夢占い-ミサイルの夢の意味は?

ミサイルの夢について

このページにおけるミサイルとは、エンジンの動力により飛んで移動し、対象物に接近して爆発する「武器」のことを指します。人に攻撃して危害を加えることを目的としています。ロケットと、動きや構造は似ていますが、ロケットの目的は「上空へと飛んでいくこと」なので、意図的に人に危害を加えることがないのが、ミサイルとの大きな違いです。

 

そのため、ミサイルの夢は殺伐としていて、恐怖や悲しみを感じる場面が多いですが、ロケットは希望に満ちている展開となる場合が多いです。この空気感の違いも、判断材料となりますね。ロケットの夢の夢占いも別ページでまとめていますので、自分の見た夢がロケット寄りだという方は、そちらを参考にしてください。

 

ミサイルの夢は、夢占いにおいて、あなたが「他者から強い恨みを抱かれている」ということを示しています。
今のあなたは、他者から強い負の感情を向けられており、無意識のうちに厳しい視線や悪意を感じ取っている状態です。「いつか罠にはめられてしまうかもしれない」「今仲良くしている人も、自分に負の感情を抱いているかもしれない」という不安や不信感は、少しずつあなたの心を蝕んでいます。

 

だからこそ、他者の持つあなたへの恨みがどのような状態になっているか、これからどんな展開になるか、それをどう防げばいいのか・・・などを、夢占いを通して学び、自分の身を守るためのヒントとして大切にしてください。正しい対策ができれば、安心して日常を過ごせるようになりますよ。

 

ミサイルの攻撃を受ける夢

この夢は、ミサイルが自分に迫ってきて怪我を負ってしまう・・・という展開になります。あっという間に自分に近づいてくるミサイルの姿や、その後に感じた衝撃や痛みは、かなり強く記憶に残ります。起きたあと、自分の体に傷がなく、痛みを感じないことにほっとした方も多いと思います。

 

なお、無傷や軽症ですんだ場合や、大怪我であろうとも一命をとりとめた場合など、「ミサイルに攻撃されたものの、生きていた」という場合が、この項目に当てはまります。ミサイルの攻撃を受けて死んでしまう夢の場合は、この項目ではなく、下記の「ミサイルで死ぬ夢」で鑑定してください。

 

ミサイルの攻撃を受ける夢は、夢占いにおいて、「あなたに恨みを抱いていた人から、報復されてしまう」ということを示しています。
相手が持つあなたへの恨みはついにピークに達してしまい、あなたに嫌がらせをしてくるようになります。相手の心の傷が深ければ深いほど、恨みを抱いていた期間が長ければ長いほど、あなたに向けられる悪意は強くなっているので、嫌がらせがあなたに負わせるダメージは大きくなります。

 

ここであなたがやり返してしまっては鼬ごっこになってしまうので、できれば避けた方がいいのですが、やられっぱなしは悔しいですよね。ですので、被害を受けたときに周りにさりげなくアピールするようにして、あくまでも「被害者」という立場を守るようにしてください。相手への評判は下がりますし、その中でも相手を責めないあなたへの好感度は上がります。また、この時に味方となってくれた人は、本当にあなたを想ってくれる人なので、これからも仲良くし続けてください。

 

ミサイルで死ぬ夢

上記の「ミサイルの攻撃を受ける夢」から一歩進んだのがこの夢で、ミサイルの攻撃により命を落としてしまうという展開となります。
直前まで予想もできなかったミサイルの攻撃や、それから逃げられずに一瞬で命を奪われてしまうという展開は、夢の中とはいえ理不尽さを感じるものです。命の尊さや平和のありがたさなどについて、非常に考えさせられる夢でもありますね。現実世界のいつもの平凡な日常に対し、今まではつまらないと思っていたとしても、これからは愛しさや大切さを感じるようになります。一晩の夢だとしても、その後の価値観に与える影響というのは、実はとても大きいのです。

 

ミサイルで死ぬ夢は、夢占いにおいて、「あなたに恨みを抱いていた人から復讐されて、深く傷ついてしまう」ということを示しています。
夢占い結果も、夢自体の内容と同じで「ミサイルの攻撃を受ける夢」から一歩進んでいるため、相手がしてくる報復も、嫌がらせから復讐へとレベルアップしています。その中で、かなり強い悪意を向けられるため、あなたの心はズタズタになってしまうのです。

 

こうなってしまうと、相手に反撃しようとする気持ちも起きないため更なるトラブルも生まれませんが、立ち直る気力も同じように湧いてこないので、かなり問題です。このような時は、人に大切にされた記憶を思い出すようにしてください。自分が被害を受けている現状と真逆のことを想起して、今の悲しみや辛さが一生続かないということを、自分自身に言い聞かせることができるからです。周りの人全てがあなたに悪意を抱いているわけではないということの再確認にも役立ちますよ。
被害者の立場でうまく味方を作ったり、それを元に相手を窮地に追い込むのは、その後でも構いません。

 

ミサイルが飛んできて逃げるが、助かる夢

上記の「ミサイルの攻撃を受ける夢」「ミサイルで死ぬ夢」とは違い、この夢は、ミサイルの攻撃から逃れることができます。ただ他の夢と同じように、恐怖心や焦燥感はあるので、夢の中の自分が怪我を折ったかどうか、血が出ているかどうか・・・など、感情ではなく身体の状態で判断するのが、分かりやすいのでオススメです。

 

また、この夢はミサイルから逃げるときの怖さはあっても、最終的には助かるため、自分の運の良さを実感することができます。上記の他の項目のように、自分の不運を嘆くような展開にはならないので、起きたあとの気持ちも、他に比べればローテンションにならないのが特徴です。

