誕生日占い-不倫がバレた!夫との離婚を回避する方法は?

あなたの不倫がバレてしまい、離婚の危機に。
この離婚は回避できる?
不倫がバレてしまったあなたの離婚回避方法を占います!
夫の離婚する気持ちをこの方法で変えることができるかもしれませんよ。
夫との家庭を壊したくない人へアドバイス致します

不倫占いメニュー

あなたが不倫をした理由
不倫に気付いた夫の本音
夫の離婚する気持ちを変えるためにすべきこと
不倫を許してもらえた後の生活で幸せになる方法

あなたの誕生日
あなたの性別

スポンサーリンク

不倫で離婚の危機。離婚を回避する5つの方法

世間では不倫が原因で離婚する夫婦も多いですが、なぜか自分の不倫はバレはしないと思い込んでいる人も多いもの。

ところが実際には小さな証拠の積み重ねから、あっさりと不倫はばれてしまいますし、大抵の場合ばれたら大変だとは感じていても、まさか離婚危機にまで発展するなんて思ってもいない人が大半のようです。

どうしても離婚したくない、夫が一番大切だと感じているのなら、離婚を回避する方法を試してみてくださいね。

夫の怒りを受け止める

不倫が発覚した後、夫からあらゆる言葉を投げつけられるかと思います。

夫婦関係を続けていく上で一番大切な「信頼関係」を、快楽や背徳感を感じたい、寂しさを埋めたいという理由から簡単に投げ捨ててしまった訳ですから、妻を信じていた夫からしたら、精神・肉体的にもかなりショックなはずです。

確かに不倫した側にも、寂しかった・女でいたかった・求めれたかった等の理由があったのでしょうが、夫に正面から向き合い解消しなかったり、かまってくれなかった夫が悪いといくら言ったとしても、夫の怒りが収まるはずもありません。

特に男性の多くは肉体的な浮気が許せず、女性は精神的な浮気を許せないと感じる傾向が強いので、肉体関係まである不倫をされてしまうと、その後の性生活にまでダメージを受ける男性もいるほど、ショックな出来事なのです。

いくら「身体だけの関係」だからと夫にわびたとしても、その身体の関係が許せないのですから、下手をしたら今ふたりの間にいる子供にすら愛情が失せたり、本当に自分の子供か無意識に疑ってしまう事態にもなりかねません。

不倫発覚後、夫が怒り狂っているなら今何を言っても聞いてはもらえません。自分の方に言い分があったとしても、ひとまず謝罪し続けるだけでじっと我慢して受け止めてください。

謝罪と感謝の言葉を伝えよう

不倫がばれた後、これからの事を話し合う中で夫から「離婚したい」と言い出されれば「絶対に離婚だけはイヤ!何でもするから許して」そう夫にすがりつき考え直してほしいと涙ながらに願うでしょう。

ところが夫としては裏切り自分を傷付けた妻と、これから一緒に生活していく自信がない・愛情が持てないからこそ一緒にいられないばかりか、今まで過ごした日々がウソだったのかと絶望している夫にとって「不倫された夫」というレッテルを周囲から張られた事でプライドも傷付いている事もしっかり理解しないといけません。

今さらどう謝ったとしても許してはもらえない。そう感じていたとしても夫を裏切った事を誠心誠意謝罪してください。

夫との話し合い中には、夫への不満に言い訳や不満をぶつけそうにもなるでしょうが、絶対に反論せずひたすら謝罪を重ね、夫の言葉に共感しつつ今までの感謝の言葉を伝えてください。

別居は慎重に

不倫が原因で夫婦関係が冷え込んでしまい、一緒に暮らしていても正直言って苦しい・・・そう思うようになったとしても、夫に離婚の意思がある場合別居してしまうとそのまま離婚へ一直線。

妻側がいくら離婚したくないと言っても、一緒に住んでいない相手と話し合うのは面倒ですし、感情が冷めた相手と離れるとますます気持ちが冷めていきます。

もし別居話が出るようなら「夫婦関係をやり直したい」共通の認識があり、やり直す為の冷却期間でないと別居関係からの修復はできせん。

夫と話し合いもせずに別居に踏み切ってしまうと、お互いの顔も雰囲気も感じ取れず余計にふたりの気持ちが冷めやすくなるので、注意してくださいね。

今まで以上に尽くし信頼関係を回復させて

夫としては自分の妻に不倫された事実に精神的にも傷付いていますし、今までの生活は全部ウソだったのかと悩み苦しんでいます。

生涯を共に暮らすと誓い合ったのに、人生の中でも最大級の裏切りをしでかしたのですから、いくら「ごめんなさい、もうしません」「相手とは別れ、あなたに尽くします」と言ってみたところでまず信用されないでしょう。

謝罪は当然の事ですし、言葉だけでなく行動で示し続けていかないといけませんが、信じてもらえるようになるのは数年以上かかることだけは覚悟しないといけません。

夫がいくらののしったり八つ当たりのような態度を取ってきても、じっと我慢し耐え抜かないとここでキレてしまえば何もかもが全部無駄になりかねませんよ。

不倫相手への制裁を止めないで

よくあるのが、夫が不倫相手へ慰謝料請求しようとした際「彼に迷惑をかけたくないからやめて」と、不倫相手を守ろうとしたり、相手の情報を教えない等の態度を取ると、夫の怒りはますます大きくなります。

夫からしたら、今だに自分より浮気相手の方が大切なのかと怒りが倍増しますし、慰謝料請求は夫の正当な権利なのですから、不倫した当人が止める権利はどこにもありません。

それどころか相手の方も既婚者のW不倫の場合、相手の妻から慰謝料請求されてしまう可能性も高く、請求されても夫との共有財産からは出さないと言われれば、自分の預金や稼ぎで支払わなくてはいけません。

夫が不倫相手に制裁を下したいと言い出したなら、止めることなく従う事をオススメします。

おわりに

軽い気持ちだった不倫がこのような結果を招くとは、当初は予測もしていなかったでしょうが、不倫はそれだけ周囲の人まで傷付けてしまう行為です。

不倫がばれ離婚したくないと望んだとしても、以前と同じような関係にはなかなか戻れませんし、一緒に生活していくなかで離婚を回避できたとしても「いっその事離婚した方が楽なのでは?」そう感じる瞬間もあるかと思います。

一番キツい時には不倫した事、離婚を望まなかった事を後悔するかもしれませんが、それだけ夫や周囲を傷付けた「禊(みそぎ)」だとこらえていきましょう。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する