夢占い-濡れる夢の意味は?

濡れる夢について

濡れると一言で言っても、濡れる対象や濡れる原因はさまざまであるため、濡れる夢には様々な解釈があります。ただ、身の回りのものやあなたの体の一部が濡れる夢でしたら、すべて「濡れる夢」にカウントし、該当する項目がある場合はこちらで夢占いと照らし合わせてみていただければと思います。
また、現実の感覚と夢の中の感覚は連動することもあるため、寝汗などでびっしょりになったまま目が覚めてしまうこともあります。こういうときは風邪をひきやすい時でもありますので、汗を拭いて着替えたり、シャワーを浴びたりなどの対策も忘れないようにしましょう。
その最中に夢の内容を思い出し、身支度を整えてから夢占いと照らし合わせるようにすると、とても効率的ですのでオススメです。

 

濡れる夢は夢占いにおいて、「濡れた場所や物にまつわるところに、これから不調が訪れる」ということを示しています。
不調が訪れる予知夢は、未来のあまりよくないことが分かるきっかけになるため憂鬱になってしまいがちです。ですが逆に言えば、それさえしっかりと改善していくようにすれば未来の不調も防ぐことができるのです。
だからこそ、何が濡れたのか、どうして濡れてしまったのか、など原因や対象をしっかりと覚えておくようにしましょう。

 

雨に濡れる夢


空一面から雨は降ってくるので、雨に濡れるとなると全身が濡れてしまうことも多いです。
雨の勢いが強ければ強いほど全身がびしょびしょになってしまいますし、不快感や寒気が募ってきてしまいます。たとえそれが夢の中であろうと、その感覚はとてもリアルであり、本当にじめじめしたり、寒さでぞくっとしてしまうことも多いです。
現実世界でも風邪をひいてしまわないよう、起きた後は体を温めるようにしてくださいね。

 

雨に濡れる夢は夢占いにおいて、あなたの「体調がすぐれなくなってしまう」ということを示しています。
先ほどちらりと述べた「風邪」に代表されるような、誰もがなりやすいからこそ油断ならない不調があなたの身を襲うということを示していますので、注意が必要です。この夢は、あまり睡眠をとっていなかったり、栄養面を重視した食事をしていなかったりなど、普段頑張りすぎている方が見やすい夢でもあります。
ですのでこの夢を見たことをきっかけに、「体調が悪化しないように」という名目の元、自分の事を大事にする習慣を身に付けましょう。日頃の健康管理は、積み重ねれば積み重ねていくほどあなたの体を守っていきます。
三日坊主にならないよう、継続を心掛けていきたいものですね。

 

布団が濡れる夢

睡眠をとっている布団が濡れてしまうと、不快感で寝づらくなってしまいます。また、小さいころのおねしょの感覚などを思い出してしまい、そのトラウマがよみがえってしまう・・・という方も多いです。
睡眠という人間の最大のリラックスをしているときだからこそ、その場所が濡れる夢を見ると、このようにかなり気分を害してしまうものなのです。
布団が濡れる夢を見ているときは、実際に寝汗などで布団が濡れていることがあります。衛生的にもよくないですし、何となく気持ち悪くなってしまいますよね。ですので、天気が良ければその日は布団をしっかりと干すようにしましょう。

 

布団が濡れる夢は夢占いにおいて、あなたが「睡眠において不調が出てくる」ということを示しています。睡眠不足になっていたり、寝ても浅い眠りばかりですぐに起きてしまったり・・・と質の良い睡眠をなかなかとることができなくなってしまうのです。
質の悪い睡眠ばかりをとっていると、ちょっとのことで体調を崩してしまったり、日中ぼーっとしてミスをしてしまったりと、様々な弊害が出てきてしまいます。こうなると自分にも悪影響ですし、他者にも迷惑をかけてしまいますので、質の良い睡眠をとるよう心がけてみましょう
よく眠ることができるよう、日中のうちに運動をしてみたり、寝具を変えてみたり、アロマを焚いてみたり・・・などご自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

 

服が濡れる夢

服が濡れてしまうと、そのあとの人の視線も気になってしまいますし、何より着ているときのストレスも激しいですよね。水分を含んだ衣料というのは普段の何倍もの重さになってしまいますし、濡れている箇所がふとした風でヒヤッとしてしまいます。
夢の中の不快指数もどんどん上がっていってしまうことでしょう。起きたあとに寝間着が少々濡れていたりすることもあるので、現実世界でもその感覚が待っていると思うと、起きるのも憂鬱になってしまうものです。

