い
・子育てでは、大人になろうと無理をして葛藤しやすい
・周りの人たちに助けられる
・本来の自分らしさを発揮することで、安定した家庭が築ける
・友達同士のような夫婦、親子関係を築ける

 

 

ソウルナンバー3の人間関係に対する考え方

子供のように素直で純粋な心を持つあなたは、誰にでも積極的に話しかけ、すぐに親しくなれる人懐っこさがあり、人から可愛がられるでしょう。
どこか危なっかしくて、ほうっておけない魅力があります。

オープンな心の持ち主で、誰の前でもありのままの自分で接し、自然体で偽ることがありません。
その純粋でまっすぐなオープンさは、自然と相手の心もオープンにし、あなたといる人は誰もが気兼ねなく過ごすことが出来、人に圧力をかけない自然体があなたの個性です。
その変わり、自分に対しても指示や命令、圧力をかけられることを嫌います。

例えば、みんなで「ラーメンを食べに行こう」とラーメン屋さんに行って、他の全員がラーメンを食べても、その時「チャーハンが食べたい」と思えば、迷わず一人でチャーハンを食べる人です。

その自己主張の強さは、周りを驚かせますが、「あなただから」と許されてしまうのがあなたの魅力です。
他の人と違うことをしても、誰もが自分の弟や妹のように、大目に見てしまえるお茶目さがあるのです。

マイペースなあなたは自由気ままでお気楽な面が際立ちますが、内面は繊細な神経の持ち主です。
気を使っているように見えなくても、常に目の前の人に合わせようと努力するので、人と深く付き合うと、神経が疲れてしまうのです。

それでも人への好奇心が旺盛で、出来るだけ様々の人と接し、吸収できるものは吸収したいと考え、積極的にコミュニケーションをとっていきます。
グループでいる時には、自ら場の空気を盛り上げるムードメーカー役を引き受ける人ですが、決して一つのグループや個人に固執することはありません。

どのグループにも属さないけれど、どのグループとも、誰とでも気さくに話が出来るポジションを築くし、そうありたいと願う人です。
他人からプライベートの領域に必要以上に踏み込まれることや、詮索されることが苦手で、距離が近すぎると感じると、うまく交わして、それ以上入らないようにガードします。
しかし、自分が好感を抱いた人に対しては、自分から積極的に相手の領域に踏み込みます。

一定の見えない壁を作るのは、心の奥で「傷つけたくないし、傷つきたくない」という気持ちがあるからかもしれません。
純粋なハートの持ち主であるあなたは、人を傷つけることにも、自分が傷つくことにも敏感なのです。

そんなあなたは、人生で訪れる危機や窮地に、必ず身近な人の手助けが得られる人です。
ナンバー3のあなたの「どこか放っておけない」魅力は、周りの人を優しくするのかもしれません。

 

 

ソウルナンバー3の人間関係まとめ

・自由
・個人主義
・優しい
・平等主義
・コミュニケーション上手
・人懐っこい
・放っておけない魅力がある
・オープンで明るい性格
・マイペース
・詮索されることが苦手
・群れることを嫌う
・人に助けられることが多い運を持つ

 

 

ソウルナンバー3の仕事に対する考え方

3は「コミュニケーション」「好奇心」を意味します。
誰に対しても平和的、平等的にコミュニケーションをとることが出来るソウルナンバー3のあなたは、組織で働くと、「ムードメーカー」や「みんなのアイドル」的存在になるでしょう。

子供のような好奇心を持つあなたは、行動力、瞬発力ともに抜群。
興味をもったことに関しては、驚くほど速く知識やスキルを吸収していきます。
その一方で興味がないことに関しては、まったくもって興味を持ちません。
どんなに上司から命令されようが、仕事をする上で必要だと理解していようが、とことん追い込まれない限り興味を示さないどころか、あえて避けて関わらないようにします。
その差は極端で、誰の目にもあなたのやる気と興味のある・なしがわかるでしょう。
本的に素直で正直なので、働く上でマイナスな態度や感情も、周りにはバレてしまいます。

しかし、興味を持ったことはもちろんですが、避けていたことでも、土壇場の切羽詰まった状態に立たされると、きちんと結果を出せる器用さも持っています。

組織で働くことに向いていますが、単調な仕事には向いていません。
また、規則や制約が多い職場にも息苦しさを感じてしまうでしょう。
自らのアイデアを発信出来る環境だと、思いも寄らぬ才能を発揮するかもしれません。

仕事に求めるものは、お金よりも刺激や楽しさです。
職場の人間関係が楽しい、仕事に興味がある、好奇心をくすぐられるなど、精神的な刺激が仕事へのモチベーションにつながる人です。

周りから見たら恵まれた職場環境で、高収入の仕事に思えても、仕事へのモチベーションが上がらないとあっさり仕事を辞め、まったく異なる世界に飛び込むこともあります。
新しい仕事や環境にすぐに順応する適応能力も高く、変化を恐れないので、様々な業種、様々な環境で働く経験をするでしょう。

ナンバー3の人は、どこまでいっても「この仕事が自分の天職」と思える仕事には出会えないかも。
もっと楽しいこと、もっと興味が持てる、新しい知識やスキルが得られる仕事をと、常にアンテナを張り巡らせています。

身近な人の話から、思わぬ仕事に就く可能性があります。
また、仕事で困った時には、周りの友達の誰かが、必ず力になってくれるでしょう。

ナンバー3の人は、マイペースで自由人ですが、結婚すると仕事に対する意識が大きく変わる人が多いです。
家族を守ろうとする責任感が芽生えることで、仕事に求めるものが変わり、安定するでしょう。

 

 

ソウルナンバー3の仕事まとめ

・器用
・興味あることへの知識・スキルの吸収力がすごい
・順応性がある
・変化を恐れない
・刺激と楽しさを仕事に求める
・好奇心旺盛
・創造力がある
・素直
・結婚することで安定する

 

 

ソウルナンバー3のお金に対する考え方

ソウルナンバー3の人は、お金に対してもポジティブ思考です。
生まれた時からお金に恵まれた人が多いのが特徴で、家がお金もちなど、なぜかお金に困らない強運の持ち主です。

「お金もちになりたい」など、お金に対する欲求は強くありませんが、そもそも「自分がお金に困るなんて考えられない」人で、その無欲さがどことなく品の良さとして現れる人です。
常にお金に困っていない自分がイメージできていて、大金が必要になっても「どうにかなる」精神でいながら、実際にどうにかなってしまうのがすごいところ。
強運を信じきることが出来る曇りないポジティブさが、更なる金運を招く人です。

