文章の夢の意味は?-夢占い

私たちは、日々、文章に囲まれて生活しています。仕事や勉強で使う資料も、インターネット上のサイトも、SNSやメールなども、全て文章がなければ成立しないものばかりです。私たちは、文章を通して様々なコミュニケーションを取っているのです。 

 

言語を文字に起こしてやりとりをするのは、人間だけが行う行動です。そのため、文章の夢は人間しか見ません。そう考えると、何だか特別感がある夢ですよね。

 

なお、手描きの手紙の文章も、メールなどパソコンやスマートフォンの機械で打つ文章も、どちらも「文章の夢」としてカウントしてください。

 

文章の夢は夢占いにおいて、「文章の書き手の気持ち」を表しています。そのため、自分の気持ちを改めて認識するきっかけになる場合もあれば、他者の気持ちを知って理解するための糸口になる場合もあります。

 

夢占いにおいては、文章の内容よりも、文章と関係があるどんな行動を取っていたかが重要になります。
起きてから時間が経てば経つほど記憶は薄まりますし、無理に文章の内容を思い出さなくてもよいです。

 

それよりかは、「文章に関わる行動の前後で何をしていたか」「文章の夢を通して、どんな感想を抱いていたか」を思い出してください。その方が、より精密な夢占い結果を得ることができます。

 

文章を書く夢 

携帯やパソコンでメールを打つ夢、ペンや鉛筆を使って手紙などを書く夢が、この「文章を書く夢」に当てはまります。

 

文章を書くということは、意味が成り立つように単語を組み合わせなければいけません。普段私たちが何気なくやっていることですが、これは並行して様々な分野の知識を駆使しているからこそできることです。

 

そのため、夢の中でも頭を使っていることが多いです。そのぶん睡眠が浅くなってしまい、起きたあとあまり疲れが取れていないことも特徴の1つです。

 

文章を書く夢は夢占いにおいて、あなたが「自分の気持ちを周りに伝えたいと思っている」ということを示しています。

 

あなたには今、誰かに伝えたいと強く願う感情があります。幸せな出来事があり「嬉しい気持ちを誰かと共有したい」という場合もありますし、悲しい出来事があり「辛い気持ちを誰かに分かってもらいたい」という場合もあります。

 

ですので、自分の気持ちについて、今一度じっくり考えてみてください。あなたの中で今一番強く湧き上がっている感情が、あなたが周囲に伝えたい感情となります。

 

強い感情というのは、良いことも悪いことも、自分一人で抱え込むには荷が重い場合があります。自分の気持ちをしっかりと整理して理解し、周りにも話すようにすることが大切です。

 

また、このとき「字のきれいさ・誤字があるかどうか」も1つのバロメーターとなります。

 


「字がきれいだったり、誤字なくスムーズに書くことができた」
という場合は、しっかりと自分の感情を把握できています。あとは、他者に共感してもらいやすくなる方法を考えてください。

 

逆に、「字が汚かったり、誤字が多く何度も書き直した」という場合は、感情がゴチャゴチャになっており、自分でも気持ちの整理ができていません。まずはゆっくりと自分と向き合い、自分の気持ちを受け止めてください。

 

書いていた文章を消す夢


せっかく構成を考えて、労力を使って書き上げた文章を消してしまうということは、今までの努力を一瞬で消してしまうことでもあります。夢の中の自分の行動ではありますが、残念な気持ちにもなりますね。

 

ただ、こうした行動は、必ず理由があります。「夢の中の自分は、何を思い、どうして文章を消したのか」ということをよく思い出してみてください。夢の中の展開を、最初から順を追ってたどっていくと、思い出しやすいです。

 

書いていた文章を消す夢は夢占いにおいて、あなたが「人に気持ちを伝えることを諦めたということを示しています。

 

「自分の気持ちなんて、誰にも理解されなくていい」とまで思うのは、これまでにあなたが傷ついてきた証拠です。夢の中のあなたの強い悲しみや諦観が、はっきりと出ている夢でもあるので、自分自身の心のケアを怠らないようにしてください。

 

また、「夢の中で、書いていた文章を消した理由」もとても重要です。これにより、あなたが他者への意思表示を諦めた理由が分かります。

 

「自分の書いた文章が間違っていると思ったから」という場合は、自分の信念や思想に欠点があると気づいたことが理由です。誤解やつまずきは誰にでもあるものです。失敗を乗り越えて、他者に伝える術をもっと工夫してみると、周囲との意思疎通もかなりスムーズになります。

 

「自分の書いた文章なんて、誰も見ていない・分かってくれないと思ったから」という場合は、物事への認識が、自分と周囲ではかなり違っていることが理由です。周囲との温度差を感じると、心も折れてしまいますよね。ですが言葉があれば、その温度差は変えていくことができます。

 

認識の差のきっかけはどこにあるのかを、もう一度じっくり探っていってください。

 

文章を読む夢 


「文章を読む夢」とは、他者が書いた文章をじっくりと読み解く夢となります。自分が書いた文章を読み返す夢は、こちらにはカウントしません。

 

他者が書いた文章を読むと、その人が伝えたかったことや感情を理解することができます。相手がその場にいなかったとしても、相手の心の中を知ることができるというのは、とても素敵ですよね。

 

この夢を見たときは、「どれくらい真剣に文章を読んでいたか」も思い出してみてください。文章の内容はあやふやでもよいので、夢の中の自分の集中度が重要になります。集中できていたか、気が散っていたかだけでも構いません。

 

文章を読む夢は夢占いにおいて、「夢の中で文章を書いていた人の気持ちを知ることができる」ということを示しています。他者への理解に関する夢となりますので、今後の人間関係の参考にもなります。

 

人の気持ちは、目には見えません。ですが、その人が発した言葉や態度をじっくりと読み解いていくと、相手の本心も知ることができます。相手を心の底から理解することで、あなたと相手の関係性も良い方へと変わっていきます。

 

「相手を知りたい」「相手ともっと良好な関係になりたい」と思うのであれば、相手の普段の態度や言動も、注意深く観察してみてください。

 

また、「夢の中であなたがどれくらい真剣に文章を読んでいたか」は、相手のことをどれくらい真剣に知ろうとしているかを表しています。
「適当に文章を読んでいた」という方は、相手のことを知ろうという気持ちもあまり強くありません

 

根気もなく、相手の態度が分かりづらいと、面倒になってしまうこともあります。こうした態度で相手と接すると、反感を買うだけです。相手に対する興味が強まるまでは、距離を取って接した方がお互いのためになります。

 

「真剣に文章を読んでいた」という方は、相手のことを知ろうという気持ちがとても強いです。相手に対して真摯に向き合うため、相手のことも早い段階で理解できるようになります。相手もあなたに好感を覚えるので、お互い理解しあえる良いパートナーとなることができます。

 

文章を読めない夢

水や汚れで文章がにじんでいたり、メールの文章が文字化けしている夢が、この夢となります。

 

文章を読もうとしても読めない夢は、なかなかストレスが溜まります。最後まで書いていることが分からないので、不完全燃焼感もあります。ですがこうした気持ちは、起きてからも思い出しやすいです。その点でいえば、夢占いと照らし合わせやすいというメリットもありますね。

 

夢の中で分からなかった文章は、起きてから急に分かるようになることはほとんどありません。ですので文章の内容を気にするより、まずは夢占いを見てみてください。

 

文章を読めない夢は夢占いにおいて、「夢の中で文章を書いていた相手の気持ちが、分からなくなっている」ということを示しています。
今、あなたと相手は考えがすれ違っている状態です。物事に対する認識が違っていたり、お互いのことを誤解しています。

 

そのため、相手に対して見当違いなことで腹を立てたり、逆に腹を立てられたりしてしまいます。このまま二人の関係を放っておくと、事態は悪化していく一方です。本当はいつまでも仲良くいられるはずの二人なのに、喧嘩をしたり疎遠になってしまいます。

 

できるだけ早く、二人で話し合う機会を作ってください。ゆっくりと自分の考えを説明して、相手の考えを聞くのです。お互いの意見に耳を傾ける時間を作ることで、二人の関係を修復してください。

 

文章が送られてくる夢 


メールや手紙が送られてくる夢が、この夢となります。

 

携帯にメールが届いていたり、ポストに手紙が入っていることは、日常生活でもよくあることです。そのため、夢と現実の境界線があやふやになってしまい、起きてメールチェックをしたり、ポストを確認するケースも多いです。実際には何も届いてはなくても、夢の内容をしっかりと覚えておくことができる良い機会となります。

 

なお、この夢は、宛先が不明な場合もあります。少し怖い印象を受けますが、これにもちゃんと意味はありますので、ご安心くださいね。

 

文章が送られてくる夢は夢占いにおいて、「文章の送り主が、あなたに自分の気持ちを伝えようとしている」ということを示しています。
夢の中で、あなたに手紙やメールを送った人は、あなたにシンパシーを感じています。「この人なら自分の気持ちを分かってくれる」という期待があり、あなたに対して意思表示をしようとしているのです。

 

ですので、あなたはしっかりとそれを受け止めてあげてください。相手はあなたに気持ちを受け止めてもらい、理解してもらえたことに、心の底から満足してくれます。

 

そしてそれだけでなく、「あなたと似た考え・気持ちを持っている人」と意思疎通ができることで、あなたも相手に自分の気持ちを理解してもらえるようになります。お互いに、様々な気持ちを共感しあえる人物として、今まで以上に大切な存在となるのです。

 

また、夢の中で文章を送ってきた相手の宛先が不明という場合は、「これから先、あなたに自分の気持ちを伝えようとする相手が現れる」ということを示しています。

 

今のところ出会っていないとしても、これから先、お互いに深く理解しあえる相手と巡り合えるのです。そう思うと、これから先の様々な出会いが楽しみになりますね。

 

まとめ

文章の夢が、文章の書き手の気持ちを表すことから、どの夢も「理解」がキーワードになっています。

 

相手を理解することも、自分を理解してもらうことも、コミュニケーションにおいてはどちらもとても重要です。自分を理解してもらうことに躍起になって、相手を蔑ろにしては対等な人間関係は築けません。逆に、相手の理解だけを優先して、自分を理解してもらえなければ、あなたは相手との関わりの中で満足感を得ることはできません。

 

この夢を通して、対人関係においての相互理解がいかに重要かということが、良く分かりますね。

 

また、文章の夢を見た際には、大切な相手に対して文章を書いてみることをオススメします。空き時間にじっくりと書き溜めることができるメールでもいいですし、手書きならではの温かみを感じることができる手紙でもいいです。

 

文字という形に残るツールで、相手に自分の気持ちを伝えることで、相手との関係性もより豊かなものとなります。会って話すのもいいですが、時にはいつもとは違うコミュニケーションも、新鮮ですよ。

 

頑張ってくださいね!

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する