壬午(みずのえうま/ジンゴ)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

壬午(みずのえうま/ジンゴ)の意味

壬午は、光輝く海を表します。
つまり海は海でも太陽に照らされた海面は太陽が反射をして光輝きます。
さらに、海面は暖められて雲を形成し、そして雨や雷を発生育てる事ができます。
そのため表向きはとても穏やかなようでも大きく動き変化していく力を備えています。

長所としては、多芸多才で知識と活気があり、大胆なため発展していきます。
短所としては、不安定で落ち着かず、まとまりがなく、自分特有の方法や進度を重んじる傾向がみられます。

壬午の性格は、非常に多芸多才で大変幅広い視野がありますが、感情の起伏がとても激しい人です。
他にはない不思議な感性があるため、大胆な事も自然と行っていく事ができます。

ただし夏の夕立ちの雷雨のような状態で、いつも長続きには難しい傾向がみられます。
しかし、瞬間的な能力に長けているため、そのスタイルを確立することで発展しやすくなります。
人情的でスケールも大きいためリーダーに向いていますが、ただし怒ると感情をコントロールできなくなるため、人とのコミニケーションがポイントとなります。

日干支が丁酉の人とは相性が良い関係です。
活気があり、大胆な動きにも動じず、きちんとと理解してくれます。
精神的な繋がりもとても強く、いつも自然と馴染む事ができます。
非常に優しく、そして大変穏やかで、華やかで楽しみを提供してくれる頼もしい存在です。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する