夢占い-ループの夢の意味は?

ループの夢について

ループの夢とは、同じ場面が何度も連続している夢のことです。そのため、最初は新鮮な内容の夢だとしても、ループする回数を重ねるごとに「次はこういう展開が来る」と分かるようになります。何度も同じ展開が続くので、退屈さも感じますが、記憶に残りやすく夢占いでも参考にしやすいです。

ただ、良い内容の夢であっても途中で飽きてしまいますし、悪い内容の夢だと苦痛が続きます。可もなく不可もなく・・・というような内容の夢でも、つまらなく感じてしまいます。ですのでループの夢は、どんな内容だとしても、見てもあまり嬉しくないと思ってしまうという共通点があります。

 

ループの夢は、夢占いにおいて、「あなたが、同じことで悩み続けている」ということを示しています。

今のあなたは、長い間、悩み事が解決しておらず、同じことで苦しんでいる状態です。どれだけ悩んでも解決策が見えてこないので、心の余裕はどんどんすり減ってしまいますし、気持ちはどんどん追い詰められていきます。

このようなかなり重い悩みを解決するためには、あなたの深層心理や周りの状態を知ることができる夢占いが、オススメです。どちらも夢占いなしではなかなか探ることができないものなので、今までとは違う新しい「解決策へのヒント」を見出すことができます。

 

なお、今回の項目は全て「どんな内容の夢をループするか」でまとめています。ループした時のあなたのリアクションや感想ではなく、シンプルに夢の内容だけを思い出せばいいです。思い出すべき情報が少なくてすむので、夢の内容をいつまでも覚えていられない人でも問題ありません。

 

殺される場面をループする夢

他者から殺される夢というのは、自分では心の準備ができていないので、とてもびっくりしますよね。殺したいと思うほどの怒りを他者に抱かせた自分に対しての、反省もあります。また、殺人無差別の殺人であれば理不尽で悔しいと思ったり、自分を殺した犯人が知り合いであればその人への不信感も募ります。このように様々な感情が入り乱れる夢である上に、それの繰り返しとなりますので、起きたときに心がかなり疲れていることも多いです。朝は好物を食べるようにするなど、自分を労わってあげてください。

なお、他者から殺された以外の死に方の夢は、下記の「死ぬ場面をループする夢」となります。

殺される場面をループする夢は、夢占いにおいて、あなたが「他者に常に傷つけられていることに悩んでいる」ということを示しています。

あなたは他者から敵意を向けられており、そのことで常に心が傷つけられています。しかも、あなたは優しい心を持っているあまり、やり返すようなことができません。それを相手は「反撃できないんだ」と勘違いし、調子に乗り、あなたを傷つける言動がヒートアップしています。

 

このままあなたがやられっぱなしである必要はありません。
反撃をすることももちろん有効な手ではあるのですが、いたちごっこになりますし、あなたも加害者の一人となるので、相手の出方次第では不利になるリスクもあります。

そこで有効なのが、他者にSOSを出すことです。その相手は、絶対にあなたの味方になってくれると思える「信頼している人物」にでもいいですし、困っている人を助けたいと思う正義感の強い人物でもいいです。

やり返さずにSOSだけを出すことで、あなたは被害者のままで加害者になることもなく、「こんなに傷ついているなんてかわいそう」と思ってくれた人全員があなたの味方になってくれます。相手を非難する人数の方が多くなるので、相手は逃げていきますし、悩まずに穏やかに過ごせる平穏な日々がようやくあなたの元に戻ってくるようになりますよ。

 

死ぬ場面をループする夢

この項目は、上記の「殺される場面をループする夢」とは違い、他者から殺された以外の死に方となります。分かりやすい例えでいうと、事故や病気で命を落とす場合や、自殺する場合などが、これに当てはまります。これ以外にも、他殺でなければ、この項目としてカウントしてください。

死ぬまでの展開や死んだ理由がどんなものだったとしても、自分が命を落とす場面を見るのは、夢とはいえあまり気持ちが良いものではありません。その反動で、起きたとき、自分が生きていることがとてもありがたく思えてきますし、新しい一日が始まることを心から嬉しいと思えますよ。

 

