夢占い-こどもの夢の意味は?

子供の夢について

子供にはまだ世の中の穢れを知らない純粋さがあり、世の非条理さを知ってしまった大人からしてみるとその無垢さがまぶしく見えてしまうこともあるでしょう。ですがだからこそその屈託のない笑顔をかわいいと思い、その笑顔が失われることのないように守ってあげたいという気持ちがわいてくるものです。自分が生んだ子供だろうと、偶然出会った道行く他人の子供であろうと変わらず、同じような感情を抱くことと思います。ですので夢占いで子どもの夢のまとめを見る場合は、自分の子供・他人の子供どちらの場合であっても同じ「子供の夢」として考えるようにしてください。

 

子どもの夢は夢占いにおいて、あなたの中に眠っている「幼さ」や「無邪気さ」といったいわゆる「幼児性」を意味しています。いくら年を取って、様々な経験をして大人になったとしても、人の心には必ずどこかに幼い部分が残っているものです。そしてそれは決して恥ずかしいことではなく、むしろ純粋さを忘れないことであるため誇らしいことなのです。
ただ、その幼児性につけこまれてしまうと、思わぬ悲劇を招いてしまうこともあります。ですので自分の幼さがどんな状態であるのかを知ることで、必要な時に隠すこともできますのでトラブル回避にも役立ちます

 

心の幼児性というのは、時として人の心を癒すこともできますし、時として人の心をいら立たせてしまう原因になることもあります。表裏一体なのです。自分の心の幼さが他の人にどんな影響をもたらすかを知っておくためにも、自分の心の状態を夢占いを通して把握しておきましょう。

子供達の夢(子どもが複数人いる夢)


子供というのは一人いるだけでもその場の空気を和ませてくれますが、その数が複数になるとその癒し効果も倍増です。多少うるさくなってしまうのは否めませんが、子どもたちが無邪気にはしゃいでいる姿というのは心を和ませてくれるので、騒がしさも許せてしまうものです。
子供というのは初めて会った子ともすぐに仲良くなれたり、喧嘩をしても広い心で許すことができたりと、子供なりの社会を形成しています。大人とは違う人間関係の築き方にハッとさせられることもありますよね。

 

子どもが複数いる夢は夢占いにおいて、あなたが他の人の心の中に眠る幼児性にシンパシーを感じていることを表しています。人は皆心のどこかに子供らしさを隠し持っているものですが、それがどのような分野において現れるかは人それぞれです。例えば、悲しいことが起きた時にそれを隠すことができず悲しみを表に出してしまう人がいるかと思いますが、これは悲しさに対しての耐性がまだ子供の頃のままでいるからなのです。ですがこのような人が、同じように悲しさに耐性がない人と巡り合うことができれば、その悲しみを慰めあうことができます。

 

もし自分と同じ幼児性を持っている人に心当たりがあるのであればその人と親睦を深め、感性を共有してみましょう。自分と同じ幼児性を持つ人を見つけることは、自分の感情を人と共有し、自分の理解者を作ることにもつながります。
幼児性をマイナスの意味でとらえてしまう人が多いため、「自分と似たような人を探すことは傷の舐めあいになるのでは?」と感じる人が多いですが、幼児性にはもちろんプラスの面も存在しているため、自分と似ている感性の人を探すことは決して悪いことではありませんので安心してくださいね。

子供と遊ぶ夢


子供と遊ぶ時というのは、自分も一緒に童心に返って遊ぶことができますよね。自分が幼いころはどんな遊びをしたら楽しかったかを思い出しつつ遊んだりするので、幼少期を思い返すいいきっかけにもなります。また、相手である子供が楽しんでいるか、不快な思いをしていないかを気にしつつ行動するため、相手に対する思いやりを身に着けることもできます。
そうした心配りの中、子どもが伸び伸びと遊んでくれていたら嬉しさを感じるものです。

 

