夢占い-留守番の夢の意味は?

留守番の夢について

他の家族がみんな出かけていて、自分一人が家に残される状態・・・
そんな留守番は、独特の緊張感がありますよね。

 

家の中の物や自分自身の安全を、一人で守らなければいけない、という使命感もあります。
大人になるにつれて、留守番に対する緊迫感は薄れていきますが、小さいころは内心ドキドキするものです。

 

留守番の夢は、そんな幼少期を思い起こすきっかけにもなります。
そのため、留守番の夢を見ると、何だか子どもの頃を思い出してノスタルジックな気分になる、というケースも意外と多いです。

 

留守番の夢は、夢占いにおいて、「周囲から置いていかれるという恐怖や不安」を示しています。
今のあなたは自分のことを、他よりも劣っていると感じています。

 

自己評価も低く、あまり自信もありません。
そのため、周囲は自分に対して見切りをつけて、離れていってしまうのではないか・・・という不安が常にあります。

 

このことから、周囲から孤立しているような感覚と、夢の中でポツンと一人で留守番をしている状態が、シンクロしているのです。

 

この夢を見たのであれば、「自分がどんな面で周囲との距離を感じているのか」「恐怖や不安を取り除くためには、どんな行動を取ったらいいか」などを考えてみてください。
じっくり自分と向き合って考えれば、必ず答えは出ます。

 

焦燥感もあり、なかなか集中して考えづらいこともありますが、頑張ってくださいね。

 

実家の留守番をする夢

「自分が幼少期の頃の姿で、実家の留守番をしている夢」や「現在の自分の姿のまま実家に行き、留守番をしている夢」などが、これに当てはまります。
自分が今住んでいる家とは違い、昔住んでいた家が夢の舞台となっているので、懐かしい気持ちにもなります。

 

この夢の場合、キーポイントとなるのは「なぜ実家の留守番をすることになったのか」という理由です。
夢の展開を最初から順に追っていくと、スムーズに思い出すことができますよ。

 

実家の留守番をする夢は、夢占いにおいて、あなたが「家族との心の距離を感じ、不安な気持ちになっている」ということを示しています。
同じ環境で生活していた家族といえども、別個体の人間ですので、時として意見が食い違うことはもちろんあります。

 

実家を出て別に暮らしていれば、更に価値観の差が開いてしまうことも有り得ます。
あなたはそのギャップに心を痛めており、不安を感じているのです。

 

家族との心の距離の差を縮めるための手掛かりとなるのが、「夢の中で、実家の留守番をした理由」です。

 

「みんなが出かけていたから」であれば、家族を誘い、遠出や旅行をしてみてください。
久しぶりに長い時間を一緒に過ごすことで、昔のような連帯感が戻ってきます。
共通の楽しい思い出を作ることもできますよ。

 

「家族が病気になったから」であれば、家族の健康を気遣うような差し入れをしてみてください。
あなたの優しさが家族にも伝わり、あなたへの信頼が高まります。家族の病気を予防できることもメリットの1つです。

 

このように、夢の内容に沿った行動を取ることで、家族との絆を深めていってくださいね。

 

恋人に留守番を頼まれる夢

恋人に頼まれ、恋人の家の留守番をする・・・
これは、恋人とあなたの間に強い信頼関係がないとできないことです。
現実世界でこういったことがあれば「私って彼に信用されているんだなあ」と誇りに思うことができますね。

 

ただ、これは夢の中のことであり、しかも不安や恐怖を表す夢となると、心配になってしまうものです。
夢占い結果を知ることで、解決策やベストな対応を知り、恋人との関係の修復を測ってみてください。

 

恋人に留守番を頼まれる夢は、夢占いにおいて、「恋人との価値観の違いを感じ、二人の未来を案じている」ということを示しています。

 

今のあなたと恋人は、価値観が違っている部分が多いです。
会う頻度や優先順位といった「恋人」というポジションへの考え方、結婚を考えている相手かどうか、結婚するならいつか・・・といった「将来」に対する考えなどが、二人とも同じではありません。
その違和感を、ふとした会話などから察知し、あなたは不安を感じているのです。

 

彼とのもめ事を避けるために、現状から目を反らすことももちろんできます。
ですが、これからも仲良く付き合っていきたいと思うのであれば、一度二人の価値観の違いを話し合ってみてください。

 

どちらかだけに合わせることはありませんし、お互い無理をする必要はありません。
ちょうどいい中間地点で妥協してもいいですし、折れてもいい部分だけ合わせてもいいです。

 

お互いの価値観を知り、それを認め合うことで、あなたと恋人の絆は新しく生まれ変わります。
お互いを尊重し合うことができれば、未来は明るいものになりますよ。

 

子どもに留守番を頼む夢

留守番の夢の中でも、お子さまを持つ方が特に見やすいとされているのが、この夢です。

 

子どもに留守番をさせるということは、その子が身の周りのことを自分でできること、電話や来訪者に対応できること、そして何より一人の空間に耐えられること・・・
これらをクリアできていないといけません。

 

だからこそ、子どもももちろんドキドキですが、親だって心配ですよね。
そのため、自分の子供の成長に思いを馳せる夢にもなります。

 

