夢占い-刺される夢の意味は?

刺される夢について

刺される夢は、見た時の衝撃がかなり強い夢となります。びっくりして飛び起きたり、刺された場所が本当に痛いような気になることもあるでしょう。また、いつまでもその時の驚きや恐怖を忘れることができず、一日を通してはらはらしたり、思い出して暗い気持ちになってしまうことも多いです。ですので、夢から覚めた後もいつまでも尾を引く夢であるとも言えます。
インパクトの強い夢ですので、夢占いに隠されたメッセージ性も気になることでしょう。

刺される夢は夢占いにおいて、あなたが今人から敵意や悪意を向けられているということを表しています。ですのであまり良い夢であるとは言えませんが、それに気づくことができるキッカケの夢にもなってくれます。自分がどのように悪意を向けられているのか、ということをしっかりとこの夢を通して頭に入れておかなければいけません。

敵意や悪意を向けられないで一生を過ごすということは、とても難しいことです。無意識のうちに人から反感を買ってしまうことだってもちろんありますし、人に対していくら親切にしていたとしても思わぬところで逆恨みされてしまうことだってあります。ですので、敵意や悪意を向けられないように努力するという手もありますが、この夢を通してその敵意や悪意を知り、どのように対策を取ればいいかを考えていく方が、効率もいいですし労力も少しで済みますよ。人に嫌われることにおびえるのではなく、どう対処していくかが大事です。

刺されて痛いと感じる夢

現実世界で体のどこか一部を刺されたとなると必ず痛みを感じてしまいます。夢の中では痛覚が必ず連携しているとは限らないので、痛みを感じる場合と感じない場合があります。ですので、自分が刺された夢を見た場合は痛みを感じたかどうかを基地と覚えておく必要があるのです。

 

刺されて痛いと感じる夢は夢占いにおいて、他者の敵意や悪意にあなたが少なからず傷ついているということを表しています。その悪意に対しあなたが気付いていても、もしくは気づいていなくとも、心がダメージを負ってしまっているということなので、早急に心のケアをしてあげるようにしてください。「これくらいなんともない」と思っていても、負担に感じていないようで心のどこかで傷ついているという場合は誰にだってあるものです。自分の心を癒してあげられるような穏やかな時間を作ってあげるようにしてください。

刺された部位

刺された夢を見た時には、体の部位によっても夢占いから分かるメッセージが変わってきますので、体のどこを刺されてしまったかをよく覚えておくようにしましょう。寝起きであまり夢を覚えていない・・・という方でも、刺されて身体のどこを押さえていたかなどを思い出してみると、夢の内容を自然に思い出していくことができますよ。

 

下記では、特に夢に見やすい部位を二つ紹介しておきます。

 

◆胸を刺された場合・・・胸を刺された夢を見た場合は夢占いにおいて、人に悪意を向けられたことによって心に深い傷を負っているということを表しています。痛みが激しいものであればあるほど、怪我の具合や血の出方がひどいものであればあるほど、心が受けたダメージが大きいということを表していますので、自分の心を労わってあげるようにしてくださいね。

 

◆お腹を刺された場合・・・お腹を刺された夢を見た場合は夢占いにおいて、人に悪意を向けられたことによって受けたストレスが体に出てきてしまっているということを表しています。特にストレスが直結しやすい胃にダメージが集中していることを指し示していますので、体の中でも特にを大切にしてあげるようにしてください。消化しやすいものを食べ、酸味や辛みなど刺激が強いものはできるかぎり控えるようにしましょう。暴飲暴食も禁物です。

誰に刺されるか


刺された夢を見た場合は、誰に刺されたかということも重要な判断ポイントとなります。特に重要な意味合いを持つのが「家族」と「知らない他人」なので、刺してきた相手が「家族だったか、もしくは知らない他人だったか」ということだけでも覚えておくとよいです。指してきた相手の顔によってはショッキングな夢となることもありますが、起きてから気を動転させてしまわないように心がけましょう。

 

◆家族に刺された場合・・・家族に刺された夢を見た場合は夢占いにおいて、血縁関係がある人に敵意や悪意を向けられていることを示しています。ここで注意すべきなのは、夢のなかで家族に刺されたとしても、敵意や悪意を向けてきたのは家族とは限らず「血縁関係にある誰か」ですので対象を広く考えるようにするということです。血のつながりがあったとしても、思わぬところから憎しみを抱いてしまうきっかけが出てきてしまうことはあります。血がつながっているからと安心するのではなく警戒心をある程度持っておくことが重要となります。