「お金がないなら稼げばいいし、あればあったでそれなりに…」というように、お金がある時は、楽しいことや気分がよくなることに惜しみなく使い、お金がなければないなりに工夫して楽しく生活できる人です。

また、大切な人が困っていたら、惜しみなく与えることも出来ます。
あなたが助けた人は、あなたに感謝し、仕事やお金儲けのチャンスを与えてくれたり、あなたが困った時には、快く助けてくれるでしょう。

その一方で、どんな人にも警戒心を抱かないあなたは、安易な話に騙されて大金を失う可能性もあるのでご注意ください。
特に海外への投資話にはご注意ください。

身の回りのものは、安いものを多く手に入れるより、質の良いものを一つずつ手に入れていくタイプです。
一つ一つは高価なものですが、出来る範囲の中てお金を使えるやりくり上手です。
結婚をして家庭を持つと、将来を見据えて貯蓄するようになるでしょう。

お金儲け、投資の才能があるので、お金の知識を得ておくと役立つ時が来ます。
株や不動産を始めると巨額の財産を築けるかもしれません。

 

 

ソウルナンバー3のお金まとめ

・どちらかといえばお金に無頓着
・ポジティブ思考
・金運に恵まれている
・裕福な環境で育つ人が多い
・使う時は気持ちよく使う
・他人に分かち合うことが出来る
・騙されやすい
・やりくり上手
・投資の才能がある

 

 

ソウルナンバー3の2018年の運勢

ソウルナンバー3の2018年の運勢は、「我慢」の時。
愛嬌があるあなたは、人間関係に恵まれ、困ったことがあるといつも周りの誰かが助けてくれることが多かったでしょう。
あなたにそのつもりがなくても、放っておけないところがあるので、周りの人たちを巻き込みながら、楽しく過ごしていたと思います。
2018年の前半は、これまでにない人間関係の渦に巻き込まれる恐れがあります。
例えば、独裁的なリーダーの元で働くことになるなど、自分のペースを通したくても、ペースを崩すしかなくなるような環境です。
誰といても、どんな場面でも、素直に自分表現することが出来るところが、あなたの魅力なのですが、周りの雰囲気に惑わされて、自分らしさすら見失ってしまうかもしれません。

しかし、そんな時は下手に動かず、じっと我慢をしてください。長くは続きません。
どうにか自分らしさを取り戻そうと画策しても、裏目にでやすい時です。
場合によっては、より悪い方向に状況が動いてしまう可能性もあります。

居心地悪さを感じても、少し辛抱し、耐えていると、必ず救世主となる人か現れます。
場の空気を心地よい空気に変えてくれるようなパワーある人が現れ、あなたに目をかけてくれそうです。
辛抱したのが嘘のように、心が晴れやかになります。
年の後半に入ると、救世主となった人づてに大きなチャンスが舞い込んでくる可能性があります。
「いや」だと思わない限り、受けたほうがいいでしょう。
思わぬ展開で、才能が開花するかもしれません。

 

 

ソウルナンバー3への言葉

人は楽しいことと嫌なことを同時に考えることが出来ません。
どうせ考えるなら、楽しいことで頭の中をいっぱいにしましょう。

 

 

ラッキーアイテム

オレンジ色、はちみつ、サンストーン、紐靴

 

 

ソウルナンバー3の相性

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー1の相性

友人としての相性

★★★★★

気づきと成長するきっかけを与えあう相性

積極的で好奇心旺盛なところが似ているソウルナンバー1の友人は、お互いに刺激を受け、影響を与えあう相性です。
出会ってすぐに相手に興味を持ち、惹かれ合うでしょう。

人から指示・命令されることが嫌いで、自分の思い通りに行動したいソウルナンバー3ですが、ナンバー1の意志の強さ、忍耐強さ、圧倒的な存在感とリーダーシップ力の前では、普段よりかなり素直で従順になれるでしょう。
飽きっぽく、一つのことを最後までやり遂げることより、興味を追求したいナンバー3にとっては、自分の欠点に気づかせ、成長するきっかけを与えてくれるありがたい存在になります。

また、意志は強いけれどプライドも高いのがナンバー1。
ついつい見栄をはってしまう、強がってしまうことが多いですが、どんな時も自分らしく、余計なことを考えない素直なナンバー3に刺激を受けます。
それは自分の中にある「こだわり」や「競争心」を見直すきっかけとなり、ナンバー3の前では自然体で素直になれるかも。
簡単に人を信用してしまうナンバー3が心配で、守ってあげたくなるでしょう。

二人で語り合う時間は、話題も豊富だし、どちらも言葉が立つので話がつきないでしょう。
おしゃべり好きな二人ですが、何も話さない時間も自然に過ごすことが出来ます。

明るく前向き、パワー漲るところは似ていますが、異なる魅力と才能を持つ二人。
相手の魅力と才能を素直に認め合うことが出来れば、生涯の友となれます。
二人の場合、仕事の仲間としてもうまくやっていけます。

ただ、二人とも自己主張が強いので、相手を自分の思い通りにしようとすると、意見が衝突し喧嘩になってしまいます。
お互いに相手を自分の型にはめようとしないことが、良い友人関係を続けるポイントであり、自分を成長させます。

 

 

恋人としての相性

★★

努力しないとすれ違う相性

生活リズムや興味の対象が似ているので、波長が合う二人です。
友達としては最高の相性ですが、恋愛となると良くありません。
うまくやっていくためには、かなりの努力と忍耐が必要になるでしょう。

ソウルナンバー1は、恋愛をすると恋愛がエネルギー源になる人です。
元々パワフルで積極的に活動していく人ですが、恋愛をすることで気分が高揚し、何事にも前向きに取り組めるようになります。
恋愛関係の安定と、楽しさが精神安定のかなりの割合を占めるのです。
ナンバー1にとって楽しい恋愛、安定した恋愛とは、自分の思い描くカタチになっていくこと。
主導権を握り、リーダーシップを発揮し、それに対して柔軟に対応してくれるパートナーが理想なのです。

それに対してソウルナンバー3のあなたは、自分のリズムを乱されるのが苦手な自由人です。
友達関係の時は、波長が合うと思っていても、次第に相手のリードが束縛に感じてしまうでしょう。
いくら協調性と柔軟性があり、相手に合わせることが得意なあなたでも、恋愛関係となると我慢も限界が来るでしょう。
負担に感じた時点で、逃げたくなるのがナンバー3です。

また、一見ナンバー1は精神力が強いイメージがありますが、恋愛においては小心者のところがあります。
強く見せていても、思い通りにいかない時は、ひどく落胆し、傷ついてしまうのです。
そんな落胆している自分が悔しくて、意地になることもあります。