子どもに留守番を頼む夢は、夢占いにおいて、「子供が親離れをすることに対して、心配で寂しくなっている」ということを示しています。

 

今、あなたのお子さまは、徐々に親離れをしようとしています。
いつかは来るべきステージですし、親としてもその成長を喜ばなければいけません。

 

ですが、どこかで寂しさを感じてしまうこともあれば、「自分でできないこともあるんじゃないのかな」と心配になることもあります。
どちらも、親としては当然の感情です。

 

ただ、ここで背中を押すのもまた親の務めです。
寂しさも心配もぐっと押し殺して、自立を促してあげてください。

 

もしいつか「やっぱりまだ親離れできなかった」と戻ってくることがあれば、その時に抱きしめてあげてくださいね。

 

留守番をしていたら人が来る夢

留守番をしていて一番緊張してしまうのが、「家に人が来たとき」です。

 

家に荷物を届けてくれた宅急便の方や、回覧板を届けに来た近所の方であれば、問題はありません。
ですが、留守を狙ってきた空き巣や強盗だったら・・・と思うと、とても怖いですよね。

 

夢という特殊な状況も相まって、恐ろしさも増幅してしまいます。
夢占いでは、要件があってきただけの「善良な人物」か、悪事を働きに来た「悪い人物」だったかによって、夢占い結果も変わってきます。

 

留守番をしていたら人が来る夢は、夢占いにおいて、「あなたが不安や恐怖を感じているときに、どんな相手が近寄って来るか」ということを示しています。

 

夢の中で留守番中に来た相手が「善良な人物」だった場合は、あなたに近づいてくる相手は、あなたの不安や恐怖を消し去る存在になってくれます。
何の心配もいりません。

 

相手のことを心から信用して頼ってください。
一番辛い時にいっしょにいてくれた相手として、あなたの心の支えとなりますよ。

 

夢の中で留守番中に来た相手が「悪い人物」だった場合は、あなたに近づいてくる相手は、あなたの不安や恐怖に付け込む存在です。
弱みを見せないよう、心を許さず、警戒してください。

 

辛い時だからこそ、人を疑うことで心も消耗してしまいますが、心を強く持って頑張ってくださいね。

 

留守番中に食事をする夢

留守番をしていると、一人でいる分時間を持て余してしまうこともあります。

 

そんなとき、ある程度の時間を消費することができ、その上栄養を取り込むことができるのが「食事」です。
一人で食事をすると、寂しさを感じてしまうこともあります。

 

ですが、自分の好きなものを我慢せずに食べることができると思うと、ちょっとワクワクする気持ちもありますよね。
こうした孤独感や開放感を一度に感じることができるため、この夢が少し特殊な位置づけであることも分かります。

 

留守番中に食事をする夢は、夢占いにおいて、「周囲から置き去りにされる恐怖や不安を、食事で解決しようとしている」ということを示しています。
恐怖や不安という負の感情は、抗いづらいことも多く、ストレスの原因にもなります。

 

人によってストレス解消の方法は違っているものです。
しかし、この夢を見たあなたは、食事をすることでストレスをなくそうとしているのです。

 

食事を通したストレス発散は、悪い事ではありません。
ただ、暴飲暴食を繰り返したり、逆に食事をとらないままでいると、身体にも悪影響が出てしまいます。

 

ですのでこれからは、適量の食事やきちんとした栄養バランスを心掛け、食べることを楽しんでください。
どうしても食事を通したストレス発散がしたいときは、好物を多めに摂ることをオススメします。

 

爆食しなければ悪影響ではありませんし、好物を食べたことでの満足感も得られます。

 

また、食事に依存することでストレス源から目を反らすのではなく、根本の原因である「周囲からの置き去り」に目を向けてください
周囲と同じような努力をして、置いて行かれないようにするのです。
すると、食事に対しての強い依存心がなくなり、心身ともに健康になりますよ。

 

まとめ

一人暮らしをすると、家にいる時間は全て、留守番と同じ状況になるといえます。
だからこそ、留守番の夢を見るということは、夢の中では周囲に人がいる状態での生活が成り立っていることが分かります。

 

いつも一人じゃないからこそ孤独を感じ、比べる相手がいるからこそ「置き去りにされる」という恐怖があるのです。
そう考えると、この夢を見たあなたが実は孤独ではないことを示しているとも言えます。

 

本人としては焦りや不安を感じて辛いかと思いますが、見方を変えると、自分の置かれている状況に対する認識にも違った印象を感じるようになりますよね。

 

また、この夢を見るということは、あなたが常に向上心を持った真面目な人物であることも読み解けます。
向上心がないままだらけてばかりいたら、周囲に置いて行かれることに対して、焦ったり不安を感じることがないからです。

 

周囲に比べて努力が足りないと自分を責めてばかりいるのではなく、いつも頑張っているからこその焦燥感がある自分を、誇りに思うようにしてくださいね。
夢占い結果を元に行動すれば、今まで感じていた焦燥感も、良い意味で薄れていきますよ。

 

頑張ってくださいね!

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する