生年月日占い-子供ができない理由は相性?夫婦の相性を占います

夫婦の相性が悪いと不妊になりやすいようです。
子供を授かれずに悩んでいる夫婦は相性が原因かも?
夫婦の相性を占い、相性を良くする方法をお教えします!

相性占いメニュー

夫婦の相性が原因?子供ができないのはなぜ
夫婦の相性を良くする方法
子供が出来やすい時期
子供のいる家庭を幸せにするには

あなたの生年月日
あなたの性別
お相手の生年月日
お相手の性別

スポンサーリンク

夫婦の相性を改善して子供を授かる4つの秘訣

赤ちゃんは神様からの授かり物とよく言われますが、赤ちゃんが欲しい夫婦にとって切実な問題です。

結婚後しばらくすれば妊娠できる、新婚生活を1~2年楽しんだ後赤ちゃんができればいいと思っている夫婦も多いですが、たとえ自分の身体であっても思い通りに妊娠できるとは限らないのです。

妊娠するには夫婦の相性や個人の問題がありますが、どうすれば子供を授かれるのでしょうか。

妊娠に相性なんてあるの?

性行為をすれば妊娠する、至極当然の事ですが、どんなに愛し合っている夫婦であってもふたりの相性が悪ければ、自然妊娠できない場合があります。

なかなか妊娠できないと、すぐに女性側に問題があるのでは?のような言われ方をされてしまいますが、妊娠できない原因が女性だけにあるとは限りません。

確かに女性に子宮内膜症などの症状がある場合、妊娠しにくくなったり、男性側の精子の運動量が足りない事が不妊の原因になる事もあります。

このように男女の身体の症状により妊娠できない場合もありますが、夫婦共々健康体なのに不妊治療を何年続けても、妊娠できないとなるとまさに相性が合わないとしか言えないのです。

相性が悪い主な原因はいくつかありますが、女性の身体が男性の精子に対し「抗体」を作り出してしまい、受精を妨げてしまう事があります。

抗体を作り精子を妨げてしまうパターンとして、精子が卵管・子宮頚管内の壁に結合する為、妊娠できなくなります。

他にも遺伝子レベルで相性が悪く、自分に似た遺伝子を排除しようとする力が働いたり、受精はしても流産する「不育症」になったりと、どうしても自然妊娠できない場合には、相性を合わせていけば妊娠できる可能性も高くなります。

生活習慣を改善する

当然といえば当然ですが、生活習慣が乱れていては妊娠しにくくなるのも当然です。

タバコはニコチンが血管を収縮させるだけでなく、子宮までの血流の流れを悪くしますし、アルコールも同様で妊娠率が50%減少してしまうだけでなく、奇形児が生まれる確率の方が高くなるだけです。

睡眠不足もホルモンバランスを崩し体調不良になる原因にもなるので、生活習慣を整えておく事も妊娠には非常に大切です。

よりよい睡眠や青魚・たんぱく質、体を温めるごぼう・黒ゴマ・黒豆・黒砂糖などの黒い食べ物、しょうが・大根・かぶ・白菜やその他野菜などを食事に取り入れ、バランスの良い食生活で体をより温めましょう。

ただ食欲を満たすだけならレトルト食品・スナック菓子やジャンクフードでもいいですが、塩分や脂肪分・添加物が多すぎますし、健康を維持するのに必要なミネラル・ビタミン・食物繊維が不十分なので、便利さに惑わされぬようにしましょう。

夫婦のスキンシップを大切に

なかなか子供ができない場合、ついふたりの関係もギクシャクしたり、不安や焦りからストレスも溜まってしまいます。

もう何年も不妊で苦しんでいると、性行為は子供を作るための手段としか感じられなくなり、夫婦の心すらすれ違うようになります。

一見不妊とは関係ないスキンシップですが、夫の事を愛しく感じたら抱きついたり、一緒にTVを観ている時そっと手をつなぐ等の軽いスキンシップを取れば、気持ちが落ち着きます。

スキンシップを多く取ることで心身が落ち着くホルモンである「セロトニン」が分泌され、愛情が増していきますし、愛情が増す事で自然な形でお互いの気持ちを盛り上げられます。より自然なスキンシップの為にお互いにマッサージし合うのも良い方法かもしれませんね。

相性は治療で合わせられる

相性の悪さが原因で妊娠できない夫婦は全体の13%と言われています。

通常であれば性行為で妊娠できればそれに越したことはありませんが、子作りを開始し1~2年以上経過しても妊娠しないようなら、産婦人科の受診し検査を受けた方が良いかと思います。

不妊治療の段階にはいくつかあり「タイミング法」「人工授精」「体外受精」の3ステップで治療をしていきます。

タイミング法は排卵周期を基礎体温で予測し、性行為をして妊娠する方法、人工授精は精液を濃縮処理し、排卵期に子宮内に注入し妊娠する方法、体外受精は卵子と精子を対外で受精させ、受精卵を子宮に着床させる方法です。

どの方法も経済的・肉体&精神的な負担が伴うので、夫婦で話し合い納得してから治療に踏み切らないと、夫婦関係がギクシャクする場合もあるので、よく話し合ってください。

最近では市町村から不妊治療の費用を補助してもらえる場合もありますので、自分の住んでいる市町村を調べてみましょう。

おわりに

夫婦の相性が合う・合わないを調べる方法として女性は「フーナーテスト」「精子不動化テスト」男性は「イムノビーズテスト」があります。

相性が悪いと妊娠するのは難しいですし、医師からも体外受精・顕微鏡受精をすすめられるかと思います。

相性が合わないなら、お互い別の相手となら赤ちゃんができる可能性も高いのでしょうが、それでは意味がありません。

自分達の相性が悪いとなるとショックでしょうし、なかなか現実を受け入れられないかもしれませんが、夫婦で話し合った結果子供が欲しいなら、励ましあいながら困難を乗り越え赤ちゃんを迎え入れてくださいね。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する