夢占い-花の夢の意味は?

花の夢について

 

 

様々なところで咲いており、私たちの生活にさりげなく寄り添ってくれる「花」。誰もが一度は目にしたことがあり、花の種類をいくつか挙げることができるほど、私たちは花と密接した関係にあります。

 

花が咲く環境も、季節も、それぞれ花の種類によって全く違いますが、どんな花でも咲き誇る時はうっとりするほど綺麗ですよね。なお、このページにおいては、花の種類は特定していません。どんな花の夢だったとしても、このページで対応しています。

 

 

ただ、「花の夢」とは違う独立した意味を持つ、特定の花もいくつかあります。もし夢の中の花の種類まで覚えており、かつ該当する夢占いページがある場合は、そちらも並行して参考にして下さいね。

 

 

花の夢は夢占いにおいて、あなたの「を示しています。昔から、花の咲き誇り方は恋に例えられることがあります。これは夢占いにおいても同じです。夢が健気に咲く花の姿と、あなたがまっすぐに恋をしている姿にシンパシーを感じ取ってくれているのです。

 

 

そのため、夢の中の花の状態を知ることで、あなたの恋がこれからどんな風になっていくのかを知ることができます恋は相手あってのことですし、未来や相手の気持ちが分からず、不安になることもあります。

 

そんなとき夢占い結果を把握していれば、先のことが分かるので不安になることもありません。あまりよくない夢占い結果だったとしても、改善方法が分かるので、気持ちもになります。

 

あなたの恋がうまくいくように、夢占いをぜひ参考にして頂けると幸いです。

 

 

夢の中の花の色

 

花によって、花びらの色はそれぞれ違います。同じ品種でも色のバリエーションが多い花もありますし、育った環境によって花の色が変わることもあります。そう考えると、本当に数えきれないほどの花の色がこの世にはあるのです。

 

あなたが見た夢で、花の色はどんな色をしていましたか?花の色合いを思い出せない場合は、夢の中の全体図を通した風景を思い出してみると、すんなり思い出せることも多いです。

 

 

夢の中の花の色は、「あなたの恋がこれからどうなるか」を示しています。大きく分けて、暖色系寒色系かで判断します。

 

現実世界と同じ色だから正解だというわけではないですし、突拍子もない色だったから間違いというわけではありません。

赤やピンクなど、いわゆる「暖色系」であれば、あなたの恋はこれから良い方向へと進みます。とんとん拍子で物事が進み、幸せだと思う機会も多いです。

 

 

恋に関する努力の仕方や相手へのアタック方法も問題ありませんので、今のまま相手との距離を詰めていってください。

 

 

逆に、青や紫など、いわゆる「寒色系」であれば、あなたの恋はこれから悪い方向へと進みます。涙を流すような出来事があったり、ライバルが現れたりします。気持ちも沈みがちです。

 

相手に対するアピール方法や、恋に関する自分の努力の姿勢を、一度考え直してみてください。焦って距離を詰めようとするのではなく、今はあえて引いて、タイミングを待つ方が得策です。

 

 

一輪挿しの花の夢

 

 

一輪挿しの花は、そこに1つしかない花の魅力がぐっと引き出されますし、花瓶自体の美しさも際立ちます。花が1つしかないとは思えないほどの存在感と華やかさを放ってくれるので、夢の中のインパクトも強いです。

 

なお、一輪挿しだと花が一つしかないので、花の色を覚えやすいのもうれしいですね。ぜひ上記の「夢の中の花の色」の項目も参考にして下さい。

 

 

一輪挿しの花の夢は夢占いにおいて、「あなたが一途に恋をしている」ということを示しています。夢の中に花が1つしかないように、今あなたの心の中には、1人だけしかいません。他の人にアタックされても揺らがないような、強い想いを持っています。

 

一途な恋心というのは、男女ともに好感度が高いので、あなたを応援してくれる人も徐々に増えます。「こんなに自分を想ってくれるのはこの子しかいない」と相手に思わせることができれば、最初は脈なしだった相手を振り向かせることもできます今の気持ちのまま、相手のことだけを真っ直ぐに思い続けてくださいね。

 

 

もし、一輪挿しではなく、たくさんの花が花瓶に入っている夢だった」という場合は要注意です。これは一輪挿しの花の夢とは対照的で、「様々な人に目移りしている」ということを示しています。先ほどの「一途さ」とは対照的で、浮気性な人物はマイナスな印象となってしまいます。

 

「あの人も好き、この人も好き」というような人を応援してくれることはなかなかありませんよね。ただ、これはプラスに考えれば、目移りしてしまうほどに魅力的な人が周りにたくさんいるということでもあります。

 

その中の誰か一人だけを選べば、問題になることもありません。今は見極めの時だと思って、じっくり周りの人を観察してみてください。

 

 

花をプレゼントされる夢

 

花のプレゼントは、決して実用的なアイテムというわけではありません。それでも、見た目の華やかさで、もらった人の心を潤してくれます。特に女性は花を好む人が多いので、男性から女性へのプレゼントとしてもよく重宝されます。

 

プロポーズの際にプレゼントされるアイテムとしても、指輪と同じ定番アイテムでもあります。なお、花をプレゼントされる夢を見たときは、「プレゼントしてくれた相手が誰か」「プレゼントされた時の気持ち」をよく覚えておいてください。

 

 

花をプレゼントされる夢は夢占いにおいて、「花をプレゼントしてくれた相手があなたに恋をしているということを示しています。人は自分の感情のベクトルの方向には敏感ですが、自分に向けられている他人の感情のベクトルには意外と鈍感なものです。そのため、意外な人が自分を想ってくれていることを知り、驚くことも多いです。

 

なお、相手が知人ではなく知らない人だった場合は、これから出会う人に一目惚れされることを示しています。また、「プレゼントされた時の気持ち」は、あなたが相手の好意をどう思っているかが分かります。

 

花をプレゼントされて「うれしい」と感じていた場合は、あなたも彼の好意を喜んでおり、応えたいと思っているということを示しています。自分の気持ちに素直になり、彼のアプローチをぜひ受け止めてあげてください。

 

花をプレゼントされても「何も感じなかった」という場合は、あなたが彼の好意に対して興味がないことを示しています。タイミング的にも、今はあまり恋愛に向いていません。相手を期待させたくないのであれば、少し距離を置いてください。

 

 

また、花をプレゼントされて「迷惑だ」と感じていた場合は、あなたが彼の好意を拒んでいることを示しています。自分を好きだと言ってくれているから、という理由だけで彼の想いを受け止めてしまわないようにしてください。お互いに傷ついてしまいます。

 

 

お墓の花の夢

 

 

お墓に花を供えるという風習は、日本だけではありません。世界中で、はるか昔から行われています。花は人々の喜怒哀楽に寄り添ってくれるものであるというのは、世界共通の認識でもあるのです。

 

故人を失った悲しみに寄り添ってくれるように、そっと咲く花には、何とも言えない美しさを感じます自然に生えている花や、花屋で売られている花とはまた違う、静かな魅力がありますよね。

 

だからこそ記憶にも残りやすく、起きたあともお墓の花の美しさが忘れられないことも多いです。お墓の花の夢は夢占いにおいて、あなたが「過去に引きずっていた恋を、やっと忘れることができたということを示しています。

 

誰もが一生に一度は忘れられない恋をするものですが、それだけを引きずって生きていくのも苦しいものです。過去は次第に美化されていきますし、一度深みにはまってしまうと忘れるのにも一苦労です。

 

ですが、今のあなたは、ようやく過去の恋を清算することができたのです。「あの恋はもう終わった」とはっきりと思うことができ、未練も引きずっていません。

 

 

この夢を見たときは、新しい恋をするべきタイミングでもあります。少しでも「いいな」と思う人を食事に誘ってみたり、婚活など出会いがある場所に出向いてみたりと、素敵な恋に巡り合える状況を、自分で作ってみてください。

 

もしも、どうしても過去の恋を思い出してしまうような場合は、過去の恋愛の失敗を思い返してください。それを教訓にして、新しい恋愛に活かすのです。そうすれば、過去の恋にも意味があったと自分でも認めることができ、過去の恋への執着も弱まります。

 

 

花が散る・枯れる夢

 

綺麗な花びらが落ちてしまったり、しなしなになって枯れてしまうのは、悲しい気分になってしまうものです。発芽したころや、綺麗に咲き誇っていたころを知っている尚更、切なくなってしまいますね。

 

悲しさや切なさは記憶に残りやすく、起きたあともその気持ちを引きずってしまいますが、切り替える心の強さも持ってくださいね。

 

また、悲しみにだけ目を向けるのではなく、花が夢を通して教えてくれたメッセーを探すことも、忘れてはいけません。

花が散る・枯れる夢は夢占いにおいて、「このままでは失恋してしまうことになる」ということを示しています。いわゆる警告夢になります。

 

今のあなたは、枯れかけの花のように、心が干上がっている状態です。気持ちに余裕を持つことができず、常にストレスを感じています。この状態で恋愛をしようとすると、ちょっとのことで落ち込んだりイライラしてしまいます。すぐに喧嘩に発展したり、感情が高ぶって泣いてしまうので、相手もそんなあなたに疲れてしまいます。

 

こういった状態が続くと、恋愛はどうしても終わりへと近づいてしまいます。ですが、この夢を見た段階ならまだ間に合います。

 

干上がった状態の心を元に戻すことができるよう、自分をたくさん甘やかしてあげてください。休みを取って一日中眠るなど体を休めたり、マッサージや整体などで疲れた体をじっくりと労わってください。

 

趣味に打ち込んだり、友達とのご飯を楽しむなど、精神的なケアももちろん必要です。こうして、徐々に体も心も潤すことで、あなたの心は元の状態へと戻っていきます。

 

気持ちにも余裕が出て、美しさも引き出されるので、失恋してしまいそうな危機を回避することができるのです。

 

 

まとめ

 

 

花の夢を見たときに、「花の種類まで覚えているけど、該当する夢占いページがない・・・」というときは、ぜひその花の花言葉を調べてみてください。その花本来が持つ意味が分かるので、そこから夢の持つ意味を紐解くこともできます。花言葉は花の数だけあるので、とても奥が深い世界なのです。

 

花言葉は、そのほとんどが恋に関連したものなので、今回の夢占いと合わせて参考にしてくださいね。

 

 

小さな種から芽が出て、光と水(潤い)を与えられてすくすくと成長し、花を咲かせ、やがて散って枯れていく・・・花の一生はそのものです。今の自分が、花の一生でいうどのあたりなのかを見極め、あなたの恋を成就させてくださいね。その手掛かりとして、ぜひ夢占いをご利用ください。

 

花は最後に種を残します。あなたもまた、今の恋からたくさんの実りを得てください。その実りをうまく活かし、あなたの恋を「枯れない花」にすることができるよう、願っております。

 

 

頑張ってくださいね!

 

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する