夢占い-前職場の夢の意味は?

前職場の夢について

前働いていた職場が夢に出てくると、人によって様々な感情が湧きでてくるものです。
次へのステップのための円満な退社であれば、前職場に対して単純に懐かしさを感じます。

 

しかし、心や体にダメージを負った状態で辞めた場合は、嫌な思い出やトラウマが蘇ったり、辛く暗い気持ちになってしまいます。
その人自身の考えや経験によって、夢に対する印象がかなり大きく変わるのも、この夢のポイントです。
なお、初めて就職した会社で今もなお働いているという方は、学生時代にアルバイトしていた店を、前の職場として考えてください。

 

前職場の夢は、夢占いにおいて、そのまま「前職場に対する気持ちや考え」を表しています。

 

また、前職場と比較することで「今の職場に対する考え」が関わってくることもあります。
前職場に対してどんな考えを抱いているか、前職場と今の職場にどのような違いを感じているか、前職場で得た経験は今どのように活かされているか・・・などが、夢占いを通すことによって分かります。

 

あなたの、これからの仕事に対する価値観にも関わってくる夢ですので、ぜひ夢占い結果を真摯に受け止めるようにしてください。

 

前職場での良い思い出の夢

「素敵なお客様と出会った」「仕事の頑張りを評価された」「ミスをしたけど先輩がかばってくれて優しさを感じた」・・・
このような前職場での思い出は、心をほっこりさせてくれます。

 

夢に見ることで、今までよりも更に鮮明に思い出せるキッカケにもなります。
当時は若くて分からなかった、周囲の気配りに気づけることもあるので、じっくりと思い出してみてください。

 

過去の思い出が夢に出るときは、必ず意味があります。
ですので、ただの夢だと思って忘れるのではなく、しっかりと夢占いを通すことが大切です。

 

前職場での良い思い出の夢は、夢占いにおいて、「前職場に対して、ポジティブな感情を持っている」ということを示しています。
どれだけ劣悪な職場だったとしても、良い思い出が蘇ってくるということは、あなたは対人関係に希望を見出したり、自分の努力への評価を忘れてはいませんでした。

 

その時の前向きな感情が今でも強く残っており、「嫌な職場だったけど、こういうところは良かったなあ」とポジティブな捉え方ができているのです。
これは、あなたの前向きで明るい真っ直ぐな性格があるからこそ、できることです。

 

この夢を見たのであれば、今の職場でも良い思い出を作ることができるように、努力を続けてください。

 

全て同じ環境ではない分、全く同じやり方ではいけません。
今の環境に沿ったベストな行動を考え、真っ直ぐに努力を続けていけば、いつか必ず心の糧になるような素敵な思い出ができます。

 

どんな状況でも希望を忘れない、あなたの心の輝きを、いつまでも忘れないでくださいね。

 

前職場での悪い思い出の夢

夢を通して前職場での悪い思い出が蘇ると、朝からかなり暗い気持ちになってしまいます。
トラウマが蘇り、些細なことでもとても辛く感じてしまったりもします。

 

今は別の職場にいるのにも関わらず、前職場に心が支配されそうな気持ちになるのは、とても辛いですよね。
「前職場での良い思い出の夢」ではしっかりと思い出すことを勧めましたが、悪い思い出の夢の場合はその必要はありません。

 

あなたの心に暗い影を落とすような思い出を、無理に引っ張り出さなくていいのです。
対応が真逆ではありますが、混同しないように気を付けてください。

 

前職場での悪い思い出の夢は、夢占いにおいて、「前職場に対して、ネガティブな感情を持っている」ということを示しています。
辛い思い出が夢に出てくるときというのは、あなたの心の中にできた傷がまだ治っていない証です。

 

自分では克服したつもりでも、まだ心は修復されておらず、些細な出来事で傷が開いてしまうこともあります。
今はまだその過渡期であり、その中であなたはもがき苦しんでいるのです。

 

だからといって、過去を引きずる自分を、責めてはいけません
正面から問題に向き合った結果、傷を負ってしまうことはあります。
辛い出来事に立ち向かった自分の勇気を、しっかりと褒めて認めてあげて、今は心を休めることに徹してください。

 

前職場に出向く夢

すでに辞めている前職場に行くのは、夢であってもなかなか勇気がいるものです。
前職場の人たちがどんな対応をするか、前とシステムが変わっていても対処できるか・・・など様々な不安も出てきます。

 

その気苦労で、夢から覚めても疲れが取れないこともあるので、注意してくださいね。
なお、用事があって前職場を訪ねるか、前職場で再就職をするかで、夢占いの結果も変わってきます。

 

自分がどんな経緯で前職場に行ったのかを、よく思い出してみてください。

 

前職場に出向く夢は、夢占いにおいて、「前職場に対する未練」を示しています。
夢の中で前職場に行った経緯で、未練のある・ないが分かれます。

 