二人とも明るい性格で、意気投合したら隠し事なくオープンな関係を築こうとするでしょう。
しかし、二人がうまくやっていくためには、はじめからすべてをオープンにするのは危険です。
ポイントは「愛情の小出し」です。

愛情表現も感情に任せず、あえて抑えて小出しにしていきましょう。
プライベートのことも、何もかも話をする必要はありません。
自分が知らない部分、「謎」があったほうが、お互いに緊張感が保て、新鮮な気持ちで恋愛を楽しむことが出来ます。

ただ、隠し事や嘘が苦手で、常にオープンなナンバー3にとって、小出しにするのはかなりの努力が必要でしょう。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー2の相性

友人としての相性

★★★★

お互いを思いやれる相性

どちらも気配りが出来、人に優しいタイプのソウルナンバー3と2は、安定した友人関係を築いていけます。

争うことが嫌いで、平和主義同士なので、一緒にいると穏やかで気持ちを楽にしていられるでしょう。

常に自分を気にかけ、サポートしてくれるナンバー2の存在は、心強く、素直に甘えられます。
ナンバー3が細かく話をしなくても、察して自主的にサポートしてくれるのがナンバー2なのです。どんな時にも嫌な顔一つせず、優しく接してくれます。
ナンバー2は、信頼し親しくなった人には、自分のこと以上に相手を気遣う人なのです。
まさに「痒い所に手が届く」相手で、親・兄弟のように甘えることが出来るでしょう。

人に対して優しいところは二人とも似ていますが、自分のことを優先させるのがナンバー3です。
その時の気分で喜怒哀楽を表現し、興味が持てるものがあれば、周りの意見や目など全く気にせず行動しています。
例えうまくいかなかったとしても、それすらプラスに受け止め、経験値を積み重ねていくのです。
そんなナンバー3の天真爛漫さとプラス思考は、マイナス思考のナンバー2には刺激になります。
近くで見ているだけで「そういう考え方があったのか」と自分を振り返るきっかけをくれるでしょう。
ナンバー3に影響され、少しずつ前向きに考え、自分を大切に出来るようになるかもしれません。

一方ナンバー3にとっても、他力本願でネガティブ思考のナンバー2は刺激的です。
自分のことより相手を優先し、人のことで悩み、苦労する姿は、自分にはないものだからです。
普段は甘えても、甘えた分やそれ以上はきちんと恩返しをしなければと思うようになるかもしれません。
それは、ナンバー3の自立を促すきっかけになります。

二人は、相手の存在によって、異なる考え方を知り、自分を振り返り、見直すきっかけを与えあえます。

 

 

恋人としての相性

愛情ではなく情でつながる相性

積極的にアプローチをするのはソウルナンバー3。
素直で正直、真正面からぶつかってきてくれる情熱さは、ナンバー2にとって理想の相手であり、理想の恋人です。
自分をリードしてくれて、求めてくれて、どこか放っておけなくて世話をしたくなる人に惹かれるのがナンバー2です。
子供のような素直さと、好奇心だけで見切り発車してしまうような危うさは、魅力的です。

一方、恋愛に積極的なナンバー3は、どちらかと言えば難しい相手に挑むのが好きなタイプ。
脈もない時から相手を振り向かせ、自分を好きになってもらう過程が恋愛の醍醐味なのです。
すぐに自分のペースに乗り、従順で尽くすナンバー3は、最初こそ嬉しい気持ちになるかもしれませんが、すぐに物足りなくなります。
「打てば従う」ではなく「打てば響く」刺激が欲しいからです。

ナンバー2は本気になればなるほど、相手に依存しやすく、相手のことを第一に考えます。
「相手のしあわせが自分のしあわせ」で、自分のしあわせすべてが相手次第になってしまうのです。
甲斐甲斐しく面倒を見て、相手の好みの自分でいることが精いっぱいの愛情表現です。

しかし、依存され、優先されればされるほど、ナンバー2の従順さはナンバー3にとって重荷になります。
最初の頃の情熱は長く続きません。
それでも、根は優しいナンバー3のあなたは、相手の優しさを十分に感じ取れる人です。
一途に尽くしてもらうほどに、相手に対する罪悪感のような気持ちと、情の狭間で揺れ動くかもしれません。
また、相手の気持ちが自分だけに向いていないことは、勘の鋭いナンバー2には感じ取れます。

楽しい恋愛ではなく、情でつながる二人は、辛い恋愛をする可能性が高い相性です。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー3の相性

友人としての相性

★★★★★

サバサバした関係だけど、相手を深く理解し、肯定しあえる相性

ソウルナンバー同士は、同じようなテンションと波長をもつので、出会ってからすぐに意気投合するでしょう。
面白いのは、ナンバー3同士の第一印象は悪いことが多いのです。
中には相手の第一印象が「最悪」と感じることもあるかもしれません。
しかし、どちらも躊躇なく積極的に相手の懐に入っていくし、オープンに付き合うタイプなので、すぐに印象が変わるでしょう。

駆け引きや計算、お世辞や嘘、ごまかしがない者同士なので、一緒にいると気が楽で、余計な気を遣わないでいられます。
自由気ままに見られるナンバー3の好奇心や気まぐれ度合が、お互いにわかるので、他のナンバーでは得られない相手からの理解と肯定を得られます。

ただ、二人とも自己主張が強いので、異なる意見を持つ時に喧嘩に発展する可能性があります。
しかし、相手の本質が理解出来ているので、喧嘩をしても根に残さず、すぐに仲直り出来る二人です。
子供同士が喧嘩をすると、その時は激しくぶつかっても、すぐにまた仲良く遊びはじめるのと同じです。

終始べったり行動を共にするわけではありませんが、意気投合する時は仲良く、そうでないときにはお互いに干渉しない。
あっさりとサバサバした男同士のような友人になれる相性です。

二人の友情は物理的な距離や社会的な地位、名誉には全く影響されないので、長きに渡って良き友人でいられるでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★★★

自分たちにしか作れない恋愛のカタチを創り出す相性

どちらも恋愛に積極的で、自由気ままな自由人。
恋愛は必要だけど、恋愛だけでは不自由な二人がソウルナンバー3同士です。
お互いに干渉しすぎないように気を付ければ、友達や兄弟のような仲の良い関係を築いていけるでしょう。

恋愛に夢中になる時と、他のことに夢中になる時の差が激しく、そのバイオリズム、オン・オフの時期が二人とも同じサイクルだと理想的です。
一緒の時は、めいっぱい楽しんで、一人で行動したい時には、お互いに自由でいられるからです。