 

ミサイルが飛んできて逃げるが助かる夢は、夢占いにおいて、「あなたに恨みを抱いている人の負の感情に気づき、嫌がらせの被害を事前に防げる」ということを示しています。
今のあなたは観察力と洞察力に優れており、周りの人に注意深く目を向けられます。あなたを大切に思ってくれる人、良くも悪くも無関心な人、興味を抱いてくれている人・・・などがいる中で、敵意や悪意はかなり目立ちます。そのため、相手への警戒心を常に持つことができ、あなたをピンチに陥らせようとする素振りがあればすぐに阻止することができるのです。相手もそんなあなたの危機管理能力に驚き、もう嫌がらせをしようと思わなくなります。結果だけ見ればトラブルも起きていない平和な状態なので、場の空気を乱さないままでいられるのも嬉しいですよね。

 

ミサイルを打つ夢

この夢は、上記に挙げてきた項目の夢とは違い、あなたが「ミサイルで攻撃する側」となります。被害者ではなく、加害者となる夢なのです。ミサイルの攻撃を受ける側の怒りや恨み、悲しみなどを感じることはありません。その代わりに、罪悪感や自分への怖さ、元の自分には戻れない絶望感などがあります。こうした感情は終わりが見えないため、長い時間引きずってしまいやすいです。起きたあとも夢の中の感情がフラッシュバックすることもあるほどです。

 

夢の中の自分が罪を犯したとしても、現実のあなたは何も悪いことはしていません。気持ちを切り替えて、必要以上に自分を責めないようにしてくださいね。

 

ミサイルを打つ夢は、夢占いにおいて、あなたが「他者に対して、強い恨みを抱いている」ということを示しています。
夢の中で加害者になっていたのと同じように、あなたは今、特定の人に対して激しい負の感情を抱いている状態です。この気持ちを今のまま野放しにしていると、最終的には本当に相手を傷つけてしまうようになります。

 

人に対する恨みをそのままぶつけるのは、やり返されるリスクがあるので、巡り巡って自分の危険にもつながります。ですが、負の感情を発散できないのはストレスですよね。そんなときのオススメの解決方法は「一つのものを究める」ということです。できれば、強い恨みを抱いている相手が特技や長所として掲げているものがいいです。相手よりも優位に立てますし、あなた自身のスキルを一つ増やすこともできます。負の感情の発散として、最も平和的な解決方法ともいえますね。

 

ミサイルのニュースの夢

これまでの項目は、被害者・加害者どちらの場合でも、ミサイルに関することの「当事者」というポジションにいる夢でした。その分、感情の振れ幅はとても大きかったです。
ですがこの項目だけは別で、ミサイルに関するニュースのことを、テレビ・スマートフォンなどで見ている・・・という「第三者」目線の夢となります。「自分がいない場所で、こんなことが起きているなんて」と驚く気持ちはあっても、他の項目ほどの激しい感情は湧かなかったかと思います。ですがその分冷静に夢の内容を覚えていることも多く、夢占いで鑑定するにはピッタリなのです。

 

ミサイルのニュースの夢は、夢占いにおいて、「あなたが強い恨みを向けられていることを、第三者から教えてもらう」ということを示しています。
今のあなたは、トラブルの当事者だからこそ客観的な視点を持つことができませんし、一つの側面からしか見えないものに囚われてしまいがちです。人の感情にも鈍感になっています。

 

ですが、第三者は置かれている立場があなたと違うため、あなたが負の感情を持たれていることも分かりますし、これから起こりうるトラブルも予想できます。その上で、あなたを助けたいと思ってくれているので、他者があなたに抱いている負の感情や、それによって生まれる被害を教えてくれるのです。

 

こうした忠告やアドバイスは、時に半信半疑になり信用しきれなかったり、ネガティブな内容をうっとうしく感じてしまいますよね。ですが第三者だからこその客観的な視点による未来予想図や、行動する上での指標は、なかなかもらえない貴重なものです。必ず真摯に受け止め、相手への感謝と信頼を常に持つようにしてください。

まとめ

他者があなたに向けている恨みの原因が勘違いによるものだった場合や、あなた自身には全くの非がない逆恨みだった場合も、もちろんあると思います。ですが、相手が誤解するような言動をしてしまったことや、人の心を捻じ曲げるくらいあなたが幸せそうな素振りを隠さなかったことは、多少反省すべきポイントでもありますので、改善してください。周りを気にするあまり、自分の行動に制限をかけてしまうこと自体は悔しいかもしれませんが、ある程度気持ちの表出を抑えた方が、長い目で見たときにあなたが幸せでいられる時間が一気に増えます。

 

また、あなたを恨んでいる相手とも、もしきっかけがあり和解できそうであれば、もう一度関係を築き直す努力をしてみてください。あなたに恨みを持つ人の数を減らした方が、あなたが安心と平和を実感できるようになり、あなたの精神も落ち着くからです。
ただ、こちらは相手に無理強いする必要はありません。相手の精神状態や今置かれている環境を、周りから漏れ聞いたときに、相手が反省していたり、気持ちに余裕が生まれていると知った場合のみで構いません。相手の状況も、あなたから聞くのではなく、周りが自然と話してきたときだけでいいです。ですので、積極的に行動を起こすのではなく、きっかけを見つけられるまでは、様子を伺うだけにしておくのがベストです。

 

 

夢占いの一覧はコチラから

 

夢占い辞典-みんなが見る夢占い一覧

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

  1. あなたを好きな人はどんな人?








ページ上部移動する