「用事があって前職場を訪ねる夢」だった場合は、あなたは前職場に対する未練がありません。
時々思い出したり、今の職場と比較することもありますが、今の職場にとても満足しています。
「前職場より、今の職場の方が自分に合っている」という実感もあります。
そう思える今の職場を大切にしてくださいね。

 

逆に、「前職場で再就職をする夢」だった場合は、あなたは前職場に対して強い未練を持っています。
嫌な思いをたくさんして前職場を辞めたとしても、今の職場よりも前職場の方が合っていたことに気づいたからです。
もし、前職場が今もあなたのことを必要としてくれているのであれば、戻るのも一つの手です。
簡単にできることではありませんが、前職場に対する気持ちが強い時には、一つの選択肢として考えてみてください。

 

前職場で出会った人たちに会う夢

前職場で一緒に働いていた仲間や、取引先の相手、お客様など、前職場で関わった人たちのことを夢に見ると、懐かしい気持ちにもなりますよね。

 

ただ、パワハラをしてきた上司や、しつこかったクレーマー、トラブルを起こしてしまった取引先などの場合は、負の思い出が蘇ってしまうこともあるので、ご注意ください。
現在は関わりがない人たちでも、こうして夢に出てくると、「あの人、今は何をしているのかな?」と気になってくるものです。

 

連絡先を知っており、かつ気まずくなっていないのであれば、連絡を取ってみるのもオススメです。

 

前職場で出会った人たちに会う夢は、夢占いにおいて、「前職場での人間関係が、良い教訓になっている」ということを示しています。

 

働き方を尊敬していた先輩と同じような行動をしてみたり、取引先への心配りを必ず忘れないようにしたり、お客様と真摯に向き合ったり・・・と、前の職場と職種が違ったとしても、前職場の教訓を活かすことはできます。
嫌な上司にされたことは絶対に人にしないようにしたり、クレーマーと向き合ってもストレスをためないようにしたり・・・と、嫌だった出来事を反面教師にできる場合もあります。

 

今のあなたは、プラスの出来事もマイナスの出来事も、どちらもうまく教訓にできているのです。
そのため、今の職場での人間関係はとても円満です
今の人間関係を守れるよう、これからも前職場で得た教訓を忘れないようにしてくださいね。

 

前職場が倒産する夢

前職場が倒産するとなると、とても大きな出来事になります。
自分には、今働いている別の会社があるとしても、どこか動揺してしまいますよね。
前職場の人たちの、これからの就職先が心配にもなります。

 

その一方で、嫌いだった上司などに対しては、どこかスッキリした気持ちになることもあります。
このように様々な感情があふれ出てくるので、起きたあとにどっと疲れが出てきやすいです。

 

夢と現実の区別をはっきりとつけて、気持ちを切り替えるようにしてください。

 

前職場が倒産する夢は、夢占いにおいて、「前職場への気持ちの踏ん切りがついた」ということを示しています。

 

今までのあなたは、良くも悪くも、気持ちが前職場に囚われていました。
自分自身は前の職場との縁を切ったにも関わらず、そこでの知り合いのことが心配になることもありました。
これはあなたの心根が優しいからこそなのですが、人の心配をするよりも自分の心配をしないと、共倒れになってしまいます。

 

また、前職場でのトラウマを引きずっており、今の職場で支障をきたすこともありました。
前の職場と今の職場は違うと、頭では分かっていても、気持ちをうまく切り替えることができなかったのです。

 

ですが、この夢を見たのであれば、もう心配はいりません。
前職場に囚われていた気持ちが解放されて、あなたは自由になったのです。

 

あなたが今の職場にたどり着けたように、前の職場の知り合いもまた、どうにかして現状から抜け出すことはできます。
あなたが心配しなければいけない義務があるわけでもありません。

 

トラウマも徐々に薄れ始めているので、今の職場での支障をきたすことも、これからはどんどん減っていきます。
過去は過去、現在は現在・・・と少しずつ区別して考えられるようになったので、気持ちにも踏ん切りがつくのです。
過去に囚われず、もっと自由に人生を楽しんでくださいね。

 

まとめ

職場を変えるということは、人生でも大きなイベントになります。
辛い思いをすることも多く、「できれば思い返したくない過去」と感じることもあります。

 

そのため、前職場の夢を見ると、不快な気持ちが思い出されるため「嫌な夢を見た。早く忘れてしまおう」と思うケースも多いです。
とはいえ、これまでの項目を読めば分かるように、前職場の夢は重要な意味合いを持っています。

 

嫌な過去は目を反らしたくなるものですが、勇気を出して、夢占いを通して考えてみてください。

 

前職場の夢を見ると、前職場と今の職場、両方に思いを馳せることになります。
それぞれ長所や短所はありますし、どちらが合っていると思うかは、人それぞれです。

 

ですがどんな場合であっても、前の職場に見切りをつけた勇気ある「過去のあなたの決断」や、今の職場で必死に頑張っている「現在のあなたの立ち振る舞い」は、どちらも評価されるべきことです。

 

自分を責めることをやめて、自分を褒めることを意識して生活していくと、これからの毎日は更に輝きますよ。

頑張ってくださいね!

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する