偏印(へんいん) | 四柱推命

偏印とは

「偏印」は自分を生じる五行で陰陽は同じという関係です。
知恵や創造、さらに改革か忍耐や放浪、別離を表します。

 

さらに長所としては、豊富な知識と改革精神を持ち、創造力と夢とロマンに溢れているところです。
逆に短所としては、同じところに留まることが苦手で落ち着きがなく不安定で逃避したり、逃げるなど、伝統を守れないところがみられます。

 

偏印の性格

偏印の性格は、誰よりも自由で束縛されることとても嫌います。
そのためいつも常識を超えたチャレンジ精神を持っています。
それは卓上の知識ではなく、何でも体験しながら、学んでいくことを優先します。

 

また知識や経験を求めていても財産や地位や名誉などへの執着はないため、周りの人からは理解されにくい傾向がみられます。
さらに創造力が豊かで音感もあり色彩感覚も鋭い人です。
生きる目的が明確になればなるほど、誰よりも忍耐強く努力をして、大きな成果に繋げる事ができます。

 

しかし逆に生きる目的を見失うと、その目的を求めて放浪するなど現実から逃げてしまいます。
また、旅行も好きでもあります。

 

偏印の恋愛傾向

男性でも女性でも体制に従うことを嫌い、いつも積極的でチャレンジ精神に溢れている人です。
そのため、他人からの命令や束縛を拒む傾向がみられます。
自分の育った環境や家風などに縛られない人です。

 

また、他人からの命令や束縛に対しても冷静で強く反抗したり、激しく反発するような行動は見られません。
そのため、周りの人からは何を考えているかわからないと思われることもしばしぱです。

 

さらに好奇心が旺盛ですから、恋愛も興味のあることに関係していれば、お相手がどのような立場の人でも自然と打ち解けることができる人です。
そのお相手が海外に住んでいる人でも外国人も溶け込むことができるのです。

 

国際的な感覚を持ち、海外の人の自由意志で行動することに通じているところがあります。
もちろん国際結婚も問題ないタイプです。

 

偏印の適職

国際的な感覚で移動することを好みますから、旅行関係の分野の仕事に向いています。
形式や常識に縛られることを好まず、自由な感性を生かせる分野で才能を発揮することができます。

 

今までにない新しい感性を活かせる研究者、外交官、画商、貿易業、建築家、乗り物関係など、さらに冒険家にも向いています。
特に収入の安定よりも、知的好奇心を満足させることを優先することが大切です。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する