そんな子供と遊ぶ夢は夢占いにおいて、あなた自身が自分の幼児性を開放することができ、のびのびとすることができている心の状態を表しています。非常にリラックスした状態であり、穏やかな気持ちで毎日を過ごしていることの表れでもありますので、非常に良い精神状態であることがうかがえます。

 

この夢を見る程リラックスしているときというのは、あなたが心を許すことができる存在が近くにいるときでもあります。自分がいくら子供っぽく振舞ったとしてもそれを受け入れてくれる人が周りにいてくれるというのは、非常にありがたいことです。取り繕わずともあなたのありのままを愛してくれる存在はいつも大切にするよう心がけましょう。

 

また、幼児性を解放できているということは、あとから身についた価値観ではなく、あなたが心のままに感じた直感で判断ができるときということでもありますので、物事の本質を見極めるのに適した期間でもあります。何かを制作するときなど独創性が必要となる時にこの夢を見ると良い作品が出来上がるので、この夢を見た場合は何かしらの作品を作るのもオススメです。

子供を助ける夢

子供というのは人生においての様々な経験がまだまだ乏しいので、思わぬ危機にすぐに直面してしまいます。そのため見ていて非常に危なっかしく、ハラハラすることも多いことでしょう。ですがだからこそ、大人が助けてあげなければいけません。事故に遭いそうなとき、知らない人についていきそうなとき、怪我をしてしまいそうなとき・・・子供の身に降りかかる様々なピンチから助けてあげることで、子どもの純粋な笑顔を守ることもできますし、子どもにとってのヒーローになることもできます。

 

子供を助ける夢は夢占いにおいて、あなたの幼児性が失われてしまいそうであったものの何とか守り切ることができたことを示しています。幼児性は強いショックなどで失われてしまうことが多いです。つまり、あなたは最近大きなストレスやショックを抱えてしまい、その辛さから、無邪気さなどを失ってしまいそうになっていました。ですがその傷を何とか癒すことができ、無邪気な心もすんでのところで守ることができたのです。

 

結果として守り切ることができたからよかったものの、心の中の無邪気さが失われてしまったら人格にも影響が出てきてしまい、今までとは人となりが変わってしまうこともあります。自分の無邪気さを守りたいのであれば、これからはストレスを逃す努力をしたり、ストレス自体を避けるように心がけましょう。時には、自分が傷つかないようにする努力というのも大事です。

子供が迷子になる夢

子供が迷子になると、大人は非常に心配してしまうものです。どこに行ってしまったのかわからないためどこを探せばいいかも分かりませんし、誰かに連れ去られていないかということも心配になってしまいます。だからこそ迷子の子供を見つけ出した時というのは心の底からほっとできるものです。
とはいえ、当事者である迷子になった子供は、それ以上に心細い思いをしてしまうものです。大人がどこにいるのかも分かりませんし、そもそも自分が今どこにいるのか見当がつかないので迷子という現状から抜け出す方法が分からないままです。自分は一生迷子のままなんじゃないか、大人たちとはもう会えないんじゃないかという言いようのない恐怖や不安に心が支配されてしまうこととなります。

 

子供が迷子になる夢はそうした不安な気持ちを投影した夢であり、夢占いにおいて、自分の心の幼さがどこにあるのかが分からなくなり、空虚感に心が支配されている状態を表しています。
自分の心の幼児性を自覚するということは、自分のピュアな部分を確保しておくということでもあるため、辛いときの心のよりどころとすることができます。ですがその自分の無垢さを見失ってしまうと、自分には綺麗な部分がどこにも残っていないのではないかという気持ちに襲われてしまうため、非常に不安定な状態となってしまうのです。

 

ですが、この夢を見たのであればまだ間に合います。迷子の子供を見つけ出すように、あなたの心の純粋さというものを自分の中で見出しましょう。夢を見てしばらくの間はまだ心のどこかに自分の幼児性が失われずに残っていますので、必ず見つけるようにしてくださいね。なお、他の人に自分の幼児性を指摘してもらうのではなく、必ず自分自身で自分のことを見つめなおし考えるようにしてください。
自分にはまだこんなに純粋無垢な部分があるんだということを知っておくことは大きな強みとなりますよ。

