丙寅(ひのえとら/ヘイイン)の意味、解釈は?性格、恋愛傾向、適職|四柱推命六十干支用語集

丙寅(ひのえとら/ヘイイン)の意味

丙寅は、天地相生で自然な形を表します。
つまり天にお日様があり、さらに大地に緑があり、それはとても自然な姿です。

そのため、人生も概ね恵まれていて、いつもどのような事についても、他の人ほどあまり努力をしなくても当たり前のようにこなす事ができます。
しかし、何か自然災害のようなことに巻き込まれると意外ともろくバランスが崩しやすい傾向がみられます。

長所としては、自然体でプラス思考でいつも行動力に溢れています。
さらに頭も良く、自己確立も容易にできます。
短所としては、器用貧乏で根気がなく、気まぐれでアンバランスになりやすくなり、強引なところがあります。
丙寅の性格は、いつも太陽のように非常に明るく、さらに前向きな姿勢で自然と周りの人の気分や意識を明るくするようなパワーを持っています。

そして、高い理想を持ち独立志向も強くなるため、集団の中の意見がまとまらず自分が一人で孤立をするような状態でも最後まで自分の主張を曲げないで貫こうとします。
いつも前向きで、人並み以上の能力があるため、どのような職業でも、しっかりと成果を出す事ができます。
そのため、つい思い込みが激しくなりさらに上から目線になることや、傲慢になったり、やや威圧的な態度となる傾向がみられます。

しかしそのような態度では人は離れてしまいますから、能力がありながらも孤立してしまうことがあります。
日干支が辛亥の人とは相性が良い関係です。

お互いに理想が高くプライドを非常に重んじるため、良い理解者となることができます。
また自分からあまり積極的には動きませんが、鋭い評価が丙寅の人の活力を活性化する事ができます。
お互いに気位は高くなりますが、お互いにセンスを磨き合いながら癒されます。

>>四柱推命用語集

十干(天干)

通変星

十二運(地支星)

六十干支

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめの恋愛コラム

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する