死ぬ場面をループする夢は、夢占いにおいて、あなたが「自分の過去の行いを悔やみ、自分を責め続けて悩んでいる」ということを示しています。

あなたがまだ精神的に未熟だった頃、あなたは大きな失敗をしました。人に迷惑をかけ、傷つけてしまうような出来事だったために、今もあなたは罪悪感に苦しんでおり、後悔しています。未熟さゆえの過ちがあったとしても、あなたは心優しい人なのです。

 

どんな人も最初から優秀で善人だったわけではありません。若気の至りによる失敗は、誰もが経験するものです。傷つけた人がいるのであれば、そのことを反省し続けるだけではなく、相手に対してできる最大限の償いを行うことが大切です。

そして、どれだけ悔やんでも過去は変えられませんが、未来は今から努力すれば変えることができます。過去の失敗を戒めや教訓にすることで、同じ失敗をせず、それ以上に誰かを幸せにする行動ができるよう、頑張ってください。

 

階段を上る・下りる場面をループする夢

日常生活で使用する機会が多い「階段」は、その身近さから夢に出てきやすいです。ですが、それをループする夢となると、階段に対してうんざりとした気持ちが生まれ、そのまま階段への苦手意識に繋がってしまいやすいです。起きたあとも嫌悪感が抜けきらない場合は、スロープやエレベーター・エスカレーターなどをしばらく使用して、階段に対する気持ちをフラットな状態に戻すのがオススメです。

なお、階段に関するループの夢の場合は、階段を上る場合と階段を下りる場合で、夢占い結果が大きく変わってきますので、どちらだったかもよく覚えておいてください。

 

階段を上る場面をループする夢

階段を上ると、足が疲れて息も上がってきますが、空に少しでも近づく分、景色が明るくなることが多いです。身体的な疲れが強い反面、景色の印象が良くなっていくのが、この夢のポイントです。

階段を上る場面をループする夢は、夢占いにおいて、あなたが「自分にあまり能力がないと思っており、それなのに物事が進んでいることを悩んでいる」ということを示しています。

あなたは自分への自信がなく、スキルがまだ不十分だと感じています。それなのに、物事や時間はそんなあなたにはお構いなしに進んでいるため、「このままではいつか自分が駄目になって置いていかれるし、迷惑をかけてしまう」という不安を抱えているのです。

これを解決するためには、一度だけ立ち止まり、十分な能力を身に着ける他ありません。大切なのは「一度だけ」というところであり、不安で何度も立ち止まらないようにしてください。一度立ち止まりスキルを身に着けられれば、自信もつくので、周りに迷惑をかける不安もなくなります。立ち止まる時間が短くてすむよう、できるだけ短いスパンでたくさんのスキルを手に入れてください。

 

階段を下りる場面をループする夢

階段を下りると、勢いをつけて下がれるので、体力的な消耗はありません。ですが、太陽が遠のいてしまう分、景色が暗くなっていきます。体力の消耗がない代わりに、景色に対する印象も悪くなっていくのが、この夢のポイントです。
階段を下りる場面をループする夢は、夢占いにおいて、あなたが「いくら頑張っても評価されず、見下されたままであることを悩んでいる」ということを示しています。

あなたは十分に努力していますし、その結果として多彩なスキルも身に着けています。これを堂々と言えるほど、頑張ってきた自信もあります。それなのに周りはそれに気づいてくれず、正当な評価をもらうことができません。頑張っているのに報われないことで、今はどこか自棄になっているほどです。

これを解決するためには、同じ方面で努力している人に、自分の頑張りを見てもらうようにしてください。同じ努力をしている人こそ、あなたの頑張りを同じ目線で理解してくれますし、その努力を認めてくれます。相手が有名であったり、人脈が広い人であれば、そのあなたの評価を多くの人に話してくれるので、次第に注目が集まり、徐々に正当な評価を得ることができるようになります。

 

道がループしており、同じ場所を何度も通る夢

いくら道を歩いても、同じ場所に戻ってきてしまい、目的地までたどり着けない・・・という展開のこの夢は、移動により体力を消耗する夢となります。「ゴールがすぐそこだと思って頑張っているのに」「もうこの目印の看板、見たくないよ」と苛立ちや虚しさも感じます。つまり、肉体的にも精神的にもかなりダメージを受ける夢となります。自分の行動や努力が報われないというのは、やはり夢の中でも辛いものです。