子供が死ぬ・子供を殺す夢

子供が死んでしまう夢、または自分の手で子供を殺す夢というのは、非常に恐ろしい気持ちとなり、罪悪感や悲しみなどの強い負の感情でいっぱいになります。起きてからも夢の内容を引きずってしまい、落ち込んだ気持ちのまま一日を過ごすことになったり、ふとしたときに夢の内容を思い出してしまい、言いようのない恐怖に襲われてしまうことも多いです。

 

子供が死ぬ・もしくは子供を殺す夢は夢占いにおいて、あなたの中の幼児性が失われてしまったことを表しています。夢の内容自体もかなり不吉ですが、その結果もかなり不吉なものとされているのです。
何度も書いている通り、心の中の幼児性というものは、時としてあなたを救ってくれますし、心のよりどころとなることもできます。純粋さというのは価値観にも影響してくるため、人のことを心から信じることもできますし、常識にとらわれずに物事の本質を理解することもできます。ですがひとたび幼児性が失われてしまうと、これら全てができなくなってしまい、あなたの性格にも暗い影を落としてしまうことになってしまいます。

 

もしもう一度、無邪気さを取り戻したいのであれば、幼少期にやっていたことやはまっていたことを一通りやってみてください。本当に自分が無邪気だったころにしていたことをなぞってみることで幼少期のときの気持ちをもう一度手にすることができます。なお、自分がしていたことが思い出せない場合は、ご両親や御兄弟、古くからのご友人に聞いてみると意外とすんなり分かりますよ。

子供が怪我をする夢

子供が怪我をしたときというのは自分自身を責めてしまいがちですよね。「どうして怪我をする前に守り切ることができなかったのだろう」「どうして本人に注意喚起をしたり、自分自身が注意して見てあげたりしなかったんだろう」と今さら悔やんでも遅いと分かってはいても、少し前までの自分の行いに対してどっと後悔の念が押し寄せてしまうこととなります。
痛々しい姿や、怪我の痛みに泣く子供の表情に胸も痛んでしまうことでしょう。

 

子供が怪我をする夢は夢占いにおいて、他の占い結果とは少し角度が違っており、自分の幼さで他人を傷つけてしまったことを表しています。無邪気さは人の心を癒してくれることもありますが、無垢すぎるあまり他人を傷つけてしまうこともあるのです。また、経験の乏しさから「こうした行動をしても相手が傷つかないはずだ」と配慮を忘れてしまったりすることもあります。

 

ですがこうして人を傷つけてしまったことを、「自分が幼いから、無垢すぎたから」と正当化してしまってはいけません。自分の非をしっかりと受け止め、反省し、相手に対して償うという真摯な姿勢を持つようにしてください。
夢の中で子供が怪我の痛みに泣いていたように、あなたが傷つけた人もまた心で泣いています。その人の心の傷を癒すことができるのは、他でもなく傷つけたあなただけです。相手には必ず誠心誠意をもって向き合うようにしてくださいね。

まとめ

「幼い」という言葉だけで片付けてしまうとどうしてもマイナスなイメージをもってしまいがちですが、幼児性というのは思わぬところであなたを助けてくれるものです。ですので決してこの「子供の夢」をマイナスの意味で捉えないようにしてくださいね。
TPOさえ弁えることができれば大人になったとしても幼児性は持ち続けておいた方がいいのです。ただ、人を傷つけないようにだけは気を付けておきたいものですね。

 

どんなに自分が無邪気さなど微塵もないすさんだ人間だと思っていても、成熟しきった完璧な人間だと思っていても、人は皆心のどこかに幼児性を隠し持っているものです。それがどのような状態かをこの夢占いのまとめを通して見極めることで、うまくそれと付き合っていくようにしましょう。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する