丙午(ひのえうま/ヘイゴ)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

丙午(ひのえうま/ヘイゴ)の意味

丙午は、真夏の太陽を表します。
つまり夏のとても暑い盛りの太陽です。
誰よりも勢いがありますが、その厳しい暑さを調整するようなことはできません。
自分は良かれと思いやることも、周りから見るとお節介だったり非常に強引過ぎるところがあります。

長所としては、理想が誰よりも高く頑張り屋さんで自尊心があります。さらに強いこだわりを持ちリーダーシップもあります。
短所としては、気が強すぎて加減ができない厳しい人で、とても強引なため一方通行となりやすいところがあります。

丙午の性格は、周りの空気を読むことがなく、いつも強引に物事を進めようとします。
しかし、どんなに苦しい環境でも、それに負けることがなく、いつも理想は高く、そのリーダーシップで力強く前へ進もうとします。
厳しい環境に磨かれると、さらに精神も鍛えられ、その能力がさらに大きく開花しますが、逆に過保護な環境で育つと、とても我儘で扱いにくい人となり、運気も悪化しやすい傾向がみられます。

日干支が壬子の人とは相性が良い関係です。
お互い正反対なタイプでありますが、同時に良いライバルとなります。
いつも意見は合いませんが、いろいろな刺激が多いため、周りの人の負担を減らせる人です。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する