 

服が濡れる夢は夢占いにおいて、あなたが「おしゃれにおいて悩んでしまう」ということを示しています。何を着てもしっくりこなかったり、以前は似合っていた服が似合わなくなったり・・・と、服を着るときに悩んでしまうことが増えていくのです。
服は毎日着るものですし、毎日悩んでしまうとなると、あなた自身にかかるストレスも大きなものになってしまいます。ですのでこの夢を見たのであれば、一度普段とは違う系統の服を試してみるのも一つの手です。
今までとは違うエッセンスを加えてみることによって、マンネリ防止にもなりますし、悩んでいたことへの解決の糸口にもなってくれます。「自分にはこういう服も似合うんだ!」という新しい発見があると、おしゃれも再び楽しくなってきますよ

 

濡れた髪の夢


髪が濡れていると、身に着けている衣服や、首筋や背中などの体の一部が濡れてしまったりと、他の箇所まで塗れてしまうことが多く、そのせいでイライラしてしまうことも多いですよね。
また、濡れた髪をそのままにしておくと髪が痛んでしまいますので、自然乾燥ではなくドライヤーをしないと・・・!と夢の中にも関わらず焦ってしまうことも多いです。不快感や焦りがあると、夢から覚めた後も何だかゆっくり寝た気分にならず、睡眠に対して満足できないままになってしまいやすいので、その後のケアレスミスなどにもご注意くださいね。

 

濡れた髪の夢は夢占いにおいて、あなたが「栄養不足になっている」ということを示しています。
髪は体内の栄養状態のバロメーターになっており、夢の中の髪の状態が良くないということはあなたの体内の栄養もかなり不足していることが分かるのです。栄養不足は、病気になりやすくなってしまったり、お肌や髪が荒れてしまう原因にもなりますし、体内の様々な部位へのダメージにもつながります。ですので、毎日三食しっかりと栄養のバランスを取れた料理を食べるように心がけましょう。できれば自炊をするようにした方が更にいいです。料理から遠のいていた方にとっては、最初は負担に感じてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、徐々に慣れていきます。
料理が楽しいと感じるようになると、無理なく続けられるようになりますので、頑張ってくださいね。

 

靴が濡れる夢

靴は外に出るとき必ず必要となりますので、移動には欠かせない道具の1つでもあるといえるでしょう。そんな靴が濡れてしまうと精神的な負荷も大きくなってしまいます。
歩くたびにぐちょぐちょと音がしてしまったり、足が蒸れてしまったり・・・独特の感覚に歩くことさえ嫌になってしまうこともあるでしょう。また、革靴など水気厳禁の靴が濡れてしまうと、愛用していたものであればあるほどショックも大きくなってしまいますね。

 

靴が濡れる夢は夢占いにおいて、あなたが「移動先で不調が訪れてしまう」ということを示しています。
靴を履くことで人は足にけがやダメージを負うことなく移動することができますが、その靴に夢の中で異変が訪れているということは、あなたが移動した先でよくないことが起こってしまうということを表しているのです。ですので、移動する前には健康管理や身の回りの支度をしっかりしておきましょう。
また、メンタル面でのショックを受けないよう、心のケアを万全に行った状態にしておくことも忘れてはいけません。

 

まとめ

濡れる夢といっても様々なものがありますが、そのどれもに共通しているのは「不快感がある」ということだと思います。夢の中で感じる不快感は、現実世界のものが更に増幅されていることが多いので、実際に感じるよりも強まっていることが多いです。
ですので起きたあとの何とも言えないストレスも激しくなってしまいがちですので、起床後のご自分のケアは決して怠らないようにしましょう。自分を労わることで、心身共に良い状態に戻すことが大切です。

 

また、濡れる夢はこれから起こりうる様々な不調を教えてくれる夢ではありますが、未来のことを知れば今現在から対策を立てることができます。
被害を最小限にとどめたり、可能であれば未然に防ぐようにすることで、未来を明るいものへと変えていきましょう。予知夢を見て落ち込むのではなく、予知夢を見て「まだ間に合う!」と感じるポジティブさを持ち合わせるようにしたいものですね。

 

頑張ってくださいね!

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する