ただ、サイクルが正反対になると、こうはいきません。
自分が相手を求めているのに期待通りの反応が得られないと、ストレスがたまり、そのうち嫌気がさしてしまうこともあります。
ストレスがたまると、衝動的に手放したくなるところがあるので、その時の気分で別れ話を持ち出し、後から後悔することのないように気を付けてください。

この二人がうまくやっていくためには、一人の時より少し相手に合わせようとすることです。
相手中心になる必要はありませんが、これまでエネルギー10の内9を自分に使っていたとしたら、6~7位に抑えるように意識しましょう。
それを我慢とかストレスに感じてしまうとつらくなりますが、出来る範囲の「少し」を相手に向けることが大切です。
お互いに歩みよることが出来ると、喧嘩することも、感情的になることも少なくなります。

二人の場合、遠距離恋愛でも愛を育んでいけます。
また、生まれ育った場所を離れて、新たな場所で生きていくこともできます。
もしかしたら「結婚」という形をとらないまま、生涯パートナーとして支え合うことになるかもしれません。
二人の恋愛のカタチは独特で、周りからはなかなか理解されないかもしれません。
しかし、周りの意見に流されることなく、自分たちのカタチを創造できる相性です。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー4の相性

友人としての相性

★★★

限られた期間の友人

ソウルナンバー3と4の相性はまずまずです。
ナンバー3は、人あたりがよく、どのソウルナンバーの人ともうまくやっていくことが出来るので、人見知りタイプのナンバー4の心を比較的早くほぐすことが出来るでしょう。
ナンバー4にとっても、ナンバー3の子供のような天真爛漫さは、妹や弟のように放っておけない存在になりそうです。

二人の共通点は、感受性が鋭く、周りの状況や人を良く見ていること。
そして、どちらも視野が狭く、個性的なところです。
そして正反対なのは、ナンバー3が陽であれば、ナンバー4は陰のタイプ。
同じことを経験しても、その捉え方や感じ方は、全く違う二人なのです。

ナンバー3の柔軟さや素直さは、ナンバー4の頑なさを和らげ、ナンバー4の粘り強さと責任感の強さは、ナンバー3の自立を促します。
ナンバー3が途中で飽きて、投げ出してしまったことは、ナンバー4がしっかり後始末出来るし、ナンバー4が変化を恐れるところは、ナンバー3が率先して先に経験し、ハードルを下げてくれるでしょう。

どちらも心根は優しく、面倒見がいいので、お互いの欠点をカバーし合うとうまくいきます。
ただし、ナンバー3が相手に依存しすぎたり、我儘で傲慢な態度に出すぎるとナンバー4は振り回されてしまいます。
また、ナンバー4が意地を張りすぎて、自分の殻に閉じこもってしまうと、二人の距離は一気に離れます。
無邪気なナンバー3は、面倒なことが嫌いなので、相手が殻に閉じこもったら、それを破ってまで中に入ろうとはしません。
その、パーソナルスペースを守ってくれるところが、ナンバー4にとっては一緒にいて楽でいられる相手なのですが、二人の距離が開きすぎると、友情関係は終わってしまうでしょう。

相性は悪くありませんが、学生時代だけ、同僚の時だけなど、一時の友達関係で終わってしまう可能性が高い相性です。

 

 

恋人としての相性

恋愛に求めるものが全く違う二人
正直で素直、積極的なソウルナンバー3と、慎重で警戒心の強いソウルナンバー4の恋愛相性は良くありません。

ナンバー3のあなたは、好きになると猪突猛進。
相手の気持ちを少しでも早く掴もうと、自分のペースで積極的にアプローチしていきます。
ナンバー3の恋愛は、一気に燃え上がり、感情のままに動くので、相手の都合などお構いなしに、自分の気持ちを相手にぶつけていきます。
「こんなに自分はあなたのことが好き」アピールを繰り返し、結果を早く求めたがります。

対して、「結婚を考えられる人でないと恋愛はしない」タイプのナンバー4は、将来のことを踏まえ、慎重に時間をかけて人を好きになっていくタイプ。
信頼できるまでは、パーソナルスペースに相手が踏み込んでくることを極端に嫌がります。

ナンバー3にとって、恋愛の醍醐味は相手を振り向かせることです。
そのため、簡単に自分のペースに乗ってくれないナンバー4は追いかけ甲斐がある相手。
相手が素っ気ない態度に出ると、意地でも振り向かせようと躍起になるでしょう。
しかし、躍起になればなるほど、ナンバー4の警戒心は強まってしまいます。
常識やルールを重んじるナンバー4にとっては、相手の都合も考えず自由奔放にアプローチできるナンバー3は「常識外れ」かも。

ナンバー3は、はじめこそ気持ちが燃え上がって突進していきますが、期待通りの反応が得られないと、ある時突然バタッと気持ちが冷めてしまいます。
しばらく素っ気ない態度をとって、相手の本気度を確認するナンバー4にとっては、最も関わってはいけない相手に思えるでしょう。

恋愛を自由に楽しみたいナンバー3と、恋愛は楽しむものではなく、将来の結婚に至る通過点と考えるナンバー4は、恋愛に求める価値観が違いすぎるのです。
もし二人が恋人になっても、短期間で破局する可能性はかなり高いでしょう。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー5の相性

友人としての相性

感情的にぶつかり合う相性

ソウルナンバー3と5は、楽観的で前向きなところが似ていますが、喜怒哀楽が激しく、自分本位の行動に出やすいところも似ています。
当たり障りのない会話をしている内は、話も盛り上がって、それなりに楽しく過ごせますが、深く付き合うようになると衝突はさけられないでしょう。
気まぐれで飽きっぽい、人から指図されるのが嫌い、自分のペースを邪魔されたくないなど、欠点に共通点が多い二人。
不思議なことに、相手の欠点ばかり目について、いやなところばかり印象付けられる相性なのです。
目について、いやだと思う相手の欠点は、実は自分の中にもあったりします。
自分自身で欠点だとわかっていることを、人によって見せられることが不愉快なのです。
相手の欠点を見ることで、自分の姿を突き付けられているような気がして、居心地が悪いのです。
相手の欠点を欠点としてみていること自体、自分の欠点を認めていることになるようで、気分が悪いのです。
そんな二人がコンビを組んで、一緒に何かを行うと大変です。
どちらも度胸はあるので、すぐに行動に移しますが、気まぐれで飽きっぽい。
飽きてしまったことは、相手に押し付け、自分は逃げ出したくなるタイプ。
互いに後始末や責任を押し付けあいになるでしょう。
冷静になって、互いに「人の振り見て我が振り直せ」と気づけばいいのですが、この二人が一緒になると感情のぶつかり合いになりやすいのです。
この二人がうまくやっていくためには、極力協力しあわないことです。
相手とは違うことをすること。そして、相手がやっていることに干渉しないことが一番です。

