丙辰(ひのえたつ/ヘイシン)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

丙辰(ひのえたつ/ヘイシン)の意味

丙辰は、午前の太陽を表します。
つまり、だんだん高くなり、さらに暖かくなっていく太陽です。
成長するにつれて、自分のエネルギーも大きくなります。
そのため、非常に勢いがあります。特に物事の最初は小さな力と感じても、次第に大きくなっていきます。

長所としては、創造性が豊かで高い理想を持っています。さらに、明るく暖かさもあり、体力的にも精神的にも強い人です。
短所としては、気が強く、一本気で妥協ができないため、強引なところがあります。

丙辰の性格は、いつも損得などは忘れてしまう心の温かい人です。
周りの人からとても信頼されています。
その人柄が運を味方につけています。
強い精神力を持っているため、どんなに厳しい環境にありながらも、その行動力を発揮していきます。
自分が自覚している以上に大きな影響力があるため、その目的がきちんとしていないと、予想外のトラブルや余計な摩擦を生みやすい傾向がみられます。

日干支が戊申の人とは相性が良い関係です。
いつも高い理想を持っているため、お互いに理解しやすい関係です。
誰よりも堅実で非常に現実的なため溢れるエネルギーのバランスを整えてくれる貴重な存在です。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する