甲戌(きのえいぬ/コウジュツ)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

甲戌(きのえいぬ/コウジュツ)の意味

甲戌は、落ち葉の樹木を表します。
樹木が生えている土地は、とても冷たく非常に乾燥しています。

さらにこの土地に養分はたくさんありますが、大変寒いところで土が固くなり、なかなか思うように根を張る事が難しいため、非常に不安定な状態です。
物理的な準備はあるけれども精神的なものの準備とのズレが生じやすくなっています。
厳しい環境に晒されてしまうことの多い傾向がみられますが、諦めないで何事も自信を持つようにしていく事が人生の課題となります。

長所としては、誰よりも慎重で完璧主義でありながら非常に合理的な感覚を持ち商才と知恵があります。
短所としては、やや潤いに欠けたドライな人で冷たく古い考え方に意地を張ってしまうことがあります。

甲戌の性格は、積極的に自己主張をすることは好みませんが、非常にプライドが高く、目標も誰よりも高くなり常に完璧を求めています。
また、多趣味で多彩なため、交際範囲も非常に広くなります。
そのため、表向きに誰よりも人付き合いも良く、見た目も非常に優しくて、とても穏やかに見えます。

しかし、血縁関係からの不利な扱いの犠牲となりやすい宿命のため、意外と精神的な面は落ち着かず、自然と養子や他家に嫁ぐなど、安定を求めて他の世界の道を選びやすくなります。

そのため、誰よりも合理的な感覚を持ち現実的で、非常にドライな考え方となります。
また商才も非常に持っていますが、利益のみではなく、肩書の出やすいような高いプライドを優先させることのできる仕事に向いています。

日干支が丙子の人とは相性が良い関係です。
お互いに高い理想と現実のバランスを調整し合う関係となります。
また、自然と精神的な面からの協力もしやすく、お互いに癒され馴染む事ができます。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する