 

 

恋人としての相性

★★

遊びや浮気なら最高に刺激的な相手
素直で正直者同士のソウルナンバー3と5。
どちらも肉食系で、自分から好きになり、追いかけたいタイプです。
この二人の場合、一夜限りの遊びや不倫関係などであれば、最高に刺激的な相手となります。
遊びや不倫なら、お互いに相手を追いかけている状態なので、どちらも満たされるのです。
また、二人とも好奇心が旺盛なので話題も豊富。
積極的に相手を求め合う二人は情熱的な恋が出来るでしょう。
しかし、恋人となるとそうはいかないでしょう。
どちらも「相手に自分の都合に合わせてほしい」タイプなので、どちらも譲らず平行線のまま。
相手が意地になると、こちらも意地になり、意地の張り合いが起こります。
恋人関係がうまくいかない時というのは、一般的に喧嘩をしますが、この二人の場合は喧嘩にもならないのです。
交わることや、自分から相手に近づこうとしない限り、どちらの会話も一方通行のまま。
我の通し合いになってしまいます。
気持ちの切り替えが早い二人なのでどちらかが見切りをつけたらあっけなく別れてしまうでしょう。
この二人がうまくやっていくためには、相手の気持ちになって考える余裕と思いやりが大切です。
対等に張り合っていては何もはじまりません。
譲り合い、話し合いながら「二人の答え」を出していく努力をしていきましょう。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー6の相性

友人としての相性

★★★

距離が大事。近づきすぎると衝突する相性

素直で明るい子供のような感性を持つソウルナンバー3と、愛情深く人を支え、見守るタイプのソウルナンバー6の相性はまずまずです。
お互いに初めて会った時から好印象を抱く二人で、和やかな友情関係を築いていけるでしょう。
どちらも愛情深く、優しい心を持つ二人は、お互いを思いやり、気遣い合うことが出来ます。
衝動的に行動を起こしながら、途中で誰かに助けてもらうことが多いナンバー3にとって、包容力あるナンバー6は素直に甘えられる相手になるでしょう。
束縛されると逃げたくなるナンバー3にとって、自分を犠牲にしてまで他人に尽くすナンバー6は仏様のように見えるかもしれません。
ナンバー6の優しさと奉仕精神に慈愛を感じ、兄や姉のような気持ちで慕います。
一方ナンバー6には、個性的で気持ちをストレートに表現できるナンバー3の自由さは、憧れに近い気持ちを抱きます。
また、度胸も行動力もあるけれど、どこか危なっかしさを感じるナンバー3は、放っておけない気持ちにさせます。
いつも気にかけ、危なっかしい時はサポートするつもりで見守っているでしょう。
そんな二人ですが、付き合いが深く、近くなりすぎると衝突しやすいのでご注意ください。
気分屋で喜怒哀楽が激しいナンバー3は、我儘なところがあります。
機嫌が悪い時には、機嫌の悪さを思いっきり出して場の空気を壊すことがあります。
それでも、気持ちの切り替えが早いので、そのうち気分が変わり、いつものような明るい状態に戻るタイプです。
ナンバー3は、機嫌の悪さをアピールしながら、放っておいて欲しいのです。
思春期の子供が親に不機嫌な態度をとった時、何か言われるとますます不機嫌になり、放っておかれると自分で機嫌を直している感じに似ています。
しかし、そんな時に決して放っておけないのがナンバー6.
ナンバー3がなぜ機嫌が悪いのか、どうすれば機嫌良くしてくれるのか、あれこれ考えながら一生懸命に力になろうとします。
時には「機嫌が悪いのは自分のせいなのかもしれない」と責任を感じて、「ごめんね」と謝ることもあるかも。
ナンバー3にとっては、そんなナンバー6の優しさが重く、鬱陶しく感じてしまうのです。
優しくされればされるほど、反発したくなるし、構われると逃げたくなる。
自分が素直に表現しただけなのに、それによって右往左往するナンバー6が煩わしいのです。
この二人は、互いに気持ちが落ち着いている時なら、穏やかな友情をあたためられますが、不安定な時には二人の関係も不安定になってしまいます。
感情をぶつけられないくらいの距離を保って付き合うことをお勧めします。

 

 

恋人としての相性

★★

物足りなさや不安を感じやすい相性

一途で積極的なナンバー3にとって、受け身で従順なナンバー6は、魅力的な相手です。
また、ナンバー6にとっても、自分の意見を主張し、感情をストレートに表現してくれるナンバー3は自分が思い描く「求められる恋愛」を現実に出来そうな気がします。
ナンバー3が積極的にアプローチしたら、短期間で恋愛を成就することが出来るでしょう。
ただ、この二人の相性はあまり良くありません。恋人になっても、長く続かない可能性が高い二人です。
ナンバー3の情熱は、相手が振り向きそうで振り向かない状況で燃え上がります。
どちらかといえば、「高嶺の花」的な存在、自分には手が届きそうにない相手を振り向かせることに情熱を燃やすのです。
相手を振り向かせるためには、積極的に、情熱的に、一途にアプローチしていきます。
努力が実って成就した時の達成感と満足感はこの上ない快感なのです。
しかし、受け身のナンバー6は、いつも相手からのアプローチを待っているタイプ。
強くアプローチされると、比較的簡単に恋愛感情を持つので、「追いかけ甲斐」がないのです。
また、好きになると従順で、献身的に尽くすナンバー6の愛情は、嬉しくもあり、重くも感じます。
いい人だけど、物足りなさを感じてしまうでしょう。
そして、そんな釈然としないナンバー3の心情を察し、ナンバー6も不安になります。
二人が安定した恋愛が出来るとしたら、ナンバー3が恋愛に刺激を求めなくなってからでしょう。
刺激を求めなければ、ナンバー3にとって、これほど支え、尽くしてくれる相手は他にはいないかもしれません。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー7の相性

友人としての相性

★★★★★

第一印象で良い・悪いが極端に分かれる相性

楽天的だけど、甘え上手なソウルナンバー3と、完璧主義のソウルナンバー7の相性は良いか悪いのどちらか極端に分かれます。
自分のことは何でも自分でこなし、人に甘えること出来ないナンバー7は、自分に厳しい人ですが、人にも厳しいところがあります。
度胸があって、行動する時は勢いづくナンバー3ですが、大抵途中で飽きるか挫折して放り投げてしまうことが多い人です。
甘え上手なので、甘えられる人を見つけては、さり気なく相手が後片づけをしてくれるように取り入るのが上手なタイプ。
ある意味要領がよく、世渡り上手でもあるナンバー3の甘さをナンバー7が受け入れることが出来たら、二人は仲の良い友人になるでしょう。
クールで自分にも他人にも厳しいナンバー7ですが、内面はとても優しい心の持ち主です。
何より外見や体裁など、目に見えるもので人を判断することがありません。
ナンバー3に愛情を感じれば、何かと助けてくれるでしょう。

口数が少なく、ドライで独特の世界観を持つ人なので、第一印象で気難しいタイプに見られることがあります。
しかし、誰にでも気さくに声をかけ、どんなタイプにも躊躇することなく自分をオープンにするナンバー3ならば、ナンバー7の強い警戒心を突破できるかもしれません。

二人が仲良く一緒にいるようになると、どちらかと言えば、周りから陰タイプに見られるナンバー7の印象が変わるでしょう。
ナンバー3の人懐っこさと自由南西に感化されて、人づきあいに積極的になるかもしれません。
また、我儘が通用することが多いナンバー3は、調子に乗りやすいのですが、冷静に観察し、鋭い意見を言ってくれるナンバー7によって、調子に乗ることも減り、自立しようという自覚が芽生えるかもしれません。
二人が良いカタチで出会うと、相手の存在が短所を長所に変えてくれるのです。

ただ、好き嫌いが激しいナンバー7が、初対面で嫌いと判断したら友情は生まれません。

 

 

恋人としての相性

★★★★

恋人であり、兄弟・親子のような関係になれる相性

積極的で尽くし型のソウルナンバー3と、石橋を叩いて渡る慎重派のソウルナンバー7は惹かれ合う相性です。
相性としては特別良いわけではありませんが、自分にないものをもっている相手に惹かれるでしょう。
ナンバー3は、ナンバー7の落ち着いた大人の雰囲気と、頭の良さに惹かれます。
一人で完璧にやり遂げる行動力と忍耐力に尊敬の気持ちを抱きます。
控えめで目立つ存在ではないけれど、出会った瞬間に自分とは違う世界を感じるのです。

個人主義で一人で行動することが多いナンバー7は、大勢の中にいても口数が少なく、目立たないタイプです。
いつも大勢の仲間に囲まれて、周りを笑わせ盛り上げるナンバー3を羨ましいと思うでしょう。
警戒心が強いナンバー7ですが、純粋な裏のない心を持つナンバー3に惹かれます。

恋人同士になると、一見ナンバー3が主導権を握り、自由に行動しているように見えますが、裏ではしっかりナンバー7が手綱を握ります。
恋人であり、兄弟のような、親子のような、その時々で柔軟に変えながら付き合えます。

安定した関係を築くためには、常に相手の立場に立って考えるようにしましょう。
特に、喧嘩をするとナンバー3は感情的に、ナンバー7は理屈攻めになりやすいので、長々とお互いが言いたいことをぶつけてしまうでしょう。
自分の言いたいことを伝えるだけでなく、相手の気持ちに立って考えることで、喧嘩の仕方も変わってきます。
また、ナンバー3は交友関係が広く、もてるので、浮気心に注意です。
些細な嘘やごまかしも許してはもらえないと思いましょう。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー8の相性

友人としての相性

★★★★

学び合える相性
楽観的なソウルナンバー3と野心家で行動的なソウルナンバー8は良い相性です。
年齢に関係なく、自立してしっかり者のナンバー8が、自然と兄・姉の役割を担うようになるでしょう。

どちらも好奇心が旺盛で、刺激的なこと、楽しいことが大好きです。
共通の趣味があると、一緒に楽しむことが出来ます。

自由な二人ですが、タイプが違います。
どちらかといえば責任あることは他人任せにして、おいしいところだけを味わいたいナンバー3。
人から注意や指摘をされると反発しますが、努力家で最後まで責任をもって成し遂げるナンバー8の姿を見ていることで、かなり刺激を受けるでしょう。

人をその気にさせ、動かすことが上手なナンバー8は、時には厳しく、時には優しくリードしてくれます。
努力と忍耐を超えた後に味わう達成感を共に味わえるようになったら、一緒に成長できる喜びを感じられます。
頑固で自信家のナンバー8は、多少気難しいところもありますが、柔軟性が高いナンバー3は上手に相手に合わせられる人です。
相手のご機嫌を取ろうと顔色を伺い、下手に出ることなく、純粋に向き合う姿勢がナンバー8から好感を得ます。

常に「もっと、もっと」と上を目指しているナンバー8は、神経がいつも高ぶっています。
ナンバー3の楽観的で純粋、あるものをあるがままに受け入れる素直さ、誰の前でも自由である無邪気さに心が救われるでしょう。
ストレートに感情を表現するので、機嫌が悪い時もありますが、ナンバー8もご機嫌を取ることもなくそっとしておけます。
自分を大きく見せようとしてしまうナンバー8は、素直に自分の弱さも欠点も表現できるナンバー3が、どこか羨ましいのです。
元々人を観察することが好きなナンバー8には、好奇心をそそられる相手になるはず。

二人が安定した交友関係を続けていくには、どちらも傲慢にならないことです。
心は広いけれど視野が狭いナンバー3と、視野は広いけれど心が狭いナンバー8は、互いに学び合える相手。
傲慢にならず、相手の良いところを見習おうとする姿勢が、優しい関係を築いていきます。

 

 

恋人としての相性

★★

あっという間に燃え上がるけど、あっという間に冷める相性

相手を自分のペースに巻きこむことが恋愛の意気込みでもあるナンバー3と、主導権を握りたいナンバー8の相性は良くありません。
友人としては刺激し合えて、一緒にいて楽しい相手ですが、恋愛となるとそうはいきません。
どちらも恋愛体質で、瞬間湯沸かし器のように人を好きになる変わりに、「違う」と思った時の気持ちの切り替えもスピーディです。
あっと言う間に付き合ったと思ったら、あっというまに別れていたという相性なのです。

二人が恋人になっても、短期間で終わってしまうかも。
恋愛に情熱を傾けるのは、二人とも同じです。
どちらも相手を思う気持ちが、自分の方が勝っていると感じる時に燃え上がります。
「もっと相手をふりむかせたい、本気にさせたい」時期が、一番楽しいからです。

どちらかが消極的で受け身のタイプならそれでもいいのですが、二人が情熱をぶつけ合ってしまうと、その情熱を維持するのはなかなか難しいでしょう。
躍起にならなくても、情熱を傾けてくれる相手に、最初は喜びと満足感を得られるかもしれませんが、次第に「追いかける楽しさ」がないことにトーンダウンしてしまいます。

二人が安定した恋愛関係を築いていくためには、自分のすべてを出し切らないこと。
どちらも好きになった人には、自分のすべてを見せるタイプ。
「すべてを見せて、それで嫌われたらそれでもいい」と考えるので、自分を隠すことをしません。
しかし、最初からすべてを見せてしまったら、新しい発見もなくなり、マンネリになってしまいます。

「出し惜しみ」とまではいいませんが、相手の知らない自分を残しておくこと。
小出しに新しい自分を見せることで、刺激と変化が生まれます。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー9の相性

友人としての相性

★★

親子のような関係になりやすい相性

素直で純粋、子供のようなソウルナンバー3と、広い心で受け止める包容力あるソウルナンバー9の相性は良くありません。
相性は良くない二人ですが、初対面から相手に好印象を抱き、親しくなるまでに時間はかからないでしょう。

感受性が鋭く、自由な感性で物事を受け止めるナンバー3は、憎めない愛嬌がある人なので、面倒見のよいナンバー9は放っておけない相手となります。
ナンバー3にとっても、自分を受け止めてくれるナンバー9は、一緒にいて心地よく、甘えられることが出来て、楽な相手です。
求める前から気が付いてくれる、こまやかな配慮が出来るナンバー9の優しさに頼り切ってしまいます。
ナンバー3の素直さと明るさは、最大の長所ですが、その反面人に甘えすぎるところがあります。
いくつになっても子供のようなナンバー3は、ちょっと気に入らないことがあると駄々をこねるなど、甘えられる相手には感情をストレートにぶつけていきます。
元々喜怒哀楽が激しい性格ですが、心を許した相手には身内のように気を使わなくなります。

ナンバー9は順応性が高く、共感力が高いので、相手の喜怒哀楽にも上手に合わせることが出来るでしょう。
ただ、優柔不断で、相手のエネルギーにも順応しやすいところがあるので、喜怒哀楽が激しい相手といることで、自身の精神状態もかなり不安定になります。
ナンバー3が心を許すほどに、振り回されてしまうでしょう。
精神的に不安定になると、居心地が悪く、ストレスがたまります。

そして、甘えを受け入れてもらえるということは、ナンバー3にとって楽なことかもしれませんが、度を越えてしまうと本人のためにもなりません。

人懐っこく、甘え上手なナンバー3を相手に、どれだけ適度な距離を保つことが出来るかがカギとなるでしょう。
友人というより、親子、兄弟、先輩・後輩のような関係になりやすい相性です。

 

 

恋人としての相性

全てが違いすぎる相性
ソウルナンバー3と9の相性は良くありません。
積極的にで、相手を振り向かせることに情熱を傾けるナンバー3は、「激しい恋愛」をするタイプ。
一方、ゆっくりと相手との距離を縮めたいナンバー9は「静かな恋愛」をするタイプ。
ナンバー3は恋愛に情熱、刺激、非日常を求め、ナンバー9は冷静、平常心、日常を求めます。
また、ナンバー3は恋愛に夢中になる時と、冷める時の差が激しく、ナンバー9は常に同じ熱度で相手と向き合おうとします。
恋愛に求める価値観も、求め方も、向き合い方もすべて違う二人。

二人が恋人同士になっても、安定した関係を築くのはかなり難しいでしょう。
恋人になると、ナンバー3が主導権を握り、自分の思い通りにしようとするでしょう。
基本的にナンバー9は受け身で、包容力もあるので、相手に合わせます。
愛情豊かで、不満があっても忍耐強く相手と向き合います。
しかし、合わせることと信頼は別です。
信頼を確信できないまま、ただ相手に合わせている自分に、常に疑問を感じてしまいそう。

また、ナンバー3にとっても、相手が自分に合わせてくれることは、最初は嬉しく感じてもその内マンネリ化し、飽きてしまうかも。
飽きてしまうと、外の世界に刺激を求めるので、ナンバー3が浮気に走る可能性もあります。

二人が仲の良い関係を続けていくためには、お互いに放任主義に徹することです。
相手を自分の思い通りにしようとか、理想の恋愛を求めないこと。
ドライともいえる恋愛ですが、ドライくらいの関係が二人にとってはベストですが、結婚まで繋がる可能性はかなり低いでしょう。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー11の相性

友人としての相性

★★★

良くも悪くもなれる相性
楽観的で柔軟な考え方のソウルナンバー3と、自分の考えがはっきりし、頑固なところがあるナンバー11の相性は、まぁまぁ普通といったところです。
言い換えれば、良くも悪くもなる相性。
“自分流”というほど、明確な形はないにしても、自分らしくありたいナンバー3にとって、ナンバー11は四角四面の融通性がない人に思えそうです。
ナンバー11は、才能もパワーもある人ですが、責任感が強く、自分にも他人にも厳しいところがあります。
また、せっかちで主語がないまま話を進めたり、何も言わずに一人で物事を進めてしまうこともあるので、ナンバー3にとっては何がなんだかわからない相手です。
考えていることも、言わんとすることも伝わらず、はなっから相手に合わせようともしなくなるかも。

また、人に甘えるのが上手なナンバー3は、周りから慕われますが、その甘えたところがナンバー11の癇に障ります。
人に甘え、頼りながらも、自由に言いたい事をいって、周りを巻き込んでいる大らかさが、我儘でずる賢く感じてしまうのです。
それは、ナンバー11の中にある無責任な部分を相手に見せつけられている気になるかもしれません。

ただ、お互いの長所を認め合うことが出来ると、二人の距離は縮まります。
人から指示・命令されることが苦手で、自分のやり方を貫きたいところなど、二人には共通点もあるのです。
相手がいやがることが分かるので、相手にいやな思いをさせない付き合い方もできるでしょう。

 

 

恋人としての相性

★★

一時的に燃え上がってもすぐに鎮火してしまう相性
恋愛体質で、恋愛のチャンスも多いソウルナンバー3は、情熱的な恋愛を求めています。
対して、ソウルナンバー11は、安定した落ち着いた恋愛を求めています。
そんな二人の相性は良くありません。

感情で突っ走るナンバー3と、感覚で感じようとするナンバー11は似ているようで違います。
大げさな言い方をすると、「相手がどれくらい自分に惹かれるか」をゲームのように楽しめるナンバー3と、「相手がどれくらい自分を信頼してくれているか」をじっくり感じたいナンバー11。
ナンバー3にとって、恋愛は楽しいもの。
相手のことを深く知らなくても、「好き」という気持ちがあれば、それだけで楽しいのです。
しかし、責任感と真面目さを恋愛にも発揮するナンバー11は、楽しむよりも前に信頼されたいのです。
本音で心を通わせ、お互いが信頼できて初めて楽しむことが出来ます。

恋愛すると、思い込みの激しいところは似ている二人なので、一時的には燃え上がり、情熱的な恋愛をスタートさせるかもれません。
しかし、それは長くは続かないでしょう。
ナンバー3の恋愛はナンバー11には幼稚で軽いものに感じてしまうし、ナンバー11の恋愛はナンバー11の情熱に水を差してしまうでしょう。

二人が仲良く付き合うには、ナンバー11が兄や姉のような気持ちで、ナンバー3を自由にさせられるかどうかです。
不満や物足りなさがあっても、時間をかけて相手を育つまで待てる覚悟があるかどうかが鍵となります。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー22の相性

友人としての相性

★★

異なる派閥をつくりやすい相性
ソウルナンバー3と22の相性は良くありません。
どちらもカリスマ性があり、人を惹きつけるので、本人たちの意志に関わらずライバル関係になりやすい相性です。
度胸と行動力、楽観的な考え方で、周りの人たちを惹きつけ、巻き込みながら物事を達成していくタイプのナンバー3。
周りから慕われ、ムードメーカーで、放っておけない愛嬌があります。

同じカリスマ性でも、ナンバー22は少し違います。
アイデアをもって、周りの人たちを惹きつけ、周りを引っ張りながら物事を達成します。
その行動力と実践力は、周りの人から一目置かれます。
堂々たる振る舞いは、威厳があり、一緒にいると背筋がピンとはるような緊張感があります。

全く異なる二人なので、お互いが相手をライバル視することはありませんが、自然と派閥のようにグループが分かれる可能性があります。
深く関わろうとしない限り、害はないのですが、少し話をするとお互いに「話が通じない相手」だと感じるでしょう。
どちらも慕ってくる人を相手に、傲慢な態度に出やすいのですが、間違っても相手に傲慢な対応をしないように気を付けましょう。

 

 

恋人としての相性

衝突が絶えない相性
ソウルナンバー3と22は最悪の相性です。
どちらも主導権を握りたがり、衝突が絶えないでしょう。

二人とも正直者で不器用なところがあり、「相手が自分に合わせてくれるのが当たり前」と思っているところがあります。
特にナンバー22は、束縛心と独占欲が強いので、交友関係や行動すべてを把握しようとします。
恋愛に積極的なナンバー3は、二人の時は情熱的でも、自分一人の時間は自由でいたいタイプ。
相手から縛られると、重く感じ、逃げたくなります。
ナンバー22は、自分の思い通りに行かないと、相手に不満をぶつけ、うまくいかないのは相手のせいだと責任を押し付けるところもあり、不満をぶつけられたナンバー3が黙っているわけはありません。
激しい喧嘩になることもありそう。

喧嘩になると、どちらも意地っ張りなので、喧嘩以前より意地を張ってしまうかもしれません。
お互いが一歩も引かず、相手に歩みよることが出来なければ、一緒にいても、それは愛情ではなく情です。

「どっちが悪い」など、責任を押し付け合うような関係であれば、早い段階で別れたほうがお互いのためです。

 

 

ソウルナンバー3の相性

ソウルナンバー3とソウルナンバー33の相性

友人としての相性

★★★

共通の趣味や目標を持つと意気投合する相性
同じ3の性質を持つソウルナンバー3と33は、意気投合し親友のように親しくなるか、敵対するか、極端に別れる相性です。
二人には共通点が多く、楽観的で自由、素直で個性的、度胸ある大胆な行動…など。
共通の趣味や目標を持つと、感性が似ているので、共感できるところが多く、意気投合するでしょう。
ナンバー33がナンバー3を育てる関係でもうまくいき、ナンバー3の成長は著しいでしょう。

ただ、協力して何かを行う作業や仕事でチームになると、なかなかうまくいきません。
いくつになっても子供のようなところがあるナンバー3は、遊びでは愛嬌があっていいのですが、仕事となると無責任さが目立ちます。
持前の要領の良さと、甘え上手で、自分の役割をちゃっかり他人にやってもらったりします。
そんな甘えを許せないのがナンバー33です。
責任感が強く、仕事と遊びをしっかり区別するナンバー33は、どちらかといえば完璧主義者。
常に全体を見ているので、チーム全員をよく観察し、把握しています。
努力して出来ない、遅い場合は積極的にサポートしますが、他人任せの人は論外です。
指摘することもありませんが、信頼もなくなります。
そんなナンバー33の空気を感じたとしても、ナンバー3には響きません。
同じチームにいながら、触れない相手となりそうです。

 

 

恋人としての相性

★★

信頼しきれない相性
ソウルナンバー3と33の相性はあまりよくありません。
3の性質を持つ二人は、どちらも相手に合わせることが出来るタイプ。
尽くし型なので、相手のために世話を焼いたり、喜んでもらえることを進んで行います。

そんな姿は、誰の目にもラブラブで、ものすごく仲の良い恋人同士に見えるでしょう。
しかし、表面上は合わせることが出来ても、自分のペースをしっかり持っている人です。
デートや旅行のプランなど、二人の意見が必要な場面では、相手に対して不満が出るかも。
相手の自分勝手さや、優柔不断さなど、欠点が目に付きます。
表面上は相手に合わせているので、余程不満をため込んでいない限り、穏やかに対応しますが、それが返ってお互いのストレスになるのです。

二人が仲良くやっていくためには、相手に対して不満や疑問を抱いたら、その時に直接相手にぶつけましょう。
その時うまくやっても、抱え込んだ不満は消えません。
どちらもある程度ストレスがたまると、一気に爆発するので、その時は関係修復も難しくなるかも。

どちらも本当に愛し、信じた人には、不満をぶつけられるはずです。
自分の中にため込んでいる時点で、別れる可能性があると心の中で思っている可能性もあります。

ソウルナンバー一覧

ソウルナンバーとは?
ソウルナンバー1
ソウルナンバー2
ソウルナンバー3
ソウルナンバー4
ソウルナンバー5
ソウルナンバー6
ソウルナンバー7
ソウルナンバー8
ソウルナンバー9
ソウルナンバー11
ソウルナンバー22
ソウルナンバー33

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

  1. ソウルナンバー11
  2. ソウルナンバー2
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー2

  3. ソウルナンバー9
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー9

  4. ソウルナンバー6
    • ソウルナンバー

    ソウルナンバー6

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する