 

なお、この夢の場合、徒歩・自転車・車など、どんな手段で移動したとしても、夢占い結果は同じものとなります。

道がループしており、同じ場所を何度も通る夢は、夢占いにおいて、あなたが「自分が周りから、どうでもいい存在だと思われていることに対し、悩み続けている」ということを示しています。

 

今のあなたは、どんなことをしても周囲の反応が薄いと感じています。良い行いをしても褒められず、悪い行いをしても咎められないため、「みんな私に興味がないんだ。それくらいの存在なんだ」と思い、孤独感を抱えています。

 

ですが、あなたは周囲の行動の意図に気づいていません。「調子に乗って努力をやめないように、もっと伸びるように、あえて褒めずにリアクションもしない」という考えがあったり、「あなたの行動の細かい点まで気づけないほど、時間も精神面も余裕がない」などの事情がある場合ももちろんあります。こういったことは、相手が教えてくれないと分からないですよね。

 

こういったことは、お互いに腹を割って話し合うのが一番です。お互いにお互いの状況を知ることができ、誤解を解くこともできますし、お互いの辛い部分も汲み取って考えてあげられるようになります。「相手側の意見を聞く」「自己アピールをする」というこの2つを意識して、相手と話してみてください。

 

番外編:何度起きて寝ても、同じ夢をループする場合

これまでの項目とは違い、この項目で大切なのは、「起きることで夢が途切れたはずなのに、もう一度寝るとまた同じ夢を見てしまう」というところです。これまでの項目は一度しか夢を見ていませんし、就寝と起床も一度ずつですが、一度の夢の中で内容がループしています。これに対し、この項目の場合は、寝て起きてを何度も繰り返すので夢を何度も見ているのですが、その夢が最初に見た夢と同じ題材になる、ということです。

ですので、ざっくり言ってしまうと「夢の内容自体はループしていようがいまいが関係ない」ということになります。内容もループしている場合もあれば、同じ題材の夢で前回の夢の続きになる場合もあります。

 

何度起きて寝ても、同じ夢をループする場合は、夢占いにおいて、あなたが「トラウマを抱えている」ということを示しています。

あなたは過去に、トラウマになるような辛い体験をしています。そしてそのトラウマが刺激されることが最近増えており、どんどん心が追い詰められているのです。

ですがトラウマといっても、自覚がなく、自分でもピンとこない場合もあります。その際は、自分が「辛い」と少しでも感じるものは遠ざけるようにしてください。トラウマに向かい合うのは、「とりあえず」の処置をして、心の余裕を取り戻してからで構いません。今は心が追い詰められている状態ですので、まずは精神を安定させることが大切です。

 

まとめ

同じことで悩んでいると、「まだそのことで悩んでいるの?」「こだわって考えすぎなんじゃない?」など、あなたの悩みに関することの事情や背景を知らない人に、無神経に口を出されてしまうことがあります。悩みや、それが解決しないことに苦しんでいるうえに、こうした心ない言葉を浴びせられると、更に精神的に辛くなってしまいますよね。

だからこそ、夢占い結果を知ることで、どう動けばいいかだけを集中して考え、最短スピードで解決することが大切になるのです。目の前のことだけを見て聞いて考えるだけなので、外野の声も入らなくなり、つまらない言葉に傷つけられずにすみます。

 

なお、最短スピードで悩み事を解決すると、外野のことで悩む必要がなくなること以外にも「早期解決することで、悩みによる心の傷を浅くできる」という効果もあります。悩みというのは、そのことに対して時間を割いて考えるスパンが長いほど、あなたの心を苦しめていきます。悩みそのもののダメージもありますが、精神的にナイーブになることで自己嫌悪に陥りやすくなるからです。ですが、早いうちに悩みを解決することができれば、自分を責める時間も少なくて済むので、自己評価も下がりません。

また、一つの悩み事から派生する、別の小さな悩みが増えることもなくなるので、あなたの心への被害も周りへの被害も、最小限で食い止めることができます。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する