 

◆知らない他人に刺された場合・・・知らない他人に刺された夢を見た場合は夢占いにおいて、見ず知らずの人に人知れず敵意や悪意を向けられていることを示しています。知らない人にそのような負の感情を持たれていることに驚いてしまうこともあるかと思いますが、何をしても気に食わないと思う人は残念ながらいるものです。心が狭い人の中には、あなたの生き方そのものにいちゃもんを付ける人すらいるのです。そのような人たちに負の感情を向けられることは面白くないことのように感じるとは思いますが、あなたはあなたらしく堂々と生きるように心がけましょう。

何で刺されるか


刺される夢ではいくつかの注目すべきポイントがありますが、「何で刺されるか」ということも重要です。つまり、凶器が何であったかということに着目しなければいけないということです。人の身体を刺すということはかなり鋭利なものでなければいけないため、凶器の幅も狭まってしまいますが、その分覚えやすいポイントでもあります。よく覚えておきましょう。

 

◆包丁で刺された場合・・・包丁はどんな家庭でもほぼあるものですし、本当に身近なキッチンアイテムの一つでもあります。だからこそ自分も持っているようなアイテムで刺されてしまったことに対し恐怖を覚えることでしょう。包丁で刺される夢を見た場合は夢占いにおいて、とても些細なことで人の恨みを買ってしまうということを表しています。「こんなことで怒るの!?」とあなた自身は思うようなことであっても、人にとっては決して許せないポイントであるということはよくあるものです。自分だけの物差しで物事を測るのではなく、人の目線に立って考えることができるよう心がけましょう。

 

◆ナイフで刺された場合・・・ナイフと包丁は似て非なるものですが、ナイフの方が家にはあまりないかと思います。形状もやはり違いますし、よく見れば見分けがつくのではないでしょうか。ナイフで刺される夢を見た場合は夢占いにおいて、あまり起こりえないような出来事で人の恨みを買ってしまうということを表しています。普段のあなたならしないようなミスであったり、偶然に偶然が重なって招いた誤解であったりと、非日常的な出来事があなたの首を絞めてしまうことになるので、どんな失敗もしないように心がけたいものですね。

刺されるが血が出ない夢

刺される夢を見たときは、刺されてしまういざその瞬間に「どばっと血が噴き出るのではないか」とついつい身構えてしまうものです。ですがいつまでたっても予想していたその瞬間は訪れず、刺された痛みはあるものの出血がなく、拍子抜けしてしまったということがある場合があります。これは他の夢に比べてちょっと特殊ですよね。

 

刺されるが血が出ない夢というのは夢占いにおいて、人に敵意を向けられたとしても、あなたが平気で何も思わずに過ごしていくことができるということを表しています。「刺されて痛いと感じる夢」とは対照的な夢占いの結果となっております。
敵意や悪意は人をどこまでも傷つけてしまいがちですが、今のあなたはとても打たれ強く、ストレスにもさらっと対応することができるため、傷つくことがありません。そしてあっけらかんとしているあなたを見るうちに、相手の方が戦意を消失してしまうようになるのです。無駄な争いも生まれない穏やかな状態を維持できるというわけです。

 

とはいえ、自分は大丈夫だ傷つかない!と過信しすぎていると、許容量を超えて傷ついてしまう場合ももちろんありますので、適度に自分を労わることを忘れてはいけません。

まとめ

刺される夢はやはり物騒ですし、起きた時の気持ちもあまりよいものではないことと思います。夢占いの結果としても、人の負の感情がダイレクトに分かってしまう夢ですからあまりうれしくはないですよね。ですがだからこそ、それを知っておくことができるというのは、今後のあなた自身を守ることができる手掛かりにもなるため、決して無駄になるものではありません。嫌な夢だな、夢占いの結果もよくないな、と思い忘れようとするのではなく、今後の自分のために役立てていくようにしましょう。

 

人の感情は全てが表に出ているわけではありません。にこやかな人にだって裏があるものです。それを自力だけで完全に見破るのは意外と難しいものですので、この夢占